うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

不覚!!まさに不覚!!~NHKBS2にて「カウボーイビバップ」放送~

参った!!なんてこった!!しかし、タイムリーな情報をこんなタイミングで入手するとは!!
不覚!!先ほど、新聞(河北新報)のラテ欄を眺めていると、BS2の深夜番組に「マンガ」とだけあった。それが、「マンガの現場」なのか「マンガ夜話」なのかを確かめるために、PCでNHKの番組欄とか、番組表とかできになる番組名をさぐっていたら・・・「カウボーイビバップ」の文字が!タイトルが!あった。

一瞬、眼を疑い、「過去に放送されたあとの名残で、タイトルだけあったのかな?」と思っていた。(ビバップを知ったのは去年の事だから、過去に放送されていたのだと勘違いしていた)勘違いではなく、調べると2月からの放送で新番組となっている。(昔、民放で放送されていたアニメを放送するコトがある。例えばベルバラとか、ロッキーチャックとか、マスターキートンなんかもやっていた)

「なっ!なにwwwwwぃっつ!!」

叫んだよ・・・思わず。で、日付を見て驚く。2月26日が第1回目放送日。
「おwwwwwwおおっ。今日やんけ、早速録画・・・」と、よくよくみると、26日の深夜ではあるが、月曜の日付が変わって直ぐの26日の0:00から。つwwwwwっと、すでに放映済み。

「えwwwwwっつ!!終わってるやんけ!!」ですわ

一瞬、喜び、気持ちが昂ぶったあとに、急降下↓↓↓
ちびまるこちゃんみたいに顔に縦線入って、白目剥いてたな・・・・オレ。

まあ・・・ちなみに、DVDも、ビデオも、ビバップに関しては所有していないので、最近リリースされたDVD/BOXセットを購入するかどうかで迷っていた類いの人間なんです。このBS2の録画がうまく最初から出来ていれば、買うのを一時的に留まるモノになっていたのですよ。この際、あきらめて次回からの録画をもれなく録ることにします。一回分の放送で、2話放映するそうですから、あと12回。毎週火曜日放送予定で、3月4日は放送無しとのこと。

北京五輪が開催する前までには終わるでしょう。

それにしても・・・間が悪いというか、それでも早い段階で放送を知った事は、良かった事だと思えばいいですね。番組後半くらいで気が付いていたら、息が止まっていたかもしれません。
やっぱりDVD/BOXセットを買うべきなのかな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

一日が丸つぶれ・・・よくもまあこんなに寝れるもんだ

今週末は月末ゆえに土曜の休日出勤は無い。久しぶりの週休2日が守られたわけだ。
金曜日の夜はいつもの仕事以外の力仕事が入ったので、多少の疲れはあったけれど、割とテンション高めなので自宅でブログのコメントを書くのにも少しチカラが入ってしまった。金曜の夜中に仕事(遅番)が終わり、帰宅途中のセブンイレブンの雑誌コーナーで「3月のライオン」を見付けたのがそもそもの始まり。通常の感覚ならば、コンビニ売りのコミックスは買わない。だいたい話題のコミックスは誰かが立ち読みした形跡が残っているからだ。それが男子向けのマンガならば悲惨なほどに遠慮なく紙面がへたるような読み方をされてしまう。

「3月のライオン」の対象読者は男性ではなくて女性向きだから(もともと少女マンガ風のタッチでもあり、『恋愛』とかを扱ってきた作家だから)、多少手にとって読む人達にも、親切な扱いを受けていたであろう割と綺麗目な状態のコミックスがあったのでそれを購入して帰った。散々この事には触れていて重複する話なので申し訳ない。何故か掲載誌は「ヤングアニマル」という青年誌。読者層が違う雑誌なのに何故か「ヤングアニマル」だ。これこそ対象読者を誤った掲載誌の選び方だろう。早急に掲載誌を替えていただきたい。買ってもいいけど、積極的に買いたいとは思わない立ち読み対象雑誌だからである。

帰宅して直ぐにPCに向かいブログの管理者面を出し、コミックスをパラパラめくり20~30分程でコメントを書き出す。連載を追って読んでいたので、読むべきところは改めて言葉を、画を、表情を、内容を確認するためにページをめくる。改めて通して読むのは後でもかまわないと考えたからだ。しかし、テンポ良く書いていけたのに、途中でつまづいた。眠くなってきたからだ。

一日が丸つぶれ・・・よくもまあこんなに寝れるもんだ…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「3月のライオン」羽海野チカ・第1巻購入・・・ヤングアニマルの掲載も有り

22日だという事を忘れていて、出勤前に立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーで、桐山君のイラストが表紙のヤングアニマルを見つけて、コミックス第1巻の発売を知った。あの「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ先生の久しぶりの新刊コミックスだ。
「ああ・・・今日が発売日だったんだっケ。ここ(デイリーヤマザキ)には置いてないのかな?まあいいか、明日本屋で探すかな・・・」とか独り言をいいつつ、ヤングアニマルを手にする。
「3月のライオン」のクリアファイル付きだ。「うっ!!」とかいいながら、一瞬「買うか?」とも思ったのだが、なぜかクラウザーさんを見てなんとなく買う気力がしぼんだ・・・。

だって、ヤングアニマルだよ?チラッと他のページをめくれば、
「ああん・・・いやっ!!・・・やめないで!!・・・いいい!!!ハアハア・・・」だよ(笑)。
だいたいがこんなマンガとバイオレンスマンガと、エロ本のヌードグラビアにあるようなポージングをするグラビアアイドルの水着写真が、いつも巻頭カラー掲載されているエロ青年誌だよ?
ヤングジャンプを買っているくせにそんな事を言える立場では無いが、あんまり半端なエロマンガには興味無いからね~。どうせエロマンガを見るならば、もっと徹底したエロ専門誌じゃないとね・・・納得できんな。

ま、それはさて置き、「ホーリーランド」と「DMC」をサラッと読んでから、「3月のライオン」をたち読む。
早めに家を出てきたので、出勤するまでに余裕がある。(そのコンビニから車で13~15分くらいの圏内に工場がある)
「3月のライオン」羽海野チカ・第1巻購入・・・ヤングアニマルの掲載も有り…の続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:1 |

いや(笑)・・・すごいわ、このマンガ。~「金剛番長」

かたわらにマガジン12号を置きながら、これはコメント

書いておかんとな、と思ったわけです(笑)。

少年サンデーで好評驀進連載中の番長マンガ!!!

いやwwwww番長でっせ!「番長」だよ(爆)

久しぶりに埋もれていたカテゴリーの中から

「復活!!!」した番長という響き!!!!

もう~これはたまらんくらいの弾丸サーブ!!

いや、番長ならば、剛速球!!の直球ど真ん中!!

みんなはこういう作品を待っていたんだ!!

というくらいに反響があったはず!!

特に、おっさん世代の受けがいいのではないか!!

おっさん世代には懐かし過ぎる70~80年代の

風が、旋風が!!!!

「金剛番長」から吹き付けてくる!!!!

まさに!「吹けよ風!呼べよ嵐!」だ!!

いや(笑)・・・すごいわ、このマンガ。~「金剛番長」…の続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

マンガについての雑な感想

2月6日、単独の自動車事故(いわゆる自爆)の影響で、保険会社との間での遣り取りが多い日々を送り、軽症ではあるが一応通院とかしているし、自分の車の修理代金がどの程度になるのかとか、雑多な事が重なったために更新もままならぬ状況となった。

事故を起こして数日は落ち着きがなく、バタバタしていたのだが、気になるマンガ作品のチェックは怠ってはいない。いつも通りにマガジン、YJ、モーニング、バンチ、ビッグコミック、ヤングアニマル、イヴニング、スピリッツ・・・等々の作品群のチェックはしていた。

しかし、まあ・・・忘れていたというか、油断していたのは、「コーラス3月号」を読みそこなった事だ。立ち読みで済まないのならば買ってもよかったのに・・・店頭からはすでに消えている。
ヤングアニマルを開いた時に気付くべきだったんだよな・・・。
「3月のライオン」が掲載されていない時点で。


マンガについての雑な感想…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「知的障害者に奴隷生活」・・・障害基礎年金を約2600万円横領した疑い

毎日、仕事先の休憩時間などを利用して携帯のWEBニュースをチェックしたり、
またニュースに関する掲示板があるので投稿したりしている。そんな日々の中、
たまたま見つけたこの事件。

世の中酷い事件は多々ある。親が幼い子供を撲殺したり、米兵が女子中学生を陵辱したり、
税金を私的に流用したり、一家心中、老老介護が行き詰まり先を案じて相手を絞殺、
振り込め詐欺、架空請求、生活保護を不正に利用、生活保護が必要な人に対しての請求を門前払い、
国民年金を横領、保険金詐欺・・・等々。
思いついた事件を羅列してみても、酷い事件は多々存在する。

またか・・・というやるせない気持ちになる事件は多々あるが、この「知的障害者に奴隷生活」
という記事には衝撃が走った。

朝日新聞のHPから記事を引用。

知的障害者に「奴隷生活」 保護の4人、経営者らを提訴
2008年02月13日22時42分

 札幌市の食堂で住み込みで働いていた知的障害のある32~51歳の男女4人が13~31年間、無報酬で劣悪な生活を強いられ、07年6月に保護されていたことが13日わかった。労働時間は1日十数時間で休日は月2回。食事も満足に与えられなかったという。4人は同日、「奴隷のように働かされ、障害者年金も横領された」などとして経営者らを相手どり約4500万円の損害賠償を求め、札幌地裁に提訴した。経営者は現在、行方がわからないという。

 4人は、32歳の男性1人と35~51歳の女性3人。定食類を出す札幌市白石区の「三丁目食堂」の調理室で調理や皿洗いを担当していた。

 4人を保護して暮らしぶりを聴き取った弁護士によると、4人は食堂2階の部屋などに住み、毎日午前6時ごろ起床。仕事中はトイレに立っても怒鳴られ、午後10時ごろまで働かされた。食事は残り物ばかりで、調理室の食べ物を持ち出してしのいでいたという。

 休みは月2回で、現金は週1回、銭湯代を渡されるだけ。入浴は休日しか許されず、下着は汚れたものをずっと使っていた。歯磨きも「仕事を始めてからほとんどしたことがない」といい、保護時は緑色の歯石がびっしりたまっていたという。

 4人は長期にわたって恐怖感を植え付けられ、逃げ出すことができなかったという。親たちも知的障害があるなどの事情で、後ろ盾になれる状態ではなかったという。

 弁護士の電話相談に事情を知る人から情報が寄せられたことから、4人は障害者施設に保護された。発見時は4人ともやせ衰え、繰り返し「早く食堂に戻らないと大変なことになる」とおびえていたという。

 食堂の経営者らは4人の障害基礎年金の手続きも無断で行い、約2600万円を横領していた疑いもあるという。経営者は弁護士に「面倒をずっと見てきた。責められることはない」と話したという。

 弁護士は「自己主張のすべがないのをいいことに、奴隷のような環境で人格をおとしめた。裁判を通じて警鐘を鳴らしたい」と話している。

アサヒ・コムトップへ


この経営者は現在行方をくらましているそうだが、実名公開、顔写真も公開して、
いわゆる全国指名手配し、世間に引っ張り上げてつるし上げするべきだ。



「知的障害者に奴隷生活」・・・障害基礎年金を約2600万円横領した疑い…の続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久しぶりに大雪が降るみたいだが・・・

去年よりは雪は降っている方だが、積もってから次に降るまでの期間が長い。
残雪がいつまでも溶けたり凍ったりを繰り返しながら、薄汚れて溶けていく。
完全に残雪さえ無くなりかけた頃に、再度雪が積もるのだがその積雪量も、
たいした事が無い。わずか15~18cm足らずだから、直ぐにアスファルトの
路面が剥き出しになる。
去年は本当に雪が無かったが、今年はそれにちょっとプラスアルファ的な
積雪量である。

だが、今日から明日。(すでに日付は変わったが)朝方にかけて20~30cm
くらいは積もると天気予報では注意するように云っていた。
久しぶりの大雪だ。30cmも積もれば上等だ。
これが40cm近い新雪だと、雪が柔らかすぎて車を家から出せなくなる。

以前、大雪が多かった年、出勤前にドンドン雪が降ってきて、
ドンドン積もっていく様子を見ていたら、あっというまに膝上くらいの深さに達し、
ちょっと雪かきした程度では車を出す事が出来ず、出勤をあきらめて、
有給休暇を急遽利用して休んでしまった事があった。

こういう休み方をした時って、なんともばつが悪くて申し訳ない気持ちになる。

明日の夜、夜勤なのだが、雪のために休む事はないだろうとは思っている。
でもどうかな?まあ一応、雪除車が回ってくるから大丈夫でしょう。

明日は「MONSTER」完全版の続きを読まなければね。1冊が分厚いから、
読むのにも時間がそれなりにかかるからね。
しかし、この作品、かなりミステリーの要素が最初から組み込まれていますね。
スリルもあって面白いわ。
実は今作品を読むのは初めてで、続巻も期待しています。
さすが浦澤さんですわ。


多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「アオイホノオ」第1巻・島本和彦~買った

発売日の2月4日に買いに行った。数年前、その書店でボクは「燃えよペン」に出会い、
「吼えよペン」を全巻揃えた。「逆境ナイン」も揃っている。(未読だが・・・)
そんな書店であったのに、店舗の位置が2階から1階に移って、(いわゆる郊外型大型ショッピングモールみたいな所)島本作品のストックが減らされているのに気が付いたのは最近の事。

「燃えよペン」「吼えよペン」「新・吼えよペン」は常に全巻揃っていたのに・・・。
「新・吼えよペン」の最新9巻が1冊しか置いていない事に気づいた。
売り場担当が変更されたからだ。そう、判断すると島本和彦の作品在庫は、
ほぼ無いに等しい。

よくよく改めて陳列されている書棚を見ると、あからさまな売れ筋コミックスばかりが
優遇され、平置き台をも占領している。以前のマニア心をくすぐられるような作品群の、
コミックス達が今や見る影も無く淘汰されてしまったようだ。
この書店も、とうとうボクとの相性というか、心の距離が遠くなってしまいました(笑)。

残念な思いをしながら、それでもさすがに探すと置いてあった。
「アオイホノオ」・・・。たった1冊だけ。
しかも「2/4」という発売日の紙切れ1枚が挟まっているやつだけ・・・。

この周辺地域に居る、わずかな島本ファンが買っていったのに違いない。
たまたま、最後の1冊をボクが購入したに過ぎないハズだ・・・。
そう信じている。

まず手にとって驚いた事は、帯がコミックスの半分を占めてデカイ。
しかも、表紙の絵が・・・島本和彦らしからぬ「静かな画面」に不気味さを感じた。
さらに、あだち充、高橋留美子両氏、ビッグネームを帯文に列挙!?


RIMG0749_512.jpg


RIMG0753_512.jpg


さらに、この帯はイラストもついてフルカラー印刷だ!!
たかだか帯ごときに2色カラーなら判るが、フルカラー印刷とは、
無駄にチカラが入っているのはさすがともいえよう。


RIMG0747_512.jpg


上記は帯に付いたカラーイラスト。第1話の見開きカラーページからの流用だが、
どうしても使いたかったのか?


RIMG0752_512.jpg


これは荒筋がつづられているコミックスの裏。
今、思えば別に何処にでもありそうなコミックスの装丁なのに、無駄に?有効的に?
デカイ帯に面食らい、表紙の静かさに内容の「熱さ」へのギャップを感じるから、
素直に驚いてしまった結果、こんなにも無駄にコミックスの表側の画像を
載せてしまった(笑)

「アオイホノオ」第1巻・島本和彦~買った…の続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:4 | トラックバック:1 |

不覚!!

つい先日、水曜日の早番の帰りに、車で事故っちゃいました。
トホホホ・・・ですわ。( T ^ T )
夕方、陽が落ちてからの出来事で、その日はなんとなく眠けが起こる日で、
午前中も仕事の途中で眠けを覚え、昼休みは軽く車の中で居眠りをし、
帰る16時くらいはなんでもなかったのですが・・・やっぱり途中の帰路で、
眠くなり、コンビニで休憩しますが、居眠りには至らず。
「大丈夫かな?」とは思っていたのです。

身体全体がだるさと眠けを感じていたのに、途中休憩しても居眠りには至らず、
眼が冴えたまま。多少の不安を抱えつつ走行。
こういう状況では居眠り運転の可能性が高くなるな・・・と思い、
目覚ましには最適なキシリッシュの黒いガムで強烈な刺激を与えつつ、
走行していたのにも関わらず・・・田んぼにジャンプ!!

あっ!ダイヴかな?ズガン!!ズゴゴゴ・・・。あ~あっ、等々やっちまった。


不覚!!…の続きを読む
多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

先週と今週は気になる新刊が数冊でます

羽海野チカの新刊は今週・・・じゃなかったかな?「3月のライオン」。
将棋マンガだ。あれ?ひょっとして20日か22日だったかな?
だったら申し訳ない。

確実に入手したのは「MONSTER」浦沢直樹の完全版第1巻だ。
第2巻は後々購入予定。
ちょっと楽しみにしていた4コママンガ、
「クロジとマーブル」富永ゆかり作のいわゆる「猫マンガ」を買った。
買った理由が、うちの猫の行動と性格が似ているクロジが面白いから(笑)

今週、個人的に待望していたコミックス新刊の

大本命は、島本和彦の・・・

「アオイホノオ」だ!!!!


この作品は当て字無しで、作家、漫画家、監督、プロデューサー、
ハリウッドの某有名SF映画や監督、特撮ヒーロー物、TVアニメ、アニメ映画・・・等々。
おおよそありとあらゆるモノが実名で登場し、語られる。

「いいのか!?島本さん!!」

と読みながら唸り叫んだが・・・いいみたい(笑)
ガイナックス夜明け前・・・みたいなメンツも登場するのは当然だ。
庵野監督には作中登場の許可を快諾してもらい、どんな風に描いてもいいから、
面白く描けよと言われているみたいだ。
(島本と庵野は同じ大学に在籍してはいたが、同時期に居たわけではないそうで、
ある程度のフィクションも挟まれてはいます。大学名とか『大作家芸術大学』ですから)

おそらく、連絡のとれる作家や監督には実名登場のうえ、キャラとしても登場することは、
許可は得ているようです。細野不二彦、高橋留美子、あだち充・・・とか。




一応、ヤングサンデーに不定期連載みたいのようなんで、あれなんですが、
作品1本分のページ数は多めで、内容はひじょ~にマニアックかつ80年代の
マニア事情が伝わる「濃い」めの1冊。

あの時代が青春だった世代の中でも、マニア向けの読み方が解る人なら人前での
立ち読み等は避けるべきだと思います。
なんだか知らないうちにニヤニヤと笑いが出たかと思うと、思わず爆笑してしまう
可能性もなきにしもあらず・・・。

庵野秀明監督の学生時代に造った短編映画の話は秀逸で、あの伝説の「ウルトラマン」が読めます。
無駄に暑苦しいクーラーの無い運動部の部室の匂いが、このマンガにはあります。

(なお、当時は『ファン』と『マニア』の線引きがされていた時代で、それらが融合した形態が『オタク』と呼ばれるようになったのではないかと思います)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「週刊モーニング09号」・・・エンゼルバンク(ドラゴン桜外伝)とか

「クッキングパパ」の今週のレシピがよかった。何しろ簡単だからだ。
作品中は荒岩夫婦がイタリアはシチリアに行き、オリーブ畑でオリーブを収穫。
その獲り立てのオリーブを絞って、出来立ての一番絞りオリーブオイルをいただくという話。

その食べ方、頂き方が簡単。固めのパン(フランスパンなど)を2cm厚くらいにスライスし、
バットか皿に盛り、塩を軽くふり、オレガノを多めにふる。
そのうえにオリーブオイルをゆっくりトロトロとたっぷりかけて出来上がりなのだ。
これは簡単過ぎる。

実は最近、野菜をサラダとして食べる時にオリーブオイルを使う事にしているので、
台所にはオリーブオイルが常備されているのだ。

以前は中華ドレッシング、和風ドレッシング、サウザンアイランド・ドレッシング・・・等々、
色々試してみたり、好んで買ってきたりもしていたのだが、とうとうめんどくさくなり、
塩コショウだけ・・・ではなんだからオリーブオイルをかけてみたら、思いのほか旨く、
しばらくはその組み合わせが続いたけれど、最近はオリーブオイルをかけて、
荒挽きコショウ、醤油といった組み合わせが気に入っている。

「エンゼルバンク~ドラゴン桜外伝」
以前「ドラゴン桜」は読んでいないと発言していたボクは、その読まない理由の1つに、
画のバランス、特に眼の位置や間隔、筆致等などに言及したうえに、受験のための
テクニックなんて今更必要性を感じないから、受験産業にかかわるこの作品には、
興味が持てない・・・などと云った様な、云わなかった様な・・・。

あの前作からのキャラで英語教師の女性が転職したいな、などと考えるようになる所から、
物語が始まる。この作品は「転職」にまつわるお話だ。

毎回、眼から鱗が剥がれるような言葉の切り帰しに感心する。
「前職が高校の英語教師で、30代独身の女性が転職できるチャンスは1度だけ。
2回目3回目にはどんどん条件が悪くなるだけだ」
といった台詞があったような覚えがあるが、その台詞に対して
「なぜ?」という事にしっかり応答されている。
詳しくは既刊第1巻を参照にされたし。まさに「なるほど・・・」である。
普通に大学や高校をでて就職すれば、転職できるチャンスなんて数える程しかない。
よくて2回、最悪で3回が限度。それ以上は悪くなるだけ・・・、
なんて話を聞かされたら、「何が?どうして?」ということになる。
この連載は一般社会人が読むべき内容だ。

わりとテンポも展開も早いのでサクサク読める。お勧めします。




「週刊モーニング09号」・・・エンゼルバンク(ドラゴン桜外伝)とか…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:1 | トラックバック:0 |

「MONSTER」完全版(1)発売・・・買うよ。待ってたから

この完全版刊行の情報を仕入れたのは今週の月曜日発売の「スピリッツ」誌上であった。
見落としそうな白黒ページに地味な広告。第1回刊行予定は2冊だそうで、あとは月イチで、
1冊刊行するそうだ。総巻数は全9巻となるようで、1冊1500円。

正直なところ連載時は、かいつまんで読む程度だったのに、バラバラの飛び飛びで、
読んでいたのにも関わらず、スリルとサスペンスに翻弄され、相変わらずたくみなストーリー展開と、
魅力的な画に、優れたカット割に感嘆。
「マスター・キートン」を全巻買い揃え、当時は他に「ギャラリー・フェイク」と、
「ナーバス・ブレイクダウン」などを順次買い揃えていたので、「MONSTER」は、後回しになった。

そういった経緯ゆえ、買い損なった感もあった。コミックス自体が完結した時に、
買い揃えていくつもりでもあったけれど、どうせならば特装版的なもので(色々な作品がそうなっているのを踏まえて)、この作品を揃えたいと考えていた。

先月あたりはもうあきらめて、新刊を少しづつ買い揃える覚悟をしていた。
(「20世紀少年」が完結したのにまだ買わないボクも、随分気が長いもんだ)
その矢先の朗報である。

随分待ったのだから、あせらず順次買い揃えて浦沢直樹の世界を堪能したい。
稀代のエンターテナー、多分日本で一番面白い大人マンガを描く担い手。

1冊1500円は高くない。それにみあうスリルとエンターティメントを味わう事ができるのだから。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

週刊少年マガジン09号・・・「Bloody Monday」とか

水曜日の夜中に更新したかったのだが、あいにく翌日は2時間の早出出勤のため、
やむおえずPCには向かわず、やや遅れての更新になりますが、
見ている人が少ないと思うので、気にせず更新します。
先月は御陰様で「Bloody Monday」のキーワード検索が多数ヒットしておりました。
有難いことです。

さて、くだんの「Bloody Monday」ですが、今週号もまた急展開。
加納さんは「ケープ・フィアー」のデニーロのごとく、逃走するトラックの下に張り付いて
敵を追跡します。空からもヘリで追跡。そして・・・、
週刊少年マガジン09号・・・「Bloody Monday」とか…の続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |