うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

26日からGW・・・なのだが河北新報県内版から・・・

今週は遅番、金曜日の夜中に仕事が終わりこれからGWに突入。
自動車関連会社なのでお盆、正月、GWなどの大型連休の日数は、ほんとに大型、何日休むネン!といった具合に長い長い休みに入る。正社員さんや、契約社員さんはそこそこ良い給料をもらえているからいいけれど、派遣社員であり、日給月給の身のボクなどは、休みが長いと直接給料に影響がでるので、長期間の休みはほんとにうらめしい。休みだからと浮かれて散財し、遊びに金を使いすぎると痛い目にあうから、おとなしく日々をやりすごす。できるならば家にこもって出歩かないようにすれば、お金を使う事無く過ごせるのだが・・・そんなことは、どう考えても無理。
でも、あんまりお金の掛からない事しかできない。したがって国内旅行もあきらめるしかない。
海外旅行なんて出来るわけがない。・・・派遣社員になって、どんどん給料を減らされて今が「底」からプラス3000円の手当てが付いても、年収が驚きの金額ゆえに気持ちよくお金を使えない状況だ。

派遣社員の境遇はみな一様に不遇ゆえに、経済的なゆとりが無いからお金がほとんど動かない。
衣食住のなかでも住むところと、食事は確保しなければならないが、衣類は一番後回しにされるべきもので、とくに不都合でなければ服装にお金をかける人は少ないのではないかと思う。特に男性はそれが顕著なのではないだろうか。気が付いてみれば、同じ服装を季節ごとに変えているだけで、新しい服を買わなくなっているとか、そういう人は多いのではないか?

自分がそうだから、そういう男が多いのではないかというのも偏った見方かもしれない。
ま、どうせボクはオタクみたいなもんだから、服装は確かに後回しになっていますね。
我ながら去年奮発して買った着る物といえば、「フライベスト」(約5000円)と、野球帽タイプのキャップかな?(約3000円)しかもヴァリヴァスのロゴ入りだから、二つとも釣りの時のユニホームみたいなもの。街中で流用できるのはキャップくらいかな・・・フライベストは着る物であっても「道具」ですから。

さて本題。河北新報朝刊、’08年4月24日付けの記事より抜粋。

★派遣先売店で現金盗んだ疑い
角田署は22日、盗みの疑いで、角田市角田泉町、派遣社員A(27歳)を逮捕した。
調べでは15日午前02:00頃、派遣先の市内の工場売店に侵入、現金約25000円と、
自販機の鍵やクリーニング券など数十点(約27000円相当)を盗んだ疑い。



ここで取り上げるくらいですから御察しのとおり、ボクの勤めている工場ですわ。
事件のあった週はボクも夜勤でして、事件のあった時間はちょうど02:00からの食事休憩が始まる時間です。2階、食堂の一角に喫茶室がありその一室の中央に売店のカウンターがあります。夜間は閉店していて、表側の食堂方向にはシャッターがあり、裏側は階下の部品加工のフロアに降りる階段があり、幅1間縦2mくらいの丈夫な鍵付きの鉄扉があり、勿論閉店時は施錠されています。

犯人はこの鉄扉をバールでこじ開けて侵入し、犯行に至ったようです。
閉店後の売店内に現金が置いてあったことじたい、本来ならあってはならない事です。
商売が終了したあとは、レジ内のお金は全て持ち去るべきで、通常のお店ではゴクゴク当たり前の事です。少ない金額とはいえその程度の額面の現金が売店に置いてある事を、事前に知っていた者の犯行とみるか、現金が目的ではなくて「食券」「クリーニング券」が第一目的で、たまたま現金があったからそれもついでに盗んだとみるべきか・・・犯人A君の話を聞くしかないですね。(知らない人です)

それにしても・・・この事件があった週。ボクは夜勤で、事件は週の初めの出来事。
この「食券が盗まれた」という事件の話を聞いたのが金曜の朝。奇しくも残業のために居残りをしていた時だったのでした。早番、深夜勤務、その間の土曜日も出勤していたぼくは都合、休み無く2週間を働き抜いて、夜勤が終了した朝に聞いた話だったので、話半分に一通り聞いて一言。

「そうなんですか・・・で、それは冗談なんでしょ」と笑いながら受け答えし、
「なかなか面白い話でしたよ・・・」というと冗談では無くてほんとにあった事だという。

最初から間抜けな事件でした。「食券」を盗む事じたいが間抜け。
この工場でしか利用できない食券を盗むとは、内部の者の犯行である事が初めからばれている。
現金も25000円程度とは少ないな。せこい盗みをはたらいた御陰で、仕事を失い、盗みをはたらいた派遣先の鉄扉を破損したのだから、賠償金は発生するし、当然派遣会社は厳重注意を受けてその派遣会社の信用は失墜。勿論、犯人の両親にも話がゆき親はとんだ赤っ恥をかくことになった。そして、前科者になり、運が悪ければ刑務所行きか?行っても軽犯罪だから禁固1~2年くらいかな?詳しい事は知りませんが、一時の気の迷いや、出来心、魔が差した・・・という話では済まない。


そこまでして盗みに入って得るものなど結局なかったではないか。

いくら懐具合が悪くても、そういう盗みはいかんな・・・。そういえば、ホテルや旅館の備品を盗んだり、社宅の備品を盗んでリサイクルショップで換金とか、そういう窃盗の事件がこのところよく県内版でも記事になっている。おそらく全てどこかの派遣社員や、元派遣社員。

格差社会、低所得者の増大でつまらん犯罪が増えてきた。低所得者といえばボクもあてはまる。
ボクも犯罪者予備軍なのかもしれない。でも、犯罪者にならないで済んでいるのは我慢ができているからだと思う。我慢できなくなれば・・・一線を越えて犯罪に走るかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GW2日目、七ヶ宿ダムへ・・・。 | HOME | スピリッツ21号・・・「花と奥たん」など。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。