うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

映画を観にいくつもりで行ったのに・・・

先々週の話で恐縮します。20日の土曜日、早番で休日出勤し、給料ももらったことだし、ちょっと映画でも観ようかな~って思って、長町のMOVIXに行ったのです。
本当はエヴァの劇場版を観ようかな~と思っていたのですが、仙台フォーラムって知らんし、地図で調べても駐車料金気にせなあかんし、けちって行きませんでした。

結構、ちゅうか、エヴァファンはファン層が幅広いので単館上映でも客が来ているようで、思っていた以上に上映期間が長いことに少し驚いた。
まあ、今回の劇場版をかわきりに、3~4作品連続してエヴァシリーズの劇場版をリリースする予定なのだそうだから、慌てなくてもそのうちシネコンクラスのところで上映するでしょ?

あと、あの作品は1回観て直ぐに解るような話でもないし、さらに引っ掛かる場面が絶対あるから、DVD版で観直しするのが当たり前。
いまだにTVシリーズのDVDを購入するのには至っていないが、一応TVシリーズに関しては1996年くらいにあった再放送の特番を録画したものがあるから、とりあえずはそれで我慢しています。
(1回分、録画できなかったのがあった。シンジがエヴァに取り込まれて、そののちサルベージされた回です)

多分、劇場版のDVDが出たら買います。

脱線しました。エヴァ以外でも観たいと思うような映画くらいあるだろうと思って長町に行ったわけです。
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」とかね、やっていると思って行ったんです。
春頃に観た「蟲師」の上映前の予告編でやっていたから。

長町のMOVIXじゃ、やっていなかった。もう終わっていた。違う映画館でかろうじてやっていたようです。
「スキヤキ・・・やってへんなあ・・・どないしよう、ほかのん観るか?」
勘違いしたまま長町に来てみればこの有様。
ざっとみて特に観たいと思う作品はない。「ヘア・スプレー」とかいいかな?と思ったけれど、
ミュージカル的な映画はあんまり・・・あれなんで、「HERO」かな・・・と思ったけれど、
近いうちにTVで観れそうなのでやめた。特に観たいわけでもないし。

せめて「釣りバカ日誌」があればな~観るのに。(とっくに終わっていました)

チケット売り場周辺をウロウロして、結局あきらめて帰る事にしました。
長町のMOVIXは西武系列のデパート内にあるので、チケット売り場の階下には様々な店舗があります。
そのなかに楽器屋さんもありまして、特に買いたいものもなかったのですが、ちょっとひやかしついでに立ち寄ったわけです。


まあ、趣味程度でギターをやりますので、弦でも買ってかえろうかなとも思っていたわけです。
以前はギターピックなんかは安いので、こういう機会に買ってしまいがちでしたが、今やギターピックをあれこれ試した時代(期間)は過ぎてしまい、自分の定番ギターピックをすでに纏め買いしたこともあって、興味の対象はやはりギター本体であり、アンプであり、エフェクターだったりするのです。

そんな事は当たり前とはいえ、様々な商品を見るだけでも楽しいものです。

あれこれ見ているうちに、ふと思い出した事がありました。

「そういえば、あの曲・・・1曲だけでスコア、出てないかな?」
と、ある国内アーティストの曲を思い出したのです。
洋楽系よりも邦楽系の有名な楽曲ならば、ピアノやギターの楽譜として1曲単位で売られています。

それで探してみるとありました。昔ちょっとくらいヒットした覚えのある曲です。

RIMG0698_512.jpg


山崎まさよしの「One more time,One more chance」です。

なんといいますか、山崎まさよしのCDを1枚、なんとなく買ってしまったことがありました。
その時はミッシェル・ガン・エレファントと一緒に買った覚えがあります。
どちらもあんまり聴いていませんが、この曲のスコアを買おうと思ったのにはちょっとだけ、理由はあります。
たいした事ではありませんが、某、アニメ映画でこの楽曲をフューチャーした場面がありまして・・・、
ちょっと、弾いてみたいな・・・と思ったからです。

