うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊アフタヌーン12月号・・・「無限の住人」「宙のまにまに」「吉田家のちすじ」等々

「おおきく振りかぶって」から、なかなか西浦校の点差が縮まりません。
正捕手の阿部君がクロスプレーによる退場により、田島君が急遽捕手になりましたが、モモカンから捕手にサインを出している事を見破られている時点で、美丞側ベンチは西浦攻略のためにサインパターンを拾い集めて分析、そしてサインを見破られた。

モモカンのサインを見破った美丞側は、それを利用してさらなる追加点をとりにいく。
打者は美丞の捕手、倉田君。阿部君とのクロスプレーで、左腕を負傷している。
配球と球種を読まれて内角低めのシュートを打たれる三橋君。

遊撃手、巣山君が横っ飛びでキャッチ。ファインプレーだが、体勢を立て直して送球しても1塁には間に合わないハズなのに???送球が間に合いフォースアウト。
倉田君になにかがあったようで、走塁中に急に足を止めた!?

美丞ベンチ、西浦ベンチともに不可解な倉田君の行動に戸惑うばかり。

この倉田君でチェンジ。来月号は5番の花井君からの攻撃です。
・・・見ていて思うけれど、挽回できるかどうかが心配ですね。

かわってスピリッツの「ラストイニング」(こちらも高校野球)では、鳩ヶ谷監督の思う壺。
作者はなかなか巧いカット割りで見せてくれますので、アニメにしたらこの作品も面白いと思いますね。

さて、「宙のまにまに」から・・・、フーミン、怒っています。眼鏡をかけた委員長キャラなんですが、
ひさしぶりに気になるキャラです。もちろんツンデレキャラですな。
今回は冒頭のページで、天文部を叱責するシーンのみの登場で終了。

RIMG0683_512.jpg


先月号のムゲニンの「あらすじっぽいページ」にフーミンがチラリと登場。
むむむ・・・やっぱり、一部でフーミンの株がジワリと上昇しているようです。
(ムゲニンとは、「無限の住人」の略称であります。一応、時代劇であります)
いつから始まったのか、このムゲニンの荒筋のコーナー、作者の沙村広明のアシスタント以外の方も参加されているようです。本編よりも、ちょっと楽しみなこのページ。
今回は木村紺さんの「巨娘」で無理矢理作ってます。木村さんの絵を借りて・・・ではなく、直筆の字体は木村紺本人で間違いありません。で、荒筋を読んでもさっぱり・・・わかりません。

本編読めよ・・・って事です。

さてくだんの「無限の住人」、連載当初からこの作品のファンであります。一応・・・。
主人公、万次の不死を解明するために長~~~~い期間続いた不死解明編が終わって新章に入りました。
逸刀流が江戸所払いになり、逸刀流の残党は江戸を出立。天津影久以下数名の幹部は別行動で出立。
逸刀流統主、天津影久の首を獲るために、不死解明編で罪人を次々と人体実験の餌食にしていった、首謀者である吐鉤群はその責任を追及され、限られた日数で逸刀流を解体するために命を懸けます。

これだけでは分かりませんね。コミックスを読んだ方が早いです。
現時点でも、過去になんらかの関わりのあった人物が次々と登場しています。
今回は人体実験に関わった後、出家したのか、あのぶらんど君が(漢字の当て字を忘れた)万次達の前に登場。万次をみて悲鳴をあげる1コマだけでしたが・・・。

そして街道沿いで待ち伏せをする両腕を失くしたアノ男が登場。

万次に右手首を切り落とされ、逸刀流の凶戴人に左手首を切り落とされた男。
(凶に左手首を切り落とされて、谷底に落下。死んだと思われていたが、からくも命は助かったが左眼を失う)

最凶最悪の男、尸良(しら)登場!!

RIMG0692_512.jpg


右手を改造しているのは覚えているけれど、(それさえも異常。肘から腕の肉を削いで、骨を剥き出して槍のように加工・・・正気の沙汰ではない)左手は・・・どんな改造を施しているのか?

RIMG0693_512.jpg


油断している新番頭、英の手下。いとも簡単に惨殺される。

生き残ったリーダー格の女をじわりじわりといたぶって嬲る・・・。

RIMG0694_512.jpg


このあとの惨劇は悲惨極まりない。トドメを刺さずにオンナの身体に刀を突き刺し、切り刻み・・・。
今月号のムゲニンのラストページは尸良の残忍さが全開。
ここまでするか?それでも微かに息があるオンナ。

久しぶりに超外道の狂人登場・・・。ムゲニンの最強暗黒面の男。

はやくこいつを殺してくれ。





あああ・・・・嫌な気分だ。それを払拭すべき作品がある。登場、連載してからまだ半年くらいではないか?
待望の第1巻が発売されるそうです。
「吉田家のちすじ」・・・なにも云うまい。

RIMG0688_512.jpg


RIMG0691_512.jpg


義理の息子は中2で、その同級生が家に遊びに来る今回。
色々と悶々なひと時が繰り広げられています・・・。

RIMG0690_512.jpg


30歳以上の男性読者の煩悩に問いかける話題作。

多香子さんは、それ程モデル的なナイスバディではありませんが、
リアルな色気のある主婦を描くとこうなってしまうという見本です。
細くもないですし・・・。


とりあえずはこんなところですか。1冊が電話帳サイズなので、まだ未読の作品も多数あります。

「臨死!江古田ちゃん」を読んでから、夜勤に備えて寝ます・・・・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:おおきく振りかぶって - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久しぶりに映画を観た・・・「EXMACHINA-エクスマキナ」3DCGアニメ映画 | HOME | 週刊少年マガジン47号・・・”Bloody Monday”とか・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。