うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「聖(セイント)☆おにいさん」中村光・1巻を買う

広告のチカラっていうのは凄いな。そう感じる。しかも、コミックスの内容に触れる広告っていうのは、物凄く効果がある事を立証していますね。この作品が連載しているのは「モーニング・ツー」という増刊雑誌。モーニング・ツーって、売っているのを見たことはあるけれど、あんまり読む気になれない雑誌なんで買った事もない。モーニングって、時々増刊号を出していたけれど、部数が伸びなくて数冊刊行して休刊になることが何回かあったな。いや、そうじゃなくてモーニングの増刊がアフタヌーンで、それが月刊化して、今の「月刊アフタヌーン」があったんだっけ?昔の事なんで忘れているなあ・・・。月刊化した当時はモーニング派で、「気分は形而上」なんかが好きで、あとは「大阪豆ごはん」「OL進化論」などが好きで買ってた。アフタヌーンでは「寄生獣」「よしえさん」が気になっていたから、モーニングからアフタヌーンに乗り換えたのだ。

思えば、沙村広明の「お引越し」も増刊での好評連載だったんだっけ?読んだ記憶があるどころか、その増刊雑誌、今もボクの汚部屋のどこかに平積みされて残っているんだな。(買い損ねた号もあった)
この頃の増刊号は作家陣もアフタヌーンや、モーニングでも一線をゆく作家が寄稿していて、内容的には非常に濃く。沙村広明氏以外なら、遠藤浩輝の連載「メルトダウン(雑誌休刊で中断)」、他に短編集に収録時物議をかもし出した「ハング」など、(確か、一時未収録作品になってしまい、慌ててその作品が載った増刊号を処分するのを止めた事があった)あとは有名作家陣の読みきり短編とか、買って損をした気分には少なくともならなかった。けれど、休刊してしまったのは、増刊ゆえに柱になる作品が少なかったことと、講談社の気の迷いで創刊されたのが原因ではないか?

それはさておき、この「聖☆おにいさん」モーニングのコミックス発売の広告に使用したのは、マンガの原稿の数ページをポンと載せて、少しどんな内容なのかがかいつまんで解るような載せ方をしている。

これは効果的だ。内容がある程度解るのならば、その作品が持つ「空気感」に触れることで、読者の購買意欲を刺激することができる。嗜好があわない読者はそこで見限り、気になる読者は「なんだか分からないけれど、気になって仕様が無い」気分になり、気持ちが落ち着かずソワソワしてしまう。
そして、ソワソワした気分が収まらなくなって、ついアマゾンでクリックしたり、本屋に行って真っ直ぐ探しに行ったりする。今回のボクの行動は後者で、本屋へ直行。今朝起きた時点でも気になって、これは「買うべき1冊」という神の啓示(笑)が確実にあり、迷いが無かったのは凄い事だと思う。


RIMG0757_512.jpg


ストーリーは目覚めた人ブッダと、神の子イエスが世紀末を無事に終えて、東京は立川の木造モルタル2階建ての安いアパートをルームシェアし、下界でのバカンスを過ごすというお話。
なんで立川!!(爆笑)ボクはその北の小平に住んでいたよ(笑)。しかも、よく、立ち寄っていたところじゃないか立川!友達も住んでいるし、ウインズで馬券買ったりしていたよ。ほんとにイエスとかブッダとか居そう(笑)。

まあ・・・なんというか、笑いのツボを押されまくりで、免疫力が数倍跳ね上がったような気がするくらい笑えた。車の中でチラッと読んだけれど、「これは、家に帰ってから読もう・・・」という事にして早々に本屋から帰宅。自室にこもって遠慮無く笑い転げた。瞬間的に笑いがこみ上げた時は息が止まり、間を置いて爆笑するコトもあった。もう・・・笑いの痙攣っていうのかな。クスッ。ハハハ。ワハハハ・・・ではないな、


ウワッ!ヴァ!ハハハ・・・

ギャハハハハハハハハハ!!!!




もう・・・爆笑です。止まりません。ちょっと気に入ったネタは、ブッダが手塚治虫の「ブッダ」を読んで感動し、全巻購入したりするところですかね。
しかもその後、コンビニ売りのペーパーバックの安売り「ブッダ」を買いたがるとか・・・。
神様、仏様ネタではありますが、これは笑いますよ。静かな図書館、マンガ喫茶、通勤通学の電車内等で読むコトは避けた方がよいと思います。時には我を忘れて、自室など大笑いしても大丈夫な場所で読む事を勧めます。・・・これを読んで笑えない方は、ちょっと残念ですね。

色々読んでいますが、今のところ自分の中では「のだめカンタービレ」の笑いのツボを越えています。

ブッダとイエスが出ているのに、教育的な事や、教訓めいた事が一切無い。結構、俗物的なイエスが面白いですね、ネットでブログやったりとか、リア・ディゾンを検索したりとか・・・。今後の続巻も気になりますね。そんな1冊でした。

余談なのですが、この「聖☆おにいさん」を1冊購入するために書店に行ったのですが、ミイラ取りがミイラになる、渡りに船、出会い頭・・・なんというか、もう1冊新刊で出ているヤツでこれは・・・買っておかないといけない。そんなこんなで買ってしまいました。「攻殻機動隊1.5」・・・。

なかなか新刊を出さない士郎正宗の新刊なのですが、攻殻1と攻殻2のはざまにあたる未収録?原稿のコミックス化ということだったかな?今、手元に無いので詳細はうろ覚えです。
半分が、マンガで半分がTVアニメ用キャラ設定カラー原画や、TVアニメ用脚本(数本)、販促用のポスターのためのカラー原画、タチコマ設定集、ゲーム用の設定資料・・・などなど。

紙質は攻殻2と同様で、カラーも美しい紙ゆえに1冊1700円くらいと割高な感じはしますが、損をするような内容ではありませんね。まだ読んではいないので内容には触れられませんが、攻殻1の頃の手描きがいい味出している作風が懐かしく、そして「マンガは手描きがいいのにな・・・」と、ボソッと独り言をつぶやいてしまいました。そういえば、CD/ROM付きのヤツが以前発売されていたようで・・・そういえばあったかな?多分高かったのと付録がかさばるからいらねーなと、思ったのかもしれない。
基本的に、コミックス以外にそういう余計なCD/ROMには興味が無い。マンガはマンガとして単独で楽しむべきかと思っているからです。


スポンサーサイト

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<感じ悪いな~ヤマダ電機・・・。 | HOME | 立ち読み・・・「3月のライオン」とか・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |