うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

夜勤明けでバス釣りに行った

夜勤明け、金曜から会社は3連休の小夏休み。水曜日も行った同じダム湖での釣りだ。
ひと眠りしてから、だいたい9時30分頃から釣り始める。
昨日よりもやや水位が下がっていた。この前5~6年ぶりにソフトルアーを使ったら結構釣れて、ハンハンジグの釣りも覚えたので、今回もソフトルアーメインの組み立てで釣り始める。

しかし長年ハードルアーの釣りをメインにしてきたので、一応そこそこのルアーは持っていった。
スピナー、ミノー等はトラウト用、クランクベイト、ポッパー、シケイダー等はバス用トラウト用を併用。

5cmくらいのトラウト用ミノー等の出番は今回もなかった。
ゲーリー4インチグラブのテール切れのやつと、短いセンコー、ハンハンジグ、そして本日最も反応が良かったのはデプスのチビアダーだった。


釣り始めの時は、ゲーリーグラブが効いた。が、ほどなくして反応がうすくなり、チビアダーに替えると、追ってくるは喰ってくるはで驚いた。効果は続きよく飽きもせずに掛かってくるな・・・とか思っていたら、半端な掛かり方もやや多く、バラシも結構あった。
フックの大きさがやや小さかったのか、フックポイントが甘くなっていたのか・・・。
多分、フックの大きさだろうと思い、やや大きめのフックを購入せねばなるまいと、ファイト中にも考えてしまった。
まあ、午前11時ぐらいまではこんな調子で、チビアダーに掛かったり、バラしたりの繰り返しだった。

ポイントを大幅に移動して釣りを開始したのは、コイ釣りのおじさん達が竿を何本も立てているところだ。そこはコイ釣りの人が居ても居なくても、つねに立ち寄る場所で、湖畔公園の駐車場からやや歩くから、お手軽にバス釣りをやる人達があまり来ない場所なのだ。
(駐車場近辺ではあまり釣れないけれど、そこで竿を振るバサーは多いんだな・・・)
かつて田んぼだったところなので、水気があるとズブズブの泥地と化している。よって、長靴は必須であり、できればウェーディングした方が、オカッパリバサーのアドバンテージは広がる。
(ぼくは常にウェーディングします。攻め方が増えるからです)
気温が高く、小魚を求めて回遊するバス狙いなら岸辺から沖に投げるよりも、沖に立ちこんで岸を狙った方が、断然反応がよい。ブッシュとかあればそこの風下か、影になるところを狙うのがいい。

場所を替えると、今度はハンハンジグへの反応が良かった。
昼過ぎからはハンハンジグとチビアダーのローテーションで釣りが成立してしまうほど、
安易に釣れる。軽い反応もドンドン拾っていくと、小さすぎるために針が貫通できずにバラしたり、
軽く噛んでルアーを持っていこうとしているだけなのをフッキングしたりと、色んな状況を楽しめた。

今日はラインが視認しやすい黄色いナイロンライン6lbを使用した。
トラウト釣りではここ数年定番で使用しているバリバスのラインですな。
ラインの反応や動きを見ながらフッキングするのには蛍光イエローのラインが便利です。

まあ・・・楽しげな釣りはここまで。今回はがっかりしたことがあった。
スモールマウスバスが数尾釣れたのだ。去年まで、バカスカ釣っても、だいたいラージマウスばかりだったのに、今日初めてこのダム湖でスモールを釣ったことに恐れを感じた。

釣り味はラージマウスを凌駕するほど、小バスでも引きは力強い。
たかだか24cmくらいでも、ラージマウスバスの30cmクラスくらいの馬力を感じた。

隣県の福島県では、スモールで有名な桧原湖とかがある。その辺から持ってきて、
密放流したやつなんだろう。型はだいたい22~24cmくらいと大きさも揃っている。
釣ったヤツの中には捕食した小魚を吐くヤツもいて、吐かれた小魚の大きさはわずか4cmにも満たない。ラージマウスよりもパワフルなスモールは手にとっても抗う力は強い。

こういうタフなスモールが密放流や再放流で生きながらえたならば、
他の魚種に与える影響も絶大だ。ますますサクラマスや銀化ヤマメ、イワナ、ニジマスが釣れなくなり、ワカサギもどんどん減っていく。ウグイさえも釣れなくなる。そんなことが脳裏をかすめる。

このダム湖もそろそろ産卵床ごと駆除する方式や、網で捕ることも考えなければなるまい。
ちなみにぼくはバス駆除の釣りをしています。
本日の釣果30尾ももれなく捕獲し、カラス等の餌として放置しました。
個人でできる事などたかがしれていますが、「バス駆除」は必要なことです。
自分自身が「バス駆除」に乗り出すのにも躊躇し、熟考を重ねた結果が「駆除」なので、
納得のできないバサーはもっと考え、経験するべきだと思います。

ぼくの場合、「バス問題」の書籍や関連するニュース、コラム等々を調べ考え、去年の秋、
10月のバス釣りで経験した異常な釣果の多さに「違和感」を感じたのがキッカケになりました。

眼を背けて現実を見ないでやり過ごすのは楽で簡単です。
「おかしい?」と思うなら現実を知り、体感し、調べて学ぶことにより、自分の立ち位置を明確にすべきなのが、バサーの勤めだと考えます。

バサーって、うやむやにしている事が多くないですか?








スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:3 |
<<3月のライオン・・・ヤングアニマル~羽海野チカ | HOME | 今週のスピリッツ34号~「ボーイズ・オン・ザ・ラン」等・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

思ったよりボリュームがあります。ベイトの小鮒サイズ。・【新品】バスデイ:レンジバイブ90ES GG-06・「飛ぶ」「ノる」「操れる」!新バランスの・マリアオフィス ムーチョ・ルチア7g KIH【0・明日は久々の釣行・クランクベイト:OSP『バジンクランク』・初めてのバス釣り( …
ハンドメイドのメイドインジャパンクランク。野池にもイイ小型クランク。キビキビした動きはバルサならでは。オススメです。障害物回避能力も高浮力ゆえに高い。スピニングタックルでもキャスト可能。・ハードルアーでアブラコ・RomanMade/ロマンメイドNATURAL BATE/ナチ …
2007-09-05 Wed 15:52 ハードルアーの1日
東レフィッシング(TORAY) ソラローム スーパーエギング PE 100m ホワイト 0.6号/10lb・いつも使用しているバス用リール・サンライン(SUNLINE) SHOOTER(シューター・遂に達成!!初黒鯛ゲット!!・珍事?・シマノ(SHIMANO) カーディフXT 60XUL・古い物に趣を感じる・・・... …
2007-10-02 Tue 07:24 釣り ラインがたくさん
| HOME |