うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「新・ブラック・ジャックによろしく」~が何故スピリッツに?まあいいか・・・。

たしか・・・「週刊モーニング」で連載していなかったっけ?
講談社から小学館に作品じたいを移籍ですか・・・。
まあ、作品じたいが掲載雑誌を移ることはよくあることなので、
今作品も「何かしらあって」の移動なのですが、ドラマにもなって有名作品にもなったのに講談社が「モーニング」から放出したのは何故?

訊くのは野暮な話なのだろうか?

まあ・・・別に詳しい情報をきっちり仕入れたいわけではないので別にかまいません。
しかしね~モーニング連載中も感じていて、この作品の表に出てくる「僕が感じる違和感」ってなんだ?

っていうのが最近「スピリッツ」で連載されている今作品を読んできてわかりました。

「画風」「絵柄」があまり好ましく感じられない

という事らしいのです。


画面全体でみせる風景や造型の細かさ、繊細な表現・・・なんとなくわかります。
が、登場人物の全ての人たちが何か・・・腹に底暗いモノを隠し持っているというか・・・

陰気、陰湿、陰険な雰囲気が画面から

漂ってくるのが、僕の感じた違和感であると

わかりました。


作品上、どうしても避けられない表現であるのかどうかはわかりませんが、「冷たい表現」「冷酷な世界」を演出するのが目的ならば、作者の表現(描写)は成功しています。
しかし、恐怖マンガではないのだから(いや、ある意味『恐怖』マンガかもしれない)あの表情の乏しい陰湿な「眼」はあんまり気持ちがいいものではない。

この作品のファンには申し訳ないが、あんまり触れたくない作品だと思った。
けれど、読んでしまうよね。
それは僕の暗い性格がなせるところかもしれませんね・・・。

そうか!佐藤先生は「恐怖の館」とか「サスペリア」とかで恐怖マンガを描けば、違うファン層も獲得できるということだ。
恐怖マンガ・・・すでに描いているのかな?
もしかして恐怖マンガからのメジャーデビューが「ブラック・・・」なのかな?

まあ・・・顔の骨格や肉付けの仕方が「怖い」です。

です・・・で思い出した。「DEATH NOTE」DVDの発送がされたらしい。
2~3日中には手元に届きますね・・・楽しみだ。

作品移籍、移動の件で気になるのが「軍鶏」だ。
「イヴニング」に連載されていたのに佳境にきて足踏み状態。
あの「ボーダー」コンビは「モーニング」で「歌舞伎」を題材に作品を連載しているけれど、まさか「軍鶏」はどこかに移動したのか?
もしくは中断?打ち切り?・・・誰か情報提供願いたい。



スポンサーサイト

テーマ:アニメ・漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<悲しきかな・・・。 | HOME | 今週号の「ヤングサンデー」~アオイホノオ(前編)~島本和彦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。