うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

2010年アフタヌーン10月号~四季大賞「ヤングイコン」篠宮ツキ

発売日ではなくて、金曜日の仕事帰りに大河原の書店でアフタヌーンを購入。
いつもジャズやボサノバが流れている素敵な本屋だ、フリーポートさん。

まあ、ここのマンガ月刊誌や、少年誌の類いはすべて透明ビニールで梱包された
ビニ本仕様なので、クタクタにくたびれたマンガ雑誌はない。中身を見なくても
別に問題なしで買う。是非、中身が知りたい場合はまた別の書店に行く。

月刊アフタヌーンを定期購読するようになったのは、1995年以前、1992年
頃か、1993年頃だったのかはうろ覚えではあるが、だいたい17年も読んで
きたのか・・・我ながら驚く。立ち読みでチェックしていた頃からすると、創刊した頃
からの付き合いだな。

それはさておき、今月号は本誌よりも、四季賞ポータブル(別冊の小冊子)の付録
がいきなり「ズバン!!」と頭の中に擬音が轟き、直ぐに四季賞ポータブルから
ページを開いた。

だって、これはあからさまに、編集部が猛烈に期待を抱いているからこその、
小冊子にも関わらず、一押しのカラー表紙でしょ?

2010年夏:四季賞ポータブル表紙_512

「へぇ~ショートカットの女の子がメインか・・・」と、勝手に思い込んでいたら、

なんだか影というか、若いアーチストっぽい陰鬱な青年でしたね。
そして内容も苦悩する若手アーティスト、職業として画家を選択した、未だ
アマチュアの男女が絵画に情熱を燃やす・・・そんな話。

簡単なあらすじを・・・。

貸し画廊で個展を開いていた主人公葉山京介に、ふいに声をかけてきた中年男が
上海でアートフェアをやるので、君も描いてみるかい?と話をもってきた。それが
仕事になるのであれば、やってみたいと京介は承諾してみるが、「3ヶ月で20枚
できるかな?」という相手の無茶に、やってみせると啖呵をきる。

しかし、自分がこだわってきた技法、顔料、プライドを捨ててクライアントのいう
通りの作品を描くことに苛立ち、相棒のセナにも八つ当たりして腐っていく京介。
希望、妥協、絶望、そして未来へ前進といった、なかなか波のある展開とストーリー
構成、画面構成、画力が台詞を追うよりも絵で読ませて感じさせる作品でした。



四季大賞:ヤングイコン:篠宮ツキ:1_512


ストーリー後半、セナの個展に来た京介が、セナの絵の画面に左手をかざして、
触れるか触れないかの距離で見せたこの左手の表情に「うまいなぁ・・・」と
思いましたね。



四季大賞:ヤングイコン:キャンバスに向かう男_512





キャンバスを破る京介・・・と言いたいところですが、油彩ではないので、
パネルに水張りした和紙を引き裂き破る京介ですね。


四季大賞:ヤングイコン:篠宮ツキ:主人公_512



京介と同様、絵の材料として植物から抽出したり、石(おそらく・・・)を砕いたり
して、一から材料を仕込むというこだわりをもったヒロインのセナ。



四季大賞:ヤングイコン:篠宮ツキ:ヒロイン_512



共同で借りている二人のアトリエ。床に広がる絵皿、連筆、絵刷毛、筆洗器、和筆の
散乱具合を見ると、なかったものを描いているのではなく、同じ状況の場所を見て
描いているようにしか思えない程のリアリティに作家の熱意を感じる。

そして、美大を卒業してから、絵を描き続けてゆく苦悩、報われない努力の繰り返し。
ふいに訪れた絵の仕事に翻弄される若者の姿は、何かしらの経験がそうさせるので
あろうと想像してしまう程に業が深いマンガだ。



四季大賞:ヤングイコン:キャンバスに向かう男女_512



何かを刻まれてしまった。

そんな四季大賞作品に敬意を表したい。

そして、読み終えて表紙を見ると、





「コレは絵に立ち向かっている京介なんだ」


と、理解できた。

本誌での再会を待ちたい作家の登場である。



スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月から生産計画台数が増えるそうだ・・・自動車関連

あ~~、なんか疲れた。仕事、そんなに忙しくないのだけれども、来月から
計画台数がいきなり増える。ただ、2交替勤務では少ないけれど、平常勤務
ではやや無理な計画数なのだ。無理な仕事量を要求されるのが解かっている
ので、遅れた分は残業や休日出勤でこなす事になりそうなので、それが少し
精神的に疲れるという理由。

計画された仕事量に無理がある。というのが、どうも・・・戦う前から気持ち
が負けているというのはいかんなぁ・・・(笑)


まぁね、そんな苦境は今までも違うところであったもんだ。

出来る事、やれる事をやるしかないだけ。

逃げ場はないのだから、向かうしかないもんね。だって、それが仕事なんだからね。


ま、なんだ。こういう到底無理な事に挑むのは嫌いじゃない。
「こんなの無理だよ。できっこないよ!!」と言いながら不適に笑う事は多い。
そして、以前も「無理な計画数」に挑んで、コースレコードを塗り替えた事が
あった。でも、今回は時間内では終わらない事が確実な計画数なので、黙って
仕事をするだけさ・・・。





しかし・・・これからエコカー減税の経済効果も期待できなくなるというのに、
増産して大丈夫なのだろうか?

とりあえず、系列会社のハイブリットカーの売れ行きはそんなに良くない
と訊いている。

年末・・・年度末・・・大丈夫なのだろうか?
工場の仕事ではなくて、オレの身の振り方。
失業者になるのは御免こうむる。





テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コンビニ・ヘビーユーザーなのだが・・・7・11には寄らなくなった

理由は4大少年誌に透明の帯を付けて立ち読み不能にしたからだ。
セブンイレブンは惣菜も好きで、その他の簡易食材などもヨーカ堂と提携している
ので、炭酸水の入手やら、自社ブランドの安価な商品を購入することが多かったの
だが、

立ち読みができないならば、利用価値が個人的に8割がた減る。

通勤自体が車で約1時間コースなので、色んなコンビニを利用するのですが、基本は
立ち読みができないとダメですね。BE-PAL、週刊文春、週刊新潮や、青年誌
などもチェックしますけれど、4大少年誌は立ち読みの基準点でしょ?

立ち読みして、ちゃんと買い物して帰るのになぁ・・・。

おかげでファミマの利用頻度が急上昇。雑誌以外にもパンやコーヒーも買うよ。


そういえば・・・今週号のマガジンが、書棚から消失していた。

目を疑う光景だ。いつも4~5冊は残るサンデーさえもない。
イブニングは6冊くらい、黄色い表紙で「もやしもん」の結城蛍(黒ゴス)が
目立っていた。



ようやく1冊だけ、マガジンを見つけて掴んだら、表紙にアイドルの娘っ子達が・・・。













あっ・・・AKB48の関連マンガが

掲載される号だっけか?








う~MU。オレ、もうおっさんだから・・・という言い訳すら面倒くさい。

オレの結婚した友達にはこれぐらいの娘がいるんだよな・・・と言うのも違う。

こういうアイドルに、あんまり興味がない。無くなっている。

歌とかなんやらとか、全く・・・興味なし。



いや、こういう女の子がアイドルの格好で、メタリカのバリバリカバー曲を
演奏して歌う、叫ぶ、というのなら触手は動きそうだが・・・そうでなければ、
オレは放課後ティータイムでいいや(笑)

と、なってしまう。

あ!っと、まだマガジン読んでねぇーのよ。

「BLACK OUT」「Bloody Monday」「はじめの一歩」
「絶望先生」「GE」「ベイビーステップ」・・・等々がきになっているだけで、
巻頭のアイドルマンガにはあんまり・・・・・・・・・期待しておこう(笑)



それよりも、結果的にはアイドルのおかげで売り上げが上昇しても、一時的、
突発的なセールスにしかならないと思うが、マンガの出来次第ではとんでもない
事になるかもしれない。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「武士道シックスティーン」なぞ、読んでみた~読了

いつ買ったんだっけ?・・・と、盆休みの最中、約60~70cmほどに積み
上げられたマンガ雑誌、コミックス、釣り関係、エロ本、新書等々の山が、部屋
のあちこちにそびえ立ち、資料という名の「切り抜き待ち」グラビア付き雑誌など
の間に挟まれてあった某書店のカバー付き文庫の1冊がコレでした。

小説やコミックス等を購入する際は、だいたい大まかな下調べをするもの。
コミックスに関しては、すでに連載中から知っているのを改めて纏めて読むか、
前評判をリサーチしてからの購入になりますが、小説等、文章の場合は立ち読みで
パラパラと拾い読みしてからの購入になります。

たまに、歴史的名作・・・という事で、「挑戦」という名のもとに近代文学を読む事
などもありますが、基本、立ち読みで文体、文章を確認して自分に適合するかどうか
を確かめてから購入します。昨今の小説の文庫本も高価になっていますから、そこ
のところは慎重です。

マンガの場合、買いだめして「読まなかった」事はありませんが、小説の場合は
買ったけれど「読まなかった」という作品は、本棚にそっと鎮座されています。
その辺の差は、御理解いただけると思います。

さて、この「武士道シックスティーン」なる作品。小説自体が話題となったのは、
ちょっと前、3~4年前だそうで、そういえば、土曜日の某FMラジオ番組にて、
椎名誠氏の友人、本の雑誌編集者の目黒孝二氏(名前、あってますか?)が、この
作品が「面白い!」と推薦している話を聴いて、興味を持った事が始まりです。

ちょっとあいだを置いて、愛読雑誌「月刊アフタヌーン」で連載が始まった辺りで
思い出したかのように、小説の文庫化を待ってからの購入でした。


宮本武蔵を心の師とする剣道エリートの磯山香織は、中学最後の大会で、無名の
選手、早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利に
こだわらない早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再開を果たす
が・・・。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテイメント。



文庫本の裏表紙にある解説をやや変えて書きましたが、大体こんなもんです。
磯山さん、早苗ちゃんの二人の視点から語られる文体は、演劇っぽくて面白いです。
昔からあるスポーツ根性モノ路線よりは、今時の「緩い」部分と「かたくなさ」を、
程よい加減に混ぜ合わせた青春スポーツマンガ、いや、小説ですね。

小説が、マンガっぽいというのは、面白く楽しいですね。

人生の軽さと重さをヒラヒラとなでながら、結構響く言葉も書かれているのがいい。
人生に勝ち負けはあっても、そのステージに留まるか、降りるのかは、その人次第。
嫌ならば、さっさとそのステージから降りられるが、好きであれば、勝ち負け関係
無く、そのステージに立ち続けたい。

って言うような内容の台詞にはうなづいたね。ダメでも、立ちたい、立っていたい
ステージはあるだろう。10~20歳代よりも、35歳以上のおっさん世代が読んで、
チカラをもらえる小説だよ。


400ページ弱のやや厚めの文庫ですが、結構サクサク読めるのでお勧めします。
冒頭40ページを盆休み前に、チョロチョロと読んで、昨日の昼頃から一気読みで
読了ですわ。久しぶりに小説を読みました。結構、爽快です(笑)

脳内で、磯山さんは誰?早苗ちゃんは?う~むマドンナっぽい河合さんは?
早苗の姉は誰かなぁ~などと、勝手にキャスティングして、楽しんだり(笑)
え?皆さん、普通に、脳内キャスティングしますよね?

まああ・・・いいか。

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)
(2010/02/10)
誉田 哲也

商品詳細を見る


マンガの方を先に知っていたので、読んでいる最中は、下のキャラ絵を脳内で
動かしつつ、「実写なら誰を!?」と、読みながら脳内変換。磯山さんは短髪
のイメージでいくと・・・かな?という女優はいるが、早苗ちゃんは・・・・
誰にする?といったあんばい。

ツインテールのこの下のキャラが、どうにも、イメージが合致し過ぎてどうにも
想像できません。というか、テレビをあまり観ていないので、無理があるという
のもありますが・・・。



武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
安藤 慈朗

商品詳細を見る




武士道シックスティーン(2) (アフタヌーンKC)武士道シックスティーン(2) (アフタヌーンKC)
(2010/04/23)
安藤 慈朗

商品詳細を見る




マンガと小説、どちらが面白いか!!というと、甲乙つけたくないです。
どちらも、表現のあり方を最も良い状態で発揮していますから、どちらも良いです。

文字だらけは嫌・・・ならば、マンガを。原作を読みたいなら小説を。
どちらも損はしないかと思います。



あと、マーガッレット版で別の方がマンガで描いているようですが、そちらは未読
ですので、割愛させていただきます。

ちなみに、アフタヌーン版で描かれている作画の方は、前回、同誌上で「しおんの王」
という美少女棋士(聾唖のヒロイン)の将棋マンガを描かれた方です。
一応、念のため・・・。



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

トップで釣りたいと思ったけれど、かなわず。

先日、改造したヘドンのクレイジー・クロゥラーを試してみたくて、某ダム湖へ
行ってみた。・・・というか、予定を変更してやむを得ず、という事である。
昼からの釣行で、14:30頃に出発し、白石川へ行くが、どこもかしこも鮎釣り
の人達が林立。某アツギ裏も、ありゃりゃ、やっぱり人が多くてエントリーできま
せん。

この時点で、15:30過ぎくらい。渓流はこの時間に入るのはちょっと避けたい。
いや、行くだけで16:30くらいは過ぎる事を考慮すると諦めるしかなかった。
白石川の下流域、阿武隈川合流辺りまで下がってバス釣りか?などと思ったけれど、
最近ご無沙汰気味の某ダム湖へ行ってみた。

台風一過で、湿度の高い空気が残っているかと思えば、気温は低めで25~26℃
程度というのだから、連日の暑さが嘘のように涼しいと言わなければならない所だ。

毎年、この時期の水位は3月の渇水期並か、それ以上に下がりすぎて陸からは釣りに
ならないぐらいに水温が上昇している。たとえ湖面に辿り着いてルアーを投げても、
水面下1mくらいまでは温水過ぎて全ての魚は、水温の低いところまで下がっている。
加えて、遠浅気味のシャロー水域は全面的に水底も高水温でヤケているから、水草も
無く、おそらくは酸素も少ない状態なのだろう、極小サイズの小魚が時々ピチピチと
遊泳しているだけである。

よって、オカッパリバサーには分が悪すぎるのが、毎年の真夏の出来事なのだが、
今年の夏は雨が少ないという長期予報を受けて、放水量を少なめにしているのだろう、
例年になく水はある。この水位を保つのもなかなか難しそうだ。今回の台風4号の
雨量に期待したのだが、どうも、あまり雨が降らなかったのであてが外れたという
事になってしまった。

(週末に台風が毎回やってきた年は、そりゃあもう、今の水位の微変動よりも増減水位
が激しかった事を思い出す)

今回、久しぶりに来てみて思ったのは、まさにスモール天国・・・・・・。

なんじゃこりゃ!?である。

反応する魚種、スクールして岸よりを遊泳する魚種全てがスモールマウスバスである。
大きさは手のひらサイズ程度以下の小魚だが、判別するのは分かりやすいくらいに、
こいつらばかりである。

こいつらも一応、トップには反応するけれど、小さすぎて相手にならない。

クレイジークロゥラーも使ってみたが、ブラスの効果はあるみたいで、一点で
細かく揺らすと、ブラスの音でワイワイとつっ突きに来るけれど、小さいやつらしか
いないのでそれだけ。ナマズもどっか深いところに下がっているのだろうな。こいつ
らの親、そこそこのサイズのやつらも、水温の低いところに落ちているのでしょうね。

話にならないので、スピニングでFミノー5cmを、水面下がにぎわうシャローへ
投げるとバクバクと食ってくる。

が、小さい。小さいやつらが食うので、タックル自体がオーバー過ぎて、針掛かりが
浅すぎる。暴れてバラす回数の方が多く、結局、キャッチできたのは12~15cm
程度のスモールである。こんなサイズでもキャッチ&リリースのために口や、下顎付近
に無残な傷が残っていたな。

まあ・・・オレが掛けたやつらは、リリースしませんけどね。






しかし、ラージもいなくなったのかな?

宮城県のバサーはスモールを放流し過ぎていると、揶揄されているのを読んだ事が
あるけれど、マジで、スモールだらけの水域はまずいと思うよ。スモールだらけで
喜んでいる奴らもいるみたいだが、それでいいのか?それでいいのかもな・・・。
大きな問題でもおこらない限り、野放しなんでしょうね。

あの、繁殖スピードは洒落にならんと思うのだが・・・。










テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:2 | トラックバック:0 |

子供手当てを増額支給する事を検討中?

むむむ・・・。盆休みに入り、旅行にもいくあてもないので自宅でPCに向かう
時間が増えていますな。8月15日を前に、6日、9日は広島、長崎の原爆被害
の追悼関連のニュースや番組を観ますね。そして、夏の高校野球。

プロ野球では巨人と阪神が日替わりの首位攻防戦の日々。なにやら、今では阪神が
1.5ゲーム差で2位に甘んじているようですが、くそ暑い今年の夏を乗り切って、
失速せずに秋の終盤戦まで頑張ってもらいたいものです。

そして、ねじれてぶれまくっているこの国の政府。子供手当てを増額して月額
ひとり頭18000円の支給を目指すとかなんとかやっていますが、大丈夫なの
でしょうか?確か・・・満額支給は26000円でしたっけ?

満額支給が無理だから、

「すんません・・・やっぱり無理なんでまけてくれませんか?」

「だいたい12000円くらいならなんとか・・・いけそうなんですけれども」

と、消え入るような声で言ったかどうかは知らないが、そういう風に国民の
顔色をうかがってみた民主党。

「てめぇ!!満額支給できるとかぬかして、ここで出せねぇというか!!」

「公約違反じゃねぇか!!嘘つき民主党め!!」

「『財源はあるから大丈夫』っていうのは嘘だったのか?詐欺だ!!」

と、手のひら返して民主党を叩いた時は、鳩ぽっぽが首相の頃ですか。
まあね・・・。すでに支持率急落している要因をおぼっちゃま君と、傀儡師
が色々とやっちゃってますからね。

んっでもって、ぽっぽが退いて、道ずれに傀儡師を引きづりおろし、管さんが
首相になれば、「公約は守らなければならない」という呪いをかけられ、うや
むやの内に参議院解散総選挙とかやれば、「消費税増税論」を物凄い間の悪い時
に掲げたために民主党は国民に嫌われてしまいました。


「空気読めよな・・・」


と、管直人首相に「なんでやねん!!」とつっこんだところでしたね。
そして、高速道路無料化実験が行われたり、普天間基地問題とか色々ある現時点
で再度話題が集まったのは「子供手当ての増額支給」の話です。

ひとり頭、月額18000円の支給額の提示にまたまた異論反論オブジェクション
ですか。金なんかあんまり持ってないよ・・・と常々個人的に言っていますが、
日本も国債乱発、借金しまくりで、どこから金を、財源を引っ張ってくるつもり
なんでしょうかね?

子供手当てを増額した分は、どこかで何かの財源が削減されるのではないですか?

その辺がはっきり解からないので不安です。
詳細は知らないので、なんとも言いがたいです。
ただ、子供手当ても一応は福祉の一環と考えれば、それなりに効力はありそう
ですが、現状の社会情勢、この不況下に適合した社会保障とは思えませんね。

子供手当ての充実よりも、親世代の事情を考慮すべき問題の方が大事だと思いますよ。
非正規雇用者、正規雇用者に関係なく、雇用不安はありますし、両親が共働きでない
と生活できない世帯も多く、0歳児~幼稚園辺りの年齢の子供達を育てている家庭には
特に、安心してあずけられる保育施設、保育環境の充実が急務のような気がします。

子供をあずけられないがために、働く時間が制限されたり、働きに行けなくなったり
する家庭では、両親のどちらかが頑張って働くしかないのですが、今の御時勢では、
正社員も派遣社員もどう転ぶかわかったものではありませんよ。親類縁者、親兄弟と
疎遠な核家族が多い現在、共働きでないと、いざ失業した場合に家庭を経済的に支える
柱がなくなりますからね。

5年後、10年後・・・いや、2ヵ月後、3ヵ月後、半年後という短いスパンで
「働けるかどうか」という不安に押しつぶされそうな非正規雇用者が全労働人口の
約1/3も存在しているのですから、そういう親達の雇用環境もなんとか考慮して
いただきたいものです。

(企業側としては労働力は安い方がいいので、国があれこれ言って、派遣労働法を
いじくっても、形だけは正規雇用だが、その実態は体裁のいい正規パートタイマー
や、正規アルバイトみたいな短時間正規雇用労働者という雇い方など考えそうですね)







書き出しは昨日でした。日付変わって11日水曜日。


国の借金900兆円突破

6月末GDPの1.9倍に

という新聞1面トップの記事にギョッとしました。
夕方、雷雨のために釣りを中断して帰ってきてから、ウェブ上の新聞で記事を
探すと見当たりません。河北新報、朝日新聞、日経新聞等々を眺めてもそれらしい
記事はなく、「大した話じゃないのかな?」と思いましたが、新聞記事を眺めている
と、冗談ではすまされないと思いますよコレ。

2009年度の名目上国内総生産476兆円の約1.9倍。7月1日時点の人口推計
(約1億2742万人)で割ると、1人あたりの借金は約710万円になるとか。


先進国の中ではアメリカ、ドイツなどを大きく引き離し、財政危機に陥ったギリシャ
をも上回る水準。政府は6月に財政再建計画を策定したが、目標達成は一層困難に
なってきたとかなんとか・・・どないすんねん。


なんやらグラフとかみると、2000年度辺りで約500兆円の借金があった。
そこからは右肩上がりで2005年辺りから800兆円突破し、チョロチョロと
上がったり下がったりしていたが、’08年12月のリーマンショックから勢い
を増して900兆円を突破しちゃいました。


子供手当て増額云々よりも、まず、なんやかんやで、日本の国外に払っている
寄付金的なものを減額、または削減する事はできないものなのだろうか?素人考え
だが、山のような借金を抱えて、どこそこの発展途上の国へ寄付金を・・・って
おかしくないか?

「先進国」日本ではなく、「後退国」日本になるばかりではないか?

もうね、見栄を張っていい顔しようとしても、笑顔が引きつるばかりですよ。

そういえば、先進国といわれる中で、日本は一番税金が安いとかなんとかききました。
でもね、バブル時代の頃、税金収入が多くなって、余裕があるからその分を国民に
還元しようという事になって、各自治体に1億円がばらまかれた事がありました。

使い道は各自治体で考えるように・・・という丸投げですわ。それをやったのは
自民党ですがね。その程度ですよ、税金が豊富な時にやる事は。
「アホか」と思いましたね。

税金を沢山集めても、目に見える生活に根ざした公共サービスの改善なんて、
政治家はなかなか考えられないようです。自殺者が多数出たり、犯罪が増えたり
しないとなかなか動きません。

仕方ないから増税するよりも、それぞれの国民がそれなりに税金を惜しまずに
払える状況、方向に向かえば消費税増税も納得できます。けれど、内需拡大に
至る道のりはまだ遠いような気がします。





テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ワンピース」新刊コミックスに何故?・・・万引き防止か?

今週末から盆休みに入り、昨日土曜日は夕方頃でかけて最寄りのGSでオイル交換
をしてもらう。シェル石油のGSが、だいたいどこでもオイル交換は安く、他の
GSだと軽自動車でも5000~6000円は取られてしまう。しかも、頼んでも
いない「早めの修理が必要です」という箇所を何箇所も見つけて「やんわりと脅す」
いや、ビビらせて、「じゃあ・・・それも御願いします」と思わぬ修理までさせ
られる事があるので、最近は洗車以外では利用しなくなったGSがある。


まあ・・・加藤夏樹ちゃんでお馴染みのGSなのだが・・・、親切がちょっと過ぎる
かな?タイヤ交換を頼めば、交換だけなら2100円で済んだのに、「このオイルの
通電が・・・」なんだかよく解からない説明を受けて、「なんたら現象がおきます」
とかなんとかで、「じゃあ御願いします」と頼めば約1万円もかかった事があって、
それ以来、あのGSに行くと余計な出費をさせられそうなので行かなくなった。

多分・・・これはマクドでいうところの「ご一緒にポテトなどいかがですか」という
感覚に近い。メイン以外のサイドメニューで+αの利益を得る常套手段。

タイヤ交換以外に、ドライバーの危機感を煽るような修理箇所を見つける事で
利益をあげるという事なのか。それとも、通常点検の流れで発見できる修理箇所
なのだろうか、その辺の事情はよくわからないけれど、給油、洗車、プリペイド
カード、タイヤ販売等々以外での利益をあげるための手段のように感じるなぁ・・・。
(低所得者には厳しい話ですよ。何事も安価に収めたいだけにね)


「ワンピース」の新刊の内容には触れませんので、御容赦願いたい。

さて、本題。オイル交換を済ませ、大河原の携帯ショップに行って料金を支払い、
ついでに車の洗車をして、そのついでのついでみたいな形で、某スクラム書店に
行った。僕の行動範囲内で、ジャズ関連のCDが豊富なのがよい。某WAVE、
某HMVはブルースもジャズもクラッシクも品揃えは貧弱なのに、ここは割りと
揃っている方だと思うので時々CDを買う事もある。

コミックスも結構揃っていて、マイナーなコミックスも探せるので最近はよく
利用する。新刊コミックスを眺めつつ、目的の物である「もやしもん」9巻を
探すと直ぐ見つかった。まあ、有名作品ですから陳列も目立ちますわね。

太白区の某書店では9巻が1冊だけになっていた。なんだかあちこち物色兼
品定めを受けまくって最後に残った1冊と思うと、なんだか購入するのに腰が
引けたのでその時は見送った。

今回は、ストックも豊富のようなので、他のコミックスなどを眺めていた。
「壬生義士伝」も講談社から第1巻が刊行され、帯文には浦沢直樹氏のコメント
が付いていた。「角川で刊行された分を、改めて講談社で出したって事なのかな?」
と、思いつつ他の作品を眺めると不思議な光景が目に付いた。














ワンピースの新刊が平積み

されているのはわかる。




ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
(2010/08/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る







だが、1冊づつDVDなどを収納陳列する時に使われるクリアケースにワンピースの
新刊は収められていたのは異様な光景に思えた。


しかも、DVD用のケースなので、コミックスが小さい分、余分な空きスペースが
物語る万引き防止対策。急遽、DVD収納用のクリアケースが代替されて使われた
のだろうと考える。このケースごと店を出ると、ゲートで警報が鳴るからね。



おそらく、夏休みに入ってから万引きの被害が増えたのでしょう。

少ないお小遣いからでもいいから、好きで読みたい作品には敬意を払うべき
ではないか?それよりも、オレは書店側の店員を弱者としてなめている万引き犯
に憤りを感じるよ。身障者の方々が懸命に切り盛りしているのを知っていて
万引きするんだろ?

盗んで読んでいるのが、友情、努力、勝利にプラス、愛と正義の冒険ファンタジー
なんだから酷い話だな。万引きした「ワンピース」を読んで感動しながら泣くのか?
その行為に後ろめたい気持ちはないのか?オレが親なら、全巻没収してぶんなげるわ。

少年誌で連載をもつ某有名作家は言った。


「少ないお小遣いから、

わざわざコミックスを

買っていただくのだから、

例え子供向けであっても

手は抜けないよ」


と、いう言葉を思い出した。
尾田栄一郎先生もそうだろうと思うと、悪質なファンの行動には心が痛むね・・・。





テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:2 | トラックバック:0 |

「ガレキの翔」=「ガレージキットの翔」なんですが、なんだか残念です

正直なところ、古本屋でたまたまみかけたので、定価の半値で購入したこの1冊。
「ガレキの翔」なのだが・・・。読了後、というよりも読み進めるうちに、どうでも
よくなってきて、「これは・・・他の連載にチカラを入れていたので、こちらが
おろそかにされたのだろうか・・・」と勘ぐるほど、「吼えよペン」などと比較
すると格段に質が、レベルが下がっているような作品であった。

残念ながら・・・笑えないのだ。

初出はおそらく1995年ちょっと前くらいに、少年キャプテンという少年誌で
描かれたものだそうだが、あとがきマンガにて、











「先生!!もっと『島本和彦』を

大事にしてください!!」




と、「担当編集者に言われました」とのくだりに苦笑した。
そうか、連載当初でもそう思われていたのだ。なんだか、残念な仕上がり具合に、
「オレもそう思います」とうなずいた。

この作品が描かれた頃、ガレージキットというものが、というよりもフィギアという
ものは、一般的には認知度は低く、プラモデルなどを趣味にする人達の間でも、その
辺の初級クラスでは手を出さない領域、上級者モデラーの領域にあったような・・・
と個人的には思っていた。

限定生産、数量が少ないという入手の困難さや、組み付け、自家塗装(エアブラシ等使用)、
改造、仕上げ等々の手間隙と丁寧なつくりには、それなりの技術が必要な領域なのだと
思っていた。



ガレキの翔 (FOX TIGER COMICS)ガレキの翔 (FOX TIGER COMICS)
(2006/10)
島本 和彦

商品詳細を見る



だから、ガレージキットを扱う作品なのだから、それなりに詳しくてマニアック
な話が楽しめるかと思えば、少年誌ゆえにバトルもの展開。フィギアを造るのに、
勝負が始まる。青年誌ならば、もっと掘り下げた姿勢でモデラーの世界を堪能
できたかもしれないが、少年誌だからなのか・・・残念な勝負事の展開にため息。

しかも、集中線等々の背景描写が雑。主要キャラ以外の脇役キャラもなんか適当に
描きながしている感じがして嫌な雰囲気を感じ、「吼えよペン」では見られない
ような手抜き感覚に読む気がうせるのを感じた・・・。

Amazon等のレビューを読むまでもない。俺なら贔屓目に☆をいれても星二つだな。
☆☆・・・ですよ。

ただ、もっと残念なのが、あとがきマンガの方が面白いというのがガッカリ
させてくれる。


島本和彦を大事にしましょうよ。先生!!


っても、1995年くらいの頃の事だし、昔の作品を取り上げてどうこう
言っても仕方無いか・・・。

「アオイホノオ」は面白いから、まあ・・・オレがこらえればいいだけの話かな。



アオイホノオ 4 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 4 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2010/06/11)
島本 和彦

商品詳細を見る



4巻はたしか・・・庵野さんのペーパーアニメが素材の話やら、どんな作品なら
周囲の若者は読みたがるのかとか、ソニーのウォークマン登場の衝撃やらの、
80年代という時代の中でもまれる焔燃君の大作家芸術大学での生活を描いた
自伝的フィクションです。と、言えばいいのかな?

4巻は既刊1~3巻よりは少しトーンダウンしているような気もするけれど、
漫画家になろうと画策しつつも、ちょっとそんな事は後回しにしている焔君に
「ああ・・・こうやって何もしない、やらなくてウダウダするのも若者らしいな」
と共感したりする。緩い作品の中に、時折挿入されるマンガネタ、アニメネタに
うなったり感心したりする人は、僕と同世代の方々でしょうね(笑)。


ああ・・・あとは特撮ネタ。

「ウルトラセブンのフクシン君と、同じ(似たような環境)だからいいんだ!」
と、庵野君が言うが、「そんなの誰もわかんねぇよ!」が普通だろう。
「おっと、ここでフクシン君の話がでるのかね。あれはペロリンガ星人が・・・」
などと、ブツブツ言っているのは同胞でしょう。まあね、僕の場合セブン好き
ですから、大雑把にでも覚えているものです。
(合っているよね?ペロリンガ星人で・・・)

そして、作中の焔君同様、僕も、実は東宝系特撮映画には疎かった(笑)。




テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

盆休み突入~クレイジー・クロゥラーを改造・ブラスを入れてみた

あ~あっ・・・とうとう夏休み、長期の夏季休暇、お盆休みに突入ですわ。
小学生、というか、扶養家族というか、まあ・・・子供達には嬉しい楽しい
夏休みという事で、ふだんは見かけない子供達が掲示板やら、ネット内で大騒ぎ
などしている事と思います。

いわゆる自動車業界の夏休みは非常に長い。夏休みなんて15日前後で3~4日
くらいあればいいのに、1週間くらいは休みになる。1週間やら、10日やら、
有給休暇をそれに前後させて利用すれば12日とか、14日の休みも可能なので、
海外旅行などに行かれる裕福な方々には絶好の長期休暇ですな。

が、わたしにゃ無縁ですわ。海外旅行とか以前に、国内旅行さえもままならない。
今年の夏も、自分とこを中心に、半径約45km圏内が移動して遊びに行ける
範囲かと・・・。書店、ネットカフェ、ファミレス、コンビニ、スーパー、酒屋
など、通常の休日での過ごし方とそれほど変わりない夏休みになるでしょうね。

+αで釣りかな。でもね、夏休み時期は人が多く来るので、釣り場が荒れる傾向
が強くなるので、あまり行かないと思います。せいぜい、町内の近場狙いかな?

まあ・・・気楽に川釣りが出来るのがいいね。渓流も近いしね。ダム湖もあるし。

そういえば広瀬川近辺って、ちょっと離れているので、釣行した事がないから、
行ってみたいとは考えています。



あ。考えてみれば、今年はさっぱり釣行回数が減っています。
くそ暑い日々が続いているので、トップ・ウォーターの釣りがしたいかな。
そう思って、以前から持っているヘドンのクレイジー・クロゥラーをちょいとばかし
改造する事を考えました。ザラザラとうるさいタイプにするため、細かい粒状の
ブラスを探しに釣具屋巡り・・・。

以前は、改造パーツも色々あったのに、ほぼ在庫処分寸前の砂粒みたいな大きさの
ブラスを1パッケージだけ発見。250円の品だったかな?それが30円の大下落価格
に一抹の不安を感じた。おそらくは、これからは入手できなくなると・・・。

ルアーの改造パーツ以外にも、自作バスロッド制作用の素材やパーツもあったのですが、
今は見かけませんね。バス釣りブームの凋落ぶりをみるようです。
・・・って事もないか、そこまで熱心なマニアが減っているというか、みんなソフト
ルアーを使用する傾向が強いからかな?

ハードルアーでも、トップ向けの商品は限られていて、展示在庫が少ない。
ビッグバドも入手できませんね。レーベルのポッパーも見当たらない。
メガバスルアーは普通に陳列されて売られていますが、直ぐ、飛ぶように売れる時代
ではなくなったようですね。

そういえば、今年はトラウト系ルアーでも、売られているスプーンが偏っていて、
さらに種類も選べないくらいに減っている。増加傾向が強いのは管釣り用スプーン
くらいで、ひいきにしているスミスのピュア・シリーズ、ヘブン・シリーズは極端
に少ないうえに見かけない。

コータックのイワナスプーンもしかり。コンデックスは、以前から色が選べないくらい
に少ない。困ったことだ。が、イワナスプーンやピュアシリーズでも気に入った重さ
とカラーのものは、予備のストックがまだあるので心配していないし、パンサーマーチン
にしても同様に在庫は心配ない。中国製に変わる前のイタリア製の品もあるしね。



件のクレイジークロゥラー。昨日購入したブラスを早速穴を空けて入れてみました。
10mm径のドリルで穴を空けて、その辺の紙をクルっと巻いて漏斗をつくり、
ザラザラと入れます。時々本体ルアーを振って、自分好みの音が出るまで、少しづつ
ブラスを入れて、音の確認をしながらの作業。

まあ、だいたいこんなものかな?といったところで穴をプラモデル用のパテで埋めて、
とりあえずの作業は終了。ああ・・・結構適当です。あとはパテが乾燥してから、
ペーパーで整えて、適当に色を筆塗りして誤魔化します。

既製品のルアーでも改造すると面白いものですね。

こいつで、バスかナマズを狙ってみようかと考えています。




テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |