うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

GWの釣行はやっぱりあんまり釣れない・・・。

昨日は地元の町内の川でピンポイント釣行で辛くも1尾のヤマメを釣りました。
3~4年前に中古で980円ぐらいで買ったイトウ・クラフトの蝦夷50S。パーマーク
つきのヤマメカラーでやや金色っぽいミノーです。思えば蝦夷50Sや山夷50Sとか
イトウ・クラフトのミノーはスミス信者である僕をも魅了するデザインと泳ぎを見せて
くれるのになかなか釣果をもたらしてくれなかったミノーですが、ここでやっとヤマメ
が釣れたことは嬉しいです。(過去不本意ながらバスを釣った事はありますが・・・)

昨日のヤマメが今年初の釣果でして、今日は白石川水系を目指して行きましたが、
ゆきしろというか、ダムの放水もあるのでしょうね、見事に濁りかつ増水していて危ない
と判断し、今年初の七ヶ宿ダムへ行きました。GW頃は毎年水位が満水になり大堰堤
も水没しているであろうと思いつつもダムへ向かいました。

案の定・・・やや濁りの入った状態。2年前ですかね、GW明けぐらいの満水位の時に
サクラマスを釣ったのは・・・。

絶対釣れないわけじゃないと思いつつもサクラ狙いでミノーを投げ続けましたがダメ
でしたね。諦めて別の場所で竿を振ればコレですよ・・・(´д`)=З












2012年4月30日:七ヶ宿ダムのスモール_400





外道でスモールマウスバスですわ。

悔しいかな、尺越えてました。

スモール天国かよ。

まあ・・・カラスかトンビの御飯になってください。





スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:2 | トラックバック:0 |

漫画家:土田世紀氏死去・・・御冥福をお祈りします

漫画家:土田世紀氏死去。享年43歳とは・・・若すぎる。というか1コ下やん。
年齢が近いので余計に心が苦しくなる。世間的には「編集王」がすぐ思いつく
代表作でしょう。ネプチューンの原田泰造さんが熱演したらしい(観てません)ドラマです。

土田世紀逝去:関連ニュース記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000026-nataliec-ent

個人的にはモーニングで連載されていた「俺節(おれぶし)」が土田作品としては一番
印象に残っている作品。当時はモーニングを立ち読みしていた頃で、コレは結構はまった
ほうだが、終盤の展開はちょっと読みそびれたので記憶が曖昧。

結構10~20歳代の人にはシンパシーを感じる内容だと思う。
東北から演歌歌手を目指して上京してきた青年の苦悩と奮闘の物語で、かなり熱かった。

俺節 1 (ビッグコミックス)俺節 1 (ビッグコミックス)
(1991/08)
土田 世紀

商品詳細を見る
定本 俺節 上定本 俺節 上
(2010/10/30)
土田 世紀

商品詳細を見る
定本 俺節 中定本 俺節 中
(2010/12/14)
土田世紀

商品詳細を見る
定本 俺節 下定本 俺節 下
(2011/01/20)
土田 世紀

商品詳細を見る




お!!ワイド版みたいな形でリリースされてますね。
これは読んでみたい作品だ。


御冥福をお祈りいたします。


テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「俺たちのLast Waltz」~きくち正太 打ち切りとは酷すぎる!まだ序盤だろうが!!

仕事帰りにコンビニに寄って別冊まんがゴラクを立ち読み。目的はきくち正太氏の
「俺たちのLast Waltz」。表紙の絵がペペコちゃん(マスコットキャラ)の後姿のみ。
はて?・・・といぶかしく思いつつページを繰れば約2年前、この連載の話が持ち上がった
辺りからの回想などが混じりつつ編集長からダメだしされたのは、1巻がリリースされて
わずか1~2ヶ月後にほぼ打ち切り決定の話にはなっていたようだ。


我が目を疑ったね。作者のきくち正太氏は編集長や担当編集への私怨をはらすために、
あいつが悪いこいつが悪いとは描いていない。伝えられた打ち切り決定の言葉が酷い。

「あなたのマンガは

僕にはわからないんですよ」


立ち読みの記憶のうえに憤懣やるかたない怒りがフツフツと湧き上がっている。
個人的な脚色などほぼない。ほぼこういう意味合いの言葉が作者の眼前にぶつけられた。
作者は唖然とし、編集長を憎むでもなく、今までの経験上こういうケースはまだいい方で、
もっと酷い目にはあっている。

辛酸をなめながらここまできたけれど、きくち正太氏にしてみれば、自分の大切な部分、
フィールドを適当にあしらわれ「わからない」と拒絶されるとは


作者も傷つく

読者も傷つく

読者のおれ自身も傷ついた

この編集長に否定されたようなもんだ


万人受けを狙って開始されたテーマではなかったはず。
担当編集者が作者を担ぎ上げて、作者もやってみたかったし、担当者もやりたかった
「音楽マンガ」のジャンル。大人のロック、大人の音楽への嗜みについて大人の雑誌
である「まんがゴラク」が挑んだ事に個人的に連載される意義はあった。


ただ、どこかで不安はあった。
企画モノのテーマだから短いスパンで描いて1冊に纏めて
終わりかと思えばリリースされたコミックには「1巻」とあり俺は喜んだよ。



続くんだ!!!!


ってね・・・・・・。


俺たちのLAST WALTZ 1 (ニチブンコミックス)俺たちのLAST WALTZ 1 (ニチブンコミックス)
(2012/02/23)
きくち 正太

商品詳細を見る



で、読者的には今回の号を読んで知る事になる連載打ち切り。
全14話か・・・月刊でこれはない。短すぎる。もっと読みたい。
もっときくち正太氏の音楽への愛や思いを知りたかったし読みたかった。

1人の読者のわがままか、1人の読者として提案するならば、この音楽マンガは
青年誌で掲載したほうが反響は多いはず。講談社とか小学館とかの大手が引っ張って
続きを描かせてあげて欲しい。もったいないよ。あれだけハイレベルなストーリーに関心
するギターキッズは多いはずなんだ。

実際、ギターマガジン等の音楽雑誌に掲載されてもおかしくない内容とレベルなんだから。
逆にその専門性が仇となってしまったのか・・・。

そして、連載が終わったというのに、打ち切りで終わったというのに、ユウチューブにて
きくち正太氏のギタープレイの動画をUPするという皮肉は一体なんなんだろか。(五月から)
読者をおちょくっているとしか思えん。

今は作品が出版社を越えて(移籍)連載が再開するケースがよくある。

大手の出版社の青年誌で描いてもらえれば読者も獲得できるはず。20~30歳代の人達
が別冊まんがゴラクを購読、立ち読みする率は少ないから話題になっていないだけ。
青年誌で連載すれば絶対数字はとれる音楽エッセイ・マンガなんだから!!






テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:5 | トラックバック:2 |

バクマン。・・・大団円で最終回。これで立ち読み義務感から解放される(笑)

ああ・・・ほんと、七峰君の登場でゴタゴタしたあたりが一番印象深い。ある意味亜城木夢叶の
宿敵となり、1回目の敗北のあと再度登場する七峰君を打ち負かしたあたりはかなりすっきり
した。七峰君のやってきた方法論は今ではありそうなやり方なので、こういう輩が出てくる前に、
釘を刺したかのような内容が最高だった。この七峰君編がおわり俺が大好きな平丸先生が
プロポーズ大作戦で成功を収めたあとは、もう真城と亜豆の結婚への話に持っていくしか
ないだろうと思っていれば順調にその辺の轍をしっかり踏んでくれる小畑・大場コンビはさすが
ジャンプ作家だ。

さすがというか、これがジャンプの方法論だろう。小畑・大場コンビもちゃんとジャンプの型を
きっちり使って丸くおさめた。ジャンプの様式美にそってハッピーエンドで終わったしね。

亜城木夢叶の作品がアニメ化されてそのヒロインには亜豆が起用されて欲しいけれど、その前
に小さな嵐を巻き起こさせて、亜豆の実力を見せ付ける形でヒロイン役を射止めるオーディション
も小憎らしい演出であったが、読者の誰もがヒロインになれない亜豆を想像できないぐらいに
キャラもきっちりこの大詰めにむけて創り込んでいたのには関心する。その辺はさすがに原作者
の力量なんだろうなぁ・・・。

個人的に次回作はヤング・ジャンプで心を掻き毟られるようなえぐい作品を希望したい。
少年誌で描かずに青年誌でもっと自由に描いてもらいたいなぁ・・・。なんか大まかな展開が
先読みできるような作品はこれっきりにしてもらいたい。ホント、次回作にご期待していますよ。


バクマン。 17 (ジャンプコミックス)バクマン。 17 (ジャンプコミックス)
(2012/03/02)
小畑 健

商品詳細を見る



しかし、当初の予想通りというか、30巻は越えない、むしろ20巻以内に収まるぐらいの
マンガにして欲しい~とか描いたような気がするけれど(忘れてます)、実は25~28巻ぐらい
まで引っ張るのかな?という気もしていた。でも去年の年末ぐらいには20巻以内におさめる
内容になりそうな気がするとは感じていた。


あと、これは余計な事だけど、これで(バクマン終了)ジャンプを立ち読みする理由がひとつ
減った。時々こち亀を読むぐらいで用は無いな・・・。


サンデー、マガジン、チャンピオンには気になるマンガが沢山あるんだけど、ジャンプは
やはり対象年齢が低いからね。バクマンはちょっと対象年齢高めだったから読めたんだ。
それはデスノートも然り。でも一頃よりはジャンプの全体的な絵柄はましになった。

一時期は脱力するぐらい絵柄が似通ってる作品が多かったからなぁ・・・。なんかこう~
熱くなるスポーツマンガでもやってくれんとジャンプは読まないと思う。






テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:1 |

第1418回「携帯・スマホにストラップはつけてますか?」軽くジャブ程度に更新(笑)

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。今日のテーマは「携帯・スマホにストラップはつけてますか?」です。最近は、携帯電話を持ってる人のほうが珍しいのではないかという位、街を歩いていてもスマ�...
FC2 トラックバックテーマ:「携帯・スマホにストラップはつけてますか?」



スマホはバッテリーが弱すぎると訊いていて、色んなところでリサーチしてもバッテリーの
弱さは如実にあらわれているようなので機種変更の際諦めて携帯にしました。長年、使って
きたauのG'zOneシリーズの赤を利用しています。ストラップは今はルアーと携帯ストラップ
サイズのフィギュアですね・・・「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかストラップです。

2011年12月25日:まどか☆マギカ~まどか携帯ストラップ用フィギュア_320

こういうフィギュアは薄汚れてくるとみすぼらしいので時々外して拭いてあげます。
こういう「らしくない」ストラップを付けていると色々と突っ込まれそうなんですが、誰にも指摘
されたりしません。多分・・・「見ちゃダメ」「そっとしておきましょう」と思われているのかな?

でも、以前、セルフのうどん屋さんでお膳を持ってうろつく俺の眼前で、胸元からこぼれて
揺れる「まどか」のストラップを見て「ギョッ」として固まっていた可愛い中学生ぐらいの
女の子がいましたけどね(笑)

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さすらいエマノン・・・鶴田謙二・はよエレキテ島描いてくれよ・・・。

「さすらいエマノン」読みました。読んだ・・・でいいのかな?いいんだよな?
会話、台詞、心象で語られる言葉等々が少ないので「絵」をみて読み解く。
感じる作品ですね。1話約6~8ページあるかないか、いや4ページかな?

