うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」~より

今、見終わって書き込んでます。
鷲津社長・・・なんだか冷酷非情な面の裏にみせる「過去」への良心の呵責をたびたびみせていました。
三葉銀行時代の「過去」に今回も良い着地点がみつかるように動きますが・・・
うまくいきません。

あんまり・・・というより、ほとんど解らない会社経営にからむ金の動きの複雑さに混乱しそうなドラマですが、社会派ドラマともいうべき「人間関係」の細やかさや、心理戦をまのあたりにして解ったことは、料亭の接待では「気楽に酒が飲めない」うえに、完全に「接待は仕事」であることを僕は認識しました。
(そういう接待がある世界や、ポジションにいないので今まで解りませんでした)


まあ・・・緊張しながら観ていますけれど、「引き込むチカラのあるドラマ」といえると思います。

今回は松田龍平の出番も多かった。あの演技・・・だんだん親父に近づいてきたような気もする。

このドラマが凄いなと感じたのは、「視線の演技」ができる俳優達を揃えたところだ。
芝野役の柴田恭平があんなに演技のできるヒトとは思っていなかったのでビックリだ。
先週の株主総会のシーンの時でも、大空電機会長の手紙を読み上げるシーンで嗚咽をもらしそうなのをこらえて演技する場面に、観ている側の僕がグッときてしまったぐらいだ。


レベルが高いな、NHKドラマ。

カメラワークや光線の使い方も「味」があって雰囲気抜群だ。
連ドラとか大河ドラマよりもこのてのドラマの秀逸さには感服する。

来週は最終回。・・・うちの親父が邪魔しなければ、観れるかな?
あんまりTVを観ないうえに、ドラマの続きを気にかけてしまう事はあんまりなかったのに、
ひさしぶりに気になったドラマです。




まあ・・・原作小説も読みたくなったので、買って読みます。
このTVタイアップで本を選ぶ事が最近多いな。
「白夜行」「砂の器」「永遠の仔」・・・。
濃厚な長編が好きなので、ついつい参考にしていますね。



スポンサーサイト

テーマ:ハゲタカ - ジャンル:テレビ・ラジオ

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<3月17日付~朝日新聞のコラムから | HOME | 天候が良かったので・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |