うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全国の派遣社員のリストラがドンドンすすんでいますね・・・「恋ヶ窪★ワークス」など

自分のプロフィールにも明かしていますが、製造派遣の現場にいる
イチ、派遣社員にすぎないこのわたくしの周辺も、例に漏れず、大変な
状況になってきています。ハイ。

某自動車メーカー・・・いや、ぶっちゃけHO★DA系列の部品メーカー、
○ー○○の製造派遣社員なんです。エエ・・・。
先日、河北新報の1面トップになんとも残念無念で、ガックしと肩を落とし、
ふさぎ込む福井威夫社長のカットが「もうダメだ・・・」感一杯で、これを
見るにつけて、「・・・ああ。俺ももう、ここじゃあ働けないなぁ・・・」と確信
しました。

先月に12月一杯で雇い止めをくらった仲間が今日付けで、仕事納めで
派遣会社からも解雇という事になりました。選別にヴァランタイン12年の
スコッチを彼の作業台の上に置き、後で「さよならメール」を送りました。

「次は俺の番だな・・・解雇通告が先延ばしになっただけだ」といった事を、
常々先の見えない不況、失業を案じながらお互いに景気の悪い話ばかり
でした。最近はそんな状態でしたので、マンガ関係の更新が減り、苦悶
の日々と、精神的に辛くてレビューも減りました。

でも、やっぱり自分の好きな世界、マンガや小説に親しむ事で気持ちが
少しでも救われるもので、無駄に熱いマンガを読みながら、精神の、心の、
魂の「炎(ホノオ)」を保ち続ける日々であります。

先日、アマゾンで購入した「このマンガがすごい!2009」と一緒に注文
した「恋ヶ窪★ワークス」の短編集を購入したのも何かしらの因果を感じます。
このブログを立ち上げた際の、一番最初のレビューが、「Mr.BIKE」に連載中
のこの大森しんや氏の作品でしたから・・・。


恋ヶ窪★ワークス 愛蔵版 (Motor Magazine Mook)恋ヶ窪★ワークス 愛蔵版 (Motor Magazine Mook)
(2008/06)
大森 しんや

商品詳細を見る


東本昌平氏の代表作「キリン」のような、かっこよさ、ダンディズム、
スピード、狂気、侠気、汗と油の匂い・・・全体的にハードボイルド
風味の世界観がバイクにはあるけれど、それとは違った町乗りの
ゲンチャリ感覚で、隣町や、隣の県に行ってコーヒーを1杯やって
帰る感覚に似た旅要素を含む作品。

まあ・・・若干、ファンタジーなのだが、それを含めてバイクを知らない
女性に勧めても拒絶されにくい作品のような気がする。
同時期に掲載されていた「キリン」とは対極に位置しているが、
こういった ”Fun to Ride” 的な楽しみもバイクにはあるのだよ・・・と、
静かに熱く語り続ける読者の声が、1冊のコミックスとなって具現化
されたのですね・・・。


キリン 35 (35) (ヤングキングコミックス)キリン 35 (35) (ヤングキングコミックス)
(2008/07/14)
東本 昌平

商品詳細を見る


「キリン」に関しては、現在連載中の作品はよく知りません。
「Mr.BIKE」に連載中は大体全話を追いかけて読んでいたので
知っています。最終話に、佐藤信也氏がアウトバーンでの
公道仕様車による300Km/h超えの試みについての話なども
登場しました。随分昔の話ですね・・・15年以上前くらいの話
になりますか・・・。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<非正規失職約85000人に・・・10月~来春厚労省推計 | HOME | このマンガがすごい!2009年度版~ザッと見ました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。