うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何号か覚えてないから・・・今週号「スピリッツ」「WJ・バクマン」他・・・

今週のスピリッツから特筆すべきは、「上京アフロ田中」だ。
まあ・・・はっきり言って「どうでもいいマンガ」としていつも、なんとなく流し読みしていたのだが、
今回だけは「何か書いてやろう」という気になった。同僚の高橋君や、他の先輩達に連れられて、
なんとなく流されて・・・付き合い程度にやっていたサーフィン。
気がついてみれば先週号では、ついに高橋君の強い勧めもあって、マイ・サーフボードを10万円で購入した田中。

サーフィンを始めた頃に、青年誌的なエッチなアクシデントで知り合ったみえこさん(婦警さんだと後々わかる)の事を、片想いして・・・まあ・・・省略すると、田中が告白して撃沈し、「嫌あwwww」などと逃げられて・・・次に会う事など想定していなかった田中は、海で再会してしまう。
(サーフィンを趣味にしているみえこさんと、田中が遭遇する確率は低いわけがない)

ギクシャクと挙動不審ではあるが、とりあえず知り合いなのだから、挨拶したりとりとめのない会話ぐらいするだろう。モヤモヤした気持ちでスッキリしない展開でまた終わるのか・・・と思いきや、

「今度、サーフィン教えてよ!!」

「えっ!あああ・・・教えるくらいなら・・・」


というラストの言葉に、
「そうだよ!そこから始めるべきだろう!?下手なんだから、教えてもらうって手段があっただろう!?」
「やっと、言ったか!!」
などと心の中で叫ぶスピリッツ読者が大勢いたのではないだろうか。

一歩進んだ田中に拍手を送りたい。

「バクマン」第6話。
第5話最終カットで登場した、同年代の新人漫画家が受賞して、デビュー決定の記事を見て
考える二人。漫画家デビューし、アニメ化を目指すにあたりどこの雑誌で描きたいかというと、
「やっぱりジャンプだろう。アニメ化されるマンガが多いしな」
と、ここはまあ予定通り。

今回は編集者や担当の話になるのだが、今回のマンガ編集者の話は眉唾ものの、「都市伝説」程度に軽く聞き流してくれという事だったが、どちらの例も事実有りきであろう(笑)。そこが笑える。

1)キャバクラで酒を飲み、キャバ嬢に囲まれながら携帯越しに、原稿を催促する担当編集者。
 原稿を取りに来るだけマシ・・・らしい。(悪い編集者)

2)10数本のネームを渡しても最初の数ページを読んで、「面白くない」と言ってつき返す編集者。 そういう事が何回も続き、ようやくやっと最後まで読んでくれたネームがあり、安心している漫画家の目の前で「原稿を直接シュレッダーにかけた」編集者。
 これを見て怒り狂った漫画家は、その時以上に発奮して原稿を描きあげ、そして連載につながってその作品がヒットした。(良い編集者)

2)の後日談で、「シュレッダーにかけた作品は面白かったけれど、君がその程度で満足していたら、これ以上の作品はできないと思い、あえてシュレッダーにかけたのだ、許してくれ・・・」という編集者の謝罪を聞いて漫画家は泣いたという・・・だったかな?だいたい大まかな話はこういう事で、この原稿をシュレッダーにかけた編集者は後に編集長になったという・・・。

このあたりの絵図を見ていると、漫画家の顔は黒塗りでつぶしてはいるが、編集者の顔はまさに「Dr.スランプ」で鳥山明が描くところの「ドクター・マシリト」こと、鳥嶋編集長その人の顔にソックリ!

もしかして・・・シュレッダーにかけられた作家は、鳥山明かも?どこかで悪口書いていたような?
思い違いなら、バクマンの二人のどちらかのエピソードなのかな・・・。

あとは色々とラブコメ展開、昔のジャンプにのっていた原秀則のマンガみたいなかゆい話とか、
とりあえず、ジャンプ編集部に持ち込む原稿をでっち上げて持って行こうという話。

本格的なマンガ界の話になるのが見えてきたけれども、少年少女、あまねくジャンプ読者のアンケートの数字が良いことを常に心配しています。みなさん、「バクマン」の連載を応援してくださいね。

と、こういう自分がジャンプを買わないというのも問題かもしれない。
が、僕が読みたいのは3本くらいしかないから、買うだけもったいないというだけなんです。

ここまでかな・・・書きたいことはあるけれど、夜勤なので、仮眠をとらないといけないので
寝ます。申し訳ない。ごめんなさい。


スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<週刊少年マガジン44号~「ベイビーステップ」など | HOME | 「デトロイト・メタル・シティ」実写劇場版を観る・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。