このブログを何度か見ている奇特なお方達はきっと苦笑していることでしょう。

ええ・・・あの映画ですよ。劇場では観れなかったけれど、DVDを買ってまで観たアレです。
見事に地味な映画でしたけれど、現時点でのあの監督の感性を共有するコトで喜びを感じます。

しかし、買ってみたのはいいけれど、楽譜を見て弾くのが苦手というか嫌いなボクは、またしても1曲覚えるのに修行しなければなりません。
まあ・・・誰かに披露するわけではないのですが、こういう曲のひとつくらい覚えていたら、ちょっとは何時か、何処かの場面で使えるかな~なんてね。(笑)

だいたい、まともにスコアを見て曲を覚えようとしたのも今や昔の事、どちらかといえば、曲を聴いて耳で拾えるメロディーを、単音で弾くのが多いこの頃。
たまには真面目にやってみましょうか・・・。

買い物を終えて、店を出ようとした時に、フッと視線があるポスターに釘付けになった。
このお店、一応、電子オルガンや、リコーダー、トランペット、サックスなどもありまして、ボクの視線が止まったポスターはコルトレーンのポスターでした。

去年あたりからコルトレーンのファンになってしまい、そこからJAZZを聴きなおしたものですから、色々と聴きたいジャズマンのアルバムがあるわけです。
コルトレーンを気に入ったのは「ブルートレイン」からで、聴きやすいというトコロからファンになりました。

その時はコルトレーンからの連想で、
コルトレーン→サックス→JAZZ→ピアノ→ビル・エヴァンス→ビル・エヴァンスのCD→「アローン」

「WAVEにビル・エヴァンスのアローンあるかな?」
と思いつき、駐車場に行くのをやめて、本館のCDショップに行ってみたのです。

正直なところ、そこの店舗はあまり大きくはなく、メインの品は国内アーティストであり、洋楽ロックも少なめなので、JAZZ方面も少ないと踏んでいて、おそらく置いていないものと考えていたのですが、ありました。

1枚だけにすればいいものの、ついついあれこれ気になって・・・とりあえず我慢して3枚のCDを購入。
ウエス・モンゴメリー1枚とビル・エヴァンスを2枚。画像には載っていませんが、もう1枚買いました。

RIMG0697_512.jpg


ウエス・モンゴメリーの噂は耳にするものの、実際にどんな音をだしているのかを認知していなかったので買いました。聴いてみると、FMのJAZZ番組で聴いた覚えのある楽曲も2曲くらいあり、全く未知のプレイヤーというわけでは無かったようです。

音の感触がひじょうに暖かくて心地よく、こういうスタイルのギターをあまり聴いてこなかったので新鮮でした。
「アローン」は、ほんとに最後までビル・エヴァンス単独のプレイだけで演奏されていました。
ある種の緊張感を感じてしまいそうに成るのかと思うと、そういうことはなく、淡々としていながら奥行きのある音で包み込む感覚はなんだろうというのがボクの印象です。

これはいいなと、気になったのは2曲目の「A TIME FOR LOVE」です。

この「アローン」を知ったのは某小説なのです。で、その小説を知ったのはNHKのドラマの原作であったりします。たまたま休みの日で、たまたま暇つぶしで観てしまったドラマが気に入って、原作の小説を探して読んでいるとビル・エヴァンスが出てきて「アローン」が出てきたと、こういう経緯なんです。

最近、こういう流れというか、つながりでCDを探したり、小説を読んだり、映画を観たりすることが多くなってきました。なんだか、流行に流されているような気もしますが、こういうつながりで小説や映画、マンガ、音楽に触れるのは結構面白いかなとも考えています。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スピリッツ48号・・・GTRが表紙「ボーイズ・オン・ザ・ラン」とか・・・ | HOME | まあ・・・今日はこれくらいにしとったるわ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。