うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

竹内ゆうじ(享年36歳)・・・追悼

今更ですが、今月上旬頃に直腸ガンで逝去したそうですね。
住んでいるところが宮城県なので、「クイズ紳介くん」は多分2ヶ月遅れで放送されています。
「キラキラ・アフロ」もそうです。多分「探偵ナイトスクープ」もそうです。

でも、東北にいながらタイムラグはあっても、関西ローカルの深夜、人気番組が観れるのは嬉しいです。
時々、時間が合えば上記の番組は時々観ています。
「クイズ紳介くん」といえば「なにわ突撃隊」という名のもとに、番組に召集された若手芸人さん達が、
全国や海外に行って、その地方の行事や、イベント、仕事、生活を一緒に体験して、その突撃レポートから問題を提示して、クイズに答えるという番組です。

ウルルン滞在記よりも先にやっていましたね。長寿番組です。20年は越えていますから。

なにわ突撃隊の最初期から主要メンバーでもあったのが、竹内ゆうじさんでした。
別にトークが面白いというよりは、周囲からいじられて、時にはいじめられて、笑いをとっていた?
芸人さんです。へたれで、「できない」「できません」を連発していたかと思えば、
急に開き直って「やりましょ!」って、両拳をにぎってつれの芸人さんを引っ張りだし。
それでもヤル気をみせないつれの芸人さんに向かって、泣きながら
「やりましょ・・・って、くやしいじゃないですか」と嗚咽をもらしながらのヤリトリをみせる。
そして無事、あきらめていた事を成し遂げていく過程をみせるのがこの番組の真骨頂。

毎回泣いているけれど、頑張ってるなあ・・・と感心していたものです。
うまくいかないで、中途半端に終わることもあったが、そんな時は紳介の檄が飛び、
「もう一回いって来い!」といわれる事もしばしば・・・苦笑。

今年に入って、時々この番組を観る機会があってみていると、観た事がない芸人さんや、
女性のメンバーもいる事に気が付いて、だいぶメンバーチェンジしたんだなと感じていました。

アホのタイゾーや、ワニ殺し細川や、パンチみつお、切れるマサシ等々は記憶にあり、
なじみのメンバーなのですが、「ゆうじが居ないな~」とは思っていました。

「ひょっとして?売れはじめた?」とも思いました。売れない、売れてない芸人の巣窟の代名詞でもある「なにわ突撃隊」ですから・・・。

そうして知らずにいたら、この突然の死。闘病生活も随分長かったようですね・・・。
今年はボクの身近でも親戚2人がガンで逝去しました。
2人ともガンの発見が遅れて、すでに末期状態でした。
1人は約3ヶ月、1人は約5ヶ月程で逝ってしまいました。

ガンというのは本当に辛い病です。家族も見ているほうが辛いです。
この世からガンという病が無くなる事はないのか・・・。

竹内ゆうじさんの死をもって、改めてガンという病について考えさせられます。
「なにわ突撃隊」も寂しくなりました。

冥福をお祈りいたします。・・・合掌。


スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<盗作疑惑?・・・講談社謝罪 | HOME | 「魍魎の匣」映画公開。・・・観てきました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。