うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

約1ヶ月ぶりの白石川釣行

6月くらいまではなんだかんだと言いつつ、バス釣りなどを混ぜながらヤマメ釣りをしていたのだが、7月は鮎釣り解禁の月なので、遠慮して白石川本流の釣りは避けていた。そうでなくても、週末に天気の悪い日が続いていたり、気持ちがのらないから釣りに行かなかったりと、釣りのシーズン中なのにもったいない日々を過ごしてきた。

そういう7月を乗り越えて、今月初の釣りに行った。しかし、前日も朝方に寝たので、昼からの釣行になる。白石川に辿り着いたのが15:00頃。白石大橋の河川敷公園内の駐車場に車を停めて、大橋の上流付近の短い区間を釣り上がってみた。

鮎釣りのシーズンでもあり、週末の土曜日・・・さぞかし人が入っているものと考えていたのに、釣り人は大橋の下流側に一人みただけ。おそらくは鮎釣りの友釣り師らしい様子。上流側には長い竿を操る人もみかけない。遠慮せずにルアーを投げてみた。

最初に掛かったのはパンサーマーチンの銀で釣れた約24~26cmの丸々と太ったウグイ。
この後はニアキスの銀系統で立て続けにヤマメを釣るのだが、いずれもサイズは15cm以下のチビサイズばかり。時折ウグイも混じって掛かるが、いずれも20cm近い良型?サイズ。この際だから、チビヤマメに混ざるウグイの感触も楽しむことにした。

天候は曇りで気温はおそらくは30℃以下となっており、湿度もそれほど高くない一日。
ニアキスとコンデックス、ピュアの銀系統の色でとにかく釣れたが、サイズは小型ばかりだった。
ウグイ5~7尾、ヤマメ10~15尾くらいは掛かったかな?ヤマメの数は正直なところ5尾以上をカウントしなかった。だいたいこれくらいの数は掛けたと思っている。

もちろん、オールリリース。尺物以前に24cm前後のヤマメさえ掛からないのだから、さびしいかぎりだ。
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<’80年代の音楽、特に洋楽を聴く機会が多い今日この頃・・・シャカタク;ナイト・バーズ | HOME | 「クロジとマーブル①」富永ゆかり・・・景品ありがとうございます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。