うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「俺物語!!」の原作購入困難な状況が続いています。

アニメ化されて急にマンガ原作が気になり、購入しようと動いたのが7月からなんだけど、
相変わらず「俺物語!!」のコミック入手が困難である。






それでもなんとか1~6巻まで入手できたのはブックオフだった。新刊書店では
相変わらず最新刊以外の既刊は在庫無しの状態が続いている。Amazonでも新刊
入手は困難だ。入手できても送料別で割高だし・・・出版社に意見してみるかな?

*)集英社、別マのサイトを検索し、調べてみる。

集英社・・・メールは受け付けてないようで、質問は電話対応とのこと。なんだよ・・・。
別マの公式サイトも、集英社の宣伝専用twitterアカウントも質問には対応していない
とのこと。なんか一言、メールで書いてやろうと思ったけど、ダメだな・・・。読者の意見
も聞かないのかよ・・・。

*)講談社のサイトも念のため調べてみた。

講談社もメールでの質問は受け付けてないようだった・・・そりゃあ、出版関係はそう
なのかもしれない。社会的影響力がある大手出版社がいちいち数多の読者に細かく
対応していたら、本来の仕事が疎かになるかもしれないからなぁ・・・そこはこちらが
察するべき事かもしれない。だったら毒を吐くまでだw

思うんだけど、「この作品は売れる!!今のうちにバンバン売ろう!!」という会社の
意気込みが、通常の書店の平台平置き、既刊最新刊の山を築くわけだ。最近の記憶
では「進撃の巨人」のアニメ化で、在庫が瞬時にはけ、重版が追いつかなかったけど、
講談社のヤル気は書店にも影響を及ぼした。

一方、集英社の「俺物語!!」はアニメ化から在庫がはけて、既刊本の重版が書店側
に反映されていないようにみえる。講談社のヤル気とは対極の売る気の無さにはがっかりだ。
「失敬な!勿論売る気はありますよ!!」と言うかもしれないが、書店での平置きは現状
では見当たらない。中古も入手困難だ。

Amazonをメインで通販を利用しているけど、他の通販サイトでも在庫待ちのていたらく。
重版かかってないのかな・・・。この「購入欲求」が高い状況が冷めたら終わりだ。集英社は
一番のかきいれ時、旬の時期を逃してしまう事になる。それを判ってないから書店に平置き
の山ができていないのか?いや、旬である事は自覚しているはずだ。

各通販サイトでも「入荷待ち」状況が続いているなら、それに応えるべく重版出来している
はず。それでも書店に並ばないのは、やはり実店舗より通販への在庫対応に追われて
いるのだろうか。「俺物語!!」8巻に関しては新刊の在庫が集中しているのは、送料
込み対応をしている新古書店ぐらい。どうせ東京近郊の書店に偏っているのだろうと
思えば、以外にも福岡や鹿児島の書店も対応していた。

在庫が都市部に集中しすぎて、地方(宮城県)にまで対応されていない!!と、

叫ぶところでした(笑)でも、実はホントだったりするとザンネンだなぁ・・・。

アニメ化で原作マンガが急激に売り上げ部数を伸ばすのはよくあることで、最近だと
「進撃の巨人」が凄すぎた。アニメ化されTVシリーズから火がついて、瞬時に、即日
にして書店からコミックがごっそり消えて、重版もなかなか追いつかないという事態
が発生。この「進撃の巨人」に関しては従来のマンガ好き読者層よりも、いわゆる
ワンピースなども好んで読む一般読者層を刺激した影響だと思われる。

そんな反響に応えて各書店への配本数を増やし、平台&平積みの山を増やして
売り上げ部数を伸ばした講談社の対応は出版社として当然の対応をしたと思う。
ひるがえって集英社の対応は鈍い・・・。アニメ化で爆発的なヒット作品になった
「俺物語!!」への対応がハッキリ言って悪い。








「進撃の巨人」は少年誌で、少年向けかと思えばそうでもなく、知ればわかるが
大人をも惹きつける作品世界がそこにはあり、世代を越えて人気があるとわかる。
実際、facebook上でのやり取りで、還暦過ぎた方々にも人気である。言わば全年齢
対応作品であり、その後も残る作品であると確信できる。

「俺物語!!」は少女誌とはいえ、別冊マーガレット掲載だから中高生以上が
楽しめるラブコメなのだが、従来のラブコメには無い規格外のキャラ剛田猛男
の存在が核心部分となるわけで・・・あ、「進撃の巨人」と比較してわかった。
この作品は全年齢対応はしていない。読まれるべき読者層が狭い。一般の
「ワンピースは読むけど他のマンガは読まない層」を刺激するファンタジー部分が
少ないような気がする。




それでも、この作品に関しては男性読者層を刺激する要素があるので、もっと
強く売り出すべきなのに勿体無い・・・。

*)昨晩、アニメ版をバンダイchで視聴したら最新話の21話が、既に6巻以降
のエピソードになっていて愕然とした。20話「俺のバレンタイン」までは読んだ
記憶があり、猛男が弾き飛ばした手紙を川に飛び込んで拾うところまでは6巻
の内容だったと思う。砂川に想いを寄せる10年見つめ続けてきた女の子・・・。
自らストーキングしていた事を告白した21話で、初めてまともに砂川と対峙する
わけなのだが・・・。くそっ・・・原作を先に読みたかった!!


スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なかなか次ぎの派遣先へ異動できない理由は、代わりの者が見つからないからなのか? | HOME | 「峰不二子という女」・・・かっこいい作品だな。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。