うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本日はアイドリング状態で過ごす・・・

25日日曜日のわたくしには特に用事無し。こう~したい、あ~したい
事も無し。そんな気力が無く奮起できない日は動かない。

中途半端に早起きを心がけてきたためか、土曜日の買い物の帰り、
夕方17:00頃に眠くなった事を思い出し、徹底的に眠ったら、細切れで
目覚めながらも15:00近くまで惰眠をむさぼった。

昼飯を食べてからもラジオを聴きながら、江古田ちゃんのごとく
アイドリング状態で、床に伏して「おれはダメ人間・・・」と、覇気の無い
自分に思考がどんどん鈍く、濁っていくのを感じていた。

臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)
(2008/05/23)
瀧波 ユカリ

商品詳細を見る



24日土曜日のわたくしはかねてからインクが欲しくて(所持している物は
すでに品質が怪しい、消費期限切れ食品のようなもの)仙台市内の画材屋
に行こうとも思ったが、長町辺りの複合ショッピングセンター内の文房具屋
を思い出しそこに行った。以前10000円程の万年筆を買ったところだ。

そこで、インクを入手。隣接する紀伊国屋書店でマンガ、書籍等を物色しながら
ふと思い出す。伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」は面白かった。
もう1冊伊坂氏の著作を読んでみようと思って上記の著作とあわせて購入した
「魔王」を思い出す。

「魔王」が1冊あるならば、他にも・・・と伊坂作品を物色しようとしたところ、ふと
目に止まったのが「罪と罰」もちろん、ロシア文学の巨匠ドストエフスキー氏の著作だ。
そういえば・・・2年前に「カラマーゾフの兄弟」の新訳が話題にのぼった事があった。

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



これは読んでみた方がいいかな?と以前から考えていた。「魔王」を後に
するか、並行して「カラマーゾフの兄弟」を読んでみるかと決意し、売り場を
探すと、未だ人気は衰えずといったところだ。

平積みでそびえ立つ文庫の数が物語る。いまだにベストセラーだ。
「アンナ・カレニーナ」などもあった。ロシア文学といえばトルストイの短編を
1冊読んだ。あと、長年放置しているトルストイの文庫が2冊程ある。

「カラマーゾフの兄弟」をとりあえず全4巻プラス1巻のうちの1巻を購入。
ついでに、食品売り場で非常食 or 常備食である、「亀田の柿の種6小袋入り」
を2つ購入。(200円切った価格!)今シーズンはまだ食べていない牡蠣を
少し購入。加熱用で身がデカイのが良かった。

この日の夕餉に勝手に買ってかえった牡蠣を、ありあわせの材料で
それらしく鍋料理に仕立てて牡蠣を堪能する。八丁味噌も自前の物が
あるので、土手鍋みたいな味噌仕立てで食する。ほんとに1パックの量では
少ないかと考えたので、2パックにしたが・・・少ない。

やっぱり鍋物って安上がりのようで、実は高いものだ。それでも腹八分目以下
ながらも、そこそこ満足しながらひさしぶりにハイボールを飲んで誤魔化す。

アーリータイムズのブラウンラベルで、まろやかな口当たりがいい。イエローラベル
のバーボンらしさとは少し違った印象のバーボンだが、旨かった。

この飲酒が効いたのだろう。日曜日の昼過ぎまで寝た要因は・・・。

日曜日の睡眠時、久しぶりに大学時代の友人が登場する夢をみた。
夢というのは面白くて、自分の現在住んでいる場所や、過去に住んだ場所。
映画で印象に残った場面、30年前くらいの風景がパースやら時間やらを
無視してまで、あたかもそれが「現実」であるかのように、ごく普通にリアルに
存在し、自分もそのリアルな世界で実際に生きて活動しているのだから
面白い。

物語性の無い、単なる日常描写に過ぎないためか、台詞も会話もほとんど
記憶に残らないくらいに意味をなさない。ともすれば、言葉は無くても、テレパシー
だけで分かり合えてしまうのだから、夢ってすごい。

今、正気で起きてコメントを書き込んでいますが、印象的な場面は陽の当たる
南向きの6畳間と北側リビングに挟まれた4畳で縦長の和室。
襖を開けると細長い室内の奥に磨りガラス入りの窓があるが、対面するマンション
の壁があるために日差しが入らない。

その窓の手前には旧式のステレオコンポがあり、かたわらにはヘッドホンが
転がって、それを照らすように安物の電気スタンドが白い燈火光を落とす・・・。
なんでも、そのマンションの1室をあらわしているのだが、友人いわく。

留守番するようにいわれていたので、俺はこの4畳の暗い部屋で、毎日
CDを聴きながら暮らしていた・・・という内容。

まあ・・・どうでもいいのだが。


*)ちなみに全くの余談。24日の鍋の後に残した汁を利用して、25日の昼は
 味噌煮込みうどんを作って食べた。もともと、八丁味噌仕立てなので、うどん
 と具(白ねぎ、あぶらげ、豚コマなど)を投入し、卵を落としてできあがり。

 うまいぞぉ~(荒岩主任風に!)



スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<聖☆おにいさん~第3巻発売予定日 | HOME | good!アフタヌーンについての補足>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。