うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「クロジとマーブル①」富永ゆかり・・・景品ありがとうございます

先週の某日、更新する際にこの事を書こうと思っていたときに、巨匠である赤塚不二夫先生の訃報に触れたのでそちらが優先されました。改めて御礼をいわせてもらいます、有難う御座いました。有難く同封されていたボールペンを使わせていただきます。
先週の火曜か水曜辺りに届いた1通の封書。(株)竹書房から1通の茶封筒が届いたわけですが、漫画家の名称「富永ゆかり」を見て「はて?」とも思ったのですが、「クロジとマーブル」第1巻を購入した際の読者アンケート葉書を送った事を思い出しました。

今までこういった、同封の読者アンケートを何回か送った事もありましたが、景品が送られることなど一度も無く、またそういう予期せぬプレゼントのようなモノには縁遠い者なので、ささやかな品でさえ本当に暖かく喜ばしく感じました。

RIMG0069_512.jpg
RIMG0070_512.jpg

アンケート葉書が思いのほか沢山届いたそうで、つい嬉しくなって御礼のおまけに新聞まで作られたそうです(笑)。大手出版社で活躍する大物、もしくは中堅の人気作家ならこういうのを作ったとしてもおそらくはアシスタントなどに作ってもらい、末文にチョコチョコっとコメント入れたり、または気をきかせてイラストなどもいれるかもしれません。(だいたい人気作家にこういうオマケをつくる余力は無いかもしれない)この富永ゆかり先生(笑)おかしい。笑えます。エクセルとかそういうので作ったわけではなく、中学校の壁新聞です。全部、枠線、書き文字、もちろん添えるイラスト、4コママンガ、全てが手描きですよ(笑)。

あんまり連載を抱えている様子では無いみたいです。要するに・・・言っちゃ悪いが、暇なんですかね。
「まんがくらぶオリジナル」「まんがライフオリジナル」などの4コマ専門誌にて、富永ゆかり先生の連載中のクロマーが読めますが・・・他になにか描いているかどうかは未確認です。ちなみに、クロマーを読みたいがためにこの2誌もチェックしていますよ(笑)。

ストーリーマンガの世界とは違う4コママンガの世界は実に面白い。基本的に大真面目なシリアス作品はなく、笑い優先の世界でありながら時にはホロリとする世界も共有する暖かい空間が4コママンガには多いですね。
殺伐としたヴァイオレンスな匂いのする4コマは多分皆無なのではなかろうか。

アフタヌーン、モーニング、スピリッツ、マガジン、イヴニング・・・等々愛読していますが、買って何度も同じ作品を反芻するかのように何度も読み返す雑誌は4コマ雑誌ですね。何回読んでも楽しめます。なんで、そんなに以前も読んだネタの数々を繰り返して読む事に、飽きる事がないのか本当に不思議です。おそらくは、難しい事や、作品の中に生み出されている作者の考えを汲み上げる思考作業の必要性がなく、見たままを楽しみ、しこりを残さずに安らげる空間が4コマにはあるからなのかな・・・。

とりあえず、ほのぼのとあほらしくて、猫を飼っている人ならば特にクリーンヒットするネタの数々に笑えます。最近気がついたのですが、ひじょうに些細な発見をして僕はひとり喜んでいます。4コマ目のオチのコマで、飼い主のみやチャンや、うなだれるクロジを励ます?なだめる?マーブルの右手で「ポン」と添えるカットに密かに感激していたりします。

「まあ・・・そういうこともあるさ」と、無言で語りかけるような仕草が良いです(笑)。ここまで探って見ているファンっているかな?あまりにもさりげなくて、何気ない仕草なので、マンガを噛み締めて読まないタイプの人には判らないかもしれませんね。
一度、そういうカットを見つけて見てください。おもわず顔が微笑んでしまいますよ。

あとはこの「クロジとマーブル」の作品に触れて、図らずもどこかで

うへぇwwwwwww

っと、口にでるようになったら、立派なクロマーファンですよ。しかもそう叫んで、周囲から
「え?・・・うへぇwwwって?」と切り替えされてこそ、クロマーファンですね。
ま、たまには4コマもどうぞ・・・。

クロジとマーブル 1 (1) (バンブー・コミックス)クロジとマーブル 1 (1) (バンブー・コミックス)
(2008/02/02)
富永 ゆかり

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<約1ヶ月ぶりの白石川釣行 | HOME | 赤塚不二夫死去。享年72歳・・・これでいいのだ・・・か。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。