うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コンビニでイブニングが見つからない。

あれ?どこでも置いてある印象があるのになぁ・・・。
本日、本屋に用事で行けば、イブニングは確かにあったけれど、
立ち読みの被害でヨレたモノが2冊あった。しかも、背表紙に黒い
インクの他人の指紋が付いているヤツ・・・。

俺も立ち読みするけれど、雑誌の開き方が悪いとこうなる。
ヤングジャンプなんかは常にこういうヨレたやつが放り投げられて
いて、やむ終えずソレを買うしか無い時もあったりするので、立ち読み
する場合は雑誌のヨレも気にして欲しいところですハイ。

ま、それはそうと、明日は旗日ゆえ、マガジンも早売りでした。

イブニングも最終的には数件立ち寄ったコンビニの内、家にたどり着く
手前、最後のコンビニで4冊発見。しかも美麗。ヨカッタ。

「おせん」




も、連載再開後は順調な2話目。テレビ局の特番に「一升庵」が紹介
されるとか、されないとか・・・で、もともと、この話(テレビ側)を持ってきた
方が、おせんさんとも馴染みのADだったかな?

まあ、どんな料理を特番でやるのかというと、名物切れ者プロデューサーの
一声、「冬の鍋料理」とテーマが出される。
が、まだ、この料理バラエティーに出演するしないの決定はまだされていない
段階だ。

冬はヤッパリ鍋物に限る。テッチリ、鮟鱇、牡蠣、水炊き、すき焼き数あれど、
「一升庵」が仕入れて振舞うのは(まだ出演交渉段階)アレだ。






読んでね(笑)。


おせん 15 (15) (イブニングKC)おせん 15 (15) (イブニングKC)
(2008/03/21)
きくち 正太

商品詳細を見る










モテキ
だね~。今回の表紙は「モテキ」の久保ミツロウ女史。
個人的には佐々木倫子氏の「チャンネルはそのままで!」より好きだ。
比較対象が違うかな?まあ、佐々木倫子氏の笑いとは別だが、

「モテキ」の笑いは・・・もう自虐、自爆、地雷原撤去作業。
なんというか・・・・・・・かゆい(笑)。
まだ、6話程度なのに、よくもまぁ(笑)
グネグネ、しめじが生えそうな、おかしさにまいったな。

多分、絶対「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の田西ならコレとは違う
展開に・・・・いや、結局未遂事件があったから、最悪のビッチ
が誕生したんだっけ・・・。

女性作家が描くとどうなるのかな~といった童貞喪失物語。
結局、酒飲んで酩酊状態で適当にやっちまった・・・でしたが。

心の喪失感が、ズシーンときているようで・・・。

しかし、女性が描くモテル女、美貌の女性っていうのはエッチで
なんだか嬉しい。男子的スケベイズムとはまた別のラインなんだ
よな~。




「とろける鉄工所」
小島さんのばあさんが亡くなって、しばらく休む事になり、
右往左往して小島班の2番手、北さんが頑張りますが、仕事が
まわらなくなりパニックになって失敗。その間、下っ端のヨッちゃんは
まるで役立たずで工場内の掃除でウロウロ(笑)

ベテラン1人いなくなると、仕事がまわらない現場っていうのはある。
笑いながらも、ゾッとする話でもあるのですね・・・。
コミックス第1巻めでたく重版かかったそうです。ヨカッタ、ヨカッタ。

とろける鉄工所 1 (1) (イブニングKC)とろける鉄工所 1 (1) (イブニングKC)
(2008/11/21)
野村 宗弘

商品詳細を見る



ペーさんの奥さんは、この作品では綺麗どころですから、
今回の話のラストページにも登場されていました。
ヨッちゃん役に立ちません(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<用事で大河原に行き、昼にカレーを食べた | HOME | BS2「マンガの現場」にて見た~浜田ブリトニー嬢(笑)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。