うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金曜日もバス釣りに行った

木曜日は夜勤明けでの釣行で、夕まづめギリギリの日没寸前までの釣りは体力的に辛くてできず、16時くらいには納竿して帰ってしまった。
金曜日は8時半頃に病院に行く用事があって、結局その日の釣りは昼からの釣りになった。
いまだ梅雨明け宣言はされてはいなかったけれど、宮城でも最高気温30℃をたたき出し、
しかも湿度も高めな炎天下。「梅雨明けやろが・・・」と巻き舌で愚痴るわたし・・・。


14時くらいから釣り始める。もちろんウェーディングするためにいつものチェストハイのウェーダーを履く。ゴアテックスではないけれど、防湿性能はあるウェーダーなのでまだナイロン・ウェーダーよりはマシなほうだ。
でもマシなだけであり、やっぱり暑いので早々に湖水に浸かりたかった。
先日は昼間にも関わらず高活性で、バンバンと喰ってきたからそれほど不安には思っていなかったのだが・・・反応が無い。多分ダム湖ゆえ水位の低下も影響しているのだろうと考えて、ポイントを移動しやや水位があるシャローを狙ってみた。

しかし、追ってくる様子も無く、魚影も見られない事に不安が募った。
シャロー狙いはあきらめて、湖岸から離れた岬の先より沖目の水温が低そうなところを狙ってみると、やっとこさで掛かった。しかも、かなり強い引きに驚き、ひょっとすると大物が掛かったかな?
などと思いつつドラグを鳴らせながら寄せると、大きさ自体はそう大した物ではなかった。
「30cm・・・くらいかな?」と思い寄せると、むこうも簡単にはあきらめず、底に突っ込んだり左右に走ったりする。
エラ洗いもあんまりしない。これは・・・スモールかな?と思ったら、やっぱりスモールマウスバスだった。大きさの割にはラージよりも強力な引きをするのは、先日から経験済みであった。
しかも、思ったとおり目測でも30cmは余裕であった。

「こんなサイズも居るのか・・・」と、愕然とした。

先日でもそこそこ22~24cmくらいのスモールが釣れて驚いていたのだが、こんな数、大きさは氷山の一角にすぎないとすれば、脅威の出来事となりうる。

サクラマス等のマス属が激減するぞ!!

福島県からの密放流は間違いない。

「バスさえ釣れればいい」「バス以外の魚種はいらない」「バス以外の魚種はベイトフィッシュ(餌魚)」そんな思考がバサーに横行するととんでもない事になる。

あのダム湖の近所に「バスルアー専門店」ができるかもしれない。
それに続いて「貸しボート屋」ができて、「関東近隣の都市型観光バス釣りスポット」みたいなフィールドになったら・・・もう終わり。
そしてフィールドはバサーに占領されて、ゴミだらけになる。
ボート解禁した当初は一時期フィールドが荒れたからな・・・ジェットスキーをやる輩のおかげで釣りが出来なかった年もあった。

ぼくはキャッチ&リリースはしない。

リリース禁止の看板は役にたたない。

産卵床ごとの捕獲とか、刺し網での捕獲とかやった方がいいと思う。

30cmのスモールのあとが続かなかった。気温が高いので、多くのバスは水位があって水温の低いディープに落ちているのであろうと予測できた。ボートならば4~5m付近の深場をさぐれば釣れそうな気もする。岸釣りの限界を感じる時間帯だ。ブッシュとかそれなりに隠れやすそうな障害物がほとんど干上がっているので、ポイントも絞れない。
「今日は1尾で終わりかな・・・」とあきらめて去ろうと思いトボトボと歩いていると、水深が30cmもない干上がりかけのシャローで小魚が跳ね、逃げ惑う姿を目撃した。
「これはいける!」と即座に先日からよく釣れているチビアダーを投げると、
たった1投目でかかった。22cm程のラージマウスバスだ。
このあとはもう投げるだけで、即座に喰ってきた。バスの大きさ次第では掛かりが甘くバラしてしまうこともあったが、ほぼ入れ食いであった。
時間を見れば16時30分過ぎくらいだ。そういえば雲がかかって風がやや吹いてきて、気温も下がりかけてきたようだ。
夢中になってルアーを投げていると、遠くでもシャロー付近には魚の気配が濃厚になっている。
やっぱり、釣りはまづめ時に限るな・・・。と納得しながら投げ続けていたが、昼間の暑さが堪えたようで、クラクラしてきた。疲れが出てきたようなので、あえなく納竿。
できれば暗くなるまでやりたかったけれど、ここ数日の睡眠不足もあって体力的にも難有りがわかっていた。結局金曜日の釣果は12尾。
水曜日、午前中わずか3時間程度の釣行時の釣果と同じ結果になっていた。

3日で54尾の釣果。サイズは30cmが最高で、あとは22~24cmくらいの小バスばかりだった。
ビッグサイズ狙いの釣りにはなっていなかったけれど、同じ釣り方で7月あたまに40UP2本出しているから、そんなにせこい釣りをしているとは思いませんね。

54尾か・・・。釣り易いのか、釣りの腕があがったのか?
ラインを見て合わせる釣り方が、2~3年前よりも上達したので、腕が上がったのかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スピリッツ35号~「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 | HOME | 3月のライオン・・・ヤングアニマル~羽海野チカ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。