うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

ヤングアニマル~「DMC」を・・・。

今週、久しぶりの新刊「ヤングアニマル」を見つけた。
隔週刊行なので、注意していないと読みそびれるのだ。
そういう意味では「イヴニング」「ビッグコミック系」等も同様なのですね。
で、最近・・・どうでもいいと思っていたマンガだったのに、不覚にも気になるマンガ作品に昇格してしまった、「デトロイト・メタル・シティ」・・・。
「DMC」を読んだあとは、それほど気にかけている作品が無い。
ページを繰って、「ホーリーランド」を読むくらいかな?「ベルセルク」も今まで読んでなかったので読まないくらいだ。(アニマルの看板マンガなのに・・・)

ただ、読みたい作品がひとつだけでも、一応雑誌全体の雰囲気(絵柄や指向性)を知るためにページをパラパラとめくると・・・、えっ!?
と、我が目を疑う見開きの作品告知をみつけるのだ。

羽海野チカ!?・・・新連載!?!!!!!

羽海野チカが「ヤングアニマル」に!?

新連載!?


え~っと、羽海野チカって、「ヤングアニマル」に縁があったのか?
詳細は省くとして、「将棋」が主題になっているようです。

「将棋」か・・・。ちょっと、なかなか読者層の開拓が狭い世界にあえて挑戦するのはいいのですが・・・連載開始前から不安になります。
「アフタヌーン」にも将棋マンガはありますが、ぼくは読んでいません。
が、「ヤングジャンプ」の「ハチワンダイバー」は読んでいます。

あ!書いていて気が付いた。「ハチワン・・・」の作者、柴田ナントカさんは、
「ヤングアニマル」で、格闘技マンガ(すんません、忘れました)を書いていましたね。
いや、それはいいとして、「ハチワン・・・」は将棋マンガなのに、強引なチカラワザで押しのけて、体力を使う作品になっています。
繊細さが無いところが惹きつけられる要素で、まさに「男の戦い」然としているのが
魅力かもしれません。
「知的」な戦いではありますが、汗と涙と鼻水にまみれる「将棋の世界」がぼくには魅力的なのです。

羽海野チカ・・・。全てを失った少年棋士が、全てを取り戻そうとする話・・・。
偏った考えに凝り固まった少年の心が、人間味を帯びて成長していく話なのかな・・・。


物凄く、読む前から不安になっているのですが、大丈夫なのだろうか?
一人のファンとして、心配しています。




思い出しました!

「エア・マスター」ですね!



スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヤマメ釣りに行く | HOME | 週刊少年マガジン~”Bloody Monday”等・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |