うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

胃カメラを飲んだ・・・。パトレイバー実写化するらしいね・・・。

今朝はなんだか胃の辺りが気持ち悪い。3月に入った辺りからこの胃周辺の気持ち悪さ
が時々あり、今日に限っては吐き気をもよおして実際嘔吐した。食事中も食欲はあまり
なかったのだが、メシを食わない事には午前中の途中から仕事にならない事を経験上
知っているので無理矢理ボソボソと食べた。

量はいつも通りなのに、いつもより食べるのが遅く、身支度して出勤すれば吐き気と
胃周辺の気持ち悪さが相まって、会社まであと少しというところでUターンして帰宅。
派遣先の会社に電話し、派遣の担当者にも連絡して休むことにした。帰宅後、トイレ
に駆け込み嘔吐。風邪かな?とも考えたので風邪薬を規定量3粒のところを1粒と、
キャベジン2錠飲んで休むことにした。

胃薬も飲んだことだししばらく安静にしていればおさまるだろう・・・などと思って
いたらそうでもなく、胃の不快感は相変わらず。担当者には安静にして寝ていれば
治まると思います・・・などと言いながら、気になったのでかかりつけの病院に
行って看てもらうことにした。

症状を訴えてしばらくすると、処置室で採血、点滴のあと胃カメラを飲みましょう
という事になって「ええっ?」っとなった。まさかそこまで大仰になるとは思っても
みなかったので多少うろたえた。

観念して横になり点滴をうけるが、針が刺さった状態だと持ってきた文庫本を開いて
読むのも体制的に難しく、仕方無いので携帯でTwitterなどをながめながら時間を
やりすごしていた。ベッドに横になりながらタイムラインを眺めていると・・・

「機動警察パトレイバー実写化!

2014年公開予定!」


のツイートに「ええっ!!」とマジで驚き、午前中のTwitterのTLはパトレイバー
一色にそまり、皆がみな「マジかよ~」の連発。ただ実写化といいながら、どこが
手がけるのか、監督は?脚本は?キャスティングは?と、あらゆる重要なことが
知らされていないのでこのパトの実写化に対する反応は午後過ぎると収束していった。

約3時間におよぶ点滴を受けながら14時過ぎにようやく胃カメラを飲んだ。
人生初の胃カメラは、えずいて、涙目になってよだれダラダラ・・・。
胃ではなくて食道にびらん、炎症がみられ、いわゆる逆流性食道炎ではないかと
医師に説明を受けて、胃薬1ヶ月分を処方してもらって診察終了。

検査が入ったため高い診察料になるだろうと予想すれば案の定。
「給料日前なので今は手持ちがありません。後日支払いに来るので待っていて
もらえないか?」と会計で相談すれば応じてもらえた。約8千円ほどなのだが、
今月の手取りは1年中で一番少ない月なのですよ。


派遣社員とかだと、蓄えがなかなか無いからちょっと病気で倒れれば終わりだなと
痛感。というかそれはわかっているけど仕様が無い。ガンとか重篤な病気に罹患
すればもうほぼ「人生詰んだ」状態になる。やはり健康が一番大事だな・・・。


スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

草子ブックガイド2巻・・・玉川重機 銀河鉄道の夜、老人の海、夏への扉・・・他

今日はサンデー、マガジンの先週までの未読分をピックアップして消化。
あとは時々ギター鳴らして、マルチ・エフェクターの設定いじって調整したりとか、
インドアな一日でした。釣りは・・・まだ年券、遊漁証を買ってないので、というか
1月分の給料ゆえ日給月給の身には一番金銭的に少ない時期(泣)釣りは4月から
ですね・・・。

雑誌の山から発掘されたのが「草子ブックガイド」2巻。玉川重機作の静かなマンガ。
2月に買ってそのまま放置されていたのか・・・すまんことした。モーニングに時々
単発読み切り作品として掲載されるこのマンガ、2巻掲載分もほぼ全話モーニング
誌上で読んだ。ただ最後の「飛ぶ教室」の回だけは未読。というか後で読むつもりで
そのまま忘れて、掲載誌を処分したような気がする。

内向的で読書好きな中学生、内海草子ちゃんがヒロインである種の語り部的な役割
をもった彼女が読んだ本の感想&簡潔な紹介をする「本」「読書」を巡る物語。

本や読書に関わるマンガも昔から色々あり、最近ではこの「草子ブックガイド」が
自分の役に立っているような気もする。ちょっと実用的というか、紹介された本を
探して読もう~読んでみたいという気にさせる作品だ。


草子ブックガイド(2) (モーニング KC)草子ブックガイド(2) (モーニング KC)
(2013/02/22)
玉川 重機

商品詳細を見る



紹介されている本は以下。

老人と海

井伏鱒二全集第一巻より「山椒魚」

伝記集より「バベルの図書館」

銀河鉄道の夜

夏への扉

月と六ペンス

飛ぶ教室



各エピソードにはタイトル以外の書籍もかいつまんで紹介され、俺ら世代の
関西人には馴染み深い中島らもさんの書籍からの引用が入ってたりするのも
ちょっと個人的なツボです。

「夏への扉」の新訳があると知ったのはこのブックガイドで初めて知り
「へぇ・・・新訳でているんだ」と思いました。旧訳は夢中で読み切った覚えが
あります。確か20代半ばぐらいに読んだのかな?

相変わらずスクリーントーンを使わないこだわりの画面には頭が下がる思いです。
アシスタントは使ってないでしょうね、繊細な丸ペンの筆致ですから。物語りも
さることながら画にも魅了されること請け合い。今回の装丁もカバーを外して
みるとその凝りようがわかります。

あとでまたジックリ読もうと思っています。



草子ブックガイド(1) (モーニングKC)草子ブックガイド(1) (モーニングKC)
(2011/09/23)
玉川 重機

商品詳細を見る







テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「靴ずれ戦線」2巻。著:速水螺旋人・・・明日買うから売り切れないでね。

「靴ずれ戦線」2巻が先日発売され、なかなか好評だそうで・・・明日、土曜日に
買いに行くから、どうか売り切れてないように願う。第1巻発売の時は発売即重版
で、1週間以上数件の書店を彷徨ったあげく入手できなかった。

まあ・・・戦争に魔女+妖精?+妖怪?が跋扈するファンタジー・・・でいいのか?
読んで見るとなかなか滑稽で面白く、女性キャラもなんか可愛いし、メカも面白く
カッコイイので速水螺旋人さんのマンガは好きだ。


靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)靴ずれ戦線 2 (リュウコミックススペシャル)
(2013/03/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る



靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)
(2011/12/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る




速水さんはメカ・フェチだよね・・・。
描いているメカに愛を感じる。
鋼鉄、無機質な機械なのにね、そういう愛あるカッコイイメカが描ける人を
尊敬し羨ましく思う。

「大砲とスタンプ」2巻も発売中。面白いですよコレも。

大砲とスタンプ(2) (モーニング KC)大砲とスタンプ(2) (モーニング KC)
(2012/12/21)
速水 螺旋人

商品詳細を見る




追記:土曜日、仕事帰りにいつもの書店に行き入手できました。よかった(笑)

最初見当たらなかったので彷徨いながら探していたら最後の一冊が残っていました。
で、読みました。精霊、聖人、悪霊、伝説の英雄等々、魔女ワーシェンカが居る
世界観だから非科学なファンタジー要素を加えたドイツ対ロシアの戦争です。

1巻同様、螺旋人さんのフェチぶりや、細部への愛がある作品で面白かった。
恒例のイラストコラムは手書きの小さな解説を読むのは難儀ではありましたが、
博識ぶりには感心します。実に色々と楽しい構成の作品でしたよ。




テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「のせ猫」という小さな写真集をみて和んだ(笑)

帰宅途中に立ち寄ったコンビニで、たまたま見かけたオレンジ色の表紙。
4匹の猫が横並びに座り前足を揃えて出しているところにみかんを乗せていた。
「うちの猫だとそんなの乗せたら直ぐに動くわ・・・」という正直な気持ちを
言うとともに、中身がなんとなく気になった。

色んなモノを乗せまくりである。



のせ猫~かご猫シロと3匹の仲間たちのせ猫~かご猫シロと3匹の仲間たち
(2012/02/16)
SHIRONEKO

商品詳細を見る




主人公というかモデルの猫はシロ君である。4匹の一番左の猫だ。
Amazonで検索するとこれ以外にも写真集がいくつもリリースされているようで、
猫モデル業界では今一番注目されている猫らしい(笑)

シュリンクで密封されているわけではなかったので、気になってパラパラと捲って
みると、猫の頭がスッポリ納まる程度のステンレス製網カゴを被ったシロ君が
スックと立ち歩いている勇姿を見て爆笑してしまったのだ。

ある意味メタリックなマスクを被った仮面ライダーのようでカッコイイのである。
「猫としてはいたって真面目に振舞っているのになぁ・・・(笑)」と思うと
他のページも気になってきた。みると構成上観る側(人間)を飽きさせないところが
素晴らしい。シロ君以外の舎弟達もホントよくできたモデルさん達でおおいに
楽しませてもらった。

乗せる以外では小さなカゴや箱にスッポリ収まっているシーンがあり、既出の写真集
では「かご猫」として有名猫なんだと知った。猫が飼えない猫好きな方や、猫が好き
過ぎる方々の眼を心を和ませる一冊でした。


のせ猫 かご猫ファミリーと新入りみみちゃんのせ猫 かご猫ファミリーと新入りみみちゃん
(2012/08/08)
SHIRONEKO

商品詳細を見る



のせ猫 かご猫シロとおなじみ4人弟子のせ猫 かご猫シロとおなじみ4人弟子
(2013/02/12)
SHIRONEKO

商品詳細を見る




かご猫DVD BOOK (DVD付)かご猫DVD BOOK (DVD付)
(2010/02/05)
Shironeko

商品詳細を見る







テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |

仕事場で疎外感を感じていたのだが・・・理由判明。(イジメよくない!)

派遣先の現場は産廃の分別場で主に建築資材、建築廃材、時々家庭ごみ(生活用品
一式)などが運び込まれ分別作業がそこの仕事だ。3班に分かれて少人数で分別を
こなす。我ながら進学校をでて大卒なのにこの半分ドカタな仕事は笑える。まさに
学歴などクソくらえの時代である。
(家族、妹には蔑まれている仕事だが、こういう仕事しか残っていなかったのだから
仕方無い。ヘタに高慢なプライドをかざしていたらいつまでも無職だからね・・・)

2011年3月11日の大震災以降の景気の落ち込みにより、亘理の自動車部品工場
をリストラされ、岩沼のタイヤ工場に行くしかない・・・という状況にこの産廃分別場
の仕事が紹介され、また家から車で15分以内と近いというのもココに決めた理由。
’11年6月と夏前から現場に来た。身体が慣れるまでホント辛かったが、それを
乗り越えると割と淡々とこなせる仕事というのがわかってきた。

慣れてきたかなぁ~という頃に、班の移動があり3班から現在所属する2班にきた。
班によってやり方が違うとか、色々不慣れなところもあったのだがアクの強い難儀な
性格の班長をのらりくらりとかわしすかして今まで働いてきた。約1年9ヶ月かな?
配属されてからも色々ありまして、今回の班長の1ヶ月も続くシカトも「またか・・・」
という程度で受け止めていたのだが、今回はもう一人の作業員(同じ派遣先の女性)と
一緒になって俺を孤立状態にさせていた。

「孤立しているな・・・」「二人の足並みから外されてるな・・・」等々の疎外感は
感覚的に伝わり、「こいつ・・・ダメだな。気が利かない」「楽な事ばかりしてる」
「そういう順番じゃないだろ?」・・・なんだか被害妄想かもとも思ったが、こういう
のは班長が陰口で名指しで俺を小バカにしているのがわかるものだ。

じゃぁ~なぜそういう仕事の効率に悪い事をしていると感じたなら俺の作業を指摘して
注意、指導しないのか?何度も言ってるから、わからないヤツには言いたくないって
ことか?しかも当て付けで仕事され、嫌味っぽく仕事されるからカチンとくる。

で、今日の作業中にようやく作業上での指摘を受けた。なんだ・・・それなら早めに
言ってもらえれば直ぐに対応したのに・・・アホらしい。そんな事で1ヶ月も放置して
シカトを決め込んでいたのか・・・という内容。もう・・・腹が立つのは少しだった
けれど、「2班には必要の無い人材」という事だなと改めて理解した。

ああ・・・それで小バカにされていたのか。アホらしい。直ぐに仕事の対応を改め
作業を続けた。その作業には多少個人的な怒りもこもっていたので、班長と派遣の女性
は取り繕うように俺をかまいだした。今まであなた達二人で作業をしていて、俺は
刺身のツマ的な添え物作業員だって事がしみじみわかりました理解しました。

今日は3月1日。毎月定例の班長会議が行われる。その前に社長に直談判。
2班からの移動をお願いした。理由も述べて・・・。

「社長、班の人員移動。班替えをお願いします」

「どうした?」

「はい。2班での俺はいらない存在、必要の無い人材らしいので・・・」

「なにかあったのか?」

「実は約一ヶ月ぐらい班長にシカトされていまして・・・」

「え?なに!?」(ここで観ていたテレビを消す)

「約一ヶ月無視されてました。完全無視というわけでなく、必要最低限の会話は
 ありましたが・・・」

「わかった・・・」

「無視されていた理由もわかりました。俺の作業の仕方に不満があったようで、
 その点については自分は改善します。もし班替えが可能なら月曜日からではなく
 明日からお願いします。本来ならば月曜からがスジでしょうが・・・」

「わかった、この後班長会議があるからそこで話してみる」

「お願いします。失礼します」

その後、早々にタイムカードを押して仕事終了。
明日から元2班の面々とは気まずいかもしれないが、疎外感を味わいながら小バカに
されて仕事するとかもういいや。まあ・・・班長会議に爆弾投下した張本人の俺は
明日は何処へ行けばいいのかなぁ・・・。2班の班長は結構人間関係でもめて、会社内
で嫌われているのは知っているけど、愛妻家で動物好きというところは憎めない。

だから班長を嫌悪して凄く嫌って憎んでいるわけではない。

「アホらしい」・・・っていう一言につきる。





後日談は追記にて・・・。


ネガティブすぎる今回のコメントの投稿はのちのち削除するかもしれません。









仕事場で疎外感を感じていたのだが・・・理由判明。(イジメよくない!)…の続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。