うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

イデオン~発動編 バンチャで31日22時からやるよん。

まだ放送、配信前なのでコレを書いています。バンダイ・チャンネルにて
「伝説巨神イデオン~発動編」が31日22時~ライブ配信されます。
バンダイチャンネルの会員の方は無料で、非会員は有料だそうです。
久しぶりに劇場版のイデオンを・・・という俺と同世代の方々は多いと思います。
自分はというと、実は劇場版は観ていません。TV版の再放送をかいつまんで観てきて、
TVシリーズ最終話で「ええっ!!!!」っと、ショックを受けたためか、劇場で観る気力
を失っていたと、当時を振り返って思い出しました。

あの当時、10代の自分は、この作品をどう受け止めれば良かったのかと自問自答
しながら観ていたように思うけれど、話数が進むにつれて希望を失い、絶望させるアニメ
って・・・ひでぇよサンライズ&富野監督。と、ブツブツ言いながら観ていた・・・。

ガンダムの次にきた富野由悠季監督の代表作である事は、感覚的に解かっていた
つもりだが、全く解かってない事にも気付かされるイデオン。

アオイホノホの作中、庵野秀明がダイコンⅢを創るに至って、岡田斗司夫が集めた
制作スタッフを見た庵野君が言う台詞に、「教育はできているのですか?」というのが
あり、岡田「教育ってなに?」庵野「どんなアニメを観てきたのか、という事です」に
受けての雑談に岡田が対応し、ガンダムの話題から富野監督にふれ、庵野君曰く、
「いや、富野監督といえばガンダムだが、今はむしろ『イデオン』を知るべきではないか?」
といい、岡田斗司夫が「イデオンのビデオも彼らにみせよう~」と言うが、用意するのには
時間がかかる。

こんな事もあろうかと、庵野君は自らが持って来たイデオンのビデオを岡田邸の
プロジェクター装置でブッ通しで見せるという蛮行にでて、彼らを教育するという・・・
イデオンってなんなん?

「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)
(2014/03/19)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る



伝説巨神イデオン Blu-ray BOX伝説巨神イデオン Blu-ray BOX
(2013/02/20)
塩屋翼

商品詳細を見る


超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン
(2007/03/31)
バンダイ

商品詳細を見る



超合金はマジで高いな。金に余裕のある趣味人向きだわ。
子供向けの超合金では無い事は確か。

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】 [DVD]伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】 [DVD]
(2001/01/27)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る


伝説巨神イデオン DVD-BOX伝説巨神イデオン DVD-BOX
(2010/12/15)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る


伝説巨神イデオン完全設定資料集伝説巨神イデオン完全設定資料集
(2007/03/26)
不明

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「宇宙戦艦ヤマト~追憶の航海」観てきた。まぁ・・・観たのは先週の土曜日なんですが。

Twitterのタイムラインにて、ヤマト劇場版公開にあたり、トークイベントや、出演者の
舞台挨拶などの話題が流れてきて、「あ!もうヤマトの新作やんのか!!」と思って、
公開11日から約1週間後の先週土曜日に仕事が終わってから観にいきました。

風邪気味なのか、時々咳き込む事があるので、わざわざ薬王堂で咳止め薬を買って
飲み、昼食前にシャワーを浴びて禊をし、万全の態勢でザ・モール仙台長町にある
MOVIX仙台へ向かった。土曜の午後、昼下がりの時間帯ゆえに車が多く、大体1時間
以内で着くはずの道のりなのに1時間15分ぐらいかかった。

一般車両でノロい車が多いから、交差点ですぐ渋滞する。昂ぶる思いが、イライラに
変わりそうになるのを堪えつつ、MOVIX仙台に到着したのは上映前35分ぐらい。
チケット購入時に、上映するホールの小ささに驚いた。公開1週間でもう上の階の
9番ホールなのかよ?そういえば去年の夏休みに観た「パシフィック・リム」も9番か、
10番ホールで観た覚えがある。

小さい箱=不人気・・・の構図が脳裏をかすめ不安になる。開場時間になるまでの
待ち時間は、チケット売り場の下の階にある島村楽器にてアレコレ物色。ウクレレの
ペグを探してみたが、そんな置いていても売れないパーツは取り寄せのようだから
当然置いてない。ギターのペグなどはあるけれど、1つ980円とか高いのか安いの
かよくわからなかったが、ちょっと気になるパーツはあった。ま、買えないけどね。

そして、開場。ぞろぞろとヤマトを観に来た人達が集うわけだが、客足もまばら。
大勢来ている印象は程遠い。観に来ている人は家族連れなら、お父さんと息子の
場合が目立ち、カップル率低し。単身、俺みたいに一人で観に来た男性も多いが、
ほとんど全員若くない(笑)若い人もいる事は居たが、70年代後期~80年代初頭
にかけてこの世界に浸かった人達が客のほとんどだろう(笑)

映画泥棒のCMの後、始まったヤマトはいきなり冥王星での戦い。対反射衛生砲戦
であった・・・あれ?新作じゃない?ここで気付いた。

ヤマト2199の劇場版=是非!観にいかなければ!! という使命感が先行し、
粗筋や、事前情報を仕入れずに観にいった自分が悪かった。

総集編でしたね。


宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [Blu-ray]
(2014/11/21)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る


宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [DVD]宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [DVD]
(2014/11/21)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る



ああ・・・追憶の航路じゃなくて、「航海」か!!サブタイトルも間違えてたwww
直せるところは直しておこう。観にいった日に、Facebookにこの映画の事をUP
したけど、あっちの方も「追憶の航路」でコメント書いてしまった・・・orz

う~む。実生活でもこういう間違い、勘違いが多い性分なのでブログタイトルに
「うろ覚え~」を使っているのだが、いやはや判ったあとの恥ずかしさはたまらん(笑)

職場でもこんな調子なので、「いつも通りですね」と失笑される事は多い。

ダメだこりゃ。

TVシリーズの再編集、総集編という事で、どういった内容かというと、主な戦いを
中心に構成した内容。特筆すべきは沖田艦長の登場回数が多いので、その台詞
をきいているだけでも胸が熱くなる。「窮地にて活路を見出せ!!」とか、ズンズン
響く。

そして、まとめる前からわかってはいたけれど、デスラー総統のやる事はホント
「自分のため」にしかやってないという風にしか見えない。旧作では少なくとも、
我が母星、ガミラスの窮地を救うために戦っていたはずなのだが・・・。(自分の記憶
ではそうだったような?)

ほぼ戦闘シーンで構成されていますので、ヤマト乗組員の個々人のパーソナリティ
に触れるエピソードはほぼ割愛。糸目の伊東によるクーデターはあったけれど、それ
ぐらいかなぁ・・・。なお、驚いたのは「さあ、帰ろう」と言って、イスカンダルを出発する
シーンでエンドロール。

実は生きてたデスラーが襲撃するシーンも割愛。エンドロールに差し込まれるカラー
イラスト(静止画)は割りと良かった。それぞれのプライベートを活写したみたいで。
そして地球に近付いてきて例の沖田艦長の最期は映像が流れるまま。基本的に、
みんな知ってるからあえて台詞は流さなかったのかと思う。

そういえばエンディング曲、個人的にはそれも「真っ赤なスカーフ」にして欲しかった。
あの曲が流れたら多分、同世代のファンは泣く。あの曲こそヤマトなんだけどなぁ・・・。

宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ
(2012/04/25)
ささきいさお

商品詳細を見る


今回の劇場版のEDに流れた曲、もうちょっと静かにかかっても良かったと思う。
余韻に浸るにはちょっとうるさいと思ったのは俺だけかな・・・?


テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |