うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

月刊アフタヌーン7月号~尸良最期の雄叫び「ゲハハハハハ・・・」

いや~ビックリしたのでとりあえず書きますね。
今月号のアフタヌーンを火曜の夕方に、近所のコンビニで買いまして、
今しがた自分の用事が落ち着いたので、「無限の住人」から読んで
しまいました・・・ハハハ。

まあ・・・先月号の流れでは、錬造が手足をもぎ取られ、凶にトドメを刺された
尸良のもとへ行くカットがラストカットだったかな