うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

モーレツ宇宙海賊~亜空の深遠・・・劇場版は2月22日公開。おれは3月1日土曜日に観にいく予定。

2月15日土曜日。この日は全国的に記録的な大雪が降った日で、なんとか出勤できた
ものの、帰宅途中、もう直ぐ家だというのに、別荘団地の敷地内で車が立ち往生。雪に
阻まれて車では帰宅できず、途中降車し、管理事務所付近に放置して帰ったという顛末
で、ほとほとくたびれた一日でしたが、夕方から「モーレツ宇宙海賊」のニコ生一挙放
送を観る使命が果たせた日でもあった。

モーレツ宇宙海賊 1(初回限定版) [Blu-ray]モーレツ宇宙海賊 1(初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/07)
小松未可子、花澤香菜 他

商品詳細を見る


全26話のTVシリーズを2日に分けての配信。土曜日は1~13話をニコ生放送。
父親のゴンザエモンの死後、急遽跡目を引き継いで「宇宙海賊」になる女子高校生、
加藤茉莉花の活躍を描いたスペースオペラである。宇宙海賊とはいっても無法者で、
どこにも所属しないいわゆる「海賊」ではなく、「私掠船免状」(許可制)を国から
渡されて合法的に海賊行為を行う海賊船「弁天丸」の船長に茉莉花は抜擢されるの
だが・・・、その辺の詳細な説明、設定等は作中で語られるのでそちらを参照されて
もらいたい。

まあ・・・個人的にはSFの定番である近未来の日本や地球ではないというところ
が「おおっ!」っと唸らせた。地球型の環境と、文化、風俗を兼ね備えた類似する
どこか別の惑星、銀河宇宙の話というところがツボだ。

タイトル・ロゴにある「モーレツ!」という言葉は、原作タイトル「ミニスカ宇宙
海賊」のミニスカから連想すると「ああ・・・なるほど」という改題だ。知識、教養
として知っているし解かるが、若い世代には「どうしてモーレツなのか?」と思う
ところ。小川ローザ、ミニスカート、Oh!モーレツ、スカート捲り流行、ハレンチ学園
などで検索すれば裏が取れる言葉だったりする。

1~13話は茉莉花が「弁天丸」船長になり、ヨット部、電子戦、研修、訓練、
初仕事、高貴な密航者、黄金の幽霊船探索といった内容。13話までの展開は実に
飽きの来ない構成と展開で、結構お腹一杯になる。基本的に過去の有名作品リスペクト
な箇所も散見され、若い世代よりも、ヤマトなどの松本零士作品に親しんだ我らおっさん
世代がはまり狂喜すること請け合い(笑)

細部にいたるSF考証も唸るし、楽しめるし、「そんなわけないw」などと突っ込み
ながら観るのもホント楽しい。そんなモーパイが2月22日から劇場版公開というの
だから、当然観にいく所存でありますよ。


モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵‐(1) (MFコミックス アライブシリーズ)モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵‐(1) (MFコミックス アライブシリーズ)
(2014/03/22)
ちび丸、劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会 他

商品詳細を見る



劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 弁天丸 Tシャツ ブラック サイズ:XL劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 弁天丸 Tシャツ ブラック サイズ:XL
(2014/04/15)
コスパ

商品詳細を見る



モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) (初回限定版) 全7巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) (初回限定版) 全7巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
(2013/07/25)
不明

商品詳細を見る



ミニスカ宇宙海賊1 (朝日ノベルズ)ミニスカ宇宙海賊1 (朝日ノベルズ)
(2008/10/21)
笹本 祐一

商品詳細を見る




14~26話は、元部長の政略結婚阻止(元部長からの依頼)や、ティンギー
(1人乗りヨット)レース、宇宙海賊狩りなど、どれも「ええっ!?」な面白さ。
後半も面白く、26話のサブタイトルがヤマトリスペクトだったとは、「ヤマト2199」
を去年観たから気付いた。3月1日土曜日は映画の日。1000円で観られるから
行きます。2月は貧乏すぎて前売券が買えなかったからなぁ・・・情けない。

劇場版 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 加藤茉莉香劇場版 「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 加藤茉莉香
(2014/08/31)
メガハウス

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |

大雪で往生した土曜日。会社の一部設備の屋根が落ちるし・・・。

2月8日土曜日に降った雪は、夕方までにズンズン積もり、深夜には車などスッポリ
覆ってしまうほどの積雪でした。9~11日まで二泊三日の日程で平日の月曜を休日に
してまで計画されていた社員旅行(俺は派遣社員なので行かないが・・・。)は、やはり
土曜の夕方には「中止」の連絡が入り、ただの三連休になったそうです。

夕方、30cm以上はあったから、そりゃあ翌日の仙台空港も欠航が相次ぐわけです。
それよりも、空港に辿り着くまでが困難な状況下ですね。まともに走れるわけがない。

「先週の雪はひどかった~」と言葉が飛び交った先週、また週末の土曜日の雪が大雪と
なり、朝から出勤前の雪かきは自分の車だけしかできなかった。30分雪かきして
家から出せたのはいいが、団地の敷地から県道に出る際にスタック。県道側の方がやや
位置が高いので、わずかだが傾斜がついている。そのポイントで雪の多いときにスッタク
するのは例年通りゆえ、用意したスコップで約1mほどの短い傾斜を雪かき。

その時点でそこには約30cm程度の雪が積もっていた。通勤途中、着雪があまりにも
酷いため、夏用ワイパーなど効果が薄く、フロントガラスに張り付いて残り、それが
直ぐ凍るから始末が悪い。ワイパーのゴムにくっ付いて取れなくなった雪が凍っては
くっつくのを繰り返すため、少しづつ厚みを増して、ワイパーの役目を真っ当できない。

視界不良になる程の重く水気の多い雪だ。走行中不安になり、時々降車してはワイパーに
凍って張り付いた雪を落とす。幹線道路ではなく、人通り車通りの少ない県道や町道
だからできる事だ。家から会社までの約13kmの距離を大体35分かけて辿り着いた。
車を出すだけで約30分だから軽く1時間はかかってる事になる。

出勤してみると、「え?よく来れたな(笑)」「どうせ半ドンなんだから無理して来なく
ても良かったんじゃね?」「こういう日は無理せず休んでもよかったのにw」等々・・・。

「休めばよかった!!」

2月15日土曜日。結局、朝から降る雪はやむ気配さえもみせず、ドンドン積もるので
当然雪かきがメインの仕事になった。10時の休憩までずっと雪かき。その後、屋根の
ある作業場で分別作業をやる事になったが、結局12時まで雪かきと集めた雪を捨てる
作業におわれる班の人達もいた。

11時時点でも、降る雪が解けることもなく、ドンドン積もるので、雪かきを繰り返し
てもほとんど意味を成さなかった。そんな半ドンで終わった仕事のあと、家に帰るまで
が大変だった。


大雪で往生した土曜日。会社の一部設備の屋根が落ちるし・・・。…の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりあえず車の事は片付いた。

今日は平日なんですけれど、会社は2泊3日の社員旅行なので火曜日まで3連休。
俺は派遣社員なので当然旅行には参加できないのでそのまま休み。先週の火曜に
納車して、スタッドレスタイヤに履き替えたために外されたノーマルタイヤを
後部座席に積んだまましばらくすごしていましたが、ようやく以前乗っていた
車のアルミ付きタイヤを処分できました。

これで、ようやく車に積んだままのタイヤを収めるスペースが確保できた。当初、
オヤジのマーチや、今回の車のタイヤサイズは同じなので、そのまま残しておく
事も考えていて、タイヤラックを購入して屋外保管しようかとも考えていましたが、
今週末の全国的に記録的な大雪の被害は宮城県でもひどく、家近辺はあっという間に
50cmも積もる大雪でした。

「屋外保管するとすれば、どこにタイヤラックを設置するか?」という問題はあえなく
頓挫。「ノーマルタイヤを2組持っていても邪魔なだけ」という考えになり、前の
タイヤは処分する事になった。ただ処分するなら最寄の車屋や修理工場に持って行き、
廃タイヤ処分料金を払ってしまえば事は済むのだが、こういうのを中古買取する店とか
ありそうな気もしたので、携帯で検索すれば何件かヒットした。

