うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とりあえず「新創刊号。’Good’アフタヌーン12月号」を予約しました

まあ、増刊号みたいなものは1~2冊ぐらいは売れ残っているものだ。
な~んて、たかを括っていたら入手出来ない状況になってしまった、
「YSスペシャル・スピリッツ増刊号Vol.2」・・・。

その不測の事態に陥ってしまった体験から、今回は創刊号を予約する
事にした。おそらく、杞憂であると思うが、万が一に備えたい。

アフタヌーンの作家陣が大勢名乗りを挙げて、イヴニング、モーニングからの
参戦もあるこの新雑誌におおいな期待をかけているのです。
「地雷震」高橋ツトム氏の復活。「もやしもん」石川雅之氏の新作。
「巨娘」(『神戸在住』の)木村紺氏。「無限の住人」沙村広明氏のおそらくは
「お引越し」(アフタヌーン増刊にて・・・)以来のコメディ作品。

「ああ!女神様」以来の新作掲載、藤島康介氏の参戦もあるという。
講談社、青年誌部門のビッグ・ネームが集う新雑誌、
’Good’アフタヌーンに過剰な期待を抱いてしまうのは止む終えない。


good (グッド) ! アフタヌーン 2008年 12月号 [雑誌]good (グッド) ! アフタヌーン 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/07)
不明

商品詳細を見る


先日、急遽予約購入することにした。

その際、あきらめの悪い僕は、「YSスペシャル・・・」がアマゾンで
出回っていないか確認してみた。2500円から~というのがあり、
「中古で流出、いや売りに出した人がいるみたいだな・・・」
と思い、一応確認すると、2件の「売り」が確認された。

2500円でも高いというのに、この価格がまだ良心的であると思えたのは、
どこかのスットコドッコイの馬鹿たれが、50000円の値をつけていたからだ。
元値が580円くらいで、最高5000円くらいなら有り得る話で、まだ許容
できる話ではある。それでも、高いとは思うが、いくらなんでも、

50000円は異常だろ?

マニアは買うのか?

オタクは買うのか?

アホらしい。

値をつけたヤツが阿呆でしょう。


アマゾンの評価をみても74%くらいの満足度で、希少性の高い
物件を抱えて儲けを出しているようだが、連絡も通知も適当で、
届くのに10日以上かかっている場合もある。
買い手を不安にさせるし、コメントの裏に見える「不満の種」が、
見えて随分気分の悪い思いをした。

購入したわけでもないのに、こんな不愉快な目にあうとは
思いもしなかった。

こんなヤツから高値で買う事ないですよ。
こだわりのある方は雑誌に50000円値が付いても関係無い
かもしれませんが、こういう根も葉もない価格はそいつだけに
儲けがいってしまうだけで、中古市場にだしてもそんな値はつく
はずがない。転売しても儲けはでません。




そして愚か者に付き合う必要はありません。



ついでですが、文庫の小説も買いました。
スカイクロラ・シリーズの4作目です。

フラッタ・リンツ・ライフ (中公文庫 (も25-5))フラッタ・リンツ・ライフ (中公文庫 (も25-5))
(2007/11)
森 博嗣

商品詳細を見る


ちょっと・・・読むのに時間をかけ過ぎです。
1冊読むのにそんなに時間のかかる文体ではありません。
英訳し易そうな文体でした。
まったく・・・マンガの読みすぎと、携帯のニュースサイトの
掲示板にはまり過ぎです。

ちなみに、3作目までは「草薙水素の物語」です。
映画の主役、函南ユーイチ君はほぼ脇役。
1作目のみ主役だったような・・・。

このシリーズはSFとして捉えればいいのかなぁ・・・。
気になる謎や伏線が張られているような気もします。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<good!アフタヌーン~新増刊・初号をとりあえずちょろっと・・・ | HOME | YSスペシャル・スピリッツ増刊号Vol.2・・・が見つからない。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。