うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひさしぶりに釣れた・・・。

先週は天候に恵まれず、今週もあんまり天候がよろしくない。
平日は快晴だったりするが、週末は雨の日が続いている。

本日も、天候は曇天模様で今にも雨が降り出しそうな状況のなか、
ヤマメ釣りに行く。

午前中は大物狙いで、松川と白石川の合流辺りで竿を振るのだが、
やはり反応も無く、むなしく時間が経過していくので、昼過ぎてからはヤマメ狙いで場所を移動した。


午前中の釣りの最中、自分の投げたルアーとは関係無く、
水面に跳ねたりするヤツもいたので、活性はそこそこ高めなのだろうと判断し、
ヤマメ釣りにして正解だった。

午後3時過ぎからの釣りだったが、そこそこルアーをチェイスするヤツもいるので、
そのうち掛かるだろうと、あれこれ投げていたら、どうやら赤金系統のルアーに
反応するコトが解った。

スピナー、スプーン等、普段から慣れていてかつよく釣れるルアーを流れに通してみたが、
あと一歩がおよばない。寸前まで追っているのに・・・食わないのだ。

スピナー、スプーンをあきらめて、ミノーを投げることにしてみた。
発売当初はあまり注目されず、その後大ブレイクしたヘヴィーシンキングミノー、
「D・コンタクト」である。
(このミノーがとにかく釣れた。パニッシュ、ウェイビー、シュガーミノー等々のミノーは自分に合わないのか、いまだに管釣り以外では効果が無く、まれにバス釣りには効果はあったものの、ヤマメ釣りのミノーではダントツに釣れるルアーだったのがD・コンタクトである)
D・コンタクトでヤマメをバカスカ釣ったのは、2004年くらいのことだったかな?
05~06年はさっぱり釣れなくて困っていたのに、今年になって復活である。
今日の釣果の2尾はD・コンタクトによるもので、しかも昨年購入した
トラウティンスピン・インターボロンのロッドとのマッチングだったのだから、感激の2尾だった。

ひさしぶりにD・コンタクトで釣ったうえに、型が20cmくらいの上に、
細い魚体だったので、素早くリリースした。
リアにシングル・フック一本なので、手返しも早い。
D・コンタクトに初めから付いているトレブル・フックは「エゲツナイ」ほど針掛かりはいいが、外すのがえらい大変だったうえに、無用に魚体に絡み付いて傷つける(目玉に刺さった)のが嫌になったから、シングルフック仕様にしたのだ。

中には腹側にもフックを付けているのもあるけれど、腹側も一本針にしている。
ルアーのバランスが気になるところだが、とりあえずシングル・フックにしても釣果にそれ程影響が無かった04年のことを思うと、そんなに気にするコトはないように思う。
(D・コンタクト・シリーズの65、85サイズに限っては、大物狙い用なのでフックはそのままの物を使用している)

ちなみにTSカラーとかいうヤツです。D・コンタクトの中では一番釣れる(そう信じている)色ですね。
あとはヤマメカラー。こいつでどれほどのヤマメが私の胃袋に収まったのかは忘れました。

最後の1尾はニアキス(スピナー)の赤金3gで18cmのヤマメを釣って納竿。

まあ・・・スミスの製品だらけですね。
スプーンもスミスです。コータック、パンサーマーチン・・・等々ありますが、
信頼しているのはスミスの製品ですね・・・。
いや・・・信者とは言いませんが、とにかく釣れますからね。

ちなみに03~04年の夏~秋にかけて時々バス釣りもしたけれど、
スミスのピュア・スプーンでバカスカ釣ったコトが忘れられませんね。

去年のバス釣りは、スピナーだったけれど・・・どんなスピナーでも釣れたなあ。
夕まづめ時に二桁・・・50尾前後。
釣ってる本人が一番驚いていたもの。だって、04年頃にスピナーでバス釣りしていたら、バラしまくりだったから信じられない釣果に驚いたもんさ。

バス釣りはさておき、今週末は真面目に早朝からヤマメ釣りに行こうと考えている。






スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<長崎市長、凶弾に倒れる・・・米大学で銃乱射、32人死亡 | HOME | 「ひまわり」が面白いねえ~。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。