うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

やばいなあ~見てはいけない物を見てしまった

今週は遅番なので帰りは夜中になり、車で約一時間の通勤路ゆえにコンビニに立ち寄るのが日常であります。
最近九月一日に開店したばかりのファミリーマートでつい「ホビージャパン」を立ち読みしていると・・・気になる情報が載っているではありませんか!
巻頭のガンダム特集はいつものコトでその辺の記事にはあまり関心は無く、僕の心を鷲掴みしたのはSICシリーズの新しいフィギアが九月末に発売されるという記事なのです。
SICシリーズとは?
知らないヒトのためにも一応説明しておきましょう。ただし正確な内容であるかどうかはうろ覚え故にあしからず。

続きを読む


SICシリーズとは、
スーパー・イマジネーション・チョーゴーキンの頭文字を取って、S.I.C.シリーズと呼称します。
「イマジネーション」の部分が少し自信がありません。イメージでよかったかもしれませんが、その辺の意味合いの言葉であっていたと思います。
基本的には70年代の特撮・アニメ・マンガ界の巨匠、石森章太郎先生の作品群から選ばれた特撮ヒーロー物や、懐かしきロボット達(ロボコンなど)が精巧精密なフィギアとなって製作された商品です。いわゆる食玩の類いになります。
第一弾の時は本当にお金に苦しんでいたので、ほとんど買えなかったため、第二弾の時か第三弾の時は買いあさった記憶があります。
中身がわからないパッケージになっているので、目的のモノが出てこないと大変な出費になります。

一個500円で税込みだと525円ですから、安い買い物ではないかもしれません。それでも個人的な価値観故に今回は買いあさる可能性は大きいようです。
一度このシリーズを箱買いしようと企んだコトもありましたが、躊躇した覚えがあります。しかし今回は・・・箱買いしてもいいかな?とも考えております。

ちなみに僕は石森章太郎の特撮ヒーロー物は、リアルタイムで体感してきた世代のため、
「仮面ライダー」「キカイダー」「イナズマン」「仮面ライダーV3」「宇宙鉄人キョーダイン」「ロボット刑事K」・・・等々のフィギアなどを見るとつい反応してしまい、タマラナクなってしまいます。

もちろん円谷作品であるウルトラ世代でもあるため、こちらにも反応してしまいます。
現時点ではウルトラシリーズでいい物が出ていないと感じているため、余分な出費はしていません。

今度でるSICシリーズで欲しいのがビジンダーの立ちポーズのやつですね。他のハカイダー達もできれば揃えたい。さてどうするか?

ちなみにこのSICシリーズのフィギアはモノによって、扱う店によっては中古で1万円の値がつくこともあります。
例えば第一弾の旧仮面ライダー一号とか・・・。
そういう価格がついてしまうところにもコレクター熱がでてしまう原因があるのでしょう。

ちなみにプロフィール欄の写真もSICシリーズで入手した「ワルダー」というキャラクターです。
「キカイダー01」に出ていた敵キャラです。(キカイダーだったかも?)
スポンサーサイト
多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ヴィンランド・サガ」コミックス購入! | HOME | 「べしゃり暮らし」を・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |