うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「アオイホノオ」出るよ。2巻・・・ゲッサン創刊号参戦・島本和彦先生!

5月12日創刊号発売だそうです。YSスペシャルが無くなり、
月刊少年誌のゲッサンが創刊されるそうですが、「アオイホノウ」の1点買い
です、ボクは(笑)。これだけでとりあえず買います。あとは内容しだいなのは
当然でしょう。どちらかというと講談社に傾いている傾向のボクを、どこまで
食いつかせてくれるか。それには期待しています。

小学館ではビッグコミック系に偏っていますが、サンデーも今は面白いですよ。
ただちゃんと読んでないだけ。ジャンプより少年誌としてつくりはいいんじゃ
ないかな?あ・・・でもマガジンは買ってます(笑)ヤッパリ講談社の手先だわ。
そういえば、週末にマガジン売ってましたね。サンデーも。
今週休みじゃなかったかな?ヤンジャン、モーニングは休みだったしね。

雑事に追われてまだ「一歩」しか読んでないので、マガジンレビューではありません。

島本和彦先生のブログからゲッサンのweb.ページに飛んで面白い記事を
見つけました(笑)

島本和彦先生より 2009/4/8
月刊少年サンデー、「ゲッサン」創刊おめでとうございます。島本和彦です。
私は、自分は少年漫画家のつもりでしたが(笑)、いつの間にか青年漫画ばかり、まあ、場所としてしばらくの間、青年マンガ誌ばかりに連載を続けてまいりました。ところが今回、このような「少年漫画誌」に連載させていただくことになり、「ああ、やっと私も少年漫画家に戻ることができるのだ」と感無量です。
で、連載する作品なのですが、昨年まで「ヤングサンデー(青年誌)」に不定期連載されていた「アオイホノオ」の続編です。…いえ、単に場所が変わっただけじゃありません。…いや…場所が変わっただけです。少年誌という場所に移っただけです。内容は以前のままで…でも!みなさん、違うんです。きっと、作品の奥底に流れるメッセージが微妙に変化しているはずです!編集長代理も作品にべたぼれしてくださっているという裏情報もありますし、前から「アオイホノオ」を愛読してくださっていた皆様の期待はきっと裏切りません。きっと。
危険なのは同じ雑誌に「あだち充先生」が連載されているということだけで、あだち先生が読まれて怒られたら連載は終わります(笑)。その理由がおわかりでない新規読者の皆さまはコミックスをお読みくださると嬉しいですし、きっと皆さまも楽しいかと。
ゲッサン創刊時発売の「2巻」は少年漫画らしく「ルビ」を付けていただけるそうです。ああ、久しぶりのルビです!どんな感じになるのか今からわくわくです。1巻の表紙イラストは変わりませんので、前のをお買い上げのありがたい皆さまは「2巻」だけで大丈夫。「2巻」の表紙もいい感じです(笑)。
それではこれからもよろしくお願いいたします。島本和彦でした。




さらに、編集長代理様のコメントもあわせてみました。


参戦トピック 第2回 2009/4/22
島本ファンの皆様、こんにちは。
島本先生の最新情報です!
「アオイホノオ」第2巻のカバーデザインが完成しました!
こんな感じです!!

(コミックスの表紙はゲッサンのweb.で確認してください)


今回も本当に素晴らしい装丁です!
是非、「ゲッサン」創刊号と一緒にお読みいただければと思います。
そして、「ゲッサン」創刊号から新章を連載開始する
「アオイホノオ」ですが、その記念すべき第1話原稿が上がりました!
とりあえず言えることはひとつ。
島本先生はあだち充先生に最低2回は殴られても
文句は言えない作品に仕上がりました。
傑作です。
この原稿が「ゲッサン」創刊号に掲載されるということが
僕には楽しくてたまりません。
皆様も是非、僕と一緒に爆笑してください。
そして、「島本先生を許してあげて欲しい」と
あだち先生にお手紙を書いてあげてください。
よろしくお願いします。





あだち充先生に2回は殴られても

文句が言えない作品に

仕上がったって・・・(笑)

めっちゃ気になりますよ(笑)!!



う~む。第1巻から、あだち充先生、高橋留美子先生をいじり
回していましたからね。「アオイホノウ」の設定年代1980年代は
まさに、小学館はこの2人の活躍がすさまじく、「メゾン一刻」の
響子さんの心の揺らぎにやきもきし、五代君を見て
「ああwwwそうじゃねえだろ!」「・・・わかる」などとなり、

あだち充作品では「あのパンツの質感のエロさはこの人にしか出せない」
と、パンツファンではなくとも思春期、青年期の男子はもちろん、女子にも
人気のあるラブコメ作品を数多く輩出した時代。
オレが買わなくても妹が買っていたから、「陽あたり良好」「みゆき」
「タッチ」は読んでました。「メゾン一刻」は借りて読み、続きは立ち読み
でしたかね・・・。

懐かしい・・・と思ってしまう僕は、もう、おっさんですから・・・ハハハ。

アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る


1巻を読んで2巻に備えよう。そしてゲッサンにも備えよう。




そういえば5月9日は「good!アフタヌーン」発売なんですね。
買いますけれど、これは隔月刊なんですが、なかなか良いです。

「鉄風」面白いよ!「純潔のマリア」も、「ハルシオン・ランチ」も、
「地雷震~ディアブロ」もいいよ!



失礼しました。



スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第726回「連休中、どこに行きますか?」 | HOME | アフタヌーン6月号・・・「無限の住人」「ヴィンランド・サガ」は重いな:たんぽぽさんのオマケ有>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。