うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

渓流解禁!初釣りに行って来た

今週は遅番で深夜午前一時半や2時頃の帰宅が続いている。
毎年この解禁当初はサクラマス狙いの釣りがメインゆえ、早朝の釣りが当たり前なのだ。
しかし、あんまり無理して睡眠不足気味でゆくと、釣り場での体力が持続せず、がまんして立ち続けていると突然頭がクラクラして、フッと気を失う瞬間があったりする。
そんな時が危ない。

膝がガクン!とおちて、その場にへたり込むと足場の悪いところだと、そのまま水面にダイブしそうになる。
何度か睡眠不足のまま釣りに行ったことがあるけれど、この頃は体力不足なのか2~3年前よりへたり込むこともままある。情け無い・・・。

去年の暮れにかけて酷い腰痛や脚のツッパリ(コリ?)に悩まされてきた。まだ完全に痛みがとれてはいないので、体力的に無理のないよう釣りにのぞむことにした。


昨晩(土曜の午前1時40分頃)の帰宅も遅く、結局寝たのは3時30分頃だ。
6時起き、7時起きでは辛い睡眠時間しかとれない。
無理をしないように9時起きにしたけれど無理でした。惰眠をむさぼり30分後に起きて階下の
居間のコタツに入って漫然とTVを観ていたが、たいして興味をそそる話などなく、無駄な時間が過ぎていった。

結局コタツにもぐって二度寝。気が付けば10時半だ。
もはや午前中の釣りはできない。あきらめて昼以降の釣りを考える。
サクラマス狙いはあきらめて、本流ヤマメ狙いの釣りをすることにした。
去年の禁漁に入る前の最後に入ろうとした河川に行った。

去年の最後はS川の後にM川に行ったのだが、M川では物凄く深いブッシュに悩まされ、果敢に藪漕ぎをして川に向かったのだが、胸の高さまでズッポリ草の茂みに埋もれてしまう程のススキやらツタやらが、身体を押さえ込むがごとくからまるのだからたまらない。

藪漕ぎだけで1時間くらいかかったような記憶がある。しかも川には辿り着けなかった。(ナタでも持ってくるんだったと後悔した)

その時の記憶があったから、とざされた河川にヤマメが大きく育ってウヨウヨいるものと「取らぬ狸の皮算用」などしながら、ガタゴトと車を乗り付けて釣り始めたのは午後1時過ぎ・・・。

気温が高めで、防寒用のジャンパーが暑いくらい。かぶっているニット帽のデコのあたりはジットリと汗がにじみでていた。
「水温も高め」だと感じた。(水温計はない。手で感じた温度で思った)
釣れると思っていたから、反応の無さには少しがっかりした。
あれこれとルアーを替えては投げていたけれど、追ってくる様子もない。集中力が切れそうになったころにミスキャストで、対岸の猫柳の枝にDコンタクトを引っ掛けてしまう。
最悪なのは枝にきっちりとクルクルと回ってからまってしまった事だ。

平常の水位だとルアーの回収が無理で対岸には渡れないのだが、御存知のとおり超歴史的暖冬で雪も少ないうえに、雨も降らなかったここ数ヶ月の水不足のため水位はやや渇水気味だったから、Dコンタクトを無事回収することができた。

キャストの精度も約半年のブランクで落ちているのが実感できる。
そうそう、猫柳もなんか綿毛を出していったっけ。ポワっとして可愛い花(でいいのかな?)で、短毛で毛並みのいい猫を想像する。

うちの猫達は撫でると猫毛がバラバラとからみつく。そんな季節なんだ。
なんとか粘って「一尾でも!」と投げ続けたけれど、結局ダメでした。

時間は午後3時40分頃、まだやれると思い移動する。
その釣り場から下流に1km以内の場所へ行く。

そこでもなかなか釣れない。反応も無いようなので、あきらめて帰ろうと思った時に

「きた!!」

やっときました!釣れました!ひさしぶりの感覚に曇りかけた頭がすっきり晴れます。
サイズは22~23cmほどで、細い魚体のヤマメです。
が、残念ながら画像はありません。帰り際ということと初物で、この一尾以上は望めないと感じたから素早くリリースしました。

一応ヒットルアーだけは後付け画像としてのっけておきます。
コータック岩魚ルアー3g・金緑です。

RIMG0533_512.jpg


川幅約40~50mと幅のある川だから、7gくらいのスプーンやDコンタクト65サイズを投げたりしていたのに、釣れるのはマイクロスプーンの類いにはいる3gのルアー。
川幅や規模でルアーの重さや大きさを選択するけれど、こういうこともあるからルアーフィッシングがやめられない。

ちなみに、スプーンのとなりのスピナーは一応わけありでのせました。
別の機会にこのスピナーのことは触れるとします。

まあ・・・解禁して3日目で(3月の早い時期の釣り)一尾でもヤマメが釣れたのは嬉しいかぎりです。

スポンサーサイト
ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<週刊文春3月8日号~「くいいじ」から・・・。 | HOME | 2007年渓流解禁!ですな>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。