冒頭に出会った河童を名物にしようとする村の少年とのエピソードにカラー
ページを費やしそれだけで随分話数をかせいでいたけれど実際はそんなに
ページ数は多くない。ショートストーリーマンガをまとめたようである。

エマノンが川辺で水浴。水泳したりするシーンは当然全裸で、少年に見つかっても
「キャッ!」ともいわない。全裸になってあれだけ堂々とされていたらみているコッチ
はチ○コも勃たない。乙女のような心はない。ただ雌であるというだけで行動も男っぽい。

そんな1960年代のエマノンに双子の兄が居たという新展開もなかなか興味深い。
10代後半か20代前半ぐらいの若さの風貌をたたえたままさまよい生きている
時の旅人がエマノンだ。前作ではエマノンのニックネームの由来についても言及
されている。なるほどなぁ・・・人類が生まれる以前の記憶を延々と引き継いでゆく
エマノンの存在理由はなんだろうか。

おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)
(2008/05/20)
鶴田 謙二、梶尾 真治 他

商品詳細を見る


さすらいエマノン(リュウコミックス)さすらいエマノン(リュウコミックス)
(2012/04/03)
梶尾 真治、鶴田 謙二 他

商品詳細を見る


この地球の誕生~行く末を見守り観察、記憶してゆく生身のレコーダーなんだろうか?
地球自身が送り込んだ観察者なのか・・・その辺が謎めいているから魅力的な作品
なんですね。そして魅力的な背景描写を堪能しつつ眺めるマンガです。ストーリー
を深く考えすぎないのもこの作品の読み方なのではないかと思いました。

ちなみにカバーを外すと、本体にも美麗なカラーイラストテンコ盛りですからファンには
たまりません。

それはそうと、「冒険エレキテ島」・・・いつになればアフタヌーンに再開登場するの
だろうか・・・。それが気がかりでなりません。

冒険エレキテ島(1) (KCデラックス)冒険エレキテ島(1) (KCデラックス)
(2011/10/21)
鶴田 謙二

商品詳細を見る

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月のライオン、もやしもん、きょうの思春期他・・・

3月末頃に新刊コミック購入しましたがいまだ未読。「3月のライオン」「もやしもん」
なんですが、この頃新刊コミックで直ぐ読むのは連載を未見の作品ばかり。それは
別に普通のことなんですが、作者で選んで買って未だ未読の新刊コミックもあったりと、
実にもったいないおばけがでてきそうな不届きな読者であります。

もう~好きな作家のためのお布施かと、なにやってんだろうか?連載を読んで知っている
からという安心感が未読新刊コミックの山を築いているんだろうな・・・。山ほどあるわけ
じゃないけれどね・・・。

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
(2012/03/23)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


もやしもん(11) (イブニングKC)もやしもん(11) (イブニングKC)
(2012/03/23)
石川 雅之

商品詳細を見る
もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)
(2012/03/23)
石川 雅之

商品詳細を見る



もやしもん11巻は「ミス農大落とし」というイベントがメインの話だったはず。

現ミス農大の武藤さんがあまりにもふしだらでみっともないていたらくゆえ、
ミス農大のリコールということで各学部から推薦された「落とし人」(コレ、なんか
インスパイア先がばれてるような?)を擁立し、武藤さんを含むミス農大選挙を行う
という学園モノっぽい展開が実に解かりやすくて面白い(笑)

そういえばミス農大のコンテストと重ねて蛍の日本酒造りが始まったんだよなぁ・・・。
そこは菌マンガ、醗酵マンガですからきっちりしておかないとね。

かたや「3月のライオン」はひなちゃんのイジメの件にある程度のかたが付く巻。
ホント、この作品は熱い。連載を毎回読んでいるけれど、こっちは泣いたり笑ったり
しながら読んでますよ。この時点でも名作ですね。今後も期待しています。




きょうの思春期(1) (KCデラックス)きょうの思春期(1) (KCデラックス)
(2012/03/23)
こだくさん

商品詳細を見る




で、なぜかコレもご紹介(笑)

イブニングに連載中で誌面の隙間4ページ程度のショートギャグマンガです。隔週雑誌で
4ページではコミックだすのにも時間かかってますよ。2~3年はかかったかもしれない。
まあ~内容はこのコミックの表紙を見ればなんとなくわかるかと・・・(笑)あんまりHな内容
とはいえず、ほのかに勘違いしてしまうような言葉遊びでHな雰囲気が流れています。

あれ?なんか言い方へんだな?一応女子中学生の、あの「日常」的な要素を含む大人向け
すっとこマンガですね。・・・これも違うかな?球拾い部なんて囲碁サッカー部よりはわかり易い
から「日常」的ではないかもしれない。学校の先生もそれなりにクセがあって面白い。なんか
過去に泥沼な恋愛をしたためにそのトラウマをひきずる女教師とか・・・。

ちなみに作者名のこだくさんは二名の合作ゆえのユニット名のような意味みたいにとれました。
作画のかたは結構売れてる人らしいですが、残念ながら自分は知りませんでした。絵を見て
なんとなく「誰々さんの絵に似てるな・・・」と思ったら多分そのかたです(笑)



そういえばツルケンさんも4月に入って新刊出したんだよね・・・。

さすらいエマノン(リュウコミックス)さすらいエマノン(リュウコミックス)
(2012/04/03)
梶尾 真治、鶴田 謙二 他

商品詳細を見る


エマノンの最終刊になるのかな?実は金曜日に買いましたが未見です。これから読みます。

*)最終巻じゃないです。読んでみるとまだエピソードはつづくようです。

ZETMAN 17 (ヤングジャンプコミックス)ZETMAN 17 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/03/29)
桂 正和

商品詳細を見る


アニメ化!!


ということでZETMANの総集編雑誌もあわせて購入。一応1話から読んできたハズ
なんですけれど、読んだり読まなかったりとしていたのでまとめて読んでみるかなと
思ったわけです。1~100話ぐらいまでをまとめ、途中話数省略して未掲載もありましたが!

高雅君が色々試される暗くて重いエピソードの章が省かれていました。この時期に
アシスタント不足で連載が滞り1年ぐらい休載した頃ですね。ヘビーな内容ゆえ覚悟
しながら読みますが、結局一番恐いのはモンスターではなくてそれを創りだしてしまった
人間なんだという事を思い知る作品です。まだ17巻か・・・まだまだ続きますねこの作品は。



そういえば「もやしもん」も

アニメ化するんだった!!

しかも第2期!!!!





という事ですが、内容はどの辺から始めるのだろうか?だいたい間隔空き過ぎ。
どうするんだ?最初からやりなおすのかな?そういう噂もチラホラ・・・。








テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月の渓流解禁はとっくに過ぎているのに釣りには行けてない件

随分放置していました。すいません。なんでだろう~というかTwitterに書くと言葉が消化
されていくみたいで、そこで止まってしまうんですね。だからブログから離れていってしまう。
今、ブログを放置中の方で同じ気持ちを理解してくれる人は60%はいるんじゃないかな?
Twitterだとこういうイントロダクション的な無駄話、無駄コメなしにいきなり本文ですからね。

さて、ネタはアレコレありますが、とりあえず3月に渓流解禁したのにも関わらず未だに釣り
には行けてません。情熱が薄らいだというよりも、休みが少ない。少なすぎなんです。日曜
祝祭日のみで、旗日が無ければ月4~5日の休みですよ。今時週休2日が当たり前でした
から、こういう半分土方みたいな職場だと気軽に有給休暇も使えない。4月に入ってからは
多忙になりつつある現場ですからね・・・。

あとは4月だというのに寒い日々ばかりなのでテンションあがりません。情けない話ですね。
例年だと3月からサクラマス狙いなんですが、今年はもう時期的に出遅れてます。ヤマメ
釣りにもまだ行けてないのは休みの少なさと、気温の低さかな?あとは放射線セシウム。
原発事故の影響はちょっと気持ちに影を落としていますね。昨年7~8月頃、鮎釣りの時期
に鮎釣師が居ない白石川にはゾッとしたもんなぁ・・・。

でも、まあ~今日みたいに少し気温が上がるようなことがあれば釣り欲がムクムクと込み
上げてくるもの。今日は18:00頃くらいまでそこそこの光量があったので、これからはその気
があれば仕事帰りにフラッと立ち寄ってロッドを振れてルアーも投げられると思うので、来週
こそは釣り道具を車に積みこもうと考えてます。まずはそこから。

しまってある竿とウェイダーを2階からおろして車に積むところから今年の自分の釣りは始まる
のです。腰が重いよなぁ~ホント、情けない(笑)。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |