うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

久しぶりの面接・・・。(先週金曜日の話)

今の現場、一ヶ月大体25~26日稼動で、残業なしなんだけど、体力的に疲れる割りには
収入が少なすぎて、もう色々と我慢できなくなってきた。転職、または、違う派遣先への
異動を希望しているところにリクナビ経由でオファーが来たから、それに乗っかってみた。

オファーに対してweb経由で応募したところ、翌日には面接の予約を勧めるメールが届き、
即日面接の予約を入れた。先週、ゲロって体調を崩し、午後から早退した金曜日の夕方
の事である。高熱が出ている中、電話で予約をしたのだが、金曜の午後イチに仙台駅前
という時間的に早退するには半端な時間帯なので有給休暇を取得した。

普段から嘘をつかないから、休む理由を捏造して搾り出すのがホント大変だった。
正直に「面接に行きます」と言うと今の現場にも、所属している会社にもばつが悪いから、
言い訳のひとつに「大学病院までへの送迎」(実際、母が定期的に通院している)なども
考えていたが、自分の定期的な採血検査の予約日が近いので、予定日を金曜日にずら
して、堂々と「採血検査」と休暇届に理由を書いて提出した。

もう~ホント、給料さえもう少し良ければ、別に今の仕事を続けてもいいのだが、派遣社員
の立場から、進展も望めそうも無い現状にいつまでも我慢していては生活がままならない。
マジで貯金とかできないし、色々切り詰めていたら人間らしい文化的生活ができなくなる。

働いて、メシ食って、寝て、税金納めて・・・という潤いの無い生活が果たして幸せなのか?

これではただの奴隷より酷い。そんな現状を含めて、面接の時に色々と面接官に吐露した。
面接は仙台駅前のアエルビル内。普段あまり行かない仙台駅前なので、アエルビルの
駐車場に入るのに往生するかと思っていたが、意外にもスムーズに入れたので良かった。

約束の時間15分前に事務所に行き、会社のパンフレットや、簡単な会社説明のための
DVD閲覧。個人情報に関する覚書に捺印等々の他、簡単なアンケートや、スキル確認の
ためのアンケートに答え、最終的に最初に係の方に手渡した履歴書、職務経歴書を予め
チェックしてきた面接官との面談となった。

技術職系統のオファーなのだが、製造ラインに入って、検査、加工などに従事した程度で、
専門技術を取得しているわけでもないただの文系の人間、それなりに例えれば、製造ライン
内の技能工ぐらいのスキルだから、できる仕事の方向は限られていて狭いのに、何故
オファーのメールが届いたのかが解せなかったので、そのことについても逆に質問してみた。

こちらとしては、オファーに応募しても直ぐに断られて、面接に辿り着く事はないと考えて
いたからだ。web上の履歴書にも書いていた些細なスキルが、職務経歴書にも書いてあり、
その事に触れて面接官が応えてくれた。

「なにもない未経験者より、ある程度、現場で働いていて、些細にも思える・・・例えば、
エア・マイクロメーター、デジタル・マイクロメーターが扱えるだけでもこちらとしてはあり難い
し、品質管理に対する姿勢や心構えも自動車部品の現場で体験されているだけでも
こちらとしては良いのです。特に自動車関係の品質管理は厳しいですから・・・云々」

初めて職務経歴書に書いた事が生かされたと感じた。勤務地や、給与、交通費など、
今後の話や、趣味や最終学歴に関する事から、人生観、真面目な話に楽しいバカ話
なども織り交ぜながら、自分の人となりを見られて、引き出されたような時間だった。

かなり濃厚な話が多岐に渡り、だいたい持ち時間15~20分以内の簡潔な面接を
多く経験した自分には長く感じた面接で、実際に面接が終わって、駐車場を出て料金
の支払いをした領収書を見ると2時間19分とあった・・・。

駐車場に入って、面接する事務所に向かうまで約15分。最初に顔を合わせたのが
面接を取り次いでくれたオペレーターの女性で、あれこれやって約30分程度。その後
に面接されたから1時間は軽く越えて話をしていたようだ。

こんなに時間をかけた面接は初めてでした。去り際、それほど悪い印象は無く、むしろ
いけそうな気がしたけれど、決めるのは埼玉にある本社の人事部なんだそうで、どう
なるかわかりませんけど、採用されたらいいなぁ・・・とは思っています。






スポンサーサイト

テーマ:仕事探し - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やっぱり、8月中に今の現場を辞めて、次ぎの場所に行くべきだな・・・と思った。 | HOME | 今夏のアニメで気になるのはコレかな・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |