うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋晴れなので・・・

RIMG0241_320.jpg

本流ヤマメ釣りに行ってきました。気温はやや高めで25℃くらいはあったかな?湿度が低めなので爽やかな秋晴れといったところでしょうか。先週の土曜日の話になります。
昼飯をすませて、いつもの白石川本流の釣り場に向かいます。画像の奥に青い橋があります。白石大橋(だったかな?)の下流100m付近まで釣りあがるつもりで、デジカメで撮影しました。

続きを読む

午後一時くらいからの釣行ゆえ、あんまり釣れるとは思いませんが兎に角やってみました。
河川敷のグラウンドの脇から入り、水量のある流れにさらわれないように慎重に向こう岸の浅い流れのところまですり足で進みます。
膝上の水かさなので、いくら体重のある私でもバランスを崩すとアッというまに流される、そんな流れです。
流されないように支えになるような杖(登山用のストックでもいい)が欲しいところですが、河川用の杖は無いものだろうか?

急流を過ぎると緩やかな流れになり、やっとまともにルアーを投げる事ができます。釣りはじめて40分くらいでウグイを含めて豆サイズのヤマメを4尾釣りました。まあまあの調子ですが、ポツポツと時間を開けて釣れるのでリズムがとりにくくテンポの悪い釣りになっていました。

「あんまり釣れへんなあ~」とボヤキも入りつつ黙々とルアーを投げます。スピナー、スプーンでローテーションを組み時々ミノーを加えて投げてみましたが、スピナーとスプーンへの反応が格段に良いため、いつもどおり金属系ルアーの使用率が高い一日でした。
RIMG0245_320.jpg

夕まづめ辺りでアタリが多くなり、ヒット率があがりますが、全部豆サイズのヤマメ・・・ウグイはでかいけれどね。
今日になってやっとこのボロンのロッドも固さがこなれたというか、しなやかさが出てきたというか、今まで弾かれるコトが多かった豆サイズのヤマメを難なしに掛けることが出来るようになったコトはシーズン終盤にきて喜ばしい事であった。
前述したように、橋が見えている距離を夕方まで時間をかけて遡行していたら、目的の場所につくまでに陽が暮れてしまいました。で、夕日に照らされる雲です。
RIMG0242_320.jpg

結局、良型ヤマメには出会えず、画像に収めることはなく納竿。
釣果はヤマメ8尾、ウグイ5尾(くらいかな?ウグイは真面目にカウントしていません)
そして翌日の日曜は、シーズン最後の日曜なので鮎師の邪魔をしないようにと配慮して、急遽バス釣りに行きました。

まあ近所のダム湖になりますが、さすがに秋の荒食いシーズンのためか、よく食ってきました。
トラウト用の装備で釣りをしていたので、スプーン、スピナー、ミノーと使用しましたが、スプーンがそこそこ釣れて、ミノーでバカスカ釣りました。小バスばかりでしたが、釣れるのは面白いです。
しかし・・・川ではダメダメなくせにバス釣りに威力を発揮するとはなんということでしょうか。
画像はありませんが、有名なルアーです。

スミスのWAVY50S鮎カラーです。(淡水仕様でリリースされたミノーです。もとは海用のルアーですね)もう、こいつだけで7~8尾は掛けましたね。都合12尾くらいで終了。
ワームとか使ったらもっと釣れたかもしれませんが、僕はワームを出来る限り使わない事を心情にしていますので、今回もハードルアーのみの釣果です。

今週末の土曜日が最終日ですね。できるだけ釣りに行けるようにしたいと考えています。
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<PLAYBOY11月号はギタリスト特集 | HOME | 「蟲師」実写映画化!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

/g1007/g202/g301/納期のご確認はこちらから在庫状況・納期の目安の確認 (※ご確認には商品番号が必要です。)【商品番号は 511228 です】上記のリンクより現在の在庫状況、納期の目安をご確認頂けます。正確な納期は24時間以内にお送りする受注受付メールでお知らせ致します …
2007-07-21 Sat 02:58 ハードルアーを極める
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。