うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

先日、長町辺りに行ったので、WAVEでCDでも・・・

CDでも物色しようかと仙台長町のザ・モールに立ち寄った。
目的はジャズのCDで何か良さそうなものはないかと行ったのだが、WAVEの隣りにある書店、
紀伊国屋に来たのも久しぶりなのでフラフラと当ても無く、書棚巡りをしてみた。
仙台在住の伊坂何とかさん特設コーナーがあったりして、本屋も色々と頑張っているようです。
買いたい書籍もあるのだが、今すぐ買っても直ぐに読む体勢にはなれないだろうから、
書店一押しベストセラーも、我慢して手を出さない。今読みかけの文庫が後1冊読みきれば読了なので、我慢する。一応、御他聞にもれず、「宮部みゆき」ファンなので、ここはひとつ・・・我慢である。
(しかし、この人は凄いわ。一番売れてるミステリー作家ではないか?京極夏彦も好きだが、宮部が一番だな)

たいした目的(購読)も無いので、音楽関係の楽譜や、画集、文庫、新書・・・の近くにBLコーナーがあったな。新書付近を挙動不審な動きで彷徨っていたのはおそらく腐のヒトだ。まあ・・・ダブルXXじゃあないから、買いにくいよね。一般書店売りのエロは買いにくいよ。(だから気が付かないフリをするのも、おとなのマナー)

新書あたりでも、最近は色々だ。新書版でベストセラーになる書籍も多い。
その辺りも斜め読みしながら物色(買わないけど)する。この頃はみのもんたや紳助あたりでも、新書で本を出していて驚いた。
「新書版も随分ライトになってきているんだ」
というのが正直なところ。島田紳助のTVでのトーク、活躍はなかなか秀でるものがあると関心しているが、文章はどう~も・・・読みにくい印象がある。週刊誌連載のコラムかエッセイが読みにくく、意味が汲み取れなかった事を思い出し苦笑する。

また、前置きが長くなった。ここで紹介するのは2冊の本。
1冊は先日、河北新報の文化面あたりで紹介されていた携帯小説なるもので、現在ヒット中の映画でも沢尻でも有名になった「恋空」と、
2冊目はたまたま見つけた「若者を見殺しにする国・・・私を戦争に向かわせるものは何か」という単行本について。


「若者を見殺しにする国・・・私を戦争に向かわせるものは何か」
このタイトルは結構「気を惹くには最適」なコピーである。とりあえず、巻末の作者略歴をみると、1975年生まれの31歳フリーターとのこと。
「あれ?こういうのって、社会学、経済学みたいなところを出ているか、在籍しているヒトが書いているものかと思ったんだけれど・・・『フリーター』?大学のヒトじゃあないんだ」
学者や教授、助教授辺りのヒトでは無くて、ただの「フリーター」が書いたの?
しかも、評論みたいだ。なんとなく気にはなるけれど、単行本で1500円の希望が持てないような評論を読まされるかもしれないという勘が働いて、とりあえず買うのは留まった。

なんとなく、「衝動」だけで買っては損をしそうだな・・・と思ったのは前書きを読んだからだ。
なんとなく感じたのは作者の主観ノミが強調されるかもしれなくて、幅の狭い見方になっているような、そんな気がしたから、自宅でアマゾンのレビューを参考にしてみてから購入するかどうかを検討することにした。
(われながら賢明な判断かと思います)
アマゾンのレビューには酷評もあればまあまあよかろう的な評もあり、なかには誉めているのもあり、
適当に星がバラけているし、読んでもそれほど悪くも無さそうなので、後々買うかもしれません。


「恋空」
さて・・・問題は現在映画もヒット中で、人気の携帯小説の「恋空」。
河北新報には売れている携帯小説のベスト10みたいなものがあり、売れた部数も表記してありました。
携帯小説?・・・むむむ。以前、興味本位でどこぞの携帯の掲示板の中にあるBL小説なんかをチラリと覗いたことがあったのですが・・・読みにくかった。登場人物の名前の漢字からして難しい漢字をあてるので、ものの数分でリタイア。
キャラの名前もわからないまま読んでも気持ちも、気分も悪いからね。

まあBL小説は関係無いね。携帯小説だ。
ホントはこの作品名が一番簡単に覚えやすくて、映画にもなって絶大な人気があるから、
「読んでみようかな?」とか思ったわけです。
初めに紹介した本は本屋で手にして前書きまでは読みましたが、この本は自宅でアマゾンをうろついている時に思い出して、買ってみようかな・・・と思い検索して見つけたわけです。

携帯小説をまとめた単行本1冊かと思っていたんですが、2冊に分かれていて驚きました。
「おいおい(笑)分冊するほど分厚い書籍なのか?」
イメージとしては分冊した単行本ならば、文庫化すると4冊5冊の感覚に思えます。
でもそれほど分厚くはなさそうだから、2冊買わせるのが目的の売り方なんだろうと推測。
「まあ、出版元も商売だからしようがないか・・・」
とかいいながら、買う前にレビューとかが載っているところを見ると・・・爆笑!!

レビューの書き込み、評価が1000件くらいあって、星ひとつが圧倒的多数。
ちなみに、

星5つ・・・180
星4つ・・・26
星3つ・・・27
星2つ・・・45
星1つ・・・733


アマゾンを利用した人やレビューを書いた事のある方はご理解していただけると思う。
悪くても、良くても、レビューを書く側は、おふざけなし、
真面目に真摯にレビューを書く方がほとんどであると思う。全レビューを見てはいないが抜粋して読んでいるだけでも、作品としてレベルの低さが問われていた。


「これは・・・レビューを読んでいるだけの方が面白いわ(笑)」と思ったぐらいだ。

うwwwwむ。新刊で買うのは恐いな。
中古なら買ってみても・・・いいのか(笑)
誰か止めてくれる人がいればやめます。

えっ!?もしかして「オマエにも地獄を見てもらいたい?」
だから止めはしないと・・・。









暇にあかせて「恋空」上巻のレビューを楽しんできました(笑)
いやwwwwあ。星5つの人がベタ誉めしているかと思えば、
星5つでこきおろす人がいたり、「日本文学の危機!」「ゆとり教育の賜物!」
等々・・・可笑し過ぎて笑える笑える。
でも・・・レビューで読む限りでは、「マイナス」の星が何故無いのかという怒りが、
満ちていましたよ(笑)
こういうマイナス作品、3流駄文を読みたがる読者層や、好事家がいますから、
商売になるんですね。

中島らもさんなら買って読んでどんなコトを言ってくれるのか、知りたいところですが、
故人だからね・・・残念。生きていたら絶対読んでおもろい事言ってくれると思うけれどね。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スピリッツ・6・7合併号・・・仕事初めです。 | HOME | 週刊少年マガジン4・5号・・・合併号「Bloody Monday」とか・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。