うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

週刊少年マガジン・6号・・・「Bloody Monday」とか・・・。

さて、今年初の週マガなんですが、「絶望先生」。
またアニメ化第2期シリーズ開始なんだそうです。(ここらじゃ、やらんわな多分)
本編、「2代目絶望先生」が頼りな~く冒頭からイヤイヤ登場。
今回のテーマは「ものさし」ですわ。「XXを基準に物差しで計る」ということですね。

そんなに絶望していない2代目にはきつい展開。あれこれ突っ込まれて涙目(笑)
「ボクに絶望先生の荷は重過ぎます!」といって逃げた・・・
オチは「3代目」にバトンタッチ。(やや笑う)

さあ「Bloody Monday」です。
もう、「J」には藤丸君のやり方も全て想定の範囲以内。
「THIRD-i」が来る事も予想済み。

「どうやって逃走するのかな?」と思いながら読み進める。
折原先生は「THIRD-i」に囲まれる事は想定してはいなかったうえに、
逃走する手段も用意していないから、うろたえず慌てない「J」の表情を見て緊張している。

結局、「THIRD-i」が藤丸君の居場所を特定できたのは、折原先生の携帯から発信される電磁波を特定できたからなんだそうで、それを知って驚くのは「折原マヤ」で、冷めた視線で彼女を視る「J」には「こいつ、使えねえな・・・」と言いたげであるが沈黙。余計なコトは言わない。
多分、折原マヤの命も風前の灯。オッパイキャラは確実に「消され」ます。
「THIRD-i」ではなく味方の組織から消されます。(言われるまでも無いか・・・)

さて今週の「Bloody Monday」のクライマックスは、逃げる気満々。
余裕たっぷりの「J」の台詞で決まり。
「(略)・・・ボクが来てから、そろそろ1時間。

僕たちが進化させた、新生『Bloody-X』が

牙を剥く時間だ」
そしてページを捲ると・・・黙。


ファストフード店内、感染したお客が吐血し、粘膜から血を流して倒れパニックになる。
まさか、この段階でウイルスをばらまくとは考えていなかった。だから、思わず驚愕の声を上げてしまった。

てっきり、「J」の組織の人間が大挙してきて派手な銃撃戦になるのかと思っていたのだが、
予想は外されてしまったな。なかなかやるじゃないかこの作品。
・・・辛口の読者ならまだまだ「ぬるい」なと思われるかもしれませんが、この展開はそんなに悪くはないと思いますよ。

「トッキュー!!」
休日の話でスミレちゃんとメグル君がメインの話だ。ひさびさに登場のユリちゃんは、なんか
すでに兵悟のヨメみたいだ。
まえから思っていたけれど、兵悟、メグル、等々のトッキュー面々行きつけの店のラーメン、
「チンチン麺」食ってみたい。餃子とビール付きで!!

今回の盛り上がりは「合コン」だ。スミレちゃんの思惑通りに事は運び・・・以外にも、
メグル君が女の子と話が盛り上がっている状況に困惑!?

いや~今回の台詞で受けたのが、
「OLとの会話が持たなくなり、酒ばかり飲み始め、体育会系ネタで笑いを取ろうとするも
OLドン引き・・・私のシナリオ通りだわっ」

というスミレちゃんの心の声が受けた(爆笑)

スマートにさらりとこなす場慣れした人もいるが、だいたいこの手の男子が以外と
多いかもしれませんね(笑)。
あっ!ボクの周りがこんな感じだから共感するのかな?

「ベイビーステップ」テニスマンガ。
これ、面白いね。結局負けるけれど、それは当然。
でも、ボールが何処に飛んでくるのか、相手が何処を狙って打ってくるのかを予測するのは、
なかなか出来ることじゃない。
これだけは訓練プラス見ることが大切だ。面白くなると思う。今回は「もうしま」にも登場されていました。

あとは・・・まだ読んでいないのも多数。

「一歩」がな・・・スパーだけど、リングにあがっちゃったのが気になる。

スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新刊出たなら出たって言えよなwwwwww買うのに。 | HOME | 隔週火曜日発売・イヴニング03号・・・「ヘルプマン!」「勇午」とか・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。