うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大学、大学院で、マンガ、アニメの学部をつくる?

朝日新聞のHPでみつけました。このニュース。
一流どころの大学までもが、このての学部をつくることになっているらしい。
冗談かと思えば、さにあらず。本気で開設するそうである。
一応、朝日新聞のHPから・・・。

大学院でマンガ学問 学習院や

東京芸大が専攻開設へ
2007年11月17日19時29分

 マンガやアニメを教える大学、大学院が来春、相次ぎ誕生する。学習院は、大学院にマンガや映像の文化的意味を研究する専攻を設けることを決め、17日に説明会を開いた。東京芸術大学も大学院にアニメ専攻を加える予定だ。日本の文化を語るのに、マンガやアニメは欠かせない、という認識があるようだ。

画像なし

授業中、熱心にマンガを描く京都精華大マンガ学部の学生たち=京都市左京区で

 17日、学習院で、大学院に来春開設される「身体表象文化学専攻」の入試説明会があった。映像・舞台・マンガとアニメが研究対象。マンガ担当教授に内定しているマンガコラムニストの夏目房之介さん(57)が、講演した。「僕が大学生のとき、大学でマンガを講じるなんて考えられなかった。ましてや自分が先生になるなんて」

 なぜ、大学院でマンガを学問するのか。日本のマンガは、文化として世界に認められる基礎ができており、産業としても大きい。「マンガ抜きの表象芸術を論じるのは非現実的」と、中条省平・文学部教授。編集者などの人材育成も目指す。

 東京芸大も大学院映像研究科にアニメーション専攻を加える予定。文部科学省によると、大学院では、大阪電気通信大学大学院(今年度)が、第1号だ。

 学部では、名古屋造形芸術大がマンガクラスを設ける。人気漫画家の浦沢直樹さん、ビッグコミックスピリッツ元編集長の長崎尚志さんを客員教授に招く。

 入試広報部長の小林亮介教授は、欧州の美術館を訪ねるたび、若い世代の作品に日本のマンガやアニメの影響を感じるという。「私も最初はどうかと考えましたが、海外のアートでそうした表現が出始めている」

 少子化のなか、「京都精華大の成功に刺激されて増えた」(河合塾)面もあるようだ。「マンガ」「アニメ」の学部学科に、「コンテンツ」などの名前の学部等で教えている大学を加えると、既に15大学くらいある。

 最初が、00年にマンガ学科をつくった京都精華大。06年に学部に昇格。今年度入試でも、人気のコースは実質倍率が15倍を超えた。韓国、中国などから留学生も多い。

 もっとも、実際の描き手になる道は厳しい。
 
米国のアニメーター労組の組合員だった浜野保樹・東大大学院教授(メディア論)は「アートと一緒でリスキーな世界。大学では業界の歴史やバックグラウンドなど技術以外のことも教え、進む道を考えさせるべきだ」という。


大学や大学院などで、学問、学術的要素をもってマンガ、アニメを論じたりする事は興味深い。
現在の国内にあふれるマンガ、アニメはひとつの文化として歴史を持ち、歴史を作ってきた。
これからも日々制作され、世に輩出される才能も日々どこかに存在しうごめいている。

この上記の記事を読む限りでは「新しい学問」とする大学や、実際に制作側の「漫画家」や「編集者」等を養成する側の二通りあるようだ。しかし、ここで胡散臭いなと感じるところもある。
少子化に向かっている今の世の中、学生を集めるのも大変だ。
マンガ、アニメの学部を開設して、気楽に学生を集めるための人気とりのような気もする。

人気とりでもかまわない。なりふり構っていられない。
そんな状況にまで来ているのかもしれない。大学の経営自体が。

マンガについての話だから楽勝、気楽な講義や実技でお茶を濁す事のないように願いたい。
「難しい事は言いっこ無しで・・・」では、中身の無い学生を量産するだけであり、
大学のレベルを低下させる恐れもでてくる。
そういう事が無いように、それらの生ぬるい環境にはならないように配慮はされるとは思う。

岡田斗司夫、夏目房之介の両氏くらいの視点と語りが出来るくらいのレベルを、
大学側も学生に求めるべきであろう。
それは杞憂でもあるかな?(オタク、マニアは語りが大好きだからね)

このての学部志望者であるならば、多くの作品に触れ、過去の名作をも振り返り、
現在の名作にも進行形で読み解いてもらいたいものだ。
あとは、BSアニメ夜話やBSマンガ夜話的な番組で扱われるような作品にも触れておくべきだろう。
あと、物凄く個人的な見解を述べるなら、島本和彦の「燃えよペン」「吼えよペン」は必読かと思う。
こういう大学側の動きがあるので、BSマンガ夜話の復活の可能性もあるな・・・と思っていたら、
復活しますね(笑)すでに、このブログでも紹介してしまいました。

じつはタイムラグがありまして、BSマンガ夜話復活の話を知る前にこの記事を途中まで書いていたのです。
新学部誕生のその後、10年以上存続が可能なのであれば、どこかの大学のマンガ学部の講義を受講してみたいとも考えています。それは、マンガ、アニメ好きを自認する人達ならば思うことでしょうね。



スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アニメは面白いらしい?・・・「げんしけん2」 | HOME | コンビニでマンガの居座り読みとはいかがなものか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。