名取市、太白区、宮城野区・・・他。場所的に一番アクセスしやすい名取のタイヤ
買取店に行ってみた。タイヤもホイールもピカピカの新品に近いわけじゃないし、
むしろホイールなんて汚いし、腐食も一部ある。最高4000円か、最悪は無料引取り
か、処分料金を取られる場合を想定して持ち込んでみたら、4本で1000円。

「申し訳ないですけれど、うちではコレしか出せませんね・・・。」と店の人に
言われたけれど、この後タイヤを持って別の店舗を回るのが遠いし、面倒なので
あっさり承諾。

「あ!いいですよ1000円でも。」前述の思いは口に出さず飲み込んで言った。

店内に戻って千円札を一枚もって手渡しする店員さん。
「え?免許証とか提示しなくてもいいんですか?」と訊くと、
「明らかに盗品くさいピカピカなタイヤとかホイールならそういう受け取り証とか
書いてもらうんですけれど、そういう訳アリ商品に見えないタイヤを持ち込むお客
さんは普通の方で、あやしくないですから(笑)」とのこと。

あとは続けて何度もタイヤを持ってくるお客さんには、免許証提示させてもらう
場合はありますね・・・との事。

まあ・・・これで、後部座席に積んだままのタイヤが手元から離れてよかった。
あとは自由に自分の私物を積んでおける状態にできる。

ところで、去年の暮れに突然リアサスペンションの根元腐食による要修理状態の
車は廃車処分され、急遽乗り換える事になったわけだが、前の車であるスズキの
Keiの特別仕様車にあたるKei KANSAIという車が今度の乗る車に
なった。

はっきり言って、安かったから。という理由一つと、自宅から車で取りに行く
のに遠すぎなかった。という事と、以前から知っている店で、スズキのディーラー
でもある店舗だったからというのもあった。激安過ぎて現状渡しは当然では
あったが、納車前に一通りの点検、ちょっとした補修整備と、2年間オイル
交換無料など、売りっぱなしでは無いところが心をくすぐらせてくれたので
購入に至った。

まあ・・・安けりゃいい。

それだけでした。決してKANSAIモデルが欲しかったわけではなく、むしろ
限定仕様車っていうのは嫌いなんです。こういう限定車というのは同一車種でも
部品が合わないとか、部品入手困難とか、そういう問題があとから発生する事も
あるので経験上さけていました。むしろこういう仕様モデルが存在していた事
じたい知りませんでしたよ。

そしてKANSAIと聞いて、「関西?なんで?」と、思ったわけで、山本完斎
さんの名前が出るまで時間かかりましたよ。正直なところこの車、見た事無かった
デザイン。外観からしてKeiだとはわかりにくく、Keiに乗っていたからこそ
わかる代物。色も変な色ですよベージュとか、オバハンくさい。年寄りかよって
いう馴染まない色。

激安の理由はぶつけた後が残っているからです。走行には問題ないとはいえブサ
イクな傷つけかたです。後部の凹みと傷が恥ずかしいなぁ・・・俺じゃないのに。

この車でいいな・・・とちょっと思ったのはカーオーディオ。これはそういう
元々の仕様のようで、CD/MDラジオ、カセット付きコンポ。まだラジオしか利用
していませんが、多分使わないのはMDですね・・・MDは一枚も持ってないし
使った事が無い。というかMDはカセットテープより先に滅んだ記録メディア。

ラジオの感度も良好。前の車では大河原、村田付近では受信感度が悪く、最悪
な場合全く聴こえなくなるという日もある状態でしたが、今度のは問題なし。
CDやカセットよりもむしろラジオの方が利用頻度は高いのでこれはこれで満足。

肝心の乗り心地も悪くない。Mターボという中低域の加速をよくしてあると、
Wikiか何かでみたけれど、ホントにそうで、加速感覚は単気筒か2気筒バイクの
アクセルを捻る感覚に近い。踏んでからモワwwっと加速する今まで乗ってきた
軽ターボ車とは全く違う。

アクセルを踏んだ分だけ加速するから、油断しているとあっという間に80Km/h
とか出してしまう。スピードには注意したい。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。