うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ジミヘン熱に再度罹患したため、MXRのユニバイブを買うべきかどうかで悩む今日この頃・・・。

多趣味なので、お金をかけるべき趣味にはそれなりにかける。ただ、その趣味が
長く続く事が分かっているのが前提で、お試し程度の趣味にはあまりお金をかけ
ない事にはしているが・・・。そういえば長年の趣味の一つでもあるギターも、それ
ほどお金はかけないで安く済ませている。

お試し期間はもう~とっくに過ぎていた。女の子にもてたい!という甘い考えは
ギターを弾き始めるともろくも崩れ去り、ギターの面白さ、楽しさ、難しさを味わい
つづけて幾星霜・・・ってこともないか(笑)もともとプロ志向はないから素人が
楽しめる程度、お遊びで十分と思いながら何十年もギターを弾いてきた。

ことギターに関しては人前に出て「どうだ!!」とプレイして目立ちたいわけでもなく、
自宅、自室で酔っ払いながらTVドラマのBGMや、アニメの劇伴を聴きつつギター
を合わせて楽しむとか、気になるフレーズを再現しようとフレーズ探ししたり、
リフを探して延々弾き続けたりとか、そういうことばかりしてきた。

近年は楽譜を見るのがめんどくさいので、耳で適当に拾って曲を構築(大袈裟)
したりして遊びの範疇をでない弾き方をしてきた。
もう既に見られてもいいオ○ニーとでもいえようか。

この前「シオリエクスペリエンス」を読んで、久しぶりにジミヘン熱再来(笑)
数年周期でこのジミヘン熱に罹患して、VOXワウを買ったり、ジミヘンのスコアを
見つけて買ったり、CDを部屋から探し出して聴いたり、今では動画も利用して
ジミヘン熱に熱狂したりするこの頃。

VOXワウ、ファズフェイス辺りはジミヘンの機材では有名だけど、ジミヘンの
機材に尽力した人物、ロジャー・メイヤーの手がけるエフェクターが登場した
頃も、「おお・・・欲しい」とは思ったけれど、エフェクター一つが2~3万円前後
だと、素人には手がなかなか出せない。

ファズフェイスの復刻版が90年代に再販されたとき高くても買うべきだった
と、今更後悔してもなぁ・・・。当時、13000~15000円税別ぐらいでしたか。
ワウが12000円程度だったので、バイク便時代の頃、配送で行った新大阪
近くの楽器店にふらりと立ち寄り買ってしまったのは懐かしいな。ほとんど
使ってないけど・・・。

で、今、Amazonでファズフェイスを探すと、だいたい18000円クラス。
売れなくて人気が下がれば新品、中古で安く手に入れられると思い続けて
いたけど、値上がりしてましたわ・・・笑えない。





90年代当時の俺はとりあえず、ワウとファズを揃えて30000円台で納め、
30000円前後のマーシャルの小型アンプを買うのが目標で、おおよそ
60000円の見積もりをしていましたが、今はマーシャルの小型アンプの
値段も手頃になり、「けいおん!」ブームのおかげで中古の玉数も多く、
アンプに関しては30000円を切る事にはなります。

問題はエフェクターですね。今はファズフェイスにこだわらなくても、それより
よいファズはあるのですから、18000円以下で歪系は揃えられるでしょう。
あと、何かが足りないのですがそれは空間系というのかな?コーラス的な
物が必要のようで、現行機種で入手しやすい物がMXRのユニババイブ
という代物。



価格はそれなりに17000円弱といったところ。
これを衝動的に買えば、すべては後の祭り・・・と諦めもつくけれど、その金額を
出すのであれば、メインの趣味であるルアーフィッシングに金をかけるべきでは
ないかというジレンマが発生します。が、どちらも趣味の事なので、今必要か
どうかは今後の気持ち次第ですね・・・。

買ってしまうかもしれない(笑)





とりあえず、ファズ的なものの候補にして手頃な歪みはマクソンのD&Sと決めて
いるのでそれを買うのはほぼ決定です。このユニバイブに17000円だせるか
どうかは、どの天秤にかけるべきか悩むところです。優柔不断な天秤座だけに。


スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

追悼 ルーリード 

2013年10月27日(現地時間)ルーリード死去。享年71歳・・・。あああ・・・。
28日、出勤して休憩室で携帯を開きTwitterのタイムラインを遡ればルーリードの
訃報が幾つか散見されて「えっ!!マジかよ!!」となり、TLをスクロール
しまくって行くと、3~4時の時間帯に漫画家、イラストレーター等々の方々の
ツイートにルーリードの訃報に触れるコメが溢れていた。

帰宅してFacebookを開くと音楽通の先輩方のコメに溢れる悲しみに、彼の音楽を
振り返る意味で動画を漁って聴いて回った。

ルーリードの訃報を知らせるニュース
http://youtu.be/M0nJD7JtkTA

ルーリードといえばアレやコレと色々ありますが、思いつくままに動画を拾って
みました。最後にあげたのはヴェルベット・アンダーグラウンド時代の楽曲で、
個人的にこの曲だけはコード進行が簡単なので自分も弾けます。

スィート・ジェーンか・・・。

Lou Reed  White Light/White Heat
http://youtu.be/1dEHxfQCKrw

Lou Reed  Heroin
http://youtu.be/g5eXSPKHlso

Lou Reed Venus in Furs
http://youtu.be/6FPTBrBGZGY

Lou Reed Coney Island Baby
http://youtu.be/Xp-5V3PJ90E

Lou Reed Caroline Says Ⅰ
http://youtu.be/9RbKOk_vhWc

Lou Reed Caroline Says Ⅱ
http://youtu.be/ezh_sUWhMb4

The Velvet Underground Sweet Jane
http://youtu.be/nkumhBVPGdg


TransformerTransformer
(2002/10/22)
Lou Reed

商品詳細を見る



ベルリンベルリン
(2013/03/06)
ルー・リード

商品詳細を見る



ブルー・マスク(紙ジャケット仕様)ブルー・マスク(紙ジャケット仕様)
(2006/09/20)
ルー・リード

商品詳細を見る



White Light White HeatWhite Light White Heat
(1988/08/30)
The Velvet Underground

商品詳細を見る


LoadedLoaded
(2000/03/13)
Velvet Underground

商品詳細を見る



Velvet Underground & Nico-45th AnniversaryVelvet Underground & Nico-45th Anniversary
(2012/10/25)
Velvet Underground

商品詳細を見る




大学生の頃、友人にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを教えてもらい、
そしてルーリードを知ったわけですが、ヴェルヴェット時代から独特の
ノイジーなギタープレイや、詩の世界に魅せられてフェイヴァリット・アーチスト
の一人となったわけです。でも最近はヴェルヴェットもルーリードも御無沙汰して
いました。が、僕の音楽人生の中心に近い位置にいる一人がルーリードでもあります。

既に4日経過していますが、今のところ毎日彼の音楽を動画で振り返っています。
これで一つの伝説が終わり、神話が始まるような気がします。




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

同窓会で知った。友人がロックバンドで活躍している事実。

同窓会があり欠席したけれど、FB経由で知った意外な事は、友人がインディーズ
ながらもロックバンドでプレイしていたという事実に驚愕。しかも、NHK主宰の
熱血オヤジバンドバトルだったか?なんか40代以上のメンバーがいる事が条件
だったような番組にも出ていたとか・・・。(調べてたらヒットした)

近年、変なバンド名ゆえにバンドの名前だけは覚えていたので、FBにリンクされて
いた動画を観ると・・・叩いてた(笑)ドラマーやってたな。

昔、ガキの頃、同じ団地に住んでいた幼馴染といえばいいのか、毎日遊んでいた
友人で、引越しとともに疎遠になっていたが、オレも引越し、その引越し先の学区
が同じだったので高校で再会した。高校時代、それほど交流がなかったけれど、たま
に会えば親しく挨拶を交わす仲だったか。

どちらも、部活での友人関係を優先したのか、疎遠にはなっていったなぁ・・・。

そういえば、ピアノ、学習塾、習字、その他の習い事を彼はやっていて、ピアノとか
かなり凄く、いとも容易く弾いてみせるので、オレも習えばそれぐらいはできるのか
と思って、同じピアノ教室にゆけば、直ぐに挫折した(笑)音楽には楽譜がつきもので、
そういう物を勉強するのが性に合わなかったな。

オレはダメだったけれど、同じ教室に妹達は通ってメキメキと上達していったのも
覚えている。家にもアップライトのピアノが存在した時代もあったなぁ。



高校卒業後、ヤツは大阪の大学に進学したとは訊いていた。勉強もできたはずだから
普通にどこかの企業に入社して会社員か、公務員になっているものと思っていた。

う~む、オレもヤツの事はいえないが、浮き沈みのある世界で生きているよなぁ。

ハハハ・・・面白いな。

ちなみにバンド名は「ロッカクレンチ」なんだそうです。

*)調べてみると銀行員やりながら活動しているみたいです。ちゃんとしてるわ。






テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

BS2:黄金の洋楽ライブにて「チープトリック」を観た

たまたま観たのだが・・・結局最後まで観てしまった。今回は途中から
観て、番組ナビは高島兄貴が登場。世代的にもあの辺の人達に人気
があったような記憶はある。高島兄貴がチープトリックならば、その同時代
有名なバンドが思い出される。

ヤッパリ、QUEEN 、KISS・・・などが筆頭だろう。
チープトリックって・・・オレほとんど知らん!
でも、まあ・・・ライヴを最後まで観てしまった・・・。

そして、高島兄貴の語り口は熱い。
ギターの人(基本的にメンバー名覚えてません)が投げるピックが
どうしても欲しい。投げるピックをキャッチし損ねて床に落ちていないかと、ライヴ
会場を後にする時に下を見ながら探したエピソードなど、ファンぶりをアピール
していましたね。

観ていて思ったのは、ギタリストがどことなく「いろもの」的で、いや、ギタリストは
いろもの担当でもいいのだが・・・どうも、パッとしないイメージがあった。
だが、聴いてみるとハードロックなんだよね。驚いた。

聴いたことが無いと思っていたけれど、知ってる曲もチラホラあった。カバー曲は
別にして。・・・思い出してみると、昔、引越しの時に、妹が捨てたカセットテープ
の中にチープトリックがあり、それを聴いた事があった。う~む、捨てられたテープ
のアルバムは聴いてみてパッとしない感じがしたのでそれ以来聴いていない。
(ちなみに、捨てられたテープの数本の中には今井美樹のアルバムも含まれていた。
う~む。これも捨てられても仕方無いなぁ~と思うほど、アルバム全曲似通った曲
ばかり・・・オレもこれはいらん!と後で捨てたと思う)


一度、低迷時代に夜ヒットに出演していた事もあったね。その時にベースの人の
ベースが12弦ベースと聴いて驚いたが、サウンド的にはライヴで聴いていても
あまり違い(4~6弦)がわかりませんでした。響きが違うのかな?

でも、まあ・・・ボーカルもハンサムで爽やかだし、歌も癖無く、アクも無く・・・
やっぱりギターか。ギターだよね。結構ハードプレイだと思う。アーミングも多用
していたけれど、観ていると、そこはチョーキング・ビブラートでもいいんじゃない?
というところもみえたけれど、なかなか面白い。

アンコールで5本ネックのバカギターが出てきた時、

ああ!コレ!これがイロモノ以外になんて言う!


と、画面を観ながら苦笑。意味ねぇ~(笑)

重いし疲れるだろう。でもこの変態ギターをバタバタと振り回して弾いてたね。


アルフィーの高見沢氏が3本ネックのギターを作って、弾いた事があるような
事をきいたことがあったけれど、「重くて疲れるから使ってない」とか言ってたな。
多分、5本ネックよりはマシと思ったのでしょう(笑)

現在の活動状況は知らないけれど、70年代からやっているからそこそこ高齢
ではないかと思う。日本で70年代に人気を博していたのは記憶にあるが、ぼくの
周辺ではファンを見た事がない。女性ファンが多かったのは「JAPAN」だった。

デビッド・シルビアンもいいおじさんになってしまった。おじさんになってもセクシー
なのはやっぱりデビッド・ボウイでしょう。自分の見た目、立ち居振る舞いに気を
つけているのは、今でもスーパースターの証。

それた・・・チープトリックはなかなか好かった。好印象デス。


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

今週は驚きの連続です

3位だったり2位だったりして、中日、巨人を上に下にみながら、入れ替わりの激しいトップ争いに、気が付けば怒涛の10連勝と破竹の勢いで上位を目指していた我が阪神タイガースは、ついに首位に浮上!!
(でも、広島に2連敗の後、辛くも1勝し、中日との初戦は勝てた試合に負けてしまう。現時点ではどうなっていることやら?)
そして、国が、国民が、政治家達が愕然とし、驚いたのは安倍晋三首相の突然の辞意表明!!
しかも所信表明演説のあと、数時間後の辞意表明に国会で待機中の各議員がまさかの出来事に唖然としたという・・・。
まあ・・・阪神の首位獲得は、可能性があったから驚愕することではなく、ようやく辿り着いた感がファンにはあり、このままなんとしてでもリーグ優勝まで突っ走ってもらいたい。
そして、あわよくばそのままの勢いで日本シリーズの出場権を得て出場し、積年の恨みを果たすべく、日本一に輝いてもらいたいと願っている。


日本中がドタバタしているところに海外からのニュースだ。
ぼくが知ったのは、仕事の合間に携帯のウエブサイトのニュースチェックをしている時で、その記事を見つけて我が目を疑った。
仕事開始前(今週は夜勤なので、22時過ぎ頃の事)に、この記事を発見して驚き脱力した・・・。

Led Zeppelin 再結成!?

今週は驚きの連続です…の続きを読む

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロックフェスティバルだってばよ。~「荒吐(アラバキ)」

「荒吐(アラバキ)ロックフェスティバル」が宮城県川崎町の、
「エコ・キャンプみちのく」を会場に催されている。
28~29日の2日間は最寄の286号線も込み合うだろうし、町内のコンビニやら、スーパーやら、
旅館やらは大賑わいだろう。

今朝方、朝飯を終えた親父が、近所の温泉に浸かりに行ったところ、
早朝(7時頃)にも関わらず、若い奴らで賑わっていたそうな。
(町営の温泉施設なので、格安で利用できるそうだ。
もちろん「いちげんさん」にも手頃な価格で、「スーパー銭湯」に比較すると断然安いのである)
まあ、正直な話、川崎町民なのですよわたくしは・・・。


ロックフェスティバルだってばよ。~「荒吐(アラバキ)」…の続きを読む

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |

暑い季節には熱い音楽を聴け!!

毎年、ひとり暑い夏の夜中にコッソリ茶の間のテレビで観るビデオがある。AV関係では無く音楽ビデオだ。
好物のカツオの叩きに卸しニンニクをタップリ添えて、それを肴にビールもしくはバーボン・ソーダ(ペリエで割ったやつなら最高!)をやりながら、ある音楽ビデオを観る・・・。
数年前にBS2で録画した「ワイト島のジミ・ヘンドリックス」である。興が乗ればジミヘンのオムニバス映像が入ったビデオも持って観る。

映像を観ながら酒を飲むと酔いの回り方が変わり、さらに高揚してくるとZO-3(アンプ内臓型ギター)を手に取り、適当にギターをかき鳴らして鬱憤を晴らす。

しかしあまり大きな音を出すにはいかないので、ギターのボリュームは絞り気味なところが小市民的である。付け加えると、ビデオを観ている時もヘッドホンを使用してみたりする。

それでもタマラナクなって唸り声をあげたりする。
今年のGW頃だったかな?ジミヘンの特集映像をBS2でやっていた時もギター片手に騒いだような・・・ジミヘンより騒いだのは「木村充輝」の?周年記念ライブの時だ。
70~90年代に活躍したブルースバンド「憂歌団」のボーカル&ギター担当の酔っ払いダミ声ボーカリストである木村君のライブを聴いていると歌いたくなり、ついつい遅い時間なのに歌ってしまう自分がいた。

歌うというよりは唸っている方向に近いのだが・・・それでも、ほぼ全曲歌ってしまったあの日は楽しかった。
再度「木村充輝」のライブビデオを観てこの夏も騒ぐか・・・。

ついでで申し訳ないけれど「サンボ・マスター」のライブDVDかライブビデオとかないかなあ・・・。
CDも相当暑苦しい内容だったけれど、あの音楽スタイルは好きだ。漫画家「炎尾燃」がロックバンドを演っていたら、押し出すバンドサウンドはあんな感じではなかろうかと考えてしまう・・・。

トリオ編成であれだけの音の厚みを創るのは相当なものだとわたしは思う。

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:2 | トラックバック:0 |

○’Z ファンは読まないで

音楽ネタでしかもROCKのカテゴリーの中にあって、あんまり関わりたくないのがこの人達の音楽。
個人的な見解だからファンはここから先には立ち入らないように・・・。

続きを読む
○’Z ファンは読まないで…の続きを読む
ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。