うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スピリッツ02号~「花と奥たん」高橋しん、新シリーズ。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」とか・・・

ひさしぶりにスピリッツ関連書きます。「ボーイズ・・・」の方はあとにして、
まずは巻頭カラーつきの高橋しん氏の「花と奥たん」から。

「タラ」のワイン蒸しミニトマトソース。きのこのグラタン。さっぱりポン酢のお茄子。
ノビルとセリのヌタ。サツマイモのベーコンのおみそしる。
土鍋で炊いたツヤツヤのごはん。


この、晩御飯の食材を求めて街を彷徨う奥たんのお話・・・。
相変わらずというか、いつも通りのロリータ系三頭身デフォルメ・キャラを駆使した作風です。
新婚の奥たんは旦那のために、あれこれ考えて今日の晩御飯の献立のメインの魚を、
スーパーに買いに行きます。

「ほのぼの新婚さんの平和な、ホームコメディなのかな?」とか、思いつつ読み進めると何かが違う。
「えぇっ?」農家のエロおやじにチチを揉まれてタマゴを2個もらう?2個だけ?

お買い物に再度出発・・・ですか。
スーパーにたどりついたら「政府放出の肉」というのが売られているらしい。
「これは・・・現在を舞台に設定していない話なのか?一応、近未来SFなのか?」
と、かんぐりながら読み進めました。

どうやら近海の海は魚が住めないくらいに何かの事由により汚染されているようです。
しかも、一般人の立ち入りが禁止されているようですね。
近未来SFのようです。でも、奥たんの身の回りだけの話に終始します。
のんきな空気は漂っていますが、どうやら危機的な状況の日本を思わせて終わります。
「最終兵器彼女」の後半、ちせの街も危機がせまり、食料にも困るようになる辺りの雰囲気があります。

色々とぼやかして描かれているので、続きが気になります。
とりあえず上記の献立を作り終わって、ほのぼのと終わります。
旨そうな料理です。・・・気になるなあ。いろんな意味で・・・。

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
先週号の終わりにふらりとやって来た、毛皮のコートをまとった無精ヒゲの男、
ハナの旦那、源がジムにやって来た。
ハナと対面するやいなや、ハナは源に殴りかかる。一悶着あって、源の蛮行に田西どうする?
次ページを開くと、見開き一面を使ってガツンと田西が源を殴った!!
勢いで、ハナの元彼宣言をしてしまった。

なんだか、男らしい行動だな。ヒトを殴る事に慣れてきたか?
グジグジしているかと思えば、こういう行動もできる男になってきたな・・・。
会長が源と田西のあいだに割って入って、喧嘩を仲裁した。

源がジムを去る時の捨て台詞。
「『元彼』よ。ハナは俺の女だ」の言葉に、ハナへの執着を感じる。
また盛り上がるぞ~修羅場だわ。

「我が名は海師」
スマットが建てた石油プラントが爆発、倒壊寸前。
スマットの暴君、ドン・フライスは思いを託して麟太郎の手を振り払い、海に落ちていった。
落ちる寸前の眼はぎらついておらず、穏やかで何かを語るような眼をみせたドン・フライス。
このワン・カットは作家の画力の力量が現れる場面だ。
サラッと読んでいる読者は見落とすかもしれないが、見落とさない読者もいる。

さて・・・ほんとに死ぬのか?ドン・フライス。

「闇金ウシジマくん」
真鍋昌平氏のこの作品。じわじわ、ひたひたと迫ってくる感じが相変わらず怖い。
医療機器メーカーの営業、小堀が主人公なんだが、彼の友人の板橋がかなり危ない。
この話はどこに転がるのか、不安だけはぬぐえない。

本日はこんなところで終わります。
寝ます。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<佐世保、銃乱射事件について・・・。 | HOME | 週刊少年マガジン1号・・・「Bloody Monday」とか・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |