うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

のうりん7を読み始めた。そして俺妹4巻読了。

ここ2~3日、特に朝、食欲減退気味でした。昨日とうとう胃や腹にきまして、朝の4時頃から
腹を下し、トイレを行ったり来たりすること約3時間で7~8回・・・。「休もうかな?」と考えつつ
なんとか出勤してみれば、待機中に胃の痛みが倍増。

久しぶりにズキズキと痛む胃痛は激しさを増し、逆流性食道炎の時とは違って、鷲掴みされる
ような胃痛にギブアップ!急遽、始業前に早退し休みました。帰宅して胃薬を飲んで少し落ち
着いてから病院に行くかいかないか思案し、昼過ぎて胃痛は治まったものの、不快感だけが
残り、やや不安になったので病院にいけば・・・「いわゆる胃腸の風邪みたいなもんですね」
とのこと。急性胃腸炎ということで、下痢なら正露丸など飲まずにドンドンだせ・・・とのこと。

水分をガバガバ摂取しなさい~とのこと。で、一応処方箋を出してもらって帰宅。病院の待合所
に持ち込んだのは読みかけで長らく放置していた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4」。
この文庫本はそういえば、何故か病院に行った時に持ち込んで読むという状況でしか読んで
いなかった。前回読み進めたのは村田の整形外科に行った時だから、多分2ヶ月は放置して
いたかもしれない。

今回、病院の待合所で読み始めたのは4巻第4章から。深夜販売のエロゲーを秋葉原の店で
買って持って来て、その日の朝までにゲームを1つクリアさせる~この桐乃の人生相談の事案
を兄貴が達成させるエピソードなんですが・・・アニメを観てたから知ってるけど、第1期分の
アニメ化はこの4巻までなんですね・・・。プラスαはあるけれど。

待合所で読みきれなかった分は、帰宅してから読みました。文章で読むと細部まで知れるので
よかった。ちょっとジーンときたね。涙は出なかったが。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


初版2009年なんだけど、古さは感じなかったなぁ。オタク文化の時代性というのは
あるけれど、一応普遍的なドラマを感じるラブコメになっていると思う。

対して「のうりん」はネタが風化しやすい(笑)一発狙いの一本釣りというか、まさに
書かれているのはここ2~3年の出来事やアニメもマンガも現在進行形作品がモトネタ
なパロディや引用が多く、時々往年のジャンプ作品ネタパロディや、俺でもわかるゲーム
ネタ、わからないマンガ、アニメ、ゲームがモトネタなパロディ満載すぎてお腹一杯。

でも、この文章のテンポがいいからとうとう7巻にまで手が届いてしまった・・・。前回は
「のうりん4」まで読んだというのを書いていたのかな?で、期待過剰ながらもおっぱい
さんこと良田胡蝶ちゃんの活躍する「のうりん5」は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

のうりん 5 (GA文庫)のうりん 5 (GA文庫)
(2012/12/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る


泣きました。

いや、ホントに泣きましたよ。

いいおっさんが、仰向けになって読みながら、

頬をつたう涙をふかずに

後半、2つのエピソードに泣きましたよ。

悲しくて・・・ではなく感動して。




1~4巻まではバカまるだし、アホ全開で、時々重い真面目な話をさしこんできた
「のうりん」ですが、まさか・・・感動の涙を流すとは予期せぬ出来事でしたよ。
5巻も全体的には笑える話や、映像化は不味いのでは?という話もありますが、
酪農に関する話。(良田さんは畜産科だから当然ですが)牛に関する話メインで
突き進む5巻は、多分6巻まで読んできて一番考えさせられる内容で、個人的に
この5巻は心に突き刺さりました。

漆原友紀さんの「水域(上下巻)」以来かな・・・。いや、水域は涙ボロボロ、落涙
しながら読んだ記憶があるから、それに次ぐ感動作品かもしれない。

「のうりん7」はまだ冒頭だけで、空港から飛び立つところまでしか読んでないから
まだ始まったばかりです。

のうりん 7 (GA文庫)のうりん 7 (GA文庫)
(2013/09/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る



「のうりん6」に関しては次の機会に・・・寝なきゃ・・・明日も仕事やし。









スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

のうりん4巻を一気読みしてもうた

午前中PC前でグダグダやって、昼食後ラジオで久しぶりにサンソンを聴き流し
ながら「のうりん4巻」を読み始めたわけですが、結構スルッと読みきってしまった。
今回はしつこいパロディはあまり気にならないというか、普通に受け流せるというか、
あんまりパロディに頼った構成ではなかったかな?ないわけではないが・・・。

耕作のメールの添付画像(ミノリが太った頃の画像)が引き金になった一連の
騒動を中心に4巻は構成されているわけだが、アニメ化の時には耕作の重い
過去話にアンケートのうけも悪かった「あかるいのうそん」のエピソードは以外
にもあっさりと読めてしまった。アニメの方がむしろ観ていて辛かったぐらいだ。

アニメ化されなかった部分では林檎達と山に入ってイノシシと対峙する回、
ここの台詞回しは「もののけ姫」っぽいやりとりだな・・・と思いながら読んでいたら
決着の技名は具体的には知らんけど、多分アレだ。「銀牙」だ(笑)

のうりん 4 (GA文庫)のうりん 4 (GA文庫)
(2012/08/10)
白鳥 士郎

商品詳細を見る



タクミとアキナの双子姉妹と耕作達との絡みは、こっちの文章での方が
楽しさ倍増しているような気がする。読んでいて無邪気な子供の行動が
愛らしく可愛いのでほっこりする。

後はベッキーが絡むと台無し(笑)だが、それが楽しみでもあったりするから
面白い(笑)なお、あとがきのあとの巻末部分には良田さんと継が海外研修
から帰国した場面が挿入されているのだが、ここにナウシカのパロディを
持ってきたから油断できない(笑)次は5巻だな。

のうりん 5 (GA文庫)のうりん 5 (GA文庫)
(2012/12/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る


作者あとがきにもあったが、5巻は良田おっぱいさんが活躍する巻らしいから
おっぱいファンでもある俺は楽しみしている。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「のうりん」おもろいわぁ

「鬼灯の冷徹」「ニセコイ」「世界征服~謀略のズヴィズダー」「ウイッチ・クラフトワークス」
「ウィザード・ヴァリスターズ」等々の冬アニメの時期に「のうりん」もありましたが、下品
すぎて別枠にカウントしていましたが、今、原作のラノベを夢中になって読んでしまっている。

ニコ生で一挙放送後辺りに「試しに一冊・・・。」と思い「のうりん」を買いました。ラノベの
世界だと2巻がでるかどうかあやしい作品は、最初の巻は「1巻」の表記はない。今作品
も例に漏れず1巻のまとめ方は割りと真面目に綺麗にまとめている。が、内容はアニメ化
されているように、下品、アホ、バカ、エロ、ぱくりというかパロディの連発。アニメ化されて
いないエピソードもあったような気がする。

のうりん (GA文庫)のうりん (GA文庫)
(2011/08/12)
白鳥 士郎

商品詳細を見る




2巻もほぼアニメ化作品を知っていても問題なく、ブラ不満こと炉裏板君登場回のロリコン
という性癖の正当性を語るシーンは文章で読んだ方が面白かった。爆笑した。2巻あたり
もアニメ化ではスルーされていた話もあったけど、3巻はさらに加速して、個人的に印象
に残った3つのエピソードは「これは映像化はさすがにまずいだろ・・・。」というもので、
エロ下品で倫理的にも、架空の未成年であってもまずいエピソードだった。

のうりん 2 (GA文庫)のうりん 2 (GA文庫)
(2011/11/16)
白鳥 士郎

商品詳細を見る


3巻では良田さん、(良田胡蝶)おっぱいさんの扱いがひどい(笑)農(みのり)もおっぱいさんも
この巻では脱ぎます。内容的には特におっぱいさんの扱いがエロ酷い。さすがに人に、いや、
女性にあの器具を使ったプレイはいかんでしょ!!爆笑したけどね(笑)1~2巻はちょっと読む
時間を十分にとれず、1~2巻は病院での待ち時間に主に読み、出勤前の5~10分の隙間
の時間などを利用してコツコツと読み進めて、今週火曜日ぐらいに2巻読了。3巻は勢いが
ついて夕食後の集中読書でなんとか時間はかかったが3日程度で読了。

のうりん 3 (GA文庫)のうりん 3 (GA文庫)
(2012/03/16)
白鳥 士郎

商品詳細を見る


3巻前半には、ベッキーの家庭科の時間、あの「クッキンングババ」が収録されていて、
アニメでは省略されている会話や台詞が読めて笑った。ホント、1~2巻を上回る下品
な内容に笑ってしまうが楽しかった。後半は継(けい)とその父親との確執。野菜販売
での対決とか、某マンガの設定をなぞるような展開ではあるが、これもまたアニメでは
省略されている内容が読めて心にストンとおちる内容に感心した。

3巻ではイラストの切符先生の絵や、2ページのショートマンガが挿入されるタイミング
が素晴らしく、また、1巻から使われているフォントの大きさでみせるページの効果も
良かったが、これ、ラノベだから許される表現であって、急な太い文字の出現と、その
文字の内容のアホさにはイラっとくる。でも、そこは「ラノベだから・・・。」と気持ちを抑える。

金曜には3巻を読了してしまったので、取り急ぎ土曜日は釣りの帰りに4巻を探した。
大河原のいきつけの書店では平置きであったけれど、丁度4~5巻が残り一冊の
在庫しかない。3巻までは冊数も多かったね。重版されたあとかな?そして空白の
4~5巻。この辺が在庫の谷間。6巻以降は3~5冊の在庫があり、俺と似たような
アニメ化後の読者層がいるんだろうなぁ・・・。読むスピードも似たような感じ。

1巻から続いているマンガ、アニメのパロディは、それらに精通していれば笑えて楽しい
けれど、それらを知らない人達にはなにがなんだかである。パロディはモトネタがあって
生きるものなので、10~20年後には完全に風化してしまう恐れがある。いわゆる一発屋
的な、売れるときに稼ぐための手段を多用するのは危険すぎるなぁ・・・と思ったところで、
ラノベ業界でサバイブするのは漫画家の比ではないくらい厳しい事だと考えてしまう。

さて、この後は4巻から読んでいこうと思う。冒頭の士(つかさ:みのりの姉)姉さんと
農の電話越しの会話がエピソード:0でした。(*勘違い。ここ3巻の巻末でした)
アニメ後半の婚活合コンと耕作と農の結納(仮)のエピソードから始まる。耕作の
子供時代、家族離散の話も関わる巻だと思うけどね。

のうりん 4 (GA文庫)のうりん 4 (GA文庫)
(2012/08/10)
白鳥 士郎

商品詳細を見る



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「のせ猫」という小さな写真集をみて和んだ(笑)

帰宅途中に立ち寄ったコンビニで、たまたま見かけたオレンジ色の表紙。
4匹の猫が横並びに座り前足を揃えて出しているところにみかんを乗せていた。
「うちの猫だとそんなの乗せたら直ぐに動くわ・・・」という正直な気持ちを
言うとともに、中身がなんとなく気になった。

色んなモノを乗せまくりである。



のせ猫~かご猫シロと3匹の仲間たちのせ猫~かご猫シロと3匹の仲間たち
(2012/02/16)
SHIRONEKO

商品詳細を見る




主人公というかモデルの猫はシロ君である。4匹の一番左の猫だ。
Amazonで検索するとこれ以外にも写真集がいくつもリリースされているようで、
猫モデル業界では今一番注目されている猫らしい(笑)

シュリンクで密封されているわけではなかったので、気になってパラパラと捲って
みると、猫の頭がスッポリ納まる程度のステンレス製網カゴを被ったシロ君が
スックと立ち歩いている勇姿を見て爆笑してしまったのだ。

ある意味メタリックなマスクを被った仮面ライダーのようでカッコイイのである。
「猫としてはいたって真面目に振舞っているのになぁ・・・(笑)」と思うと
他のページも気になってきた。みると構成上観る側(人間)を飽きさせないところが
素晴らしい。シロ君以外の舎弟達もホントよくできたモデルさん達でおおいに
楽しませてもらった。

乗せる以外では小さなカゴや箱にスッポリ収まっているシーンがあり、既出の写真集
では「かご猫」として有名猫なんだと知った。猫が飼えない猫好きな方や、猫が好き
過ぎる方々の眼を心を和ませる一冊でした。


のせ猫 かご猫ファミリーと新入りみみちゃんのせ猫 かご猫ファミリーと新入りみみちゃん
(2012/08/08)
SHIRONEKO

商品詳細を見る



のせ猫 かご猫シロとおなじみ4人弟子のせ猫 かご猫シロとおなじみ4人弟子
(2013/02/12)
SHIRONEKO

商品詳細を見る




かご猫DVD BOOK (DVD付)かご猫DVD BOOK (DVD付)
(2010/02/05)
Shironeko

商品詳細を見る







テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「マルドゥック・スクランブル~The 2nd Combustion-燃焼」の読みかけなんですが・・・

う~む。三部作の1作目、「マルドゥック・スクランブル~圧縮」を既に読了し、
現在、劇場アニメが宮城県では公開されていない事を知って、失望しつつ2巻目を
ゆっくりダラダラというか、毎週チェックしているマンガと並行していると読む
進度が遅く停滞気味である。

1巻目の後半部~2巻目の冒頭は、内容的に現場から脱出するシーンなので続いて
読み進めた。まるでターミネーター1作目のシュワちゃんを想起させる冷酷無慈悲な
ボイルドからギリギリの状況で、ドクターから救われるバロットと血まみれのネズミ、
ウフコック。

武器や道具に変身(ターン)する意思を持った金色ネズミのウフコックを濫用し過ぎた
ために、ウフコックが死に掛けた事を「自分の責任」として後悔するバロットが、治療
を終えて復帰したウフコックと体面して謝るまでのところまで読んだ。

そこに至るまでに「楽園」という名の研究機関の事や、バロットが出会う楽園の住人
トゥイードルディ、湖のようなプールに住み思考力があって会話するイルカのトゥイー
ドルディム、楽園の最高責任者であるプロフェッサー・フェイスマンなどが物語に関わり、
シェルの悪事や過去を検索(違法)したりするバロットを導いたり、バロットの居場所を
つきとめたボイルドがプロフェッサーに詰め寄り「楽園」内で暴れたりと、なかなかの
バトル展開がみられる。

ボイルドとプロフェッサーの会話、やりとりが実に興味深い。あの悪夢の現場から生き
残り、ボイルドの手下に成り下がったミディアム・ザ・フィンガーネイルも「楽園」に
侵入して好き勝手な暴力をふるうが、なんともはや、ホントの捨てキャラのようなぞん
ざいで無残な死をもって呆気なく強制終了させられるのには驚いた。

まだ読み終わったわけではないのに、何故この2巻目の途中にも関わらず、
こんな事を書いているのかというと、それはこのウフコックが目覚めて、バロット
とドクターの会話に、ウフコックが割り込んで参加する辺りでのバロットが、
読んでいてひじょうに可愛いくえがかれていたので・・・・



「うぉ~バロット、めっちゃ可愛いやんけぇ~」


と脳内、心中で萌えてしまったからです。


ず~っと、映画「スカイ・クロラ」の草薙水素のイメージで、表情を殺して
無表情に生きるバロットを脳内にえがいていたのですが、めっちゃ可愛い
女の子の瞬間を垣間見て、おっさんは悶えてしまいました(笑)。

まあ、可愛いと思ったシーンは、1巻でもありましたが、この2章後半の
ウフコックと対峙して謝るシーンは、うわっ・・・抱きしめたいって思いました。

さて次は3章からです。


マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る










テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マルドゥック・スクランブル・・・圧縮(The 1st Compression)を読む

いや、「読む」ではなくて読んだって事だな。実は10月中旬頃にいつも利用している
太白区の書店にてマンガ以外の文庫本のコーナーでふらついている所にあったのが、
この「マルドゥック・スクランブル」。文庫が3種類10冊程の平積みになっている上に、
帯文には「劇場アニメ11月6日公開」の活字が目に入った。

「このタイトルはどこかで、きいたような、みたような・・・」というなんとも頼りない
記憶の隅に、読めない漢字の作者名にはなんか覚えがあった。
「よめねぇよな・・・チュウホウ・チョウ?チュウ・ホウテイ?・・・中国人か?
 大陸系の作家かよ・・・」

文庫を手に取り開くと「うぶかたとう」と読むのだそうで、これは読めない(笑)
PCで漢字変換しても「うぶかた」は「生方」、「丁」は「トウ」よりも1丁目、などの
チョウで出てくるのが普通だ。本名か、筆名かは知らぬが、覚えなくては読めない作家名
とは、これも作者の戦略か?

「作者名と作品名をイヤでも覚えてもらう、知ってもらうための方法」とか、そういう
作者側の意図なのか、本当に名前なのだから仕方が無いという事なのか・・・。

そんな事よりも文庫を手にとってもらうファースト・インパクトは、装丁のデザインが
かなり重要です。パッと見て目に止まりやすく、かつデザイン上魅かれるものがある事
が大事ですね。一見さんが物色すべき獲物かどうかを見定めるために「気に留めて」
しまう装丁が大切です。

その装丁に魅かれたおっさんが1人ここにいます。

以前から、気になっていたのは「憂いのある伏し目がちな少女のイラスト」が妙に人工物
のような、サイボーグのような感じに「何か」を感じていまして、「寺田さんっぽいな」
とは思っていましたが、やはり寺田克也さんの手によるイラストでしたね。

そして劇場アニメの広告チラシの文面には、

「2003年、史上最年少で日本SF大賞受賞を果たした傑作を、劇場アニメ化
 を機に、冲方丁が現在の才能の限りを尽くして完全リライト。

 賭博師シェルの奸計により死の淵を漂った少女娼婦バロットは、委任事件担当官
 ウフコックの助力で再生、自らの存在証明を賭けてカジノでの熾烈な勝負に挑む。

 全3巻を合本にした単行本版と、さらなる加筆を施した文庫完全版の両バージョンで、
 少女バロットの伝説の闘いが蘇る」


と、あった。第24回日本SF大賞受賞の傑作小説だそうで、劇場版アニメも
全3部作にて興行するそうです。このコメを書いている時点で気が付いたのが、
3部作でアニメ化するってことですね。てっきりこの文庫版3冊分を1本の
映画にするのかと思い、1冊目はズバッとほぼ一気読み。1/3くらいは、平日に
ちょこちょこかいつまんで読み、土日で一気に1冊を読みきりましたね。

で、2冊目に入るのも、1冊目を読み終わったその日の夜で、このチラシを読んで
「あっ!なんだ3部作なんだ。どおりで・・・」と思ったのは、冒頭にエアカーの
リムジンに閉じ込められて、爆殺というか、焼死させられるすんでで助けられて、
マルドゥック・スクランブルO-9発令により、九死に一生をえて、改造された
ルーン・バロットが特殊能力を得る辺りで、すでに文庫の半分に達していたから、
「これではほとんど序章というか、映画の冒頭にしかならないなぁ・・・」と
いぶかしく思っていたところだったので、3部作に納得したのだった。








マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る






第1部のクライマックスは賭博師シェルと対峙して裁判を起こし、バロットの
悲惨な過去が語られたりするあとに、起訴したバロットを亡き者とするために
送られた畜産業者(プロの殺し屋集団)との戦闘シーンだ。

シェルの話を受けたボイルド(委任事件担当官)の依頼で、その畜産業者は
バロットを強襲するのだが・・・返り討ちにされるくだりはテンションがあがる。
この読み進めていくのが止められないのが、アクション・シーンの展開のうまさ
だろう。

まあ・・・自分の場合、既にキャラクターの脳内映像化がなされていて、イメージ
としては「攻殻機動隊」「イノセンス」「攻殻機動隊~スタンド・アローン・コンプレックス」
「劇場版・機動警察パトレイバー2」「スカイ・クロラ」・・・などが反映されて、
声優イメージもだいたいその辺から参照されたりしていたので、勝手に頭の中で
盛り上がってしまうので、読みかけのマンガなどは全て後回しにしてしまうほどに
ハイになってしまったのには驚く。


いわゆる直木賞・芥川賞のような文学などや、ミステリーものを好んで読む方で、
SF関連は少しくらいしか読んでいない。久しぶりに、これは読む速度はあがる
小説ですね。「夏への扉」以来の怒涛のようにページを繰りたくなる小説です。
2巻目も読み出しはスローなんですが、一気に読んでしまいそうですね、楽しみです。

だが、しかし!!劇場アニメは一部地域のみの公開のようで、宮城県では上映
計画はあるのかないのかわかりません。それはそれで、悔しいですね。






テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「武士道シックスティーン」なぞ、読んでみた~読了

いつ買ったんだっけ?・・・と、盆休みの最中、約60~70cmほどに積み
上げられたマンガ雑誌、コミックス、釣り関係、エロ本、新書等々の山が、部屋
のあちこちにそびえ立ち、資料という名の「切り抜き待ち」グラビア付き雑誌など
の間に挟まれてあった某書店のカバー付き文庫の1冊がコレでした。

小説やコミックス等を購入する際は、だいたい大まかな下調べをするもの。
コミックスに関しては、すでに連載中から知っているのを改めて纏めて読むか、
前評判をリサーチしてからの購入になりますが、小説等、文章の場合は立ち読みで
パラパラと拾い読みしてからの購入になります。

たまに、歴史的名作・・・という事で、「挑戦」という名のもとに近代文学を読む事
などもありますが、基本、立ち読みで文体、文章を確認して自分に適合するかどうか
を確かめてから購入します。昨今の小説の文庫本も高価になっていますから、そこ
のところは慎重です。

マンガの場合、買いだめして「読まなかった」事はありませんが、小説の場合は
買ったけれど「読まなかった」という作品は、本棚にそっと鎮座されています。
その辺の差は、御理解いただけると思います。

さて、この「武士道シックスティーン」なる作品。小説自体が話題となったのは、
ちょっと前、3~4年前だそうで、そういえば、土曜日の某FMラジオ番組にて、
椎名誠氏の友人、本の雑誌編集者の目黒孝二氏(名前、あってますか?)が、この
作品が「面白い!」と推薦している話を聴いて、興味を持った事が始まりです。

ちょっとあいだを置いて、愛読雑誌「月刊アフタヌーン」で連載が始まった辺りで
思い出したかのように、小説の文庫化を待ってからの購入でした。


宮本武蔵を心の師とする剣道エリートの磯山香織は、中学最後の大会で、無名の
選手、早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利に
こだわらない早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再開を果たす
が・・・。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテイメント。



文庫本の裏表紙にある解説をやや変えて書きましたが、大体こんなもんです。
磯山さん、早苗ちゃんの二人の視点から語られる文体は、演劇っぽくて面白いです。
昔からあるスポーツ根性モノ路線よりは、今時の「緩い」部分と「かたくなさ」を、
程よい加減に混ぜ合わせた青春スポーツマンガ、いや、小説ですね。

小説が、マンガっぽいというのは、面白く楽しいですね。

人生の軽さと重さをヒラヒラとなでながら、結構響く言葉も書かれているのがいい。
人生に勝ち負けはあっても、そのステージに留まるか、降りるのかは、その人次第。
嫌ならば、さっさとそのステージから降りられるが、好きであれば、勝ち負け関係
無く、そのステージに立ち続けたい。

って言うような内容の台詞にはうなづいたね。ダメでも、立ちたい、立っていたい
ステージはあるだろう。10~20歳代よりも、35歳以上のおっさん世代が読んで、
チカラをもらえる小説だよ。


400ページ弱のやや厚めの文庫ですが、結構サクサク読めるのでお勧めします。
冒頭40ページを盆休み前に、チョロチョロと読んで、昨日の昼頃から一気読みで
読了ですわ。久しぶりに小説を読みました。結構、爽快です(笑)

脳内で、磯山さんは誰?早苗ちゃんは?う~むマドンナっぽい河合さんは?
早苗の姉は誰かなぁ~などと、勝手にキャスティングして、楽しんだり(笑)
え?皆さん、普通に、脳内キャスティングしますよね?

まああ・・・いいか。

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)
(2010/02/10)
誉田 哲也

商品詳細を見る


マンガの方を先に知っていたので、読んでいる最中は、下のキャラ絵を脳内で
動かしつつ、「実写なら誰を!?」と、読みながら脳内変換。磯山さんは短髪
のイメージでいくと・・・かな?という女優はいるが、早苗ちゃんは・・・・
誰にする?といったあんばい。

ツインテールのこの下のキャラが、どうにも、イメージが合致し過ぎてどうにも
想像できません。というか、テレビをあまり観ていないので、無理があるという
のもありますが・・・。



武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
安藤 慈朗

商品詳細を見る




武士道シックスティーン(2) (アフタヌーンKC)武士道シックスティーン(2) (アフタヌーンKC)
(2010/04/23)
安藤 慈朗

商品詳細を見る




マンガと小説、どちらが面白いか!!というと、甲乙つけたくないです。
どちらも、表現のあり方を最も良い状態で発揮していますから、どちらも良いです。

文字だらけは嫌・・・ならば、マンガを。原作を読みたいなら小説を。
どちらも損はしないかと思います。



あと、マーガッレット版で別の方がマンガで描いているようですが、そちらは未読
ですので、割愛させていただきます。

ちなみに、アフタヌーン版で描かれている作画の方は、前回、同誌上で「しおんの王」
という美少女棋士(聾唖のヒロイン)の将棋マンガを描かれた方です。
一応、念のため・・・。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

週刊現代~細川ふみえのグラビアを見た

ジャンプを立ち読み、スピリッツも立ち読みした後にチラッと目に付いた
週刊現代。今週、月曜日の話ですが・・・篠山紀信先生撮影のヘアヌード。
昨年末に刊行された細川ふみえの写真集。

Amazonでも売れているとか・・・。

何年前だったか、篠山先生が細川ふみえのフルヌード撮影を敢行し、グラビア
を同じく週刊現代に掲載した事があったが、あの時は「裏切られた!」という
憤り?を感じたもので、あの時も立ち読みで眺めただけでした。

乳首を見せない

というフルヌードグラビアにガッカリしたものです(笑)
今週の週刊現代のグラビアではヘアヌード写真集というからには乳首など、
当然見えて当たり前。見せて当たり前。過度の期待はしなかったけれど、野次馬
根性でさがしてグラビアをみた。ほぼ巻末に写真集からのヌードが抜粋されていた。



細川ふみえ Fumming細川ふみえ Fumming
(2009/12/15)
篠山紀信(撮影)

商品詳細を見る




見て、眺めて、思った事は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















見せるのが遅すぎた










勿論、乳首も見せているのだが、コレって・・・本物?
見たグラビアはわざとピントが甘いのか、加工画像だったのかイマイチ。











何がガッカリかというと、エロくない。

全く欲情できない画像にはちょっと・・・ガッカリした。

芸術作品でも滲み出るエロスはあるものだが、まるで立ち昇るエロスが浄化

されてしまったようなグラビアに鼻血も垂れない。

ち○こも無反応だよ・・・。

ヤングアニマル、ヤングチャンピオン、ヤングジャンプのお姉ちゃん達の

着衣グラビアの方がエロいわ。反応するし(笑)






まあ・・・エロスを求めるような写真集ではないのかもしれないなぁ~。
週刊現代のグラビアで見る限りは、旬を逃したヌードに思える。
年齢の割には美しいという形容の仕方はあるが、細川ふみえが日本全国の
フーミンファン、男性達の妄想の中に住まう「細川ふみえ」ではなかった
という事だけはなんとなく理解できたように思う。

つーか、20代の頃はムッチリしてた方ではなかったか?
ちょっと肉が足りないような気がするし、オッパイの張りももっと凄かった
印象が・・・・・・・・・・・・・・。

だから、旬を逃していると思うのだ。

多分、10年前なら今の3倍以上は売れていると思うけどネ。



テーマ:巨乳アイドル - ジャンル:アイドル・芸能

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結局「派遣社員」の履歴が残るとダメなんだよね・・・「派遣のウラの真実」

今日は朝から病院にいって採血したり、ハローワークに行ったり色々とそれなり
の雑事をこなした一日。先週くらいに町内の健康診断を受けたばかりなのだが、
それとは別の定期的な血液検査。まあ・・・尿酸値と中性脂肪とか、そういう
循環器系の検査を受けた日です。

連休明けで町の診療所も年寄りメインで大繁盛。・・・というのは不謹慎か。
前日の20時以降の飲食禁止。朝食抜きが、今回はきつかった。いつもの
事なのだが、前日の夕食が軽かったせいだと思う。起床時によくある低血糖
による血圧の低下を感じてふらつく。

採血後、診察時に前回の検査結果を聞き会計を済ます。1980円か・・・高いな。
診療所を出てから約20km先のハローワークを目指す。途中、ミニストップにより、
ホットドッグと珈琲を購入し、血糖値をあげる。久しぶりにここのホットドッグを購入
したのだが、以前より小さくなったような気がするのは気のせいかな?

ハローワークに到着。PC検索を申し込むと19人待ちと、満席の様子。しかし、
待ち時間は10分弱でした。職安通って9ヶ月、この早い回転率から察するに、
求人に優良物件がナイと推測すれば、案の定ビンゴ(笑)
代わり映えのない求人情報。ほぼブラックだろう求人がチラホラ。(同じ求人が
去年の12月からあるけど、一向に雇う気もない会社数社。オレも書類審査で
落とされた所もあったけれどね!)

おそらくは男性は対象外であろう宝石を扱う某ジュエリー店も相変わらず、雇う気
はなさそう・・・。女性でも応募した方々はあるだろうが、決まらないみたいですね。
ブラック会社、企業という言い方よりも、ゴースト会社じゃねぇの?
幽霊みたいに出たり消えたりを周期的にやっているような気がするけどね・・・。



仕事はあるけれど、雇用のミスマッチもいいところ。
あえて異業種に応募しているのに、ダメなんだよね・・・。
やっぱり、前職が派遣社員というのは色眼鏡で見られている事も考えるなぁ。

あとは年齢の壁だね。

学歴はもう関係ないかな。高卒も大卒も関係無い。

問題あり、難アリは中卒くらいか・・・。今時中卒って!・・・いやいや、結構派遣社員
には居るんですよね。働き始めるのが早いし、フラフラしているようでいて、なかなか
悪知恵は働くし要領も良くて、処世術に長けている若い子は結構居たりするものです。

それはいいとして、PC検索していたら、
制限時間30分でも時間があまり、持て余す今日この頃(笑)
愕然とし、脱力するだけです。

天気も良く、気温も暑いくらい。釣りにでも行くかな?・・・という気にもなれません。

なんとなく、車で走り出し、中古書店へ向かいました。
先日、新刊の新書で立ち読みした本が中古で出回っていないかどうかを確認する
ためです。目的の新書はありました(笑)その本屋の流通ルートと、オレの気持ち
がシンクロしているみたいです。

ここで購入した派遣関連の新書はこれで4~5冊目かな?1冊300円。
新刊で買うほどの内容でもない、軽い読み物と感じたので中古を探していました。
作者には申し訳ないです。
でも、読んでみると、ちょっと面白かったので笑ってしまいました。
(ちなみに直ぐ読了しました。軽い読み物ですね)

「派遣のウラの真実」著作:渡辺雅紀

派遣のウラの真実 (宝島社新書)派遣のウラの真実 (宝島社新書)
(2009/05/09)
渡辺 雅紀

商品詳細を見る



著者は製造現場の派遣社員として働いた事もあるし、また派遣会社の管理職
として働いた事がある経験からこの新書を書いておられます。

派遣社員、非正規雇用労働者は派遣会社から不当に搾取され、また雇用先
企業からは差別される社会的弱者である。

・・・という部分も確かにあるけれど、
派遣社員という人達にはトンデモナイ、愚者がたくさん居ることを今回知って
唖然としました(笑)










「派遣社員とは、素行の悪い人達が多い」という悪い例が、数々とあげられて
いて、「これじゃあ・・・『悪い印象』を与えているだけだよな」という話があり笑って
しまいます。笑うしかないです。

人との信用を裏切るような人が多い。責任感を感じない人が多い。
寮生活では空き巣、置き引き、窃盗、騒乱・・・他。経歴詐称。
笑ったのは偽名使用、年齢詐称、逃亡。

全く金銭を持たずに面接に来て、そのばで給料の前借りをきくバカ。
メシ代とタバコをせびるバカ。通勤・送迎用の車を乗り逃げ逃亡するバカ。
無銭飲食や万引きをして身元引受人として辞めた派遣会社に連絡するバカ。



こういう馬鹿者のおかげで、派遣社員にレッテルが貼られているのであれば、
もう~普通の仕事に就けないのは確定されているように思えた。



派遣社員=ダメ人間


の公式ができあがっている企業は多そうだ。


派遣社員の悪事ばかりではなく、派遣会社、派遣先企業の悪事も大いに
語ってくれているが、派遣社員のダメっぷりには呆れるね。そういう印象が
強い新書です。

派遣会社の搾取の手口も色々あり、大企業の労災隠しの手口とかも
どこかでニュースになった事を思い出しました。
少し不満なのは、いつ頃の話なのかは伏せられていますし、データを見せる
わけでもなく、見て聞いて、現場で奮闘した日々を書いているだけです。
時系列をうやむやにせずに書いてもらう方が、考えやすかったかな。

実在メーカーならば、実名表記までには至らないが、某大手自動車メーカー
のT社とか、某半導体メーカーのS社とか、書いてもいいのではと思いましたね。

蛇足ながら・・・

一番笑えたのは後半の「5章:派遣村だけではない甘い行政」の項。
ここでは脳梗塞で倒れた元社員を巡り、生活保護申請ですったもんだで
奮闘する話なのですが、途中のオチで爆笑!そして脱力しました(笑)
自分が管理職についている会社を「悪徳派遣会社」と言ってしまう辺りに、
著者の熱気が伝わります。


国、行政、法律、派遣社員、派遣会社、派遣先企業・・・
どれもこれも、うまく噛み合わないから齟齬が生まれる。
一番底辺で苦悶するのは派遣社員だけれども、派遣社員も
ピンキリなんだよな。

最終ラインに立って、ホームレスに堕ちるか立ち上がれるかの
ボーダーラインで蠢く人々が全労働者の1/3を占めると、そりゃ
生活が安定しないから少子化も加速するわ。

事故や病気で倒れたら、即日ホームレスになる国ってホント素敵(笑)

自殺大国だしな・・・。




雇用危機をどう乗り越えるか (ソフトバンク新書)雇用危機をどう乗り越えるか (ソフトバンク新書)
(2009/05/16)
中野 雅至

商品詳細を見る


ちなみにコレ↑も一緒に見つけてなんとなく購入。1冊300円。
こんな新書ばかり読んでいると、色々知ることができるけれど、
「希望」がみえないねぇ・・・。

後日、読むつもりです。




テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

他の雑誌・書籍等 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「貧困大国ニッポン」を読んでみた

先週の水曜日か木曜日にふと思い立ち、立ち寄った新古書店にて
約2000円程の出費にて購入した書籍コミックス類の中にこれが
あった。

「貧困大国ニッポン」
サブタイトルが効いたかな。まあ中身もチラッと読んでみて気になったし、
後々、役に立つ(何に?)かと思って、勉強も兼ねて似たような新書や
文庫を購入。なんか「日雇い労働者」だの「山谷」や「釜ヶ崎」「底辺」・・・。
などなどの言葉がちらつく書籍を数冊選択する俺って、ヤッパリ暗いか。

2割の日本人が年収200万円以下

こういうサブタイトルに魅かれました(笑)。
僕は辛うじて、200万円以下の年収では無かったけれど、ここ数年は
今まで社会に出てから働いてきて、雇用労働者としてフルタイム働いて
得てきた収入としては最低の金額で働いてきましたね(笑)。

貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)
(2008/06/07)
門倉貴史+賃金クライシス取材班

商品詳細を見る


まあ・・・カラマーゾフの兄弟は後回しにして、パッと読んでみました。
半日かからんですよ。新書なんでね。
で・・・将来の不安を抱えながら、失業者として今生きていますが、
やっぱりストレス溜まっていましたね。コレを読んで次の日の金曜日、
ついつい、そんなつもりは無かったのに、深酒してしまい、ボトル半分程度
残っていたバーボンを空けてしまいました。ハイボールの量で換算すると
軽く6~7杯は越えたかも?何しろ、割るための炭酸水500mlを2本丸々
空けて飲みきってしまいましたから・・・ははははは。
(ちなみに大体1回の飲酒で炭酸水1本飲みきらない。)

最後にもう1本。開いていたジャックダニエルを1ショット。
ストレートで極めて就寝しようとしたら、フラフラになりつつ机に向かい
落描き。朝方だけどレッド・ツェッペリンのライヴ盤(3枚組み)を聴きながら
大鼾で寝てましたわ机に突っ伏して・・・・・。

伝説のライヴ -How The West Was Won-伝説のライヴ -How The West Was Won-
(2003/06/11)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


いや~録画していた「蟲師」を観ながら飲んでいたんですが、途中から
暗くなったので「カウボーイ・ビバップ」に取り替えて観ていたらついつい
メートルがあがってしまったようです(笑)。

ここ数年、こんなに飲める事はなかった。外に出て働いていると、疲労が
蓄積されて内臓機能も低下気味だから、ほとんど飲めなかったのかもしれん。
ちなみ、ついこの間まで働いていた頃の飲酒量はだいたいハイボール2~3杯。

疲れている時は、飲まないか、飲んでも1杯程度で満足していたね。

まあ、本の内容は作者の主観を入れない聞き取り中心の文章で構成されている
ので、当事者達の「生」の声が読めた。
章ごとに著者のまとめがあり、おふざけなしなのがよい。当たり前だが・・・。

「下流社会」だったかな?あの著者よりは断然読みやすく馬鹿にされている印象は無かった。

このままじゃいけない。って事はみんな解かっている。だけど、落ちれば
這い上がっていけない社会構造にみんな絡めとられていく。それが、今の
日本とういう国家だ。

再チャレンジがほぼ不可能なアリ地獄・・・。これは、本当にホント。

継続は力なり、努力は報われる・・・。派遣労働者でそれが報われるのも、
確率的には1/100か 1/500か・・・とにかく報われない。
正社員もしかり。年収250万円を切る正社員も悲惨だ。

そして年収300~350万円のサラリーマン家庭でも、子供の数が増える
と切り盛りするのがギリギリで余裕が無い。そこに親の介護が入れば
どうなるか。

高齢者も夫婦揃って健康なうちはいいが、片方に認知障害が出て・・・とか、
病気で寝たきりになったらとか・・・。

もうwwwwwwwwwwwwwwwwね、日本は年収400~500万円以上の
人以外は国が人扱いしないって事です。一応、この年収以下でも暮らせますが、
大多数の人達が不安を抱えて、いつか、「勝手に死んでください」と、
国に、日本に、政府に言われているんですよね。
ハハハハハハハハハハハハハハハハハ・・・・・・・・・・。

生活保護申請を受けるのが厳しいのはわかりますが、死ぬ一歩手前にまで
なっても生活保護が受けられない方もいれば、断られて餓死してミイラ化
するしかない国です。

泣きたくなってくるよりも、情けなさを感じ、そして怒りがこみ上げてくる。
それがストレスになってしまったのかなぁ・・・・・。

とりあえず、自分がやれる事をやってみんとね。

でも、まあ・・・あれだけ飲めば二日酔いですよ。
土曜日はひたすら寝て、昼に起きるが食欲なく。寝る・・・。

結局日曜日まで、眠り続けて肝臓、腎臓を休ませる戦法にした。
時々水を飲む程度で・・・。日曜昼前には復帰復活。
そして、ブログの更新で長い長い書き込みをしてみました。

ああ、文章を書き込む事でも、ストレスを吐き出しているようです。






「貧困大国ニッポン」を読んでみた…の続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。