うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「変態仮面」実写映画化(笑)今春4月から劇場公開とか(笑)マジだそうです。

まじかよ・・・(笑)「変態仮面」実写映画化。今春4月に全国上映とかなんとか。




あんど慶周「究極!!変態仮面」の実写映画化が決定した。
タイトルを「HK/変態仮面」とし、4月6日より新宿バルト9で先行公開された後、
4月13日より全国公開される。

主役の変態仮面を演じるのは、今回が初の単独主演となる鈴木亮平。彼は変態仮面
の筋肉質な肉体を実現するため、体重を15Kg増量することに挑戦。そこから脂肪を
削ぎ落とし続けるという体作りに1年以上にわたって取り組んだ。「究極!!変態仮面」
の大ファンと公言する小栗旬は当初から主演に彼を推し、「亮平以外には考えられない!」
とコメントしている。

そしてヒロインの愛子役は、「仮面ライダーフォーゼ」のヒロイン役で注目を浴びた
清水富美加。脚本・監督は「勇者ヨシヒコ」「コドモ警察」「俺はまだ本気出してないだけ」
を手がける福田雄一が務める。原作をこよなく愛し実写化を熱望していた小栗は、
ドラマ「東京DOGS」でタッグを組んだ福田監督に自ら声を掛けた。

小栗は脚本協力という形で参加しており、福田監督やプロデューサー陣との脚本
打ち合わせでは、変態仮面の正義の味方にも関わらずパンティを被る衝動を止められない
独自の哀しみを背負ったヒーロー像や、実は単なるギャグマンガではなく王道のヒーロー
ものとしての骨子を持った物語性についても語ったという。なお主題歌はMAN WITH A MISSION
が2月20日にリリースする「Emotions」に決定した。

「究極!!変態仮面」は1992年から1993年にかけて、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、
わずか1年あまりの連載期間にも関わらず人気を博した。また2012年11月、「ヱヴァンゲリヲン
新劇場版:Q」公開時に一部劇場では作品情報が一切含まれない「HK/変態仮面」の映像が上映
され、ネット上で話題を呼んでいた。




エヴァQ2回観たけど、コレの情報はなかったな。禁書目録、聖☆お兄さん、シュタゲ等の
CMは観たけどね。この3作は観るつもり満々だけど変態仮面は微妙・・・といいながら
観にいくかも(笑)D.M.C.は結局観にいった人間だからなぁ・・・。クラウザーさん
かっけぇえ!!とかいいながら(笑)



http://natalie.mu/comic/news/84816?fb_action_ids=426149257467486&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582
スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「くーねるまるた」高尾じんぐ~食エッセイ・マンガといえばいいのかな?貧乏人のためのマンガかもしれない(笑)

「くーねるまるた」買ったよ。スピリッツに掲載されていて気になっていたら
コミックスになっていたので購入。ポルトガルからの留学生マルタちゃんの主に
「食」にまつわるショートストーリー。お一人様のマルタちゃんの食事は基本
ひとりメシゆえに、自炊が多いです。ポルトガルからの仕送り(食料)を日本
の食材とあわせて食べたりとか、銭湯に入ったあとのビールの旨さとか、極々
ありふれた庶民っぷりがツボですね・・・。

くーねるまるた 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)くーねるまるた 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2013/01/30)
高尾 じんぐ

商品詳細を見る




最初の第1話を読み逃していたけど年末の雑誌整理の際、第1話が掲載されている
スピリッツを見つけて読んだ時は笑った。アパートに引っ越してきて、暑いから
水着(ビキニ)で部屋に居たところに宅急便が届くところから始まります。

母国からの、母からの仕送りです。干し鱈(バカリャウ)。真空パックされてるのに
箱の外に臭ってくるとはどんだけ臭い食材なのか(笑)ポルトガルの代表的な食材
だそうで、第1話は干し鱈のコロッケでした。

第2話を読んで気に入ったんだな。2話目も貧乏過ぎてお腹を減らしている最中に
思いついたのがカニのディップを作って、保存食(?)のクラッカーに乗せて食べる
というお話なんですが、貧乏過ぎて食材が揃わない。挫折しかかった時に閃いた
マルタちゃんはカニの替わりになる食材を近所で現地調達!!ホント、この
まさかの展開で笑ってしまい、楽しそうなマルタちゃんが小踊りするシーンを
みてなごんでしまってファンになってしまった(笑)

第2話目にして気付いたのは、留学して既に卒業しているにも関わらず日本が気に
入って、貧乏ながら留まる事を選んだそうだ。でも、住むなら東京じゃなくても
いいんじゃないかな?世界で一番生活費が高いところじゃなかったかな?そんな
ことはいいのか(笑)

(生活費が高いとはいえ、東京というところは意外にも安くて旨く食べられるモノ
や、無料サービス、安いサービスも充実していたりするからあなどれない)

読み進めて判ってくるのはマルタちゃんの視点から見えてくる日本の姿ですね。
こういう作品は色々ありますが、近現代文学の話や映画の話等、色々ちょっと
した蘊蓄、教養を感じるエピソードが食に絡むとまた楽しくて仕方無い(笑)

ガチな料理マンガというよりも大雑把な食エッセイマンガと言えばいいような作品
です。料理自体は繊細さよりはダイナミックで簡単なモノ。それでいて旨そう
なのだから自分でも試してみたい食べ方や料理はありましたね。

しかし、貧乏人の必須食材「パンの耳」が、タルトになるとはお洒落じゃないか(笑)


オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/05/25)
高尾 じんぐ

商品詳細を見る



ヤングガンガンで描いてる作家さんなんですね・・・知らなかった。
そっちの雑誌はチェックしてないからなぁ~。



テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |