うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「バクマン」10巻&アニメも放映っと・・・。

「バクマン」10巻は亜城木夢叶の「タント」終了後、「PCP」の連載獲得までの
道のりを描いた内容。岩瀬さんが服部さんに色目を向けて、色仕掛けなどを仕掛けたり、
静河流くんの「True human」がジャンプの邪道作品として連載されたり、色々あって
担当変更で、港浦さんから服部さんになり、亜城木夢叶と再度仕事をする事になったり
するという第10巻。

「若人よ、漫画家を目指すならジャンプを目指せ!!」・・・とかなんとか、思わず
こんな安易なキャッチコピーを想起させる「バクマン」は、「ジャンプに有能な人材
を集めるためのプロパガンダ・マンガ」などと揶揄された連載当初の雑音を消し去る
ような勢いをみせて、テンション高めで掲載される内容は刺激的で面白い。

連載を追って読むほどに、

「漫画家って、ホントに色んな事と

戦っているのを思い知らされる」


と、かつて読んできた島本和彦先生の「燃えよペン」「吼えよペン」を思い出させる。

創作とは戦いである。

ぬるくて優しい業界じゃない。それを思い知る内容なのに、絵もまともに描けない、
話を作れない無謀な漫画家志望の若者が「漫画家になりたい」と欲する現象がある
みたいです。


「バクマン」をみて漫画家を目指すのはいいが、これはあくまでもジャンプという
雑誌内で巻き起こる亜城木夢叶の奮戦記。まだ恵まれた環境下での悪戦苦闘ぶりを
描いた作品で、陽の目を見ない作家がいる現実は避けられている。

マンガ、イラストの仕事をしつつ、別にアルバイトをしている漫画家の友人を
知っているし、漫画家デビューし、コミックスも出したが、その後主婦業に勤しみ、
マンガから遠ざかっている先輩は、「そろそろ持ち込みとかしないと・・・」と、
奮闘中だ。


そして、結局、この2人は貧乏してでも、「マンガが描けるなら本望」
「イラストでも、絵で仕事ができるならOK」と、好きでやっているし、
続けるための覚悟はしている。


原稿料だけで、コミックス化もされないマンガを描く作家。ネタに苦しみ、酒に
溺れてアル中になる作家。精神崩壊して心を病む作家。昔は人気作家だったが、
仕事が減って気が付けば業界から干された作家・・・。


浮き沈みのある業界で、「新人はまず3年、生き残る事を考えろ」という話を
どこかできいた。1~3年目で消える作家も多いという不安定なマンガ業界。
絵も下手すぎて、話も作れない若者が、「0」からスタートして果たして漫画家
になり生き残れるのか?

そして続ける覚悟はあるのか?

結局、覚悟して諦めなかった人が、生き残る世界なのではないかとオレは思う。


漫画家を目指して「0」から始める人達は、とりあえず腹を括って、覚悟を決めて、
人生を賭けて挑む心意気で頑張っていくしかないよね。

バクマン。 10 (ジャンプコミックス)バクマン。 10 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
小畑 健

商品詳細を見る




「バクマン」って、ある意味、罪作りな作品だよな・・・と苦笑してしまう。



スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

某ショッピングモールの本屋は、ダメなのでTUTAYAに行けばあるかな・・・

と、考えて本屋を巡った金曜の仕事帰り。まあ・・・給料入った事だし、ちょっと
某ショッピングモールの楽器屋に、立ち寄って、入門書的なモノや、How To ものの
DVDなんぞを物色し、あわよくば何かしら買おうかな?という気持ちがあった
けれど、結局何も買わずに冷やかしで終了。

ブルースハープの手引書とか、探してみると、薄くて高価な本が沢山あって驚いた。
店員に訊きゃいいのに、1~2冊適当に開いて見たら・・・ウム。どれも同じに思える
と、急激に買う気が薄れた。もっと簡単にやれると考えて、以前、数々のキーを揃えて
みたものの、ちょっと怖気づいたかな(笑)

全然、触ってません。で、むか~し、知らずに10穴のクロマチック・ハーモニカを、
しかもホーナー製のものを7000円くらいで買っていたのを思い出して、それなりの
入門書を見ると・・・ダメだ(笑)めんどくせwwww。





こんなオレでも、ギターは19歳?くらいから趣味程度の下手の横好きでやっている
からよく続いている。
(中学生2年?くらいにフォークギターを買って、入門書の曲『荒城の月』を
練習してブルーになり、調弦がうまくできずに1~2弦をブチ切ったりしてわずか
2~3ヶ月で押入れの中にいった経歴あり。そのギターはまだ所有しています)



もうね、楽譜見るのが嫌いなんだよね(笑)よくないな。
ここら辺で、こんな風に弾いて・・・とか言われて弾くタイプ。

まあ、そんな話は置いといて、この楽器屋の並びに本屋があり、なかなか充実した本屋
なのだが、目的の雑誌が見当たらずに往生した。以前見かけたマンガ雑誌の平置き台に
は見当たらず、「売り切れたか?そんなバカな!!ジャンプじゃあるまいし・・・」と
思いながら陳列棚を見ると6~7冊ほど売れ残っている感丸出しの「good!アフタヌーン」
を発見。




立ち読みされまくりでヨレた表紙の「サヤビト」のイラストが暗い・・・・・。








「オレにとっては面白いのに、何故、みな買って読まない!!」・・・と言いたい所だが、
ちょっと、内容はアレかな、マイナー臭さはあるよね。ヒヨスが表紙の時は売り切れて、
近所じゃ買えなかった号もあったけれど、やっぱりいまひとつか。せめて、隔月刊なの
だから、石川雅之氏の「純潔のマリア」だけは休載なしで載せて欲しいところ。








四季賞出身者の新人2人いや、3人か?が、描いているマンガを柱にするには弱いか。
「ヒレフシ」は絵がヘタだけれど、原作の作家がなかなかやるので、メチャクチャなり
にも面白いオタクマンガだった。次辺りでヒレフシは終わるようですが、休刊しそうな
感じはするね。大丈夫なのか?good!アフタヌーン!?

で、これも違う。今週は早番なので、あえて発売日に買わずに週末に入手する予定だった
のが、いつもの月刊アフタヌーン本誌だ。だが、この店にあったのは、立ち読みの被害を
受けてヨレた2冊だけが、かろうじて目立たぬ書棚に棚差しされていただけであった。

「こんな、くたびれた雑誌は買いたくない」という気持ちが、ここでの買い物を拒否する
かたちに発動し、そこを離れて、別の書店を目指すと、夜の20:40過ぎ辺りでは限られる。
「どこぞのTUTAYAくらいしかポイントはないな・・・」無ければ、土曜日に大河原の
書店に行けばいいか・・・と思いつつ、太白区の某TUTAYAに行けばあった。

1冊は立ち読み用にヨレまくっていたが、なんとかまともなモノを1冊入手できた。









月刊 アフタヌーン 2010年 12月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/10/25)
不明

商品詳細を見る





まあ・・・表紙にあるように、「げんしけん~二代目」の新連載が始まるわけで、
「ちごぷり」も無事に終了したことだし、’10年2月号第56話も好評だったから、
「この際、続きを描きませんか?」という事になったのかなぁ。

真夏の8月頃の号の巻末、アメゾでは「木尾士目先生は、今年も、お盆なのに大勢の
人が集まる熱い場所に取材へ行ったそうです」とか、なんとかあったから、読者にして
みれば「げんしけん」再始動か?という安易な予想に見事応えてくれた形になったな。







で・・・これを↑書いている時点では未読でしたので、ちょっとおおまかに「げんしけん」
やらなにやらを読む事約1.5時間経過・・・・・・・。









「げんしけん」「尸彔(ネクロク)」「水域」「ヴィンランド・サガ」「ラブやん」
「爆音列島」「いもうとデイズ」「無限の住人」「あたらしい朝」「カラスヤサトシ」
これらを読み・・・その他は後回しってことです。



う~む。分厚いゾ!アフタヌーン。なにげに1冊1000ページ越えている。




「げんしけん」は、新入部員がやってきて~の前回の読み切りの尾をひく展開ですな。
女装男子、オカマ・・・とはいわず、分類ではジョソコというよりも、その世界観では
オトコノコ(娘)というらしいです・・・・・・・知らんかった。(腐男子?)

BL好きで、自分は女の子の格好をしたい・・・・・・・・・男子、波戸君。

通常の、男子学生でのシーンもあります・・・可愛いです。

でもオトコです。

で、どこで変身して、部室に来るかと思えば、












「第1回www『波戸チャン ソレハ犯罪ダヨ』会議www]









と、いう風に発覚。女子トイレで着替え、化粧を行う波戸君の着替えをするには、
どこがいいかという話のオチは本編で。

今作品を読んできた読者にしてみれば、「この世に不思議な事などなにも無いのだよ・・・」
といったところ。「ああ・・・そういえばそうだね」といったところか。



今回、まだ読んでない作品もチラホラありまして、「マニマニ」も「百舌谷さん」
も「からん」も後回し。読んでみた中で震えたのはヤッパリ













「爆音列島」高橋ツトム先生かな。








絵を見て思うし、考える。


気合入っているヨ。


YJの「士道」も最終回を迎えて、ようやくこっち(アフタヌーン)側に闘魂注入
ですわ。コマ割り、構成、筆致に「熱」がある。感じる。唸った。
CB400Fourの線描がグッときたな。アレは凄い。メカ物をあの筆使いで描き
起こすのは、
何かを得た人特有の説得力にあふれた描線なんだよな。そこに惚れる。


ああ・・・その他の作品も後々読もう。

アフタヌーンはいつでも特盛り状態だな。

「百舌谷さん逆上する」も、パラッと見た感じでは、今回も結構楽しめそうです。










余談ですが・・・ヤホーの知恵袋のカテで、コミック関係もありますが、ほとんど
がジャンプ関連で、さらにワンピース・オンリーの質問だらけ。しかも、たいていが
ミーハーなファンのしょうもない質問。ジャンプ以外も読めよと言いたくなるこの頃。


というか、まだジャンプに飽きてない若い世代ばかりなんですね。


じゃあ仕方無いか。

ジャンプって、パターンがだいたい決まっているから読み続けていると飽きるし、
「やっぱり子供向けだな・・・」と気付くと、立ち読みで十分だろうって事に
なって大人は離れてゆくもんだよな。まぁ・・・パターン化されていても好きな
人にはいいかもしれないけれどね・・・。




テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

嫌われているなぁ・・・日本。「日本人を皆殺しせよ」とか言うなよ。

帰宅して風呂上りに朝刊を広げる。1面には中国国内の「反日デモ」についての
記事が掲載されており、

「まだ、続いているんだ。鎮圧できないのか?それとも黙認しているのか?」

と、いうのが個人的な「中国国内の反日デモ」に対するおおまかな見方。
内陸部で反日デモの暴動が起きているそうだが、中国のどこでどんなデモが
起きているのかを一々関心を持ってニュース記事を読む気になれない。

ネットでの情報統制、テレビやラジオ、学校教育での反日教育、国上げての
プロパガンダで「日本は悪者」だ。


「日本を滅ぼせ!!」

「日本人を皆殺しにしろ!!」

「日本と断交せよ!!」



・・・等々と、反日デモで掲げられるプラカードには穏やかでない
罵詈雑言が書かれ、日本を罵倒しつづける人達がいる。

日本側も困るけれど、中国側もおおいに困るのは、国交断絶。
日本企業が総撤退すると、日本側も困るけれど、中国側も職場が無くなる
事でおおいに困る事になると思うのだが、そこまでは頭が回らないのだろうね。
デモを推進している人達はさ。

日本が困るのは、工業、鉱業、食品、農作物等々中国側で作られる製品や商品は
多いから、中国からの輸入がなければ、日本全国民の生活が破綻する。

安価な衣服は、ほぼ100%近くが中国製でしょ?ホームセンターにあるような、
生活用品や安い道具、機械部品、機械等々や、ケミカル製品等々、あらゆるもの
が、中国か韓国製だ。国交断絶すれば、ホームセンターはほぼ全てが倒産する
だろうし、中国製品が無くなれば、あらゆる分野の商品が価格高騰するな。

まあね・・・反日デモを真に受けて、どうこうする事は無いはずだが、それでも
「日本人を皆殺しにせよ!!」などと言う発言には参るね。
そんな、ナチスの大量虐殺を想起させるような反日教育が行き届いている国と、
「友愛」の精神でどうのこうのする気持ちは失せるよ。悲しくも残酷な事実だね。

そうそう(笑)

この前、仙台の某家電量販店にて、大勢の人達が買い物をしている光景を見たのだが、
中国人観光客のツアー客、御一行様がたが、大量に買い物していましたよ。

たまたま、ウォークマンとかの携帯音楽プレイヤーのコーナーを覗いていたら、
1人で5~6台纏め買いする人がいて驚いた。若い人が多かったけれど、アレって
行列をなしてまで買うものかね?といぶかしく見ていたら中国語が漏れ聞こえたから
納得しました。(15人くらいレジに群がっていました)

日本を滅ぼしたら、こういう工業製品は自分らで開発して製作しないといけないよ。

偽物ばっかり作る技術はあるけれど、商品開発できない国がそんなにふんぞり返って
いいものかね?

そういえば・・・中国に、こちら側から、何かしらの援助のために億単位の膨大な
金額が送られていなかったっけ?なんという名称のものかは忘れちゃって申し訳ない
が・・・それって、日本国民の税金だよね?釈然としないよな・・・。

「滅びろ!皆殺しだ!」とか言われて、ほいほいと送金するのはアホらしくないか?

そんな野蛮な国に送金するぐらいなら、国内の国民のための福祉の充実に充当して
もらいたいなぁ。








テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

飲酒量を制限しすぎていたのでつい・・・。

あ~あっ、あwwwwwっ、飲んじゃった。
ハハハ・・・。なんといいますか、

「痛風のクスリを飲んでいるのに、酒をやめてない!?」

どうかしているよ、まったく・・・などという医者の言葉がありまして。

現在、立派な肥満体型のオレをみて一言。

「血圧も高めなのだから、今度の検査結果次第では血圧のクスリを飲んで
 もらうかもしれませんよ。とりあえず今度の検査の前に5kgやせなさい」

との事。だいたい8月頃の話なのだが、今週の月曜日に採血等の検査はやってもらった。


「酒をやめなさい!!」


とは言われました。が、直ぐにやめられる方法があればそうするよ。
意識的に飲まないように勤めているけれども、ダメらしいので、ホントに
週1程度で、うす~いハイボールを2杯程度、舐める程度でやりすごし、
我慢もしました。


・・・が、今日は飲んだ。かな?



なんだか、検査後だからなのか、ちょっと酒量が増えた。

とはいえ、量的にはたいしたことはない。

たかが、バーボンのボトルの1/3程度ではないか。43%くらいの度数だしね。













と、「たかが~」なんとかと言った後には、後々後悔することがあったりなかったり
するものですね。多分、後悔するかもしれません。が、飲まないようにすると逆に
精神的によろしくない。

心の安定を求めて行った行為が、後でとんでもない事になったりして・・・。
と、考えていては酒も楽しめません。

とはいえ、オレは何をして正当化しようとしているのか。

酒飲みの悪いくせだな。

元職場の先輩で酒のために、肝機能障害で入院した人が居る。

自分に置き換えてみると、25歳前後のオレの飲酒量はとんでもなかったと
自戒しつつ、近辺の友人には迷惑をかけていたな・・・と、思い出す。



うむ。健康第一が生きる秘訣だろう。

ほどほどにしたかったが、今回は残った分を飲み干したかっただけとも言える。



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「王道マンガ」という言葉に引っ掛かるね・・・最近

なんかね、最近「王道マンガ」という言葉を時々みかける。
「~の王道といえば、ナニナニ」という事なんですが、ジャンプの「バクマン」
の作中で、

「ジャンプの『王道マンガ』といえば・・・やっぱりバトルマンガかな」

「『ドラゴンボール』『ハンターXハンター』『ナルト』『ブリーチ』等々・・・」

枚挙にいとまないバトル・アクション・マンガ群。そして、「デス・ノート」の
ような作品は、ジャンプでは「邪道」なジャンルになるわけの理由も描かれていた
ような覚えがある。わかりやすい邪道作品として、作中作家の引きこもり青年が描いた
「トゥルー・ヒューマン」が好例。

で、何が言いたいのかというと、

ジャンプでは、王道ものはファンタジーバトルアクションという事で、

ジャンプでは逆にあってはならない邪道作品が「デスノート」であったという事。

それを読み違えた方々が

「王道マンガ=バトルマンガ」

「邪道マンガ=デスノートみたいな作品」


として認知してしまい、ヤホーの知恵袋辺りで嬉々として使われるのには
正直なところ苦笑してしまう。あくまでも、少年ジャンプという少年誌での観念
なのだが、マンガ界がこのような世界観でできていると思っているジャンプしか
読まないマンガ読者はアホだなぁ~と、思ってしまった今日この頃。

週刊少年マガジンの王道展開は、やはりスポーツ・マンガであり、時々ヤンキーマンガ
が人気をわける。ヤンマガ辺りに行くとスポーツやヤンキーものはグレードUPして
バイオレンス色濃厚になってゆく。

サンデー、チャンピオンは雑食性なので、王道マンガはコレという決め手はないなぁ。
チャンピオンのギャグマンガ路線は多少後退気味で、格闘マンガと野球マンガの
長期連載が柱か。「浦安~」等は素晴らしいけれどね。

サンデーはラブコメ全盛期を終えて、その後の事はあんまり知らない。最近見ると
やっぱりラブコメ路線の残り香と、異例の探偵モノがあって、あだち充と高橋留美子
の超絶ベテラン陣営が支える雑誌なのか。これまた王道作品がぼやけるのでなんとも
いえないが、サンデーもどちらかというとスポーツモノが支えているのだと思うから、
サンデーの王道はスポーツマンガかなぁ・・・。


あげあしとりの文面で申し訳ないが、日本のマンガ世界の中心に現在最も売れている
習慣少年ジャンプはあるけれど、オールジャンルの辿り着く先に残るものはバトル
マンガではないと思うね、オレはね。


「デスノート」は本来なら青年誌で展開すべき内容。ヤング・ジャンプ等ならオールOK。
アレ以上に過激な描写は可能で、もう少し巻数が増えたかもしれない。
まあ・・・「でも、しかし、もしも・・・」という「if」で、考えるのも後の祭りか。




テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

漫画家「あっきう」さんが復帰したようです。

金曜日の夜、仕事帰りに家の近所のコンビニに立ち寄ると、「本当にあった~」
「愉快な話」か、・・・多分竹書房だから「愉快な話」なんだろう
表紙が文字でゴチャゴチャしている片隅に見覚えのある小さなイラストを発見
して「ちょっとだけ」驚いた。

ほんとにちょっとだけ・・・。

消えた漫画家。

突然か、計画的に終わったのか、唐突な終わり方をした連載。

まるで、今迄の事が無かった事のように消えた。

噂では結婚して、その後漫画家を引退したらしい・・・という事になっていた漫画家。


あっきうさん。



どりーんあっちゃん 1 (バンブー・コミックス)どりーんあっちゃん 1 (バンブー・コミックス)
(2000/10)
あっきう

商品詳細を見る




女性なのですが、呑んだくれの漫画家として連載当時でも有名でした。
色々と酒にまつわるおかしな小事件を、練馬かどこかの界隈で起こしていた
そうで、その類いのエピソードには事欠かないようです。

結婚して多少は改心して、当時よりは「ましになった」と描いてありましたが、
そうでもない様子(笑)。今月号から何やら自身をネタにマンガの連載をする
ようです。まあ・・・今回読んだ内容でも、結構な武勇伝をお持ちなようで(笑)。

オレなら、こんな嫁はイヤだな・・・。旦那が物好き過ぎでしょう。



むか~し、雑誌内企画で、しなっちさんとあっきうさんがカレーライスを作る
かなんかの話があり、掲載されていた写真のおぼろげな私の記憶によると、
「かわいい」感じのあっきうさん。随分若い20歳代の女性。

「かわいいだけで、何もかもが許されると思うなよ・・・」というしなっちの

ぼやきが入った4コマによると、あっきうさんは料理はダメみたい。
家事全般ダメでも、旦那が許容していればOKだよな。むしろネタには
色々と困らないかもしれない。


あっちゃんだもん 1 (バンブー・コミックス)あっちゃんだもん 1 (バンブー・コミックス)
(2001/05)
あっきう

商品詳細を見る



ちなみに、「あっちゃんだもん」の方はダメOL編で、「どり~んあっちゃん」は
子供編といった内容でした。どちらもハチャメチャな感じで、テンポのいいギャグ
マンガでした。でも、作画があまり・・・アレなので、買って読もうかなという気
にはならなかった。

ただ、連載を読んでいると、たまにヒットポイントがあって、笑う事もありましたね。

コミックスは買わないかもしれないが、連載はまだ続いていて欲しかった・・・という
存在ではありました。





テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:4 | トラックバック:0 |

改めて次の新人さんが配属されました

先日ぼやいていました件の新人さんは、今週も来る様子はなく、とうとう木曜日
の午後からまた新しい人が来ました。前回の新人さんは30歳くらいの人でしたが、
今回の新人さんは20歳代でしょうね(年齢未確認)、なんだか色白でフニャっと
しています。(あ・・・名前を訊いてなかった)

遠目に引いて見ると・・・メンタルが弱そうで、たよりない容姿。

イジメられそうな、おぼこい感じの青年。腐女子の妄想対象なら完全なる「受け」側。

「大丈夫か?」というのが第一印象。

金曜日から2人でラインに入り、作業をしてもらっています。
まあ・・・まだ2日目ですから、失敗はあります。そういうのはこちらも気にしません。
みんな、仕事を始めて1週間目、2週間目はだいたいこんなもので、まあまあこなせる
ようになるまで1~3ヶ月はかかりますから、いいのです。


作業中の失敗や、加工不良を出した事を、何日も後悔して引きずらないようにする
心の切り替えが大事です。何度も失敗し、学び、仕事を身につけてゆくしかないの
ですから。

でも・・・大丈夫かな?

来週は遅番で、ひょっとしなくても残業とかありそうだから、くじけてしまわない
ように願いたいです。


来週はまたへばりそうな1週間になりそうです・・・ハハハ。





テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結局、週が明けても来なかった新人さん

結局、月曜じゃなくて、3連休明けた火曜日も新人さんは来なかった(笑)。

いや・・・もういいよ、家庭の事情で来れないならそれでいいよ。

もう来なくていいから。

N/Cラインに別の人を新たに配置してもらいたい。この際、ベテランか新人かは問わずに、

誰か来て欲しい。一緒に働くオレ以外の従業員の方々が、迷惑を被っている。

手伝ってもらう立場なので、オレも申し訳ない気持ちで後ろめたくなる。

今日は遅番の人に、2時間早出出勤してもらって手伝ってもらった。

休日を挟み10日以上休んでいて、どうにもならない状況なのか?

まいったな・・・。

明日はどうなるのだろう?

それにしても・・・嫁が入院して、旦那も働きに行かない状況下で、来月以降の

生活費はどうするのかな?

貯金が溢れるほどあるから大丈夫なのか?

キャッシングするから大丈夫なのか?

まだ配属されて3日と半日だよ?

こういう家庭の事情による不測の事態を、カバーできないと自分の信用を

落とすだけなのになぁ・・・。

「だから派遣社員はダメなんだ・・・」って






テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「けいおん!」4巻買いました(笑)

ああ・・・ミーハーだな、オレ。

実は・・・ブックオフで1~3巻も9月頃には既に買って読んでいました。

いや、だって、普通にJ-POP枠かなんかのチャート上位に入って、あまつさえ
1~3位まで「けいおん!」の曲が入ってしまう状況を生み出した原作4コマは、
マンガ好きのイチ読者としては気になるでしょ?

あと、第1期の深夜アニメ放映時は、絶妙に失業中だったので、全話観たくちですから。

「どんな原作4コマなんだ・・・」って。

まあ、いいや、いいわけみたいで見苦しいな。
実は4巻はまだ読んでません。これから読みます。幸い、珍しく工場も3連休なので、
読みますよ。んで、その前に、先ほどBS2でマグネットを観ていたら、マグネット
ニュースかなにかで、「けいおん!」が最終回となり、話題の4巻も秋葉原では飛ぶ
ように売れているというか、平積みで何面?12面か8面か?しかも20冊くらいの
山が・・・。スゲーな「けいおん!」。

しかも、なんだかレジに向かって長い行列が続いているし・・・。




うわ~この人らと、俺は同類なんや(笑)




まあ・・・認めるしかないですね。

















鉄風(3) (アフタヌーンKC)鉄風(3) (アフタヌーンKC)
(2010/10/07)
太田 モアレ

商品詳細を見る



一緒に買ったのはコレ。「鉄風」と書いてテップウです。太田モアレ氏が
「good!アフタヌーン」で連載している女子総合格闘技マンガです。
ちょっと、画面の作画状況からして、「疲れているのかな」という風に勘ぐって
しまう内容ですが、隔月刊で先月発売された内容まで掲載されています。

つり目キャラの多いなか、表紙のリンジィちゃんは割りとノーマルな目の大きい
女の子なのですが、3巻ラストに登場する紺谷さん(ヒロイン夏央の師匠)の
ライバルがタレ目ながらも色っぽいので、要注目しています。(名前ド忘れ)



カラスヤサトシ(5) (アフタヌーンKC)カラスヤサトシ(5) (アフタヌーンKC)
(2010/09/22)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る



「カラスヤサトシ」は・・・アフタヌーンの愛読者ボイス選手権にて描かれた4コマを
まとめたもの。お題があって、それを元にカラスヤさんが4コマを描いています。

まあ・・・誰も買わないでしょうね。棚差しでしたし。















けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/09/27)
かきふらい

商品詳細を見る




ちなみに、冒頭のカラー読みきりは読みました。その際、カバーを外してみると、
1巻から続く4コマまんがが裏にあり、表紙側には最終巻にあたっての、作者から
の挨拶が書かれていました。改めて4巻が最終巻なんだと思いました。

さて・・・4巻を読んでみますか。






テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋なのに・・・残念。

土曜日に釣行する気満々だったけれど、まとまった雨が降ってしまったので釣りを
諦めた。翌日の日曜日も雨で無理かと思えば、なんだか、昼前くらいから日差しが
出てきたので、14:30頃に町内のダム湖に向かった。

途中、コンビニでATMを利用したらお金が出てこないというトラブルが発生して
立ち往生する。なんやそれ、ATMの画面が真っ赤になって停止しましたよ。
お金をおろしたらカードだけ吐き出して、金が出てこないととは腹立たしい。

備え付けの電話で事情を説明し、遠隔操作か何かでお金も出てきました。
まあね・・・ちゃんとお金が出てくるのであれば問題ないですよ。

そのあとアイスを食いながらポイント探し、水面の変化を観察。

波紋が大小浮かび、時々跳ねる魚がいる。


「これはいける!」


と、思って釣りをする事にした。

ニジマスもしくはバスに対応するため、8ftMLのトラウトロッドに非力な
カーディナル33を合わせた。5lbナイロンラインだが、バスなら48cmくらい
までならなんとか対処できるつもりだ。(スモールだと、ちょっと厳しいかもしれない)

水面を見ると水鳥が岸寄りで戯れている。俺を見て遠くに羽ばたいて行ってしまった。
少し申し訳ないと思いつつ水際にゆっくり近寄ると、バシャ!と水煙をあげて逃げる
生物反応にヤル気を出した。

のだが、ちっとも反応がなく、ウグイすらもスプーンで掛からない。おまけに水温は
やや冷たい。水面の反応が多いのでトップも試してみたが、全くダメ。

今回は起死回生の逆転劇もなにもなく終わった。

ボウズとはちょっと残念。

岸に寄ってきていたのは、コイだったかもしれない・・・と言い訳してみる。

明日は食パンでもまいて、トップでコイ釣りとか狙ってみるかな?

これなら、ルアーでコイもいけそうな気がする(笑)


いや、実際、某管釣りのポンドにコイが居て、白っぽい虫系のトップでコイを釣った
事はあります。パンはまいていないけれどね・・・。





テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |

そこそこ製造現場は忙しいのです~自動車部品加工

やっと2交替勤務になったはいいが・・・今週も、勤務時間内では加工しきれない、
ありえない計画数が・・・・・・。

先月から、「計画数・・・かなりやばいですよ」って・・・ホント、勘弁してよ(笑)。
先月まかなえなかった、加工しきれなかった分がしわ寄せしてきたってところか。
そして、9月最終週から新人さんとのコンビで、今週の「この数をこなせるのか?」
という危惧を抱えながらの月曜日。

「○○さん、今日も休みですよ」

との事。先週の木曜日も、半ドンで「用事があるから・・・」という事で早退し、
金曜日も休み。「来週は来るだろう・・・」と、月曜に来てみればまたぞろ休み。
もう、来なくなるのかと思えば、何やら家庭の事情で、家を空けられないとかなんとか。

結局、周囲の各ラインの色んな社員さん達が、かわるがわる、日替わりでなんとか
やりくりし、こなせなかった日は深夜の残業でカバーする事になった。

遅番の後の残業はちょっと堪えた(笑)。年齢的にも中年ですから、20歳代の若者
とは、回復力が違います。寝て、起きたら元気になる・・・そんな身体じゃないです。
笑ってしまうほど、疲労は残り、水曜日辺りが一番きつかったな。

仕事を始める前から疲れていましたね。というより、起きて、昼飯を食べるのもめんど
くさいという疲労度。う~む。40越えて製造現場はやっぱりきついのか?

来週はくだんの新人さんは来られるのだろうか。

来ても、まだ手が遅いから、あんまり数をこなせないけれど、なんとかそれなりに
活躍してもらいところ。過剰な期待はしていないが、人数合わせた分の労働力には
なってもらいたいなぁ・・・。


クール・ストラッティンクール・ストラッティン
(2009/06/10)
ソニー・クラーク

商品詳細を見る



ジャケットがいいよね(笑)


かっこよくてセクシーな働く女性・・・ではないかもしれないが、
Amazonの「お勧めCD」で前から気になっていたCDを先日、
たまたま、安価だったので購入したジャズの名盤・・・なんでしょう。

初めて聴いて驚く。

「お!この冒頭の曲、聴いた事がある。有名じゃないか!」

そうか・・・ラジオやテレビにはよく多用されているから、それで
知っているんだろうな・・・。

鼻で笑わないでね。ジャズを聴きだしたのが、ホントに浅い人間なのでね。




テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

安いウォークマンを買ってしまいました

ははは・・・なんといいますか、こんな物はオレには縁が無いな・・・と思っていた
モノを、ついつい買ってしまいました。携帯音楽プレイヤーと言うのかな?

一応、デジタル・ミュージック・プレイヤーというモノですね。そういう商品ですわ。
携帯できる音楽プレイヤーといえば、今はアップル社のi-Padやi-Podとかいうものの方が
思い浮かび、また利用者も多数おられるようで、あんな高い物は買えない自分には身の丈
にあったモノを選びました。

元祖、携帯音楽プレイヤーといえば、あれですね、ソニーのウォークマン。

初代は携帯できるカセットテープの再生プレイヤーとして、革命を起こしたといわれる
アレですね。島本和彦氏の「アオイホノオ」の作中でもその衝撃は語られていました。
ウォークマンも色んな紆余曲折をえて、今はアップル社の真似に近いようなモノが最新
のウォークマンとして登場しています。

まあ・・・マンガ、書籍等以外の買い物で、「新商品」に飛びつく事は基本的にありません。
特に電化製品は新型よりも型落ちを選びます。今回の商品もまさにそれ。型落ちだから
買う気になれる安さについ・・・手が出てしまったってところです。


SONY ウォークマン Eシリーズ FM付 <メモリータイプ> 2GB グリーン/ピンク NW-E042/GPSONY ウォークマン Eシリーズ FM付 <メモリータイプ> 2GB グリーン/ピンク NW-E042/GP
(2009/05/16)
ソニー

商品詳細を見る



USBメモリータイプのやつですね。もう型遅れもいいところ。価格もAmazon
以下の3980円の2Gタイプで、実は4980円くらいのをさらに値下げしての
販売のようでした。4Gのタイプは5980円でしたが、さすがに5000円以上で
買うべき型落ち商品とは思えず、「2Gぐらいが妥当かな?」と判断した次第。

それよりも、常日頃、FMラジオを毎日車中で聴いていたり、余裕があれば日曜の夕方
や、土曜の夕方には聴きたい番組もあるし、時々思い出して日曜の昼に聴くサンソンも、
これで手軽に聴けるかと思うとちょっと嬉しくなりましたね(笑)。

携帯ラジオを買いたいな・・・という気持ちは、以前からありました。この前、神戸に
住んでいた頃に買った携帯ラジオを引っ張り出すと、音が出ないというよりも、電池の
液漏れで、えらいことになってしまっていまして・・・捨てました。



FMラジオが好きなんですよ。


AMも勿論好きですが、音楽情報という点ではFMですね。



テレビの情報は人気優先、話題優先で、特に民放は役に立たなくなっているので参考に
しません。洋楽の特番はNHKしかやらないので、NHKは利用しますね。アニメも、
映画も、ドキュメンタリーも、基本はNHK。
NHK-FMもたまに凄い特番をやるので、面白いです。

メインで聴くのはDATE-FMなのですが、色んなジャンルで情報を得られるので、
重宝しております。特に、ジャズ、R&B、ブルース等では世話になっております。



入手したのは、某大手家電量販店。早速自宅に帰ってからCDを再生取り込みします。
基本的にパソコンを所有している人達限定のこのウォークマン。パソコンが無くても、
オーディオから直接データを取り込む事ができるモノの方が、お客の幅は広がります。

パソコン所有者限定の商品では、売れる期間も短命になるでしょう。
だから、叩き売り価格なんですね。

一家に最低一台のパソコンという考え方は当たり前のようで、当たり前ではありません。

その辺りの考え方にソニーの驕りたかぶった思想が目に見えます。

これより新しいウォークマンは、パソコン無しでもOKなんだそうですがその場合、
CDを再生するデッキやら、CDラジカセもそれなりに古すぎない機能を備えたモノ
に限られたりすると、それもおかしな話になってしまいそうですね・・・。




で、手持ちのCDから音楽データをパソコンに取り込んで、それから、USB端子に
差し込んだこのウォークマンに転送するのです。作業はそれなりに時間はかかります。
でも、CDからカセットに録音するよりもまだ早いでしょうね。転送だともっと早く
なります。

今回はできるだけジャズものを中心にデータを取り込みました。
ポップスからはキャロル・キングの不朽の名作「タペストリー」、マイルス・デイビス
からは「カインド・ブルー」「いつか王子様が・・・」、ビル・エヴァンスからは
「ワルツ・フォー・デビー」「ムーン・ビームス」、ジョン・コルトレーンからは
「ブルー・トレイン」・・・等々。

そしてどうしても入れたかったのはナット・キング・コールのベスト盤。
探してみても、ベスト盤しかなかったので、購入する決断をするのに3ヶ月くらい
躊躇してようやく入手したベスト盤です。これは、度々、FMのジャズ系の番組で
紹介されてきたので気に入って購入しました。



ナット・キング・コール・ベストナット・キング・コール・ベスト
(2002/02/20)
ナット・キング・コール

商品詳細を見る



何が気に入ったかというと、まずはこの美声。そして、歯切れよく丁寧で聴き取り
やすい発音。そして、ゆったりと包み込むように、大河のように雄大で余裕のある
味わい深い大人向けな音楽。

これこそがスタンダードで生き残れる音楽であり、聴き継がれるべき音楽なのだと
思いました。



有名な曲のオンパレードなのですが、飽きの来ない音楽かと・・・個人的に思っています。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんか釣れたよな。

夏にニジマスらしき魚体を見、GW頃にはそこそこの塩焼きサイズのニジマスを、
アラバキロックフェスから漏れる音を聴きながら釣ったダム湖で釣り。日曜日の
話なんですが、あんまり暖かくない。むしろ涼しい。水温もやや低い中、ニジマス
狙いでウェーディングしながらの釣りで、遠浅のシャローが延々と続くポイントで、
あまり岩などの障害物がない、土底ばかりの場所。

水際にチラホラと繁茂する植物周辺が狙い目かと思えばそうでもなく、反応は無い。
銀色ベースのスプーン、スピナー、ミノーを幾つか投入するが、チェイスもない。
小魚も追って来る様子もない。まるでダメ。

昼過ぎ、15:00過ぎの釣りで、16:00を過ぎても渋い時間帯が続く。
やがて、遠投しても届かない、自分の立ち位置から湖の中央寄りで水面に跳ねる音が
聞こえた。銀色の魚体だが、腹側なので魚種の特定ができない。遠いからニジマスの
ような・・・気がするが、バスかもしれない。

水面に跳ねるのであれば、ちょっとはヤル気も出てくる。ポイントをできるだけ沖目
に入水し、腰近くまで浸かってロッドを振るが、反応は感じられない。沖に向かって
投げるより、岸に向かって投げたり、岸と並行に投げたりして、反応を見るが今ひとつ。

だんだんと諦めようかな・・・という弱気が出てきた頃に、ポケットの中でミノーを
探ると、管釣り用サイズというか、ヘドンでいえばタイニーサイズのトッププラグを
見つけてハッとする。55サイズのトップウォータープラグだが、こいつで釣れた事
は一度もない。

「購入して既に2~3年は経過しているのに釣果なしのこいつでもいいかな・・・」

と、半ばヤケクソ。こんな寒い日にトップで釣れるのかよ。とブツブツ言いながら
トップウォータープラグを繋いで投げた。1投目、着水後やや放置してから引くの
だが、ギア比が1:6.3くらいのハイスピード・ギアゆえか、ゆっくり引いている
つもりでも、水面に少し潜ってしまう。

シングルペラが付いているこいつは、水面上を引き波を立ててリーリングするのが
いいはず。ロッドを立てて、できるだけ水面を泳ぐように引いてみるが、なかなか
うまくいかない。

2投目、初めは引き波を立てているが、少し速度が上がるとすぐに潜って見えなく
なるので、止めてポコっと浮き出てから再度引くと、いい具合にプラグの後方にV字型
の引き波ができている。カショカショ・・・と小さな音を立ててボディを左右に振る泳ぎに
なんとなく見とれていると下から突然、



ゴボッ!


と来た!


おおっ!!

と叫び、慌てたけれど、リールは巻かずロッドも急にあおらない。

トップは向こう合わせで、一呼吸置いて、「ドッコラショっと」
などと言いつつハンドルをクルっと2回くらいまわし、掛かった魚に向かってティップ
を送ってからロッドを立ててフッキング。

派手に暴れジャンプするヤツは、ラージマウスバスだ。
そこそこサイズはあるが、フロント・フック、リア・フックが共にガッチリ
掛かっていたので、キャッチするのもたやすかった。大きさは腰ビクに収まる
サイズなので、32cm程度か。

この寒い中、この低水温でもトップでくるのか・・・。
そういえば思い出した。水温が低くても、ペンシルベイトで釣れた事が以前よくあった。



今年初のラージマウスバスだ。あんまり釣れないイメージのする場所だけれど、
このサイズも居るんだなぁ・・・。ネットランディング後、岸から離れているので、
腰ビクに入れた。


その後はどうもうまくいかず。バスはおろか、ウグイもニジマスも気配なし。
岸際にあつまる小魚を狙って捕食活動を行うバスらしき魚も反応は渋い。

まあ・・・ここ釜房ではボウズの時が多いくらいなので、1尾でもよしとするか。

う~む。湖中央で跳ねた銀色の魚体はニジマスだったかも?という気が今更ながら
もやもやと胸中に残るけれど、悔やんでも仕様がないことですな。

ちなみにこの日のヒットルアーは、シマノのトリプル・・・なんとかというやつ
の55mmサイズ。色はなんというかナチュラルな魚色(笑)。ルアーの名称は
忘れました。










テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |