うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

連日34~35℃の猛暑が続き・・・。

暑さで体力を消耗しています。もう釣りどころではありません。
釣りをする心の余裕が有りません。へたれ釣り師で結構。
意地になって釣りに行き、炎天下のもとで熱中症で川のなかに立ち崩れても、
そして溺れても、誰も助けてくれない。そんなアホな自殺行為は避けたいところです。
しかし、先日入手したこのミノーを使ってみたいという欲があって、
ちょっとだけ河に立ちこんでみました。


RIMG0650_512.jpg


まあ1個1680円ですが、会社から頂いた商品券のおかげで、自腹を切ったのは330円というお得な買い物です。しかも、蝦夷50Sシリーズでこの金黒を見たのは今回が初めてでしたので、思わず2個手に取りました。
あのお店には金黒の蝦夷50Sが10個くらいありました。(先週の話)多分、完売していると思います。
だって、財力があれば買い占めたいカラーと製品ですからね・・・。

日曜日の事なんですが、鮎師の存在を確認する目的で白石川を偵察し、できれば竿を出すつもりで流域をウロウロしていました。
以前、40クラス?くらいのニジマス?らしき大物とニアミスしたポイントを目指して行ったところ、
どうやら花火大会があるそうで、午後3時以降は関係者以外駐車禁止になっている河川敷駐車場を眼前にしてあきらめ、昨秋巨大なニジマスのジャンプを目撃したポイントに向かいました。

パッと河川をみた印象では、鮎師はほとんどいません。だいたいポイントが決まっているようなので、2~3人固まって釣りをしているから発見しやすいです。
目的のポイントでは釣り師がいません。「ラッキー」とか思って準備して河川に立ちこんでみると、
鮎師がいない理由がわかります。

コケが茶色く変色して腐っています。連日の猛暑と、雨量の少なさが影響しているようです。
水位が下がり流れが緩くなっているためか、成長しすぎて千切れて流れてくる川藻が、
ルアーを投げるたびに絡みつきます。スプーンはまだマシな方で、スピナーやミノーなどは、
藻ダルマ、藻のカタマリとなって上手く泳がす事が出来ません。

河を見渡しても、鮎の銀色のキラメキはどこにも見当たりません。
これでは話にならない。
この場合、ルアーならば着水とほぼ同時か、着水後、すこし動かしたあたりでバイトがなければ釣れません。ルアーを長く見せてバイトに持ち込むワザは使えません。

まあ・・・あんのじょうボーズでしたね。

RIMG0652_512.jpg


結局、使用することもなく納竿。
暑さで頭が痛くなり軽くメマイがおきました。
本流ヤマメはあきらめて、渓流に行けということですか・・・。

バス釣りに行こうかな・・・。でもこの暑さではなかなか釣れないでしょうね。
何処も同じかな?
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ハゲタカ」を読む・・・上下巻読了 | HOME | DVD「秒速5センチメートル」を観る・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。