うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「DEATH NOTE~ THE LAST NAME」映画レビュー~浜村淳モード全開

以下、メールでのやりとり・・・。
「DEATH NOTEを観てきたよ。面白かった。云々」私よりも積極的に映画、コンサート、
ライヴ等々によく出かける妹にあてたメールである。


数時間後(妹は神戸在住・・・『神戸在住』のマンガ家が、以前短編読みきりでだした『巨娘』が隔月連載!『月刊アフタヌーン1月号』に登場!かなり面白い!こ~いう作品が好きだな。巻頭カラーは『ラブやん』・・・今回はまだアレな話ではなくてホッとする)にメールの着信音で起こされる。
土曜日の14時49分くらいだ。(ねたのは朝の3時過ぎ・・・都合約半日は寝ていますね。起きて夕方からスタッドレスタイアを買いに大河原に行きます。タイア履き替え作業の間に、朝昼吹っ飛ばしていきなりの夕飯。よし牛でスキ鍋定食を頼みます。スキ鍋を全部飯にノッケテ、汁、卵ものせて紅ショウガを加えると・・・『牛丼』ですわ。それ食って『ガスト』でコーヒー飲みながら久しぶりの読書・・・)



妹からの返信をみる。

「わからん。マジ興味無い世界。

おたくワールドですな。

ゆえに、理解しあえる仲間も多いのでは?

コニャちゃんによろしく」


うむ・・・マニア、オタクではない妹、身内からの返信メールである。

彼女からみても、客観的にみても、兄貴は「オタク」であるらしい。

「オタクかな・・・?」とは思ってはいるが、それほどではないと思っていた。

でもこういうあつかいを受けるのはチョッとショックだった。



「DEATH NOTE」ファンはこういうふうにも見られています。


・・・仲間がみていますよね、このブログ・・・。

ちなみに文中の「コニャちゃん」は家の猫の名前です。
別に私が所有している特定のフィギアに対する名称ではありません。
誤解のないように・・・。
それから、自分の持ち物に名前を付ける習慣はありませんので念のため・・・。


RIMG0019_256_320.jpg


コニャちゃんです。よろしく。

それでは浜村淳モードでいきますか・・・。

これから映画を観る予定のかた、DVD購入予定、もしくはレンタルされるのを待つタイプのかたはこれから先には入らないように・・・。





「DEATH NOTE~ THE LAST NAME」映画レビュー~浜村淳モード全開…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE 後編 - ジャンル:映画

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「DEATH NOTE THE LAST NAME」観てきました。

スレッドテーマでも一番になっていました。
みんな、映画を観た人達はしゃべりたいのだな~と思いながら書き込んでいます。
語りたい気持ち・・・わかります。

作品じたいがいいか、悪いかは別として、とにかく語りたいししゃべりたい。
それが映画という表現作品(ART)なんですね。改めて実感します。

おそらく原作マンガを読破して来られている方々がほとんどだと思いますが、
今回の映画デスノート後編に関しては原作をあまり知らず、
「あの噂になっているマンガが実写映画化されているんだ・・・ちゃんと、読んだことはないけれど、大丈夫かな?」
「ああ・・・知ってる。ジャンプでやってた字の多いマンガの映画版でしょ?映画は面白いの?」
「死神がでる怖い映画なんでしょ?」
「ホラー映画って苦手なんだよね」
「デスノートって、わけわかんない難解なマンガの映画版なんでしょ?」

等々・・・いいたい放題いわれていそうですが、
原作を知らなくても解りやすい構成になっていて、逆に熱烈な原作ファンには受けが悪そうな展開も確かにありますが、それを差し引いて受け入れる事ができるのならば、なかなかのエンターテイメント作品に仕上がっていると感じました。








観た方がいいです。

もし観ることをためらっているヒトがいるのならば、僕は今回に限り一押ししておきます。
マンガ、アニメ等を愛するヒトであれば、おそらくそれほどの不満を抱くこともなく気持ちよくエンドロールのレッチリまで聴くコトができます。

あんまり、映画を誉めることも無い僕ですが、この作品に関してはもう2~3回は劇場で観てもいいかなと思える作品です。

とりあえずDVDがでたら買う可能性は大きい作品になっています。


日本映画もなかなかやるではないですか!
ストーリーと構成、脚本と役者が揃えばこれだけのモノができるのですから・・・。

ハリウッドを有難がるよりも、この日本映画界の凄さも感じるべきなんです。


迷っているならば、観るべきです。

後日、僕は関西浪花の名調子・・・とまではいきませんが、
気持ち半分くらい浜村淳モードで「DEATH NOTE」についてしゃべり(語り)ます。







テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:映画

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドラマ「東京タワー」を観ました~その前に・・・

体調不良の今週、かかった風邪を治すべくして、金曜の夜からズーっと寝て過ごしました。
久しぶりの土曜日の休日ですが、体調を整えるために家で過ごすことに決めている時に限って、曇り空で寒い日中・・・。

せっかく遊んであげるつもりの猫達の反応はよろしくなく、
「寒いからあんまり相手にしたくないのよね・・・」感がありありです。
「君達・・・うちに僕が休みの日に居るのは貴重なコトなのだよ、遊び相手としてここにいるのになぜ近寄らない!(咳き込む)」そうかそうか・・・。

「よし!解った!」(横溝映画の刑事風)かんたんなことだ、寒いから暖かい場所をさがしているのだな、ならばコタツで相手しようではないか!
・・・だめだ。コタツに入れたら猫は丸くならずに、伸びきってヤル気を無くしてしまった・・・。

そんな寂しい土曜の夜、居間で親父がBS2の「寅さん」を観ていた。
「寅さん」は好きだけれど、今日は23時から「Pink Floyd」のライヴが放送される。
さらに「寅さん」の裏では「東京タワー」をやっていて、終了時間は23時30分となるとどれかをあきらめなければならない。


結局「東京タワー」を録画し、BS2の黄金のライヴをそのまま観ることにしました。
寝たり起きたりの一日で、夜に起きた時がちょうど21時30分頃。
「寅さん」は始まっていて、それを横目に近くのコンビニに酒の肴を買い出しに行く。
近くといっても自宅から最短距離でも7kmは離れているので車で買出しだ。

町内のコンビニで炭酸と焼き鳥と、から揚げを買って帰ったころには23時を過ぎていた。
慌ててBS2を点けると、炎上した飛行機が墜落するシーンを観てしまい、「チャンネルを間違えた?」と思ったのも一瞬で、すぐにピンク・フロイドのステージが映りました。

目覚まし時計の音がけたたましく鳴り響き、演奏が始まります。
「ああ・・・『TIME』だな。ひさしぶりだ」
通常盤でも長いイントロですが、ライヴのイントロはもっと長く、
その間に身支度を整え、着替えをしてコタツに入ったところでドンピシャリで歌が入りました。


それからは固唾を呑んでライヴ映像を観ていたのですが、
1994年頃の映像をやるコトにはなっていたのは知っていましたが、
「TIME]から続く曲がすべてあのアルバムの曲ではないのかと、気が付きました。
「あれ?なんで昔の曲を延々とやっているのかな?知っている曲ばかりなのはいいけれど、このライヴは全部あのアルバムからやつもりなのかよ?」と思っていたら・・・最後まであのアルバムでした。(笑)


あとで巨匠ギルモア様がインタビューで応えていました。
「・・・ツアーの途中だけれど、あのアルバムの曲をやってもいいかな~とか思っていて、メンバーに打診してみて、さらにリハーサルとかやっていると結構うまくできたのでやってみたんだ。勿論観客には内緒でやったことだけれど、手応えはあったね。云々」
だいたいこのような事を語ってくれていました。


ロジャーの脱退とかこれからのピンク・フロイドをどうするかで、苦悩しつつも前向きにバンドを牽引しなければならないギルモア先生・・・。
このライヴを観ていると思います。
「やっぱりフェンダーのストラトがカッコいいし、可能性あふれるギターだよな~」と・・・。


ギルモア先生の震えるギター、ブルースを根底にした豊かなサウンドに憧れはつのるばかり・・・。





ちなみにライヴで演奏していたのはこの、
「The Dark side of the moon」です。
色々説明するよりもまずは買いましょう。
一家に一枚、個人に一枚のロック史上の名盤中の名盤です。

プレスリーから始まったロックの歴史はこの高みまで、このイタダキまで到達しているのです。
このアルバムが発売された以降に生まれた方が今の若い世代、
10代の方々ですけれど、このアルバムを聴いて何も感じるコトができない人間は、
不幸でもあり残念なヒトでもあります。


ドラマ「東京タワー」を観ました~その前に・・・…の続きを読む
映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「リアル~6巻」11月17日発売~今週のYJは戸川が表紙!

マンガ以外のネタを・・・と思って音楽ネタをやっていたら語りすぎて長くなり、
一時保留(下書きで保存)しかも最初の書き出しで40行ほど書いて「ダメだ!まとまっていない!」というコトでデリート!

・・・少し短くまとめて書くようにしたら・・・続かないのでまたマンガネタ。
まあ基本的にマンガメインの場所だから別に読む側は気にならないかもしれません。
が・・・「マンガしか興味ないのか?このオタク野郎!きしょいんじゃわれ!」とかいわないヒトが呼んでいるコトを願います。

さて・・・今週の「タイマン素人定食屋見習い~ムサシ君」は・・・。
死んだかあちゃんのレシピノートが出てきたよ。父ちゃん・・・かあちゃんが撮っておいた写真もアルバムに整理されて・・・。

「・・・」点々が多いっていうな。・・・開いたアルバムの中に広がる、幼き頃のムサシ君。

「よくみて!よくみて!」全部、ムサシ君が何かの料理を食べている写真ばかり。
しかもアングルは正面固定の写真ばかりだ。
工夫が無いねえ~。・・・ここ。突っ込んで欲しいポイントだったに違いない。
とりあえず書いときます。あっ!定点観測写真っていうのもあったっけ?
もし意識的にそうしたのであれば、それは情熱的な撮影の仕方とも受け取れるのかな?
わからん・・・そこまで考えて描いているとは思えないから。

プロで既に店を出しているアンちゃんとの勝負はどうなったかっていうと、当然ムサシ君の勝ちに決まっています。
勝った理由も別に・・・そんなコトでなくてもよかったのでは?とも思います。
勝っても負けてもこのマンガは続いていきます。
もし打ち切りが決まっても、とりあえずコミックスで5巻は出したいところ。
一応、マガジンの中でもベテラン?の部類にはいる御方ですから。




ムサシ君は別にどうでもいいけれど、今週のYJは久しぶりのイラストが表紙。
リアル」の6巻発売記念をかねているようです。
戸川君が表紙です。・・・ひさしぶりだよタイガースのはなしは!

だから即買って帰りました。


毎回きれいな水着のお姉ちゃんばっかりの表紙には、
いささか食傷気味ですな。

マンガ雑誌は表紙もイラストで勝負してもらいたいもの。


それはそうとアマゾンさん、6巻の表紙がまだなのよね~。



「リアル~6巻」11月17日発売~今週のYJは戸川が表紙!…の続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近・・・多いなあ。

最近、報道で取り扱われるコトが多くなっているね。
いじめを苦にした中高校生の自殺。このごろは小学生も自殺するようなコトもあるようで、
最近特にこのての報道が多くなっているのは、それだけ社会も世間も「いじめ苦による自殺者」の多さに気付いている証拠であるし、「何とかしなければならない」案件(出来事、事件)になってきているからであろう。



真面目な性格ゆえにこういう社会問題?(マスコミが問題化しているようなモノだけれど・・・)
についても考えてしまいました。
携帯なんかで毎日ニュースのサイトを覗いてみると・・・毎日、毎日、自殺、自殺、自殺・・・いじめ、いじめ、いじめ苦で・・・自殺、自殺、自殺・・・。


国が動かないとダメみたいなようですが・・・教育問題?親の育て方?地域の連携?
人間関係のほつれ?
・・・まあ若くして強烈ないじめによるストレスを抱えて生きていくのは辛いコトだよ。

これから死のうと考えている自殺志願者を引き止める気持ちはサラサラ無いよ。

「人間、産まれてくる時も一人(双子とかは除く)、死ぬ時も一人」という言葉を思い出した。
なんだっけ・・・マンガ、小説の類いで読んだコトもあるけれど、確か「寅さん」の映画の劇中で偽者の坊さんに化けた寅さんが、葬式の参列者に向かって説く法話の冒頭で語るこの言葉。
みょ~に覚えている。なんでだろう?




こんな事を云っていたような気がする。
「人間、産まれてくる時も一人、死ぬ時もたった一人であの世に旅立たなければなりません。しかし、そうはいっても人間たった一人で生きているわけではありません。多くの人々に関わって生きていかなければなりません。生きていくには楽しいコトや、幸せなコトばかりではありません。辛くて、苦しくいコトもあったでしょう。時には人をねたみ、苦しめ、憎んだコトもあるやもしれません。そんな艱難辛苦を乗り越えて、生きてきた故人を偲び、こんなにも大勢の方々が参列してくださったのは故人の人徳の成せるわざだと思うのです。云々・・・」
長い言葉ゆえうろおぼえで、正確、的確なコトを書いているとは思えないけれど、こんな具合の話だったかな・・・最後の方では、参列者を相手に面白おかしいやり取りをするのは寅さん流。


まあ何をつかんでもらいたいかというと、
「人は人と関わって生きていくコトで、人間として生きていける」というのがこの法話の主題なのではないかな?
山田洋次監督の真意はしらんけれど・・・。


まあ死ぬ前に山田洋次監督作品の代表作「寅さん」シリーズとか、
「釣りバカ日誌」とか観てみよう。日本映画のスタンダード・コメディ映画。
時代を越えて「得る」ものはあるかもよ。


死ぬ前に泣くより、笑いたくないか?
苦しいコトよりも、楽しいコトをしてみないか?

最近、楽しく笑ったりしたことがあるかい?

そういえば、ブログのわきっちょ見ると「ハガレン15巻」がでるみたいだね・・・。「のだめカンタービレ」もまだ既刊本で未読のヤツもあるし、アノ「20世紀少年」も「モンスター」もちゃんと読みたい。

京極堂シリーズの新刊がでたらしいが、前の巻・・・途中でやめたな。
殺人がおきたあたりで・・・。宮部みゆきの本も途中だし・・・。

煩悩が多すぎるので、いじめられても死にそうにありません。
ちなみにオトナになってもいじめられる人はいますし、
僕もいじめられました。今の会社で・・・。

みんないじめられている事は知っているけれど、
嫌がらせを受けている事は知っているけれども、具体的な解決策は施行されず、
長期間放置!!


約2年くらい耐えて、今も同じ部署にいます。

現在、いじめていた人側と和解し、何とかやっていますが、
つぎにいじめられる標的が変わっただけです。
原因が・・・あいまい。「むかつく」くらいの理由ですか・・・。
精神的に子供なオトナ(53歳)ですから、係長、以下全ての同僚達が手を焼いている大ベテランです。(仕事はできるヒトだから、その部署から追い出す事ができないのですね、困ったもんです)



「いじめも仕事のうちだ・・・」はこのベテランの発言。


学校に通っているうちは、先生に「いじめ」が起きている事実を知らせる手段はあります。
自殺する前に試す価値はあるでしょう。
「死ぬ」勇気と勢いがあるならば、最後にやっておいて損はない方法があります。


ただ、頭の中で考えて、イメージするだけで押しつぶされてしまいそうならば、
考えず、ヒトの話を訊かずに実行すること・・・。


必ずひとりで実行すること・・・。




まずは考えてみよう。




それでも死にたいかたはどうぞ。
死んでも、いじめた奴等は笑って生きて、すぐに忘れちゃうよ。

そんなもんです。「いじめ」を苦に自殺したヒトの扱いなんて・・・。

テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「のだめカンタービレ」を読む~5巻から

先日ネットカフェにて読んできました。
雨模様の日曜日で、さらに本格的に寒い一日であったためか、夕方4時頃の店内はなかなかの盛況ぶり。
いつもはこんなに客が入っていないので、コーヒーカップやティースプーンとかの補充が追いつかないほどの賑わい。

「混んでるな・・・」とは感じていましたが、なんなく禁煙個室のブースを確保し、待つことも無く書棚へむかいました。


しかし、「のだめ~」がゴッソリ抜けていて一瞬、「しまった!やられた!」

と思いましたが、幸い読みたい5巻以降から数巻残っていました。
1~3巻と9~15巻の前半、後半部分が抜けていて、読みたいところから読めたのでこれ幸いと思い5~8巻を持ってブースにこもりました。







5巻は学園祭でSオケが仮装して演奏するとか、千秋が師匠とピアノで共演するとか、色々なかみの濃い内容でなかなか楽しめました。


まあなんといってもヒロイン「のだめ」は、やってくれます・・・。


仮装ですから・・・しかも何か張り切って作っちゃってるしね。












何故・・・?

マングース?&ハブ付き・・・




爆笑!また今週も笑いをこらえつつ身もだえしながら笑ってしまいました。

しかも衣装合わせの段階で笑いましたが・・・Sオケのステージ上でも、
何かマングースがピアニカを持ってしかもスポットライトを浴びながらソロパートを演奏しているし・・・。


マングースがスポットライトを浴びている時点で爆笑しました!
「なんちゅ~マンガや!」またまた身もだえしながら笑い転げてしまい、先週に続いてうるさいお客になっています。

まあ当然ですが、のだめが「マングース」だというからマングースなのであって、
まずど~観てもマングースには見えない不思議動物着グルミに拍手!!
途中でしっぽ取れるし、哀愁漂わせるしね・・・。


絶妙なコマ割りからなる笑いのとりかたはナイス!G☆Jですね!

ドラマのほうは知らんけど、コミックスを読んだ人にしか楽しめないものがあるよな~。

(実写ドラマは原作イメージを壊されそうだし、年末までには終わる話であろうから、あんまり楽しみにはしていません。だから観ない。竹中直人がミルフィ役でしょ?カツラつけて・・・その時点で『だめだな』と思いましたから)
少女マンガ?系統の作品で爆笑するのは久しぶりでした。
いいな~こういう笑いが素直に楽しめるんだよね。



5巻以降についてはまたのちほど・・・。







テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「のだめカンタービレ」を読む・・・。

本日いつものダム湖に行ったところ魚の反応が悪い。
様子見に軽くスプーンやクランクベイトなどを投げてみても、跳ねる小魚、ルアーを追ってくる小魚がいない・・・。

やっぱり先週の木曜日の朝の気温低下(最低気温4℃、最高気温18℃)がことの始まり・・・ターンオーバーが起こってしまったようだ。
これでは釣りにならない。でも一縷の希望を持って先週の金曜日、夜勤明けで昼からの釣行に向かったけれど釣果は散々。ウグイ1尾で早々にあきらめて納竿。

それでも天気が良い日曜なので、希望を抱いて行ったけれど釣れる気がしない。
釣りをあきらめるのにそんなに時間はかからなかった。
早々に竿をたたみ、ふらりとダム湖をあとにした。

周囲は紅葉で色づいた山々が連なっている。ダラダラと車を走らせながらのんびりと山間部の紅葉を楽しむことにした。
「来週末辺りには冬枯れの風景になりそうだな。『冬の散歩道』の光景になりそうだな・・・」
などと思いながらカーステレオから流れる山下達郎氏の「サンデーソングブック」の特集を聴きながしていた。

釣りをあきらめたら、後の寝るまでの時間をどう過ごすのかが問題になってくる。
「ネット・カフェにでも行ってみるか・・・読みたいマンガもあるし・・・」


読みたかったのは「のだめカンタービレ」である。

去年から話題になっているのは知っている。1巻だけコンビニでチラッと読んだコトもある。
でも・・・ちゃんと読んでいないので、これを機会と思い読むコトにした。
まずは1~4巻を読んだ。









これは面白い!!噂にたがわぬ面白さであった!!

しかし・・・これより先はファンは読まないように。
読んで不愉快な思いをしないために、ここから先は読まないようにお願いします。


「のだめカンタービレ」を読む・・・。…の続きを読む

テーマ:少女マンガ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |