うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

こんなものが出てきました~「おおきく振りかぶって」から

誰にも見せたくないほどカオスと化した我が「汚部屋」・・・。
一人暮らしの頃も適当にひどくて凄かったが、それでも主な生活空間
ゆえに、そこそこは定期的に片付けたり掃除機をかけ、カーペットなどを
コロコロで細かい埃やゴミを取ったりしたものだった。

何よりも、友人知人が不意に訪ねてくる場合もあるのである程度は
片付けやすい状態(まあ・・・他人が座るくらいのスペースは確保できた)
を、保っていたりしたものだが・・・。

誰も訪ねてくる可能性が無く、親の侵入さえ断固拒否している空間だ。
自分が責任を持って片付けるか、整理しなければ、放置されたものは
そのままで動かない。そして、モノを捨てる決断力が弱い天秤座のA型だ。

1999年4月に宮城に来てから、新たに蓄積されてきたモノであふれかえる
我が汚部屋。寝るスペース以外は雑誌、書籍の類いが積み重なって、何棟
もの紙の塔が林立している。毎年、大型連休にある程度はまとめて放り出す
のだが、投げ出すペースよりも蓄積されて吹き溜まるペースの方が早い。

失業を機に、我が汚部屋の片付け、および整理を行う事に決めたのは、
去年の暮れからである。様々な役所的な書類、会社関係、請求書、領収書
などの類いを大方片付けるのに手を焼いて、さらに残すべき雑誌、コミックス、
文庫や、残しておきたいYJなどのグラビアとかの切り抜きなど、はっきり言って
無駄とも思える作業の数々で、度々読み飛ばしていた作品につかまり、
片づけが遅れるというていたらく。

週刊、隔週の雑誌などは割りと号数が新しいのを残して、それほど苦悩せずに
捨てられるが、「月刊アフタヌーン」は・・・これがなかなか捨てられない。
作品数が多くて内容が濃い雑誌なので、読み飛ばして「後から読もう・・・」
というような作品もあったりする。

だいたい自分のルールでは、アフタヌーンに関しては2~3年は処分しない事に
している。それゆえ、引越しの際も、おそらくは少なくても1~2年分は神戸から
持ってきたはずだ。
今回処分すべき分は、おそらくは2006年度分くらいからであろう。

アフタヌーンの積まれた一角を掘り起こすと、まあ・・・次から次へと、それとは
関係の無い雑誌も出てくる出てくる。

おそらくはもう買わないであろうブラックバス関連の雑誌、ツーリング雑誌の
古い「アウトライダー」「BE-PAL」「自然倶楽部」「ギターマガジン」「プレイヤー」
「トラウティスト」「Mr.Bike」・・・etc.そして、その一角の隅に重なった箱。

「おお・・・これはいつのフィギアだ」と、放置されて埋もれていた箱をとる。

RIMG0092_512.jpg

RIMG0093_512.jpg

「おおきく振りかぶって」の人気が高まり、これらのラインナップで
携帯ストラップが造られた事があった。もちろん海洋堂謹製のもので未開封だ。
おそらくもう1体あったはずだが、所在は不明。
この作品のコミックスが2~3巻目くらいにリリースしたフィギアではないかと
思われる。

「おおきく振りかぶって」ファンでも、コミックス派には手が出なかった代物で
あろう。連載を追いかけているファンは必ず入手しているアフタヌーンの付録
だからだ。あと、ペラッペラッのプラスチック製の団扇も出てきた。

まあ・・・正直なところ、特別な思い入れも無いので、誰かが買ってくれるなら
それでもいいが、そういう事もできそうに無いのでファンの気持ちを逆撫で
してしまうようなこのコメントに抗議はしないでください。

実はこの作品も途中から読んでいないんですよね・・・。まとめて読むつもりで
いましたから、バックナンバーで振り返って読んでみます。

蛇足ですが、自分が読んでいる高校野球マンガでは、スピリッツ連載中の
「ラストイニング」がつぼにはまって面白いです。
監督目線が多い作品で、モーニングの「GIANT KILLING」というサッカー
マンガにも通じる面白さがあります。


*)「月刊アフタヌーン」が、積まれていてなかなか捨てられないと書きました。
 2006年度くらいからのモノ達だけかと思うと、違う場所から2005年度、
 2004年度の「アフタヌーン」が!!・・・しまった。しかも、懐かしさのあまり、
 一部を読み返しました。「おおきく振りかぶって」のフィギアに関しては、
 コミックス既刊4~5巻の辺りのようです。古いアフタヌーンが捨てられない
 理由のひとつなのですが、「げんしけん」の後半があの頃なんですね。
 最終話に至る手前5話くらいの盛り上がりと、祭りの後みたいな雰囲気が
 なんとも・・・胸にくるのです。ちなみに、コミックスでは連載時とストーリー
 構成が若干変更されている事も思い出しました。あと、「はちみつとクローバー」
 の後半、はぐみが右手を負傷した辺りからの「コーラス」が、残っていました。
 全く未練たらたらの、暗いおとこですね・・・まったく。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<買う気は無かったのに、つい・・・買ってしまった。「おのぼり物語」 | HOME | 新春家族放談・・・「マンガを描けないのか?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |