うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まあ・・・なんちゅうか気晴らしに釣り

川も落ち着いた事だろうが、盆休み明けゆえ川も鮎釣師が大挙して押し寄せ
荒れている事だろうし、まあ、簡単に釣れるバス釣りに行った。が、結果は
惨敗といえる。この頃山形県からも来るし、福島県からも来るからね、バサー
がね。

前川ダムはダメなのかね?山形県からわざわざ山を越えて来るということは。

盆休み、夏休みだもの、釣り人に荒らされるのはなにも河川だけではないね。
本日は2尾キャッチ、3バラシ。しかも18cm程度の軽いやつらばっかり。
ポイント荒らされまくりだった。しようがない。チェイスするのはルアー以下サイズ
の未確認魚。釣れない事にはつまらんものだ。

ちなみに、自作?まあ・・・自分で適当に巻いたラバージグでの釣果。
派手な緑、黄色、オレンジの中空ラバーの散切りカットが受けたみたいだ(笑)
盆休み前の釣りでもポツポツ釣れてくれた。そういえば久しぶりにラージマウス
バスを釣ったな。小さくても水面で暴れるから面白いや(笑)

1週間くらいは行かない方がいいな。大型連休の最中と後はほんとに釣れない。
反応悪すぎ。まあ・・・いいや。月末までもう1本、内職進めようか。
(実際に金になる事ではないが・・・)
あとは一応、本編の仕事探しだな。とりあえずよさそうな物件をみつけたので
検討してみることにした。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:2 | トラックバック:0 |

やっぱり密放流しているんだ。福島から持ってくるんだ馬鹿バサーが・・・。

あほらしい。結局ギャング放流が野放しになっている証拠か・・・。
2006年の2chの書き込みだから相当古いけれど、キッチリ釣れるようになった
2007年頃の自分の釣りとも符合するな。2007年の夏にスモールを釣った
のが最初だったか・・・。



34 :名無しバサー:2006/06/24(土) 08:43:31
21 :名無しバサー:2006/06/18(日) 13:28:47
chapte○宮城は、桧原湖で大会を開くと、つり上げたスモルを持ち帰り
宮城県内に放流してます。山形の前川ダムで大会開く時は盛り上げ用に
40~50サイズのデカバスを数百匹事前に放流します。
ま、犯罪シンジケートの一つと言ってもらってかまいません。



この前、駐車場付近、いわゆる公園下で30cmを越えるスモールを釣ったけど、
あの近辺で堂々と密放流しているんだ。船着場があるからさぞやり易いだろう。
ダムの管理事務所が設置してある監視カメラが役に立っていない証拠だね。
いや、ダムの監視をする方達の怠慢なのか?
結局、狡猾な馬鹿者バサーになめられている証拠だ。













山形の前川ダムの、

ヘラ釣り愛好家の方々。

鯉釣りを愛好する方々。

40~50cmサイズのバスを

数100尾単位で密放流している現状を

野放しにしていいのですか?











法律で禁止、制限していても、これだけ自由に密放流ができれば
全く法律は効力を発揮できず、またバサーが調子にのるだけですよ。


結局、水辺の出来事など他人事でどうでもいいのかね・・・。

取り締まりを強化する事とかできないものか。
キッチリと犯罪者として吊るし上げるべきで、全国的に発信していくべきじゃ
ないか、これらのバサーの愚行を・・・。堂々と2chで「犯罪シンジケート」と
語るような輩を特定して捕まえてもいいでしょ?犯罪と知っていて、密放流
を繰り返す奴等を野放しにしていれば、ほんまに法律は意味も意義もない
ただのお題目にしか過ぎないよ。

なんのための法律なんでしょうね・・・。役に立ってないよ。


そういえば前川ダムはバス釣りの雑誌に特集記事として掲載された事があった。
ルアマガだったかな?去年くらいの記事だったか。
そりゃあ・・爆釣!(笑)でしょう。デカいバスが釣れるのも無理はない。
100尾単位で放流されたら前川ダムの規模なら、瞬く間にバス湖になるね。

バサーは他の魚種の存在を許さない人種だから、ホントに頭が悪い。

野放しにしていていいのかな・・・。

現状では法律施行後も関係無しに密放流が横行しているのにね。










こういう馬鹿者バサーが、至るところに野放図に密放流を繰り返し、
渓流域でもバス釣りができるように、渓流にもバスを放つのだ。
渓流魚で、バスとか釣りたいトラウトルアーマン、渓流釣り師は居ると
思いますか?そんなもん釣れたら直ちにブン投げるよ。結局、バサーは
バス釣り以外の釣りを無視して、認めないやからという事ですよ。

アホか。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

わが町の源流域にバスを放された・・・これが正常な釣りなのか?

我が町は仙台市から車で約1時間たらずの場所にあり、渓流釣りも
盛んなところだ。くやしいけれど、バスを密放流、ギャング放流した犯罪者
はほくそ笑んでいるんだろうな・・・。

ヤマメ、岩魚などが釣れる渓流域だ。アブラハヤ、カジカ(魚)、カジカ(蛙)、
アユカケ・・・etc.そこは、クマ、日本カモシカ、タヌキ、フクロウ、テン、イタチ、
アカゲラ、カワセミ、山椒魚・・・etc.色々と希少生物も住む田舎です。

夏にはカジカの美しい鳴き声が聴こえ、夜空の星はあふれるほど・・・そんな
田舎です。

そんな山奥の渓流域の最上流にまで

来てやりたい事がバス釣りですか?


渓流域ならヤマメ、岩魚がルアーターゲットになるでしょ?
バサーがトラウト類狙いでルアーを投げてヤマメ、岩魚を狙っても誰も
文句は言いません。だって、渓流ルアーフィッシングじゃないですか、
渓流域ならそれで問題無いです。ボクも渓流ルアーフィッシングをやっています。
渓流の餌釣りも時々やっています。ヤマメ、岩魚がターゲットなら同じ釣り仲間
ですよね。

ヤマメ、岩魚が住む場所、生息域で
バスが居るのは普通で正常な事なんでしょうか?

大きな堰堤、砂防堰堤を飛び越えてバスがやって来たとかいいますか?
密放流以外ないでしょ。

僕たちトラウトルアーマンは

バス釣りの邪魔はしませんよ。

釣る場所が違いますから。



でも、バス釣りをやるバサーは

トラウトルアーマンや、

渓流餌釣り師の邪魔をするんですね。



さも、それが当たり前かのように・・・。






実生活でもそれが許されると思いますか。





そして、言いたいのはこういうルール違反を犯してバサーには何の利が
あるというのでしょうか。自分達の手で自分達の釣りを汚している事が
判っていない。ドンドン、立場を悪くしているのが理解できないアホばかり
なんですか?



キャッチ&リリース(再放流)も当然当たり前にやっている事と思います。







ホント・・・ブラックバス汚染だわ。


バサーが中間宿主の役割を果たして

各地に密放流か・・・。




警告!ますます広がるブラックバス汚染警告!ますます広がるブラックバス汚染
(2003/09)
秋月 岩魚半沢 裕子

商品詳細を見る






バス釣りする方々は、目をつぶって

現実逃避ばかりしていると思う。





宮城県の県北地域は色々と活動されているようなんですが、それでも
懲りないバサーが密放流しまくる。
性根が腐りきっているバサーには通じないだろうが、良心のあるバサー、
バス釣りは好きだけれども、良心の呵責があるバサーは一度下記の
HPで駆除の現状を見てもらいたい。特に、バサーが呼称する「野池」という
ものは存在しない事がわかる。

自分達の釣りやすい水位にするために池の水を許可無く抜いたバサー
とかもいるくらいだから、宮城県県北でバス釣りをするやからには悪質
極まりない方々もいる現状にも呆れた。

一見の価値ありです。このHPを見て何にも感じない方は、釣り人を名乗る
のも辞めて欲しい。いや、釣りを辞めて欲しいです。
自分の好きなように釣りがしたいなら、テレビゲームなどのゲームの中で
楽しんでください。誰の苦情もありませんから・・・。




NO BASS FUKUSHIMA

http://www6.ocn.ne.jp/~yocehan/


特に、ため池の池干しの記事はとても参考になります。
バサーが池干しに参加したエピソードもあり、この記事を読んで
何も考えられないならば、釣り自体を辞めてください。



ぼくがバス釣りをやめた理由―在来種を滅ぼす侵略者を止めろ!ぼくがバス釣りをやめた理由―在来種を滅ぼす侵略者を止めろ!
(2003/09)
植村 誠

商品詳細を見る


ブラックバスを退治する─シナイモツゴ郷の会からのメッセージ─ブラックバスを退治する─シナイモツゴ郷の会からのメッセージ─
(2006/11/25)
不明

商品詳細を見る


伊豆沼のバスの人口産卵床を設置する季節です。
意図的に人口産卵床を壊すと犯罪になります。
色々と証拠写真を撮影したり、地元警察、漁協との連携が、
かなり密接になっているようです。違法行為をしてもバサーに有益
とは思えませんよ。



テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:2 | トラックバック:0 |

釜房ダムに行ってみた

今週末こそ釣りに行くぞ・・・と意気込んでいたのにも関わらず、どこか気が抜けていた今日。
朝は07:00頃に起きたのにも関わらず、猫の相手をしながらテレビで釣り番組などを見ながらどこかボーっとしていてテンション低め。見た目の割りに血圧が低いのか、見た目どおりならば140~90くらいの血圧なのだろうが、実際は120~78と普通・・・。120を切ることもしばしばあるな。
上が138くらいある方がテンション高めで異常にヤル気も高いし、妙に元気なのだが、飯を食っていないとどうもフラフラして時々立ち眩む事もある。見た目に比べてやや弱ちぃ。

ベッドに横たわった状態でリモコン操作しながらテレビを観ていると、頭のそばで猫が鳴いてうるさい。
腹減ったからなんかくれ~と鳴いているのだが、しばらく放っておくと、僕の手を叩いてきた。ポテポテと叩いてくるのだが、知らん顔していると、今度はボクの頭にツメを出して叩いてきたから、さすがに痛い。
しようがないので、かたわらにあったカリカリを少し与えてやると納得し、食べ終わると隣の部屋に行って窓際で眠りだした。釣り番組が鮎釣りとか渓流釣りとかならば、少しはヤル気が出ようものだが、海の船釣りだ。
プロの方々が大物を釣っているがあんまりボクは楽しくない。

やはり淡水の釣りが好きなんだろう。ヘラブナ釣りでもよかったな・・・。

釣り番組も途中で観るのをあきらめて二度寝をしたのがよくなかった。
次に目覚めたのは13:00過ぎだ。もう~ダメダメですわ。昼からの釣りならば、ほぼピンポイントで少ない移動で釣るに限る。白石川か?松川か?それとも町内の北川か?そう思いながら14:30頃に外出して向かった先が釜房湖。先日たまたま釜房ダムの釣り情報を見つけたので、それを読んでみて少し興味がわいたから行ってみたのだ。


釜房ダムに行ってみた…の続きを読む

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

伊豆沼・内沼に人工産卵床を設置されたようです

4月下旬、5月のGW期間中に設置されたようですね。作業風景を見ていてもかなり手間がかかっています。

こういうボランティア活動を踏みにじる

罵詐亜の悪行は絶えないそうで・・・。


今年も「人工産卵床の破壊・妨害」行為をするバサーがいて、しっかりと現場の証拠写真も撮影され、破壊された人工産卵床の修繕費用等の算出もしているそうです。立派な器物破損ですからね。さらに、漁協の組合員、地域住民、地元警察との連携、ネットワークもなされているようですが、なにしろ不逞の輩が多くて困っているとのこと。
さらに、持ち主に無断で和船を使用したのちに放置していたという大馬鹿者までいる始末。完全な犯罪行為なので、持ち主は被害届を出したそうです。


「こんなに沢山バスが居るのに、釣ったらダメなんですか!!」というダダをこねる罵詐亜もいたそうです(笑)しかも釣り禁止区域で・・・。

さらに宮城県の罵詐亜は字が読めないらしい。「釣り禁止」の看板の字が読めない?みたいです。

バス釣り自体の格を落としている行為というのが解らないそうです。罵詐亜って・・・かっこ悪いな。

伊豆沼・内沼を釣り禁止すればいいのではないか。できない理由はなんだろう。
釣りはできるけれど、「ルアーの使用禁止」にすれば随分変わるのではないか。

しかし・・・伊豆沼・内沼での罵詐亜の悪行の数々は日本の恥をさらしているようなもの。

気分良く「ルアーフィッシング」をやりたいならば、対象魚種を変えればいいじゃないか。
罵詐亜の中にはこういう「自分達の都合に合わない世間の事情」に苛立っているから、愚かな行為を繰り返しているんでしょ?
正々堂々と他魚種にターゲットを変えればいい。スズキなんかは「シーバス」とかいわれて立派なルアーフィッシングの対象魚にもなっているし、そっちのスズキを釣るようになってから、バス釣りで40~50cm揚げて喜ぶのもアホらしくなるという話もあり、スズキの方にはまるとバス釣りはもういいかな?という気になったという話もきく。

マナーを守ってバスを釣るバサーに迷惑をかけるばかりだから、悪行三昧の愚かな罵詐亜は釣りをやめるか、他魚種を狙う事を勧める。スズキとか、よいではないか。


あらかじめ言わせてもらいますが、渓流釣りや本流中流域のヤマメ釣りなどの河川には来ないでね。
愚かな罵詐亜が来てゴミを撒き散らしたりとか、破壊、窃盗活動とかされると迷惑だからね。



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

惨敗・・・。10月なのに・・・。

今週は会社も通常ならば3連休ですが、ボクの仕事は休日出勤で対応・・・ということで、
実際は2連休になりまして、月曜日も一応休みになります。
そんな、2連休なんてあまり取得できない日々を過ごしていますので、今日の釣りもヤル気満々で望んだわけなのです。
朝は6時頃には起きて(5時には眼が覚めていたけど・・・)朝食を済ませ、身支度を整えて、
本日、最初に入るポイントの攻略のため、どんなルアーを使用するかなどのイメージトレーニングなどもしつつ、装備固めをして出発。
なんだかんだと考えながら、目的地に到着して釣りを開始したのが9時過ぎだ。

いつものダム湖だが、先週よりも1m以上減水していた。
それも考慮しつつ釣り始めたのだが・・・午前中は無反応で終わり。

この時点ですでに暗雲立ち込めていたわけです。昼時だったので、ドライブイン的なトコロに行くと、
さすがに連休中日、観光客がワラワラと居てはります。お土産屋もレストランも一目みただけで、
うんざりするほど人で溢れています。
バイクの人も一杯いますわ。・・・駐車できないぐらいに満車です。こんな事あんまりないのにな・・・。

いつもは閑散としたレストランも結構繁盛しているようすがうかがえます。あきらめて湖畔の売店みたいなところで、かき揚げうどんを頂きました。まあ・・・そんなに悪くは無い。
全体的にマットで黒い二つ目ライトに改造されたハーレーの男が後からやってきます。
ライダーは勿論ボクよりは年上のおじさんで、改造されたハーレーに合わせた皮ジャンなどもカッコいい。
やっぱり、ハーレーは自分好みの改造をしてナンボですね。
エアクリーナーも変な改造してましたわ。大型バイクならやっぱりハーレーへの憧れは拭えませんね。

バイクはいいんだ。午後からは先週42cmやら30cmくらいの奴をあげたトコロにいってみた。
案の定反応すら皆無。居るはずだと信じて粘り続けて、あきらめかけた時に投げた
ディープダイバー系のミノーにヒット!
やっとこさで釣れた。ミノーの腹側ではなくてリアフックをガッチリ食っていた。
スモールだ。

リアフックに食ってきたのなら、やはりいまひとつ活性が高めというわけでは無さそうだ。
今の時期なら腹側にフッキングしてもおかしくないくらいに、荒食いモード全開のはずだと思っていたのに、
このていたらくである。
少しスローな釣りを心掛けてみる。しかし、それっきり反応は相変わらず薄い。

夕方近くになり、陽が傾きかけてきた頃、ノーシンカーのスモールワームに反応して追ってくる魚影を確認。
こっちからも見えていたのだが、かまわずワームをそのままそっとスローに落とす。
食って反転した瞬間にあわせると、ブチン!とラインが切れた。

合わせ切れなんて、管釣りのビッグトラウト以来だ。
相手はたかが30cm未満のスモールマウスバスなのに・・・。
少しドラグを締めすぎていたかもしれない。注意しないとね。

この後もう1尾かかったが、針掛かりが浅かったので直ぐに逃げられた。
結果、1尾のみという釣果に愕然とした。

あああ・・・ポテチン・・・。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

今週末もバス釣り・・・

明日30日を過ぎて10月からは渓流禁漁となり、周辺流域のヤマメ、イワナ等の渓魚の釣りは3月までおわずけになる。今年は某ダム湖のサクラマスも不発に終わり、アタリさえなくシーズンが過ぎた。
毎年、何らかのアタリやら、バラシなどを経験しているわりにはこの湖でサクラマスを釣ったことがなく、
なんとなくここのサクラマスとの相性は悪い。
釣り方がまずいのか、釣行回数が少ないのが悪いのか・・・。
3~4月をはずした頃に尺物銀化ヤマメが釣れたり、ウグイかと思って引き上げると婚姻色の出たヤマメに驚いて、ビクに入れようとしたら逃げられたり・・・。

一応サクラマスになる前の状態には遭遇しているからまだ良い方だと思うことにする。

さて、今年のヤマメの釣果はそこそこですかね。いいところで22~24cmの良型が釣れたり、尺上も釣れたし、岩魚も釣れ、ビッグトラウトのニジマス(ドナルドソンタイプ)も思いがけない場所で釣れたしね。
悔やまれるのは8月の盆休みに集中した酷暑の日々。
盆休みの釣り計画は酷い暑さのため、体力的に負荷がかかりすぎるのを恐れてまともな釣りをしなかったことだ。まあ、雨も降らなかったので河川の状態も悪くて釣りにはならなかった。また来年に期待しよう。

さて、10月から禁漁期に入ると毎年恒例のバス釣りを再開することとなる。
だいたい11月の頭か10月最終週までは、「荒食い」の時期に突入するのでこのダム湖の四季のなかでは一番釣れるシーズンになる。(経験上、6~7月よりも釣れます)

今年はヤマメ釣りを早々にあきらめて、前倒しで9月半ばからバス釣りを再開していますが、
まだあんまり釣れません。29日の釣果を先にいうならば、わずか9尾ですからホント、釣れません。
一応42センチのラージマウスバスは釣りましたが、あとは小バスのみです。
RIMG0659_512.jpg

画像は小バス25cmくらいのやつらです。

今日は先週行った雰囲気の悪い流れ込みで42cmを釣り、3尾のスモールマウスバス(22~30cm)を釣り、橋の下で小バス5尾を釣りました。

RIMG0660_512.jpg


このポイントに来た時は橋脚辺りを狙っていて一つも釣れなかったのですが目線を変えて、
「向こうの沖の方からシャローを目掛けてバスが来るはず」と思い、さらに目の前から急な落ち込みになっているわけでもないかも?とヤマをかけてジグヘッドに小さいワームを付けて投げるとヒットしました。
立て続けに3尾4尾5尾と釣っておしまいでした。
少し離れて若いバサーが沈んだ立ち木辺りでロッドを振っていましたが釣れている様子はなく、
釣れている僕の近くまで来て橋脚辺りを狙っていましたがダメなようす。

二人連れのバサーはお互い釣れていない状況を確認しあうと、ポイントを求めて移動しました。
「どうしてあの人は釣れているのかな?どんなルアーにどんな竿にリールなんだろう・・・?」
てな具合に見られていたかもしれません。

すいません。ワームはなんだかセンコーかカットテイルのキレッパシで、まともな形ではないものです。
それをメバル用のジグヘッドに付けただけです。

リールもロッドもラインも、本流ヤマメ狙いのトラウト用です。ラインは5lbです。





あああ・・・・・。オレだけ釣れて、立派なバスロッドに高級リールをあつらえた若者が釣れていないのは少しだけ優越感を感じる。(今時のバサーは立派な道具を惜しげもなく買うからね・・・中学生でもカルカッタ、ステラ等の上級モデルリールを買い、メガバスのロッドを愛用するとかね)

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

日曜日はどこで釣りをする?

土曜日は暑くて水温が低いうえに増水し、水流が強い場所で往生した。
土曜日の最高気温は30℃近くまで上昇したらしいが、日曜日は逆にTシャツ一枚だと震えるくらいに寒い気温にまで下がり、プラスやや睡眠不足気味(休みなのにあまり眠れていない)で白石川へ行ってみる。
一日でなにもかもが変わる程のコトはなにもなく、ただ多少の濁りのはいった水流を眺めていると、鮎釣りの人が川縁で竿をだしていた。
よくよく見ていると友釣りの人ではないようで、どうやらヤマメの餌釣りをしている釣り人であると勘違いに気付いた。(白石大橋のコンビニで買い物をして、偵察がてらに河を眺めていた)

黒いワンボックスの車から降りてきた年配の方から話しかけられて、あれこれと最近の白石川の情報をやりとりしているところで気付いた。どうやら久しぶりにこの河にやってきた鮎釣りの人らしい。
土曜日の松川でのヤマメ釣りの顛末や、鮎の話などをさせていただいた。
鮎釣りをぼくはやっていないけれど、鮎の動向もヤマメ釣りには大切なので、どこに居るかとか、鮎の存在を示す食み後とかは割りと注意して最近はよく観るようにしている。

先日はヤマメの反応は悪かったけれど、ルアーに身体をぶつけてくる魚体に少し違和感を感じていた。よくよく考えてみると、鮎が尾でルアーを叩いていたのではないかと思うとなんとなく合点がいく。
そうだ。ルアーを叩かれた流れの中から20cmくらいの銀色の魚が跳ねたのを、何回か目撃している。鮎だったのかもしれない。
(去年はウグイのスレ掛かりかと思っていたら、ルアーに鮎が掛かったことがあった。ルアーはDコンタクトで、昨今のディープシンキングミノーの釣りを定着させたスミスの名作ルアーだ。ちなみにルアーで鮎を釣った出来事は去年のブログにUPした覚えはあります)

去年、Dコンタクトで計らずとも鮎を釣ったコトが思い出され、ヤマメが無理なら鮎をミノーで・・・偽友釣りでうまく釣れないものか。と、思ってやってはみたが、そう考えているうちに鮎は何処かへ行ってしまったようで、さっぱり反応が無くなる。

あああ・・・・バラシだけで1尾も掛からなかった土曜日の釣りの顛末が悔やまれる。
ちなみに、松川で鮎の食み後を目撃した事を鮎釣りのおじさんに話したところ、釣れる可能性を見出したためか、急に明るくなり小躍りしながら、おとり鮎を買って鮎釣りをやる事を決断したようであった。
「今日はヤマメ釣りはやらないんですか?」と訊かれて、
「昨日のことがあって、(ヤマメ釣りを)やるかどうか考えているところなんですよ・・・」と生返事でこたえる。この時にはもう、釣れ難い状況のヤマメよりも釣りやすくなりそうなバス釣りをする気持ちにはなっていた。
そして、いつものダム湖へとこの後行くのである。

日曜日はどこで釣りをする?…の続きを読む

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

金曜日もバス釣りに行った

木曜日は夜勤明けでの釣行で、夕まづめギリギリの日没寸前までの釣りは体力的に辛くてできず、16時くらいには納竿して帰ってしまった。
金曜日は8時半頃に病院に行く用事があって、結局その日の釣りは昼からの釣りになった。
いまだ梅雨明け宣言はされてはいなかったけれど、宮城でも最高気温30℃をたたき出し、
しかも湿度も高めな炎天下。「梅雨明けやろが・・・」と巻き舌で愚痴るわたし・・・。


金曜日もバス釣りに行った…の続きを読む

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜勤明けでバス釣りに行った

夜勤明け、金曜から会社は3連休の小夏休み。水曜日も行った同じダム湖での釣りだ。
ひと眠りしてから、だいたい9時30分頃から釣り始める。
昨日よりもやや水位が下がっていた。この前5~6年ぶりにソフトルアーを使ったら結構釣れて、ハンハンジグの釣りも覚えたので、今回もソフトルアーメインの組み立てで釣り始める。

しかし長年ハードルアーの釣りをメインにしてきたので、一応そこそこのルアーは持っていった。
スピナー、ミノー等はトラウト用、クランクベイト、ポッパー、シケイダー等はバス用トラウト用を併用。

5cmくらいのトラウト用ミノー等の出番は今回もなかった。
ゲーリー4インチグラブのテール切れのやつと、短いセンコー、ハンハンジグ、そして本日最も反応が良かったのはデプスのチビアダーだった。


夜勤明けでバス釣りに行った…の続きを読む

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:3 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。