うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やれやれ・・・それにしても、なんだかなあ~。

14日と16日の書き込みで、3月末日で今の派遣先の工場を追い出されるようなことを書き、ついでに今年の自分に降りかかる運の悪い出来事の数々について、少しだけ悩んでいるような事を書いた気がする。

次に移動する工場の場所や、会社の規模、造っている製品は何か・・・等々を調べて、来月の何時ぐらいから働けるのかなど、すでに今の現場に後を残さず、身辺整理(使ってきた備品とかの処分など)を少しづつやりかけていたところに知らせ(情報)がはいる。





金曜日の昼間、労務管理の担当社員から連絡が入った。

「ネム太郎さん!来月も今の現場で

お願いします」


「はあ?・・・ちょ、ちょ、ちょっと、それは

どういう意味ですか?そのまま今の工場に

残留するってことですか?」


動揺して声が裏返ってどもる。

「ハイ!そうです。いや~びっくりしましたよ。昨日、事務所の掃除をしている最中に・・・夜の10時くらいかな・・・工場の方から電話がきて、急遽うちの会社の総数20名のうちの6名が指名されて、残ってもらうことになったみたいです。昨日の今日みたいな話なんですけれど、来月からもお願いできますか?」

先週「辞めてもらう」といわれ、今週末になって「残ってくれ」・・・だ。
急な話で途方に暮れていたし、断る理由も見つけられなかったので残ることにした。



「お参り」が効いたのかな?とも思われる急展開!
しかし、手放しで喜べる話ではないのだ。ちょっと考えたら解る話で、ようするに「簡単に派遣社員なんか放り出す事ができる」環境があり、「派遣社員のかわりはいくらでもいる」ってことだ。
怖い話だが、「現場の熟練工(ベテラン)であってもしょせん派遣社員」という考えがハッキリあらわれている。

今の現場(工場)の正規雇用を求めていたけれど、改めて考え直す機会がやってきたと考えると、現場に頑張ってしがみつくのもアホらしい。

簡単に解雇されるまえに、こちらから「三行半をくだす」つもりで、あらためて春から仕事さがし(転職)をしてみようかと考えている。

スポンサーサイト

テーマ:派遣 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第6話 最終回「ハゲタカ」を観て・・・。 | HOME | とり急ぎ・・・映画の前売りチケット購入・・・「蟲師」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。