うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

定額給付金¥12000-頂きました~宮城県です

人口過密都市、東京、大阪、福岡、名古屋そして仙台市内もまだだと
思います。この時節、定額給付金をもらった方などはおそらくは田舎モノ
です。ええ・・・わたくしも含めて。今時ISDN回線が最速の山間部に住む
田舎モンですわ。

4月28日くらいに振り込まれたそうで、一応ボクももらいました。
もらってニコニコして「やったー!!」って感じじゃあねぇです。

Y(・▽・)/→(′o ')亖33

もらうタイミングとしてはGW前という事で、国とすればナイスな対応。
とか思うかもしれんが、あとでキッチリ、ツケは返してもらいますよ・・・
で、消費税UPかぁ・・・・・・。5~10%でどのくらい上がるのかなぁ。

基本的に国が消費税なりなんなりと税金徴収するならば、その分
我々にも豊かな福祉を与えてちょうだい・・・・・まぁ、取るだけ取って
わけわからん事になってまうんやろか。

消費税を上げられても給料据え置き。

賃金格差是正されず、低所得者はそのままずっと低所得のまま生きて死ねと。

「消費税UPした分は、キッチリ還元していますよ」と政府が言ったとしても
実感が伴わない事に使われるのかもしれん。

国がね・・・政府がね・・・こう言っていると思うのです。


上見て暮らすな、下見て暮らせ。

ってね。

国民の生活など知るか!

今度の選挙の方が大事じゃ!



ゆうてると思いますよ。マイクを持って笑顔の下で・・・。



さて、頂いた定額給付金。12000円か・・・半端すぎる金額だね。
生活費の一部か、税金として払うとしますか。
利息の高い借金を強制されたような気もするな・・・。ホント
どないなんねん。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

佐藤秀峰先生の件でネットカフェへ・・・。

「ブラックジャックによろしく」で有名な作家、佐藤秀峰先生のWeb日記?
を確認・・・つーっか、ISDN環境の我が家では見ることが叶わぬので、
用事のついでにネットカフェとかに行ってきました。
まあ・・・定形外郵便物を出すついでに、ちょっと足をのばして仙台市太白区
のネットカフェに行きました。

う~む。やっぱり。ネットカフェ辺りのPCだと表示されるのが速いや、羨ましい。
サクサクと画面を見る事ができるのは非常に気持ち好いです。ISDNって、
待つ時間が、ダイアルアップ回線当時よりは確実に速いですけれど、ネットカフェ
では、それの3~5倍は速く感じた。ま、それはいい。住む場所がせめてADSL
回線に対応してくれる場所ならば、それは改善される事だから。

噂のWeb.日記のプロフィール・マンガかな?色々と今までのデビューから現在
へのメッセージ、佐藤秀峰先生のマンガ道を読みました。モーニング編集部での
ゴタゴタ、それ以前の「海猿」連載時のヤンサン編集部へのイライラ。この辺りが
結構「なんて奴等だ!」と読者に訴えかけるつくりになっていた。

ヤンサンでの台詞の修正は、キャラの名称が勝手に変えられるのは怒っていいと
思うが、

「北朝鮮の工作船が・・・」→「工作船が・・・」

に変更されるのは当然だろう。この表記をする事に全責任を負って立ち向かうのは、
名前をさらしている漫画家の責任だから、編集部に異議をとなえる。というのは
どうかな?そうすれば偽りの無い真実、リアリズムを発揮できるが、それは創作物、
架空の物語上での出来事ではあっても、実際に「ナニを考えているのか解からない」
親子3代世襲で国家を牛耳る「とんでもない国」が、この表記ひとつに難癖つけて、
東京に1発核ミサイルをぶっ放す可能性も、無きにしも非ずだ。

しかも、「海猿」が波に乗って売れまくっている状況でのこの措置ならば編集部の判断
は妥当だろう。そんなに不満ならば地下に潜って、同人活動で好き勝手にやればいい
だけの話だ。

モーニング編集部とのゴタゴタには流石に佐藤秀峰先生を攻められない逸話はある。
「ブラックジャックによろしく」の著者に許可無く、至る所への2次使用にはご立腹は
ごもっともである。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ネット・・・2次使用されたメディアを
知らせるように通知を依頼するのもごもっとも。


2次使用の極めつけは、著者の口座にいわれのない大金約350万円がモーニング側
から振り込まれていて驚いた件については、読んでいるこちら側も、いい加減な対応を
したモーニング編集部に不信感を抱かせる。


「あいつは、色々とうるさいけれど、

大金掴ませていりゃあ文句は

言わないんじゃあないか?」


そんな「不快な浅知恵」が想像できて、またそれが通じると考えたモーニング
側に苛立ちを感じた。
この大金の出所は、佐藤秀峰先生の許可無く、韓国でかの「ブラック・・・」を
講談社が密かにコミックスを売り出して利益をあげ、その売り上げ分の印税
収入を著作者に還元した事なのだ。
「もらういわれの無いお金は受け取れません」と全額返金したそうだ。後日・・・
「全額返金するつもりならば、8万円不足しています」と、モーニング側から連絡。
「・・・」再度、後日不足分8万円を支払った・・・。

この時点で、編集部にたいするイライラはつのっていくばかり。
「ブラック・・・」の連載が始まってから、なかなか休みもとれず仕事ばかりして
いたので、資料写真、資料文献、引用された書籍の使用許諾など、完全に編集者
に任せていた事が仇となり、軋轢は深まるばかり。

佐藤秀峰先生と担当編集者のやり取りを見ていても、編集者が悪いのか、作家が
悪いのかというと、編集者が悪いようにみえる。編集者の方が「理」に合わない、
論理的でもなく整合性も無い言葉で作家を攻めるのには参った(笑)。作家側、佐藤
秀峰先生の言葉には納得する。作家が取材する時間が取れないくらいにスケジュール
を推しつけるから、資料提供、取材等は編集者に任せる形になっていたのに、いい加減
な取材でできたプロットで描いて、それが誤りであると糾弾されるのは「作家」なのは
どうしてなんだ。・・・とかね。それに対するいい訳もひどいもんだった。

(「ブラックジャックによろしく」は医療現場の現実をさらけ出す作品だ。医療のハラワタ、
臓物をさらす作品で実に「生」である。その世界観を崩すとすれば、「誤った情報」である。
それを知らずに描く事もあろう。漫画家は絵を話を演出、組み立ては出来るが専門外の
事象については「資料」と「取材」をし、裏づけをしなければならない。それを担当すべき
ところが担当編集者なのだが、この人がキッチリ仕事さえしていてくれれば、新聞や
雑誌で「漫画家個人」が叩かれる事は無いのである)

「それでは、ボクに取材する時間をください。資料を調べる時間をください」と当然
佐藤秀峰先生は要求する。
「それは許可できない」と担当編集者がいう。
担当編集者、モーニング編集部に対する不信感が募る。

「ほな、どないせぇ~ちゅうねん」ですわ

思い出すのは、「ブラックジャックによろしく」が連載中に時々新聞誌上
などで、一部表現の誤りがありましたとか、お詫びの記事が載っていた
と思う。お詫び、訂正の前に、その「誤り」に対して糾弾する団体があったり
したから、「そういえば・・・よく訴えられたりしていたような・・・」そんな覚え
があり、また、よく連載が休載したり中断したりしたもので、イロイロある作品
でしたね。

あとはマンガ賞関連のゴタゴタ。「ブラックジャックによろしく」は数多くの賞に
ノミネートされたのだが、「忙しくて授賞式出られません」と作家が言うような
らば、
「授賞式に出られないようならば、ノミネート段階で断ってくれ!迷惑だ!」と、
モーニング編集部に言われ、その後に大賞をとるかもしれない場合でも、
ノミネート前に断ったエピソードがありました。


なるほど・・・。

「金色のガッシュベル」でイロイロあった小学館に移籍するにあたっても、
イロイロありそうですが、その辺は短かった。結局、モーニングを放り出されて、
取材、資料集めなどを一からやり直し、コミックス1巻分のネーム、コンテを作り
掲載あてが決まらぬ状態で制作開始。ほどなくスピリッツでの掲載が決まり今
に至るそうです。

まだ書いていないエピソードは次の機会に。



まさか天下の講談社、

あのモーニング編集部が

そんなところなのか・・・・。

信じられない・・・。















とは思わなかった(笑)。



だって、モーニングの姉妹?兄弟誌である「月刊アフタヌーン」には
このカラスヤサトシ先生の担当名物編集者「T田」さんがいますから(笑)。


カラスヤサトシ 4 (4) (アフタヌーンKC)カラスヤサトシ 4 (4) (アフタヌーンKC)
(2009/05/22)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る

カラスヤサトシ 3 (3) (アフタヌーンKC)カラスヤサトシ 3 (3) (アフタヌーンKC)
(2008/03/21)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る

カラスヤサトシ 2 (2) (アフタヌーンKC)カラスヤサトシ 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2007/04/23)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る

カラスヤサトシ (アフタヌーンKC (425))カラスヤサトシ (アフタヌーンKC (425))
(2006/08/23)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る


もはや、カラスヤサトシ先生のネタ提供者でもあり、相方でもあり、
最低編集者である事も、「もうしま」の西本先生からのお墨付きを
もらっています。
アフタヌーン読者の常識。まさか佐藤秀峰先生の担当がT田氏だった・・・
な~んてオチがあれば、「アフタヌーン読者全員納得」ですよ(笑)。
T田さんはあれこれ漫画家ともめてアフタヌーンに流された・・・そんな逸話
もカラスヤサトシの何処かに載っていましたね・・・。



漫画家と編集部の間でトラブル発生。漫画家と編集部のケンカになり・・・
「いい加減にしないと、あんたの担当をT田に代えるぞ!」と編集部がいうと、

顔面蒼白になった漫画家が・・・


「それだけは!それだけは、勘弁してください!」と漫画家が泣いてすがる
話があるとか無いとか・・・。
アフタヌーンのカリスマ編集者T田さんの活躍が見たいなら、

「カラスヤサトシ」を読みましょう(笑)。






しかし、この4巻、ほんとは4月発売で広告出していたんだけれど、
5月発売になったいい訳、顛末が今月号のアフタヌーンでネタになってます。




テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「悪魔って本当にいるんだな・・・」モーニングVol.21.22.合併号~

今週号のモーニングを読んで思った(笑)。

「悪魔ってほんとにいるんだ・・・・」

「ひまわりっ!」を読んでね・・・。また、随分久しぶりにあの
節子登場!!!



・・・・・・・ただでは終わりません。

宮崎の健一君、仕事終わってから、ドラゴンフルーツの花を
見ながら、サイダー片手に花見です。
花をつけるのが珍しい植物です。
アキコに頼まれたこのドラゴンフルーツを丹精込めて世話したわけです。

健一もアキコももう終わった・・・そういう関係なのに、未練が・・・・ってな
話に悪魔降臨(笑)、何も無いわけがない。
健一、先輩と共にマジ話・・・そこに節子来襲(読者からすれば・・・です)。

笑いながら、無表情でこういう事は

普通の人間には出来ません。


ネタバレするのもなんだし、あえて書きません。
読んでください。

ボクは結構~ショックでした。

そこまでやるか?

恋愛と刃傷沙汰は紙一重ですね。健一と一緒になれないなら、
1人くらい殺す事はわけない女です。多分・・・。
それぐらいの事をやってのける執念を感じました。

あ、毎回そうだっけ?でも、今回のも強烈だった。


短いですけれど、ここまで。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

草剛・・・未明の飲酒泥酔・・・家宅捜査?

酔っ払って公園でくだをまく。赤坂の公園で・・・。
大声で叫びながら、素っ裸になっていたとか・・・。まあ・・・
公然わいせつ罪ですか。わいせつ物陳列罪(笑)ですね。
人並みの酔っ払いだね。割とよく見る風景だ。
脱いだ背広を肩に掛け、ネクタイゆるめ、ワイシャツの胸元をはだけ、
腰に入れていたワイシャツをベロンと出し、ベルトもきついから緩め
ちゃおう。腰履きになったズボンはずり落ちそうだ。

公園で酔いを醒まそう。

ういっプ!うぇっぷ!・・・ヴェェェェっ

・・・酔ってないもんねぇ~~~。

ギャハハハ・・・うっ、うっ、うっ・・・・・・

(自主規制:嘔吐しました)

ふっううううう~~~~~~~~~っ。

・・・・・・自分のだらしない格好をみる。

頭がグルングルンと回り焦点が合わない。

立てない。立っていられない。

ヴウウウウウウ・・・ぎもちわる~いっ。

暑いなぁ~~~~ぬいじゃおぅっつと

・・・・・・フフフフ。ハハハハハ・・・

パンツ一丁で治めようと思ったけれど、

なんとなくケツまでずり落ちたから、

もう~いいや。全部ぬいじゃぇ!!!







って、こんな感じかな。
で、ハイテンションで何か大声で歌いだしたり。
そんな事、割とどこでも見かける風景。

ああああ・・・・・似たような事やったよな・・・・と、苦笑いしている方、
結構いると思いますよ(笑)。

「俺は全裸にはならん。パンツは履いてるぞ!!」

いやいや、これも見つかれば、場合によっては公然わいせつ罪でしょう。

今回は有名人、芸能界の方の不祥事。
逮捕というよりも、保護したのではないか。
全裸のまま放っておく事もできないでしょう。

「いいから、泊まってけよ・・・」

だと思います。・・・でも家宅捜査が入ったうえに、尿検査までさせられた
のは、覚醒剤の疑いがあったからでしょう。結局、薬物反応、薬物所持も
なかった。覚醒剤の疑いというと、ヤッパリ、ジャニーズ系アイドルでも
その噂は絶えないのかな。

芸能界の裏で出回る覚醒剤ですか?
おそろしい・・・。




結果的にただの酔っ払いが、草剛という有名タレントでアイドルだったから

「酔っ払って大虎になった」のが武勇伝ではなく、不祥事になってしまった。

そういう事かな。




多方面に悪い印象を与えたから、謹慎処分は免れないね。

十分反省していると思う。

それほど糾弾して叩く事も無かろう。












でもね・・・・・哀れなのが

小室哲哉容疑者の記事。

著作権の詐欺罪で検察側に懲役5年を求刑されたらしいのだが、
新聞記事では草君の記事より小さかったね。
もはや時のヒト・・・もう~どうでもいい話なんですけれどね。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

わが町の源流域にバスを放された・・・これが正常な釣りなのか?

我が町は仙台市から車で約1時間たらずの場所にあり、渓流釣りも
盛んなところだ。くやしいけれど、バスを密放流、ギャング放流した犯罪者
はほくそ笑んでいるんだろうな・・・。

ヤマメ、岩魚などが釣れる渓流域だ。アブラハヤ、カジカ(魚)、カジカ(蛙)、
アユカケ・・・etc.そこは、クマ、日本カモシカ、タヌキ、フクロウ、テン、イタチ、
アカゲラ、カワセミ、山椒魚・・・etc.色々と希少生物も住む田舎です。

夏にはカジカの美しい鳴き声が聴こえ、夜空の星はあふれるほど・・・そんな
田舎です。

そんな山奥の渓流域の最上流にまで

来てやりたい事がバス釣りですか?


渓流域ならヤマメ、岩魚がルアーターゲットになるでしょ?
バサーがトラウト類狙いでルアーを投げてヤマメ、岩魚を狙っても誰も
文句は言いません。だって、渓流ルアーフィッシングじゃないですか、
渓流域ならそれで問題無いです。ボクも渓流ルアーフィッシングをやっています。
渓流の餌釣りも時々やっています。ヤマメ、岩魚がターゲットなら同じ釣り仲間
ですよね。

ヤマメ、岩魚が住む場所、生息域で
バスが居るのは普通で正常な事なんでしょうか?

大きな堰堤、砂防堰堤を飛び越えてバスがやって来たとかいいますか?
密放流以外ないでしょ。

僕たちトラウトルアーマンは

バス釣りの邪魔はしませんよ。

釣る場所が違いますから。



でも、バス釣りをやるバサーは

トラウトルアーマンや、

渓流餌釣り師の邪魔をするんですね。



さも、それが当たり前かのように・・・。






実生活でもそれが許されると思いますか。





そして、言いたいのはこういうルール違反を犯してバサーには何の利が
あるというのでしょうか。自分達の手で自分達の釣りを汚している事が
判っていない。ドンドン、立場を悪くしているのが理解できないアホばかり
なんですか?



キャッチ&リリース(再放流)も当然当たり前にやっている事と思います。







ホント・・・ブラックバス汚染だわ。


バサーが中間宿主の役割を果たして

各地に密放流か・・・。




警告!ますます広がるブラックバス汚染警告!ますます広がるブラックバス汚染
(2003/09)
秋月 岩魚半沢 裕子

商品詳細を見る






バス釣りする方々は、目をつぶって

現実逃避ばかりしていると思う。





宮城県の県北地域は色々と活動されているようなんですが、それでも
懲りないバサーが密放流しまくる。
性根が腐りきっているバサーには通じないだろうが、良心のあるバサー、
バス釣りは好きだけれども、良心の呵責があるバサーは一度下記の
HPで駆除の現状を見てもらいたい。特に、バサーが呼称する「野池」という
ものは存在しない事がわかる。

自分達の釣りやすい水位にするために池の水を許可無く抜いたバサー
とかもいるくらいだから、宮城県県北でバス釣りをするやからには悪質
極まりない方々もいる現状にも呆れた。

一見の価値ありです。このHPを見て何にも感じない方は、釣り人を名乗る
のも辞めて欲しい。いや、釣りを辞めて欲しいです。
自分の好きなように釣りがしたいなら、テレビゲームなどのゲームの中で
楽しんでください。誰の苦情もありませんから・・・。




NO BASS FUKUSHIMA

http://www6.ocn.ne.jp/~yocehan/


特に、ため池の池干しの記事はとても参考になります。
バサーが池干しに参加したエピソードもあり、この記事を読んで
何も考えられないならば、釣り自体を辞めてください。



ぼくがバス釣りをやめた理由―在来種を滅ぼす侵略者を止めろ!ぼくがバス釣りをやめた理由―在来種を滅ぼす侵略者を止めろ!
(2003/09)
植村 誠

商品詳細を見る


ブラックバスを退治する─シナイモツゴ郷の会からのメッセージ─ブラックバスを退治する─シナイモツゴ郷の会からのメッセージ─
(2006/11/25)
不明

商品詳細を見る


伊豆沼のバスの人口産卵床を設置する季節です。
意図的に人口産卵床を壊すと犯罪になります。
色々と証拠写真を撮影したり、地元警察、漁協との連携が、
かなり密接になっているようです。違法行為をしてもバサーに有益
とは思えませんよ。



テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:2 | トラックバック:0 |

全国版のネット某求人情報を見て愕然とする&爆笑

先日、我が所在の東北地方の求人ばかりではなくて、たまには各地の
求人情報などでも見てまずは表示される求人数などを調べてみた。

「やっぱり都会でないと求人自体少ないよね」
「東京とか関東周辺は仕事がありそうだ」
「東京に行けばなんとかなる」
「大阪に行けばなんとかなるかな?」
「やっぱり主要都市でないと、仕事はないでしょう」


・・・・・・・・・・・・。

( ・ ▽ ・)/~~~



全国どこでも一緒だわ(笑)。


人口比率、その地方の総人口を大まかにドンブリ勘定で考えてみても、
失業者よりも求人数が絶対的に少ないのは眼に見えて解かる。


東京都:412件

東海地方:105件

関西地方:86件

東北地方:47件


この求人数は多いと思いますか?

多過ぎるくらいだと思いますか?




全国版のネット某求人情報を見て愕然とする&爆笑…の続きを読む

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

花沢健吾のモーニング短期連載アリ「チンパー」・・・Vol.20

浦沢直樹氏の「Billy Bat」が表紙のモーニング20号にて、
花沢健吾氏の3週連続掲載の新作登場。

「チンパー」は・・・・・・・・・・・。

青森に住む普通の男子高校生

見た目は割りといい男だ。

いままでの主人公、タクロー、田西に比較すれば、

「ボーイズ・オン・ザラン」の青山風の美少年?

かもしれない。作者にしてみれば・・・。

童貞の性欲パワーに人智を超えた超能力が備わった。





花沢健吾のモーニング短期連載アリ「チンパー」・・・Vol.20…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「新・ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰氏・・・どうするのだ?

携帯ネットの某ニュースにてちらりとあった。
「今、連載されている作品達が最後の作品になると思います。
今後どこの出版社からも声をかけてもらえなくなるでしょうから・・・」
というコメントにギョ!とした。モーニング連載時にもめてスピリッツで
連載再開されたのはいいが、またスピリッツ(小学館)ともめたのか?
と、邪推する。
「ガッシュベル」でもめたあのくだんの小学館だし、花沢健吾氏の
「ルサンチマン」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」も半端な終わり方で
風呂敷を畳み掛けたところだ。
また、出版社がらみかと思いきや、やっぱりそうか、積年の怨みつらみ
といったところですかね。

印税、原稿料のUPとか、まあ・・・色々あるようですが・・・。

佐藤秀峰氏の公式HP

  http://satoshuho.com/index.html

ちなみに、うちのネット環境、ISDNなんですが重くてなかなか
開かなかったのであきらめました。




「新・ブラックジャックによろしく」の佐藤秀峰氏・・・どうするのだ?…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

宮城県地上波の深夜枠アニメが増えている?&「タモリ倶楽部」再開!

なんだなんだ?先週、今週にかけて深夜アニメが新作で登場
しているぞ。深夜アニメ以外では「電脳コイル」「タイタニア」の
再放送と地上波放送開始である。
(NHKアニメ、『今日からマ王』も最終回を迎えたと思ったら、
地上波再放送?のようです)
「電脳コイル」は録画しようとスタンバッていたら、最初の1~2話
の後番組「BSアニメ夜話(『電脳コイル』の回)」の方を間違って
録画してしまい、最初の一発目で観るチャンスを逸してしまった
ためにヤル気が削がれた。3話はあきらめて観なかった。
縁が無かったのだと思い、ちゃんと観るならDVDレンタルしかない
とあきらめている。

そういえばNHKのBS2で放送されている「蟲師」なんですが、まだ
終わっていないのに、その前の時間に「グインサーガ」となんやら
腐女子向け美青年アニメが放映されるようになったため、Gコード
予約が3作品ひとまとめになってしまっている。

こういう事をされると、単体で録画している者としては非常に困る。
わざわざ、昔通りの細かい録画設定をしなければならないからだ。
前回、「岩窟王」その前は「カウボーイビバップ」の月曜深夜放送の枠
が一日早まり、日曜深夜になっているのも、なんだか余計なお世話
だな・・・と不満がある。まあ、仕方が無い。



さて、

4月からの宮城県、「民放地上波」

深夜アニメの多さは驚くよ。


去年まで週2作くらいで、人気のある

シリーズであっても次のシリーズ

いわゆるセカンドシーズンなどは

絶対放送しない土地柄なのにだ。




宮城県地上波の深夜枠アニメが増えている?&「タモリ倶楽部」再開!…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんだか久しぶりの七ヶ宿ダム・・・。

平日だから人はほとんどいない。先行者は1人みたいだ。
昼前に七ヶ宿ダムに到着。まあ・・・正直な事をいうと職安に行った
ついでだ。帰り道ではない遠回りである。ボート発着場がある北側の
駐車場に停車し、今週のYJとモーニングをつまみ読みする。

マンガはさておき、今回の釣果はもちろん無い。ボウズだ。

12時前に大堰堤下流、堤防が「く」の字に曲がる辺りをポイントに
して粘る。多分、「もう・・・やめよう」と思ったのが大体2時間後。
チェイスはあった。でも、それはおそらくバスのチェイスだ。

魚体の色が、ラージマウスバスのそれであった。大きさもわからず。
おそらくは30cm未満の小バスだ。半端な大きさで、小さくも見えた。

魚類の反応があるのは嬉しい。が、結果として釣れなければ面白くない。
そんなもんだ。で、チェイスしたルアーは、ミノーだけれど、何を投げたか
は覚えていない。釣っていれば記憶していたな。

・・・と、いい訳。

まあ~毎年こんなもんだ。真面目に早朝からやっていれば、もう少し
「頑張れば釣れるかも?」という希望を抱けるようなコメントを残せそうだが、
そういうわけにもいかないのが現実。

だいたい2時間程度立ち尽くしてあきらめる。

とか言ってちゃあだめだな。3~4時間待ち・・・いや、ルアー投入機となって
投げ続ける覚悟が無いヤツに、そんな甘いやつが投げるルアーには
チェイスすらないもんだ。・・・でも、1~3投目に不意に来る時もあるから
油断大敵、要注意。集中力は常に必要・・・そんなサクラマス釣りは「修行」
ともいわれている。

釣り人はだいたい攻めの姿勢でいても、やや受身なんだよな・・・。
でも、Mオトコとは言わないで。

ところで、本日、数名のアングラーに声を掛けられたけれど、
最初の顔半分黒いヒゲの方にはビビッた。メッチャ、釣り師。
そういう「オレはやるぜ!」という感覚、オーラがチリチリと見えた。

実は著名なプロだったりするのか。もし、一介のルアーマンならば、凄いな。
威圧感タップリでした。

・・・フト思い出す。このサングラスに黒々とした
無精ひげの御仁。・・・見間違いでなければ、釜房湖で1回あっているな。

ウエダのトラウトスティンガーみたいな高級ロッドをさげていたのを覚えている。
ボクが渓流ルアーフィッシングを始めた頃。約6~7年前の事です。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |

「東村山あたりの夕日」でました(笑)・・・マガジンvol.20他

うかつでした(笑)。先週号発売以降、アクセス解析のワード検索の中で、
「東村山あたりの夕日」でアクセスが数件あったので「変だな?」とは
思っていました。

アクセスする方は「福満しげゆき」という漫画家のファンか、かの作家を
チョッと注目している好事家(ヘヴィーなマンガ好き読者)だと思います。
少し前に「モーニングでの『小規模な僕の生活』はどうなった?」みたいな
コメントもここに載せました。

おそらく、今もコツコツと描かれていると信じています。

週に1回分を8ページから削って、週1回分4ページに交渉した昨年の事も
あります。
1回4ページだとして5~11月まで掲載分の書き溜めは112ページです。
合併号も考慮すればこんな数字だと思います。
余力があって+α があれば希望としては約150ページとなり、年末か
年明けにコミックス発刊といった皮算用ですか。

仮に1回8ページなら合併号を考慮すれば大体224ページ。チョッと気張って
描いてもらえれば約250ページです。これくらいのページ数ならば1冊あたりの
単価が高くても許せる範囲なのですが、「・・・生活2巻」の薄さ、いやあの厚さで
あの価格はチョッと酷いんじゃないか?と思いますね。

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
(2008/10)
福満 しげゆき

商品詳細を見る


まあ・・・モーニングの方はいいとして、今週のマガジンですよ。
先週号の予告では巻頭カラーを含む新連載「第九征空騎兵師團」
が大きく広告をうっていたので、他の作品はタイトルも小さなイラスト
さえもほぼ何も無いような状態です。
そんな中、いつ2話目が掲載されたのかもさえ忘れていた作品、
「東村山あたりの夕日」というタイトルなんて気付きもしないのが普通
ですよ、全く・・・隅から隅まで目を通している方は凄いです。

ホントに気付かなかった。で、19号を調べたら、通常連載陣の枠に
何事も無く、特別なゲストというわけでもなく、「もうしま」のような
溶け込み方。これは普通見落としがちですよ。
・・・今回は、イレギュラー発生で掲載されたのかと思いました。
ホントの所はね。



さて、内容なんですが、最初の設定どおり、超能力少女(推定?高校生)
が活躍する6ページのショートストーリー作品。

またしても欄外コメントが笑わせてくれる。

編集長のお情けと諸般の事情により

10週間ぶりの再々登場!!


そうか、10週間ぶりか・・・まあ、今のマンガ界では3ヶ月、半年休載
は連載するうえで結構許容されている読者の空白期間だ。1~2年の
休載、3年以上の休載になるとさすがに熱心なファン以外は忘れてしまう
間隔の開き方だが、この程度ならいいかな・・・。





「東村山あたりの夕日」でました(笑)・・・マガジンvol.20他…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:2 |

・・・あっ!打ち切りなんだ。あのYJの族マンガ・・・。[チョッと補足有]

ヤングジャンプ先週号にて、残念ながらあの暴走族マンガは終了と
なりました。作品自体がどこかで話題になっているかな~と思って
グーグル検索してみると・・・アマゾンのコミックス紹介や、2chの板
くらいしかみあたらず。1件だけ、「新連載ゆえに今後の展開に期待」
をもって書き込まれた約1年ほど前の誰かのブログのコメントが載っ
ていました。・・・「外天の夏」・・・

ハハハハハ・・・・・・あんまり話題にはなっていなかったみたい。
全体的に反応はよくないようだ。
そういえば、新連載当初の3~4話を読んで「不快な作品だ」と
1回くらい描いた覚えがあるなぁ・・・どうでもいいからほぼ読まなかったし。

ちなみに「そとてんのなつ」で変換しています。
「ゲテン」とか漢字変換に登録しても今後使う事は無いと思いますからね。


・・・あっ!打ち切りなんだ。あのYJの族マンガ・・・。[チョッと補足有]…の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:2 | トラックバック:0 |

今週号の「バクマン!」は・・・リ、リアルで、ぉおもいと思う

久しくコメントしていなかった「バクマン!」です。最近のジャンプ
連載陣の中では異質、異物感のある作品ですが、絵柄がだいたい
「昨今のジャンプ風」が多い中、パラパラとページを繰っていても

「おっと!ここに『バクマン!』があった」

と、非常に「絵」「画」で探しやすいです。それは「デスノート」の時も
「ヒカルの碁」の時もそうでした。(ヒカルの碁は実は未読です。スンマセン)
小畑健先生の絵はわかりやすいですね。デスノートの時よりは作品
のリズムに合わせるために、割とユルめに描かれているのは意図した
作画であると思います。見せたいところ、軽く流して欲しいところの
入れ込み具合、チカラの抜き加減・・・これはなかなか好い塩梅ですね。

全コマ、目一杯!!チカラ入れ込み、魂を注ぎ込みました!!

では読者も作者も疲れます。
ベテラン漫画家ならではの配慮ですね。さすがです。
うまいです。漫画も見せ方次第で味が変わる事をしっていますね。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2009/03/04)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る


今回のテーマはジャンプ本誌での連載陣の見直し及び、
金未来杯受賞作家から本誌での連載を獲るのはどの作品か
という事で、編集長、副編集長が揃っての編集会議の内幕暴露?
いや、実際はもっと厳しかったりするのか?

主人公アキヒトとモリタカの担当服部さんの上司相田さんも登場し、
この編集会議に挑んでいる。
(この相田さんは実在人物であり、原作者にも協力しているそうです
詳細は『クイック・ジャパンVol.81』で・・・)


クイック・ジャパン81 (Vol.81)クイック・ジャパン81 (Vol.81)
(2008/12/12)
浦沢直樹ゆらゆら帝国

商品詳細を見る


「編集会議なんて見たくね~よ!」
「そんな風に描いてもウソ臭く見えるから俺は嫌だね、このマンガ」
「編集会議とか、どうでもいい事を描いてどうする。小畑も大場も終わったな」
「こんなものを有難く読んでいるのはキモオタだけ」
「漢字が多いから読んでません」
「今のジャンプの中ではクソマンガの部類だな。早く終われ」
「オレが編集者なら、こんなマンガは即打ち切りだ」
「このマンガを支持している奴等は全員キモオタ」
・・・etc.まあ・・・考えて書いた悪口ですけれど、だいたい悪口の文面は
こんなもんでしょう。どこかで書いていると思います。


この編集会議を描く事に意味が無いとは思わない。
実名をだしてはいるが、一応、別時間、別世界のジャンプという事には
なっていて、出来うる限り「こういう風にして一つの雑誌が造られている」
という現場の雰囲気、臨場感、現実感覚を表現することによって現場の
「熱」を伝えているのだから、これには意味があるだろう。

こういう現場の熱気が無意味に感じるやつらのほうがどうかしている。
斜に構えて受け流すマンガ読者は実にもったいない事をしていると
思うぞ。さて、今回は編集会議が終わって、これからどうなってしまうのか?
というところで終わり。

中身が詰まっているから、こういう抜き方でいいと思う。

マンガも小説も映画も、面白い事、見せたい箇所をより良く見せるためには、
面白くない事も、いらないと思われる寄り道をする事もある。
今回の話は面白くもあり、つまらないととれる展開だが、作品が伝えたい
ところは描かれているのでこれで良しです。
しかし・・・ここまでジャンプ編集部の重要な部分をさらけ出してしまって
いいのだろうか・・・と思いつつも、この編集者達の真剣勝負。これはこれで、
切れ味ある内容。緊迫感は次への期待へとかわります。こういうヒリヒリ
した感覚って、マンガも小説も大事ですね。

ボクが好きなミステリーでも、このヒリヒリとした緊迫感がある作品は
だいたい面白いですから。「バクマン!」連載当初から期待していました。
これからもついていきます。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

解せない話であれなんですが・・・レギュラー番組全て降板させるとはね?

正直な話、あまりにも唐突突然のニュースに驚いている。
北野誠氏がレギュラーのくだんのラジオ番組は、実は聴いたことが
無いけれど、1988年から続いていた番組なんだそうだ。これはかなり
長寿番組の域に入る番組である事は、聴いた事が無いぼくでもわかる。
多くのファン、リスナーが支えてきた番組なのであろう。

(1988年頃といえばボクはまだ東京で大学生をやっていた頃だな。
その後1994年に神戸に帰って1999年にはこっちに引っ越してきた。
この時期のボクはそれほどラジオを聴く生活では無かったから、くだんの
ラジオ番組を聴く機会がなかっただけですね)


ラジオ番組自体は聴いていなくても、「探偵ナイトスクープ」などに出演
されている姿は知っていたし、また、この番組でもかなり最古参メンバー
になるので、割と知った顔のローカル芸人として認知しています。

北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ
タレントの北野誠(50)がラジオで不適切な発言をしたとして、所属事務所
「松竹芸能」が10日までに、処分の検討を始めた。テレビとラジオの
全レギュラー番組を順次降板する方向で調整したいと、複数の放送局に
申し入れがあったという。
レギュラーはテレビ朝日「やじうまプラス」、同局系「探偵!ナイトスクープ」
(関西ローカル)、TBS「噂の!東京マガジン」、
日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」とラジオ番組(名古屋ローカル)の計5本。

関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」(朝日放送)で不適切な
発言があったとされ、先月16日の放送で突然、打ち切りとなっていた。
同局は理由について明かしていない。北野は同番組で93年にも
歌手・山本リンダ(58)のヌード写真集を酷評した後、謝罪会見を開いている。

ラジオ突然終了の北野誠 出版サイン会も中止
いったい何が…?北野誠のラジオ番組突然打ち切り
取引歴20年!北野誠が“株指南”
北野誠(きたの・まこと)
生年月日:1959年1月25日出身:大阪市血液型:A型
タレント名鑑関連ニュース関連フォト
[ 2009年04月11日




今回のラジオ番組打ち切り降板は「不適切発言を受けての降板」というのは、
まあ解かります。ただ、どういう事項が「不適切発言」になったのかが、いまひとつ
言及されず、ABC放送側がうやむやにしているような所が納得いきません。

このABC側の処分を受けて、所属事務所さえも北野誠氏を見限ってしまい、
全ての番組から引きずり落とすその処遇に至る経緯を隠したままにするのは
あまりにもフェアじゃない。

「自分が持っていたレギュラー番組を1本つぶしてしまった・・・」
という話では済まなくなったこの事件の顛末、芸能関係にはさほど興味は無い
ボクですが、今回の「出演番組全てを降板」させた理由は知りたい。
「不適切発言」でこの処遇はよほどの事でもないかぎり絶対おかしいと思う。

覚醒剤常習者、覚醒剤所持、大麻所持・・・etc.こういったケースには非常に
甘い芸能界なのに、「発言」がここまで吊るし上げられるとは、これはホントに
恐ろしい出来事です。
解せない話であれなんですが・・・レギュラー番組全て降板させるとはね?…の続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:1 |

今週は天気がいいなぁ~で、釣りですわ

まぁ・・・本来なら、釣りどころでは無いハズなのに我慢し続けてきた
ので、今週はじけてしまったのかもしれませんね(笑)
職探しは順調です・・・笑えるくらい門前払いが多いですな。
まあ・・・最終的にはコンビニでアルバイトとか、そういうところにしか
居場所が無さそうです。

8日の時はルアーを使用しましたが、昨日と本日金曜日は餌釣りのみ。
ミミズだけの釣りでしたが・・・ほぼ完敗。木曜日は松川で、なんとか
18cm程の美しいヤマメを釣ったのに、取り込みでもたつき痛恨の
ラインブレイクという失態をやらかしてしまった。これは釣り人の恥とも
言えよう。
0.2号くらいだったのかな・・・巻いたのも去年のモノだったしね。
いや、岩に擦れて切れたのだと思う。ラインの劣化では無いハズ。

まあ、いいや。本日も、夕まづめを狙って、再度、前日に行った堰堤
に行きました。堰堤下の流れで15cm程度のピチピチなヤマメを釣り、
今回に限って、今まで一度としてうまく扱えていなかった「針外し」が
うまく機能し、扱えた事に感激した。

フッキングした針を、スムーズに外せた時こそ、
「うん。おれもなかなか上手くなっている・・・」と実感する瞬間です。
餌釣りに関してはホントに容量が悪くて下手なんですよ。

もともと、ルアーフィッシングを選択したのも、「餌釣り」での渓流釣りが
苦手だったからです。ミミズを触るのも、ちょっと「嫌な感触・・・」
「針が触れた瞬間にノタウチ蠢く姿が、なんとも・・・」・・・などと思って
いました。でも、小学生の頃はもっとでかいミミズで銀フナとか釣って
いたのにね・・・そういう感覚はどこかで忘れて、どこかで思い出すんだ。


もう~いまでは餌釣りならやっぱりミミズがいいね。
噛み付かれないだけでもいいと思わなきゃね。
あと、ミミズって、サツマイモの臭いに近い体液なんだな。最近思った。
臭いというか、薫りが「サツマイモの甘い香り」にちょっと似ている。
この黄色い体液が集魚作用をもたらせているのだと思う。

体液が抜けて、動きもなくデローンと針に垂れていたら交換時だ。
まめに交換してやらないといけない。それはそれで、めんどくさい。
この辺はルアーの手返しの良さがいいなとは思う。色んなルアー
を試して、変化を与える事で釣果につなげるわけだが、ミミズは大小
の大きさくらいしか選択の余地は無い。でも、ルアーよりも繊細な
ところも面白い。0.2~0.4号あたりのラインなんて、細くて切れそう
だけど、こういう細糸で釣るから、また面白い。

結局、一長一短なんだよね。

そうだな、そろそろ、大場所の本流域での大型ヤマメが観たいな。
去年はダメだったからよけいにそう思う。2007年くらいに釣ったと
思われる32cmの尺上ヤマメ。まだ、冷凍庫にある。
銀色の魚体の下に薄っすらと残る赤いパーマーク。魅惑の色合い。
ちゃんとしたカメラでないとこれは色がでなくて、ただの銀化ヤマメ
にしかみえない。

こういう、尺ヤマメが釣れるから、たまらんのだな。

RIMG0203_256.jpg

こいつを釣ったときのルアーはなんだったかな?
多分、スプーンかスピナーかのどっちかだな。ミノーでは無いことは
確かだ。そういえばミノーでの釣果はめっきり減っていますね。
バスくらいにしか威力を発揮していない。
ああ・・・そうか、バスだな・・・。いやなんだよ。ほんとに。

七ヶ宿にスモール放した奴等を地獄に叩き落したい。

CA340030_512.jpg

(こいつらは去年たまたま駆逐したヤツ。産卵前だと思う。こいつらが釣れた場所
には、キッチリと営巣していたコロニーがあった。5~6個あってゾッとした)


あいつらは確実に、七ヶ宿の魚種すべてを蹂躙し、鯉もヘラブナも、
ワカサギ、ヤマメ、ウグイ・・・etc.あらゆる魚種を食い尽くすね。

確実に食い荒らす。

あれほどタフで貪欲、しかもマッチョな体躯の魚はいないよ。
あれほどの体力馬鹿が、おのれの欲望の限り、食欲の限りを
尽くして他魚種を襲えば、大きな個体は生き残れても幼魚体は
生き残れなくなる。


そういう事がわからないんだよ、根本的に、罵詐亜という人種は!!
あ~あっ、今年も自分の出来る限り、バス駆除するしか無いな。

これから先、どんどんと陸封

サクラマスは釣れなくなるよ。


白石漁協も伊豆沼みたいなバス駆除作戦とかやんないのかね。



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |

本日は釣りに行く~名取川上流・・・多分、二口渓谷付近

何日ぶりだろう。先週末に行くつもりだったが、出発した時間の
タイミングが悪かったのか、久しぶりにまとまった雨が降った日
で、釣りの気分が一気に台無しになった一日だった。
だから、カツオノタタキとか買って帰宅して飲んだくれた一日だ。

さて、本日は昼からの釣行で、軽く近所の川の堰堤にゆくと先行者
がいたのであきらめて、町内、北川に向かったのだが、そこにも
先行者のワンボックスがありあきらめた。なんとなくそこを通過して釜房
方面に向かいながら、何処にゆくか考えながら走った。

とりあえず秋保に向かう事にした。セブンイレブンでスピリッツを立ち読み。
復帰した「美味しんぼ」が気になったがスルーして読まず。バーディーも
スルー。読んだのは新章再開の「バンビーノ」「闇金ウシジマくん」だけ
かな?あとはながめただけ。買っても良かったかもしれない今号は。

立ち読みしながら、考える。
「どこに行くか?」
名取川上流、二口方面には過去1回行ってみたが、途中で恐ろしくなって
引き返した記憶があった。本日は平日なので少し入渓しやすい場所を
探しながら車を走らせた。

結局、詳しい土地勘が無いので秋保大滝不動尊を越えて、二口方面にゆき
どんどん狭くなってゆく道にビビリながらポイントを物色。なんだか橋の手前で
楽々入渓地点を発見しそこから入る事にした。

焚き火の後もあり、いかにも芋煮会の場所にピッタリな場所でした。

「ここは・・・多分、釣れない。でも雰囲気はいいな・・・」

と思い岩盤底で深遠が青く暗く見えない淵を覗いて、
「餌じゃなくてルアーかな。川幅もあるし・・・」と考えて、急遽ルアーの装備に
切り替える。ベストの中身を変えるだけですが・・・。

早速、釣れないとは思うけれど、とりあえずは探ってみたい。
そんな岩淵をスピナーで攻める。反応なし。スプーンを投げる・・・むむむ!
追って来たあの白い影は!!・・・大きな葉っぱでした。そして十投したところで
リールに違和感が!!

愛機ABU・カーディナル33のベールスプリングが折れた。

「ガーン!!しまった!!」


と思ったが、慌てない。ベストの内ポケットに予備のスプリングを忍ばせて
あるのでその場で交換作業に入る。多分2年ぶりの交換になるのか、我ながら
用意周到ではあったが手際が悪い。つけ方が悪くてちゃんとベールが作動
しなかたっり・・・時間は少々かかったけれど、なんとか無事に動くようになった。
帰ったら、スプリング部分に注油しなければならないなと思いつつ釣りあがる。
(今回はベールを左に構えると上部。ちょうど、指をかけるタイミングの側が折れ
ました。ベールの戻りが悪くなるのでわかります片方が使えれば一応使用でき
ますが、釣りのリズム、テンポが悪くなるので早めの交換が良いです)


ポイントになるようなところをスピナーで撃ち、時々スプーンを流す。
合間にウェイビー50SやD-コンタクトを入れてみるが反応無し。チェイスも無い。
先行者らしき足跡もあったので、さすがに昼間の釣行は不利かな~などと言いつつ
それをいい訳にしたりする。
「釣れなかったのは先行者がいたから」じゃあないんだと思う。居ても釣れる場合
もあるから、単なる言い逃れ。

CA340057_512.jpg

CA340058_512.jpg

ここは一応二口渓谷になるのかな?この辺でようやくヤマメの
チエイスがありました。D-コンタクトでしたね。しばらくヤル気が
出てきたのでD-コンタクトを投げていましたが、やっぱり反応は
いまひとつ悪い。

CA340060_512.jpg

CA340059_512.jpg

全体的に魚の活性が高いと、金属系ルアーを通すと小さな魚が群れを成して
追いかけてきたりする。特に「銀」への反応が凄いのですが、今はまだ
その時期ではないようです。ウグイもチェイスしてきません。
寂しい限りですが、久しぶりに渓流に入ると気持ちいいですね。

ふだんから水も旨く空気も好い川崎に住んではいますが、渓流辺りの空気
雰囲気はまた別のものです。これがリフレッシュされている感覚なのですね。
でも、たまにプラスチック系のゴミには気分を害されますが・・・特に白石川など。

もう、いいや。・・・と思い、もうすぐ以前入渓した事のあるポイントにたどり着き
そうになった時にスピナーにヒット!おお!!っと思っていたら軽くヘッドシェイキング
でバラした。・・・ヤマメだったな。多分、軽い引きだったうえにあの大きさなら
18cm前後かな?・・・コレ以降音沙汰なし。久しぶりの渓流ルアーはボウズ。

余談ですが、今回使用していたラインはヴァリヴァス VEP 5lb.オレンジ色で去年
辺りに出た新製品。ポンド数は同じで従来のラインより細くなったそうで、同じ強度
ならば細い方が有利と思い昨年使っていました。
で、昨年は釣行回数が後半少なかったので、今年も5~6月くらいまでこの
巻きっぱなしのラインを使っていこうかなと考えたのですが、どうも個人的な使用感
でいうならば、ラインの「へたり」「弱り」方が、黄色い方のVEPラインより早い気が
しました。
黄色い方のVEPラインもシーズン初期は昨年使用してきたラインをそのまま5~6月
くらいまで使う事がよくありましたが、特に問題無く使用できました。弱冠、さすがに
巻き癖が戻りにくくなった7月くらいに新品に巻きかえる。そういうパターンが自分に
あったのです。
しかし、このオレンジVEPラインは気のせいかもしれませんが、色抜けが早い気も
します。当初の蛍光オレンジっぽい発色がよどみ、視認性は静止水域ならいいの
ですが、流れのある場所、特に白泡うずまく早い場所では見失う事が多く、今回の
釣行でもキャスティングした後を視認し、トレースするのが困難な場合があり、使用
していて全体的に視認性が悪いと感じました。

「離れてわかったんだよ。

ヤッパリお前しか信じられない」


渓流域ではやはり視認性重視なら黄色ですね。確信しました。
浮気はしません、添い遂げます。カーディナル33には
ヴァリヴァス VEP 5lb. の蛍光イエローです。これで決まりです。ハイ。



ついでの蛇足。このオレンジ5lb.で去年はラインを3回ぶち切られた。
スモールマウスバスの急な底への突っ込みにやられる事3回。・・・あれ?
4回だったかな?ちなみに5lb.のイエローラインで切られた事は1回だけ
あった。ドラグは同じくらいの状況で・・・。







納竿したのが16:00過ぎ。まだいけるなと思い、自宅付近の堰堤にいく。
先述した先行者の軽自動車とたまたま、入り口付近で出会い頭にすれ違った。
なるほど、そろそろ暗くなるから帰るのもうなずける。ぼくは家がそこから物凄く
近いので、日没までねばって釣ってみた。

1ポイントでねばってどれだけのことができるのか?去年は24cmか23cm
くらいのヤマメと、22cmくらいのを合わせて3尾釣った覚えがあった。
ここは狭いので餌釣り。ミミズのみの戦い。

反応は・・・いい。物凄くいい。口に喰わえて餌を引っ張るのだが、掛からない。
なるほど、サイズが小さいのだ。いや、針がでかい?そんなこんなの繰り返し、
暗くなりかけたところで、あわせを遅らせてみる。
そこでやっとかかったのは18cmあるかないかのサイズ。

ルアーならば、口先で掛かり即リリースなのだが、餌の場合、飲み込んで
しまい、外すのに手惑い(針はずしがうまく使えていないから)魚体を弱らす
事が多いので持ち帰る事にしている。
結局、コウモリがぼくの方にたかってくるように飛んでくる頃に納竿。
暗くなっていた。糸をむすべるような手元の明るさはもうすでにない。

釣果同サイズ2尾・・・。

あたりは10回以上もあったのにこのていたらくである。
小サイズばかりだったのでしょう。
しかし・・・慣れていないから針をはずすのは、ホントにド素人まるだしで
恥ずかしい限りだ。


でも、まあ・・・今シーズン初の釣果だから小さくても嬉しい。

久しぶりに気持ちもスッキリできたしね。

本日は釣りに行く~名取川上流・・・多分、二口渓谷付近…の続きを読む

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |

やたらアクセス数が多くなったのはテレビがネタかよ。

なんだか知らねえが、テレビで話題になったからコッチ(ネット)で
検索してヒット数が上がっていたのか・・・納得したわ。
朝のワイドショー、小倉何とかさん司会の番組でも紹介されて話題
になっている・・・というと、時間帯が9時前か8時半くらいだから、
検索しているのは朝の家事が一段落して落ち着いた主婦の方々
がメインで、かつマンガ好きの主婦達ですかね?

「ホームレス」

を売りにすればそりゃあ、今のご時勢ショッキングかもしれないが、
単に失業してホームレス状態で彷徨いながらなんとなくギャルを
やっていて、なんとなく漫画家になったわけでもなかろう。

一応、マンガの専門学校出身らしいけどね、浜田さんは・・・。
「パギャル!」第1話登場の回はおぼろげながら記憶がある。
スピリッツ買っていたしね。
まだ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が連載している頃だ。

いまでは浜田ブリトニー先生が人生相談なぞしているコーナーが
あるが、1回目は文面、字面からは「横暴横柄なイメージ」の編集者が、
浜田ブリトニーに宣言する。

これから巻末の方にお前の作品を載せるからそのつもりで描けよ。
編集長からのGOサインは無いが、人気が出れば連載になるから、
とりあえず描いて来い。
連載されればバイトする暇無くなるからな。そうなればマンガだけで
食えるようになるぞ。

このあいだに挟まれる浜田ブリトニー先生の言葉がマンガ同様、
不快指数を跳ね上げるので、詳細は忘れました。
まあ・・・読んでいて不快になるわな。1回目から、

「読めねぇ・・・」

と、書いているギャルの言葉が解からない。
言語体系が違うようだ。それなら、英語で書いてくれ。
まだ読めそうな気がする。

こういうのが「受けてしまう可能性」はある。けれども、ネタで笑わせる
よりも言葉をないがしろにし、ファン層を限定したいのならこの方法、
展開もアリだが、ギャルの生態、言語なぞ別に知りたくないし、必要無いし、
知らなくて困る事も無いし・・・結局、読者としてのぼくは楽しめないから
どうでもいいな。

でも・・・コレを全く認めないわけでもない。こういう方向性も必要であろう。
だが、一人のマンガ読者としては視野が狭いと言われようが、自分の好きな
カテゴリーに入らないのだから仕方無い。了見が狭くて結構。

でも・・・もしかすると数年後には読みたくなったり・・・する可能性はあるのかな?





テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

そういえば・・・福満しげゆき氏のモーニング復帰はどうなった?

ふと思った。昨年の秋くらいに、描き溜めた分の原稿が尽きたから、
書き溜め時期に入りたいといい、
「ぼくとモーニング編集部とは良好な関係を築いています」と、苦笑
してしまうような言葉を残してモーニング誌上から姿を消した?
長期休載に入った?福満しげゆき先生。

来年の春頃には連載再開が出来るように頑張ります。と、発言
されていたが、もう4月だ。

三月くらいから復帰するものと思っていたのでガッカリした。
が、少なくとも今月中には復帰するのでしょうね?

先日、アクションで「ランボー」の最後の戦いみたいなDVDを観ている
話を描いていたのを見つけた。

アクションとマガジンには描いているのに、

どうしてモーニングには描かないんだ!!



とかなんとか(笑)・・・ハハハ。
まあ~怒っているファンは居ないと思いますが、復帰しないと
同じカテゴリーに類する作家陣に足元すくわれるかもしれませんよ(笑)。

でも、まあ・・・モーニングは「特上カバチ」「ひまわりっ!」「エレキング」
「OL進化論」とかあれば基本的に読んでますから別にかまいませんね。

正直なところ「ひまわりっ!」の東京編はほぼ、

いや、もうすでに

「まんが道」体制で、抜群に腹がよじれるほど面白い。



主人公アキ子、古川うなぎ(副部長とウイング関先生)そして
新キャラ(名前忘れた)のギャル漫画家?・・・そして!
マガジン編集部の久我さん(ウイング関先生描くところの関羽似)を巡って、
女のバトルが始まる(笑)・・・のか?

三つ巴か?混迷するまんが道!!多分、本質的にこういう
ストーリーギャグマンガが好きなんだと実感する。とりあえず
「ひまわりっ!」に関しては既刊コミックスは押さえているからね。

抜群に面白いと思っているのは俺だけか?
みんな東村アキ子先生を応援しよう!!

ひまわりっ~健一レジェンド 10 (10) (モーニングKC)ひまわりっ~健一レジェンド 10 (10) (モーニングKC)
(2009/03/13)
東村 アキコ

商品詳細を見る


ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)
(2008/12/22)
東村 アキコ

商品詳細を見る


ひまわりっ~健一レジェンド 8 (8) (モーニングKC)ひまわりっ~健一レジェンド 8 (8) (モーニングKC)
(2008/08/22)
東村 アキコ

商品詳細を見る



今週休載の「ひまわりっ!」、えびちゃんは有給使って何度か
上京しているが、東京編にて黒木君が登場するのは久しぶり。
「J-WALK」のライヴを観るためにえびちゃんと黒木君が上京。

ああ・・・そういえば、副主任とあわせて「信頼関係」のフルメンバー
が揃ったのはリアルの僕達にしてみれば1~1.5年ぶりか?
毎回、この「ひまわりっ!」で爆笑しているオレ。

以前、ウイング関先生が「an an」を立ち読みしているシーンで
大爆笑した事があった。ところどころに爆弾を仕掛けているから、
注意して読まなくてはならないよ(笑)。











あ!本題から大幅にずれてしまいました。
まあ・・・いいや。気長に待ってます。モーニング読者が忘れないうちに
復帰連載再開してください。ちなみに、「ヴァカボンド」は7月まで休載に
突入しました。



テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

プロ野球開幕だが、「楽天対日ハム」の地上波放送無しとはいかがなものか?

昨日、セパ両リーグともに2009年度の公式戦開幕となったのだが、
ここ宮城県をホームにする

「東北楽天ゴールデンイーグルス」の

テレビ地上波での

中継は無かった。


有料チャンネルCS放送くらいでしか
観戦できなかったという。

札幌での開幕戦、アウェーだからといって

地元テレビ観戦もかなわぬのか!?



WBCでの活躍目覚しい両雄、

岩隈とダルビッシュの投げ合いだぞ。

地上波中継をしないとは

おおいにタイミングを外している。



宮城県はつくづくテレビ不毛地帯とは感じていたから
このタイミングの悪さ、外し方は逆にいえば予想通り。
期待通りに視聴者の期待を裏切った。
宮城県の民放は視聴者を裏切り続けるつもりだ。




プロ野球開幕だが、「楽天対日ハム」の地上波放送無しとはいかがなものか?…の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょっと思った・・・イラストとか見ててね。

いや・・・ほんまにこうしてブログ更新する事にちょっと飢えていた
みたいですね。昨日も一昨日も自室にこもってどうなるかもわからない
マンガの下描き(ペン入れ)やってました。
ほんとに仕事見つける気力も無いのですが、一応履歴書やら職務経歴書
などを送ったり、ネット応募に送ったりとチマチマと就活しとりますが、
予想通りなしのつぶて・・・まあできれば梨よりは八朔で、願いたいものですが。

まあ、時間はあります。鉛筆の下描きを終えて、ペン入れも大体終われば
あとは効果線を入れたりスクリーントーン貼りをすればいいわけですから
次のネームを考える段階に入っているついでの息抜きですわ。
特に締め切りを設定していないアマチュアの段階だからこんな余裕があるのですな。

プロはさすがに厳しそうだ。

まあ余裕かましているように見せて実は焦っているわたくし、先日中古書店に行きまして
コミックスを物色していたところ目的のモノが無いのであきらめて帰ろうと思っていた時に
ふと、新書のコーナーに立ち寄ると気になる書籍があるではないか。
で、まあ新書を3冊購入し帰宅。そういえば、少し中断していた新書も合わせて読み、
昨日読了。

おんなじ作者の新書でしたね。
「貧困大国ニッポン」門倉貴史氏の著作でした。

貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)
(2008/06/07)
門倉貴史+賃金クライシス取材班

商品詳細を見る


こちらが先日購入して、即日読みきった新書です。

リストラされた100人貧困の証言 (宝島社新書)リストラされた100人貧困の証言 (宝島社新書)
(2009/03/09)
門倉 貴史雇用クライシス取材班

商品詳細を見る


↑の新書を読む前に読んでいたくせに中断してしまった作品です↓。
でも、まあ勢いで読みきりました(笑)。

派遣のリアル-300万人の悲鳴が聞こえる (宝島社新書)派遣のリアル-300万人の悲鳴が聞こえる (宝島社新書)
(2007/08/10)
門倉 貴史

商品詳細を見る



「リストラされた100人貧困の証言」

この新書に早々に新古書店で出会うとはね。

今年1月末日までのデータまで揃っていて、3月に緊急刊行されたのか、
ピックアップされているリストラされた当事者達や、リストラされなくても
食い詰めている正社員達の「生々しい証言」に出会えて実感する。
とんでもない大不況の中に居るという事を・・・。


まあ、実際、ぼくも当事者である失業者ですから、こういう書籍を
読むと絶望を抱きつつも怒りもこみ上げてくるわけですよ。
まさに「初期のパンク」のような内から吐き出したい怒りですね。

カッコいい派遣社員、ずば抜けて仕事が出来るスーパー派遣社員
など、ほんの一部で、そしてそれらは限りなく都市伝説に成りえる
キャラクターで、それがドラマ化されたりマンガになっていたりします
が、実際にはほんとに直ぐ辞めてしまうようなクズみたいな派遣社員と、
真面目で勤勉だけれども報われない派遣社員の方が多いのが現実
で、有名な女優が演じた超優秀な派遣社員をみても「嘘」としか思えず、
拒絶して観なかったくらいです。


この新書を読んでいて僕の描いているマンガのネタとややかぶる話が
あったので、「まずいな・・・あまりにも安直なネタだったかもしれない」
と反省しつつ、「まあ・・・弱冠似ているけれども、ネタの落としどころが
ずれているからいいかな・・・」と自分を納得させたりしました(笑)。

でも、誰もが思いつくネタではダメなんですね。
それじゃあ笑えない。笑うことは難しいです。
笑いとシリアスを混ぜ合わせるのも難しいかな・・・。


「・・・貧困の証言」の時期的でタイムリーな話題は、ほんと嘘は無い
と思います。あまりにも生々しくて、そして当事者もうなずくような現状も
証言されていて、とても痛々しい。
そんな新書です。



まあ、結局、都合上現状のニッポンの雇用関係、格差問題に関する新書を
別に2冊購入したわけです。この2冊は2007年くらいの話ですから、少し
景気のいい時ですね。

企業というか、経営者側だけが稼ぎまくって、雇用されている側にはほとんど
還元しなかった年の話。ちまたでは「いざなぎ景気越え」といわれ、戦後一番
好景気が続いた時期の渦中でした。

それでも、賃金格差は広がりネットカフェ難民のようなワンコールワーカーが
増えていった時代。
フルキャスト、グッド・ウイルが人材派遣超大手企業となり話題になった時期でも
ありましたね。

一応、同じ作者の新書で↓
これも読んでいて気が滅入った。


ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)
(2006/11/09)
門倉 貴史

商品詳細を見る


書籍のことはおいといて、イラストの件について思った事です。

FC2ブログ内でも、自作イラストをUPされている方々は多々いらっしゃいますが、
ふと思ったのは、アナログであろうが、PCからのデジタルであろうが、
まあ~なんといいますか、「線」にためらいが多いために、作品を悪くしている
ような気がしました。

マンガ絵など、多少崩れていてもそれはいいのですが、押さえどころ、
見せるべき部分、決めておく箇所をぞんざいに扱い、「ためらいの線」
で描くと「汚く」なるし「全体的なバランスが崩れている」事になるという事を
理解できていない方々が得意気にUPしているようなのでちょっと余計な
お世話ですが、ここに書いてしまいました。

ようするに「決めた」「極めた」線でないという事です。

プロの漫画家さん達の絵を見ると一目瞭然です。
正確で、緻密に描く方はわかりやすいです。
でも、荒い画風で雑なようでいても、丁寧に勘所を押さえて描きます。
狂っていても迷わず線をつなげています。

それがポイントだと考えますねぼくは・・・。

まずは絵を提供してくれる作家さん達の「絵」を良く見て
真似をするのもいいのですが、作家個人の癖まで真似すると、
自分の絵がわからなくなるので、あまり真似に没頭しない事が肝要。

できるだけ、生身の人間を描く事で訓練する方がいい。
様々なポジション、角度からながめて描ききる。
そして全体のバランスを考えて描くことを考える。これが、若いうちは
「なんのこっちゃ?」で避けてしまい、「デッサンがダメで・・・」という
いい訳をつい口に出してしまう。デッサンのつまるところは全体の
バランスではないかと考えていますね・・・。

とか、書いていると友人達に苦笑されそうです。ハハハハ(笑)

でも、10~20歳代でマンガ描いていて、絵に自信が持てない若い子
は、生身、あるものを描く訓練をしていると3~4割は画力向上になると
思います。考えずに描くよりも、考えて描いて自分のモノにする。
そういう事がチカラになると思いますね。

マンガ的イラストならば、確実、丁寧な描写が好まれそうでいて、
実はそうでもない。デフォルメされていても、内容が好まれていれば
作家として成功する。ただ、そのデフォルメも、ある程度キッチリ描ける
事が前提であって、そこから強調、消去、簡略化させていく方が
好い画になると思うのはぼくだけかなぁ。

まあ・・・うだうだとまとまりのないコメントを挙げてしまっている自分も
反省しなければなるまい。




テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:1 |

”Bloody Monday” なんですが、佳境に入ってきました。

いや、毎号つねにその状態か。連載開始早々の辺りもメリハリが
効いていて、次回の話が気になる展開で進んできました。
色々伏線を張りつつ話は二転三転とあっちに転びコッチに転び。
多少の大味な画面展開、話の展開はありましたが、とうとうここまで
来てしまった・・・というような感じがします。

雑な感じもしますが、それでも読者を引き釣り込む「筆力」に魅力を
感じます。なんだろう・・・。この「Bloody Monday」を読んでいる感覚。

常にブレーキの効きが悪い自転車に乗っている状態のような感覚。
「ほっ」とするのもほんの束の間しかないものね。
走り出したら止まらない。そんなストーリー。

でも、結構、個々のキャラクターへの造形、肉付けは薄い気がするな。

ストーリーのかなめであるように見せかけた教祖の紫門への扱い方も、
あれじゃあね・・・。「納得してもらおうか」ではなく、話の流れでは重要
であったのに、たどり着けば「もはやただの人。身代わりに過ぎなかった」
さらにいうならば、そのカルト宗教の主張するところがぼやけている。

ぼくが理解していないだけかな?

と、消化不良のまま次の展開に持って行き、今や「真の教祖」というか、
「次の教祖」がまさか、あんただとは思わなかったよ。
そして、表題にある「血の月曜日」はいわゆるぼくらがしっている月曜日
ではなかった。

この月曜日がいわゆるぼくらが使っている暦の月曜日では無いであろう
事は予想できた。
そしてバイオテロを仕掛けて、日本、日本政府を恐喝する。
そのための「Bloody-X」が重要なんだと思っていた。

でも、違うんだ。最終的な切り札が「中性子爆弾テロ」であり、それによって
東京、日本の中枢部を破壊、奪取して無に帰した日本を再生することが
目的である・・・ような?


頭の中がグルグルです。



わかりません。でも、
次のヤマは無く、この東京タワー決戦でストーリーは収まるのであろうと
考えています。



BLOODY MONDAY 10 (10) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 10 (10) (少年マガジンコミックス)
(2009/03/17)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る

BLOODY MONDAY 9 (9) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 9 (9) (少年マガジンコミックス)
(2008/12/17)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る

BLOODY MONDAY 4 (4) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 4 (4) (少年マガジンコミックス)
(2008/02/15)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る

BLOODY MONDAY 7 (7) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 7 (7) (少年マガジンコミックス)
(2008/09/17)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る

BLOODY MONDAY 2 (2) (少年マガジンコミックス)BLOODY MONDAY 2 (2) (少年マガジンコミックス)
(2007/09/14)
恵 広史龍門 諒

商品詳細を見る



オッパイ

キャラの折原マヤ先生も、当初の予想を裏切り、未だに生きています。
あのいやらしい唇が好きなんですねぇ・・・。
まあ・・・最終回間近を思わせるコメントもマガジンの巻末に載っていました
ので、東京タワー決戦で幕引きですね。楽しみにしています。


余談ですが、マガジンは油断できませんね。
今のマガジンは結構いいです。だいたい全ての作品を読んでいます。
面白いですわ。

「ダイアのA(エース)」「ベイビーステップ」「エリアの騎士」「花形」
「アヒルの空」などのスポーツ作品は全て良しです。

ベイビーステップ 6 (6) (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ 6 (6) (少年マガジンコミックス)
(2009/01/16)
勝木 光

商品詳細を見る


特に「ベイビーステップ」というテニスマンガは「真面目なテニスマンガ」
で、テニス経験者並びに現役、プロの方もうなずく真面目なテニスマンガ
といえるし、かなり緻密なテニスを描いていて、これは読む方も引き込まれます。


物理的に不可能な必殺技が無いのもいい。

個人の強さは、自分の性格と技術を積み重ねて出来た総合力が「武器」で
あり「必殺技」であるということ。早い話、「テニスの王子様」に出てくる飛び道具的
な必殺技で、選手が勝つテニスでは無いというところが肝心要のツボであります。


ジャンプ的な必殺技や、特殊な技が飛び交うマンガも、マンガらしくて好きですが、
嘘の無い「みたままの真実」を提示して見せるのも魅力です。
スポーツマンガって、嘘もアリですが、できれば生臭いリアリズムが出ている方が
読んでいて「何かを掴む」感じがでるから好きです。


あ!・・・「スマッシュ!」を飛ばしていた(笑)。
このバトミントンマンガも最高に笑える、スポーツ・ラブコメ(って言っていいのか?)。
これも結構好き。
またここに出てくる後輩の東に惚れるオッパイ先輩がいじらしくて最高に可愛い(笑)。

個人的にはこのスズちゃんがキャラとして好きですね。
でも・・・このマンガ、アッチコッチに惚れた、あこがれたとかがあって、もう~

悶々な青春群像ですよ(笑)。

スマッシュ! 12 (12) (少年マガジンコミックス)スマッシュ! 12 (12) (少年マガジンコミックス)
(2009/02/17)
咲 香里

商品詳細を見る







いいな・・・青春だぁ・・・。


テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガストのテーブルに張ってあるメニューは目障りと思う・・・。

たまにガストを利用する。昨日、ガストを利用したところ、ここも
そうなのか・・・と言いたくなる。あの、テーブルに貼られたメニュー。
4人掛けのテーブル、対面すると左側にB4サイズ?程度のメニューが
貼られている。


テーブルに接着してあるこの

ステッカーメニューなんですが、

これは非常に不快感を感じていた。

以前から。(- _ - #)




ガストのテーブルに張ってあるメニューは目障りと思う・・・。…の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんで?「パギャル!」・・・アクセス多いぞ!

こわい・・・恐いなあ・・・。
先月、ここのアクセス数、「パギャル!」が第2位でした。
そして、昨日と今日のアクセス数がメチャメチャ多い!!
ダレだよ。こえ~。

読んでないんですが・・・絵は見てしまう。チョッと前は
浜田先生の顔出し人生相談のコーナーが無かったけれど、
またまた復活したようです。



・・・あ!顔もなんとな~く

痩せましたね(笑)


多分・・・。

うん!まぁ・・・綺麗になりました。

多分・・・。


そういえば・・・

どことなく、可愛いくなったような・・・


(-_ - #)/~~~

パギャル! 1 (1) (ビッグコミックススペシャル) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)パギャル! 1 (1) (ビッグコミックススペシャル) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2008/03/28)
浜田 ブリトニー

商品詳細を見る













関係ないけれど「ホモマンガ」でアクセスしてくるヤツは誰だ。
気持ち悪いな・・・。まあ・・・しょうがないか・・・。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:1 | トラックバック:0 |

「となりの801ちゃん」・・・だったかな?中古書店で

書こうと思っていたネタを急に思い出した。この
「となりの801ちゃん」・・・。←困るんだよ、こういう表記。

(おっさんだからとかは、無し。こういうのが伝わると思っている『傲慢さ』が嫌)
「801ちゃん」・・・ハチマルイチちゃんじゃねぇですか。
もう~ね、コミックス発刊年を見ると「2006年」ですよ。
何を今更「326」のミツオを真似て、「801ちゃん」ハチマルイチちゃんなのかが
わからない。正直なところ、もう、今更使うこたぁ~ねぇ~だろう?
その呼び方に、その数字の語呂合わせ読み。



801をヤオイと呼ばせるのは

かっこ悪いとは思わなかったのだろうか?


となりの801ちゃん (Next comics)となりの801ちゃん (Next comics)
(2006/12/14)
小島 アジコ

商品詳細を見る


まあ・・・言いたいことはそれがメイン。
中古書店にこの1巻が10冊くらい並んでいた。中古書店で
平積みできる量じゃないか。開いて見る。・・・見る・・・。

あああ・・・。

一時期話題になていただけある。
全体的に白っぽくてあまり「お得感を感じない」雰囲気が購買意欲を
削ぎ落とした。4コマ作品が好きで、ストーリーマンガよりも、開いて
読み返す回数、頻度は以上に高い僕が拒絶する密度の薄さにたじろいだ。

あ、2コマか3コマ作品でしたっけ?1ページに1作品だったような。
あの空白に恐れを抱いたのは、コンビニ売りの携帯小説が単行本になったモノ
を立ち読みした時のざわめきと苛立ちに近いようなモノがあったような・・・。

携帯小説が本になると、横文字表記で四隅の空白がでかいでしょ?
アレが苦手なんですね、すいません。ごめんなさい。
一部では絶賛されているとは思いますが、手に取る時点であきらめました。
申し訳ない。読んでもいないのに悪態をついたり批評するつもりはありません。
あの余白スカスカ空間が・・・ぼくの所有占有感覚を萎えさせているのです。
許してください。買う事ができませんでした。



別の理由で「ぼく、オタリーマン。」も、買えなかった。
これも5~6冊あった話題のコミックス。
こういうのも、読んでいて面白いかもしれないが、読んでいて直ぐに部屋のどっか
に埋もれて忘れてしまうコミックスになる候補なので購入をあきらめました。

ぼく、オタリーマン。ぼく、オタリーマン。
(2007/03/15)
よしたに

商品詳細を見る


「いつかまた読みたくなる作品」

の候補には上らない作品なんで・・・。
基本的に「手元に残して置きたい作品」が購入基準。
軽い気持ちでバサバサと買うほどゆとりはありません。中古でも
半額以上したから、というのも理由です。250~300円くらいなら
購入OKです。でも、オタリーマンシリーズはおそらく買わないかと・・・。

まあ・・・何よりも自分の学ぶべきポイントからずれていると、買う対象
にはならないというところですか。マンガ購入のポイントはコレですね。
むやみに買わず、蔵書を増やさない考え方です。
書店、出版側にしてみれば迷惑なお客さんになりますかね・・・。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。