うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「釣り東北4月号」・・・サクラマス特集有り

久しぶりに「釣り東北」を買う。表紙のサクラマスの写真に釣られて立ち読みしてみたら、七ヶ宿ダムのランドロック(陸封型)サクラマスの特集記事、ならびに貴重な情報もあわせて掲載されていたので、「買わなければなるまい!」とうなずきヤングジャンプと一緒に購入。
(ちなみに今週号のYJの表紙グラビアならびに巻頭グラビアはリア・ディゾンだふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
写真集刊行にあわせての企画らしい)
巻頭特集の最上川本流のサクラマス特集記事にも釣られてしまいました。家の親父の実家が山形の戸沢村に在りもろ川沿いの家で、ちょうど舟下りの発着場のちょっと下流になります。川の名前を忘れましたが、最上川の某支流である川が近いので、そこで一度釣りをした事がありました。

あれは2002年?2003年?・・・何年前かも忘れてしまい、ぼやけた話で申し訳ないが、その川で釣りをして、なんとかという堰堤付近で38cmくらいのアメマスを釣った事がありました。当時は変わったイワナみたいな魚と思いながら喜んだものです。釣った魚をその実家に持って帰り、そこの親戚のオジに見せると「アメマスだな」と言われて、初めてその魚の名前を知りました。トラウトルアーフィッシングを始めて、まだ3~4年の頃でして、それが自己最高サイズのトラウトでした。

あの時の事を思い出しながら最上川本流の事を思い出してみたのですが・・・川幅がメッチャ広いし、日本三大急流の一河川ですから流れも急過ぎます。そして5月1日の頃ですから、雪代で濁流のカフェオレ状態。
川下りをさせてもらった事が何回かありました。エンジン停止状態でも異様に早く流されているのがわかりましたね・・・。

そういう流れに向かって遡上するサクラマスの大きさはランドロック型以上。オジに訊いたところ、最上川の支流の川でも、アベレージサイズは50cmは下らない。基本は50~60cm以上だから、狙うとなるとそれなりのタックルにしないと、揚げられないぞと、脅されたことを思い出します(笑)。

今年のGWは久しぶりに大型?サクラマス狙いであの川に行ってみようか?
ちなみに、このオジさんは結構な釣り師で、鮎釣り、渓流のイワナ釣り、ルアーにフライと色々とやっていて、一番釣りの醍醐味が味わえるのは餌釣りだと自負していました。さらに最上川周辺の川に精通していて、釣りマップなるものを見せて色んなポイントを教えてもらいました。(そういえば、あの時にチェックしたマップ、どこへやったかな?)

さらに言うと、「餌釣りはミミズが一番。川虫採取なんてめんどくさい。あんなものチマチマ採取する時間があれば、ガンガンミミズで攻めて歩いて釣る方がいい」とかなんとか・・・。
何年か前の夏に、どこかの堰堤かなにかに居ついていた大型のサクラマスを、仕事帰りにヤスを持って行き、それで突いて揚げて計ったら70cmあった。楽しみにして食べてみると、思っていた程旨くなかったそうで、曰く「やっぱり、マスは60cmくらいまでが旨いな・・・」だそうだ。

さて・・・どうしようか?GWに山形へ行ってみるかな?
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<石ノ森章太郎特集第六夜・・・「サイボーグ009」を観た | HOME | ヤマダ電機の営業開始時間は何時からですか?(どうでもいいけれど・・・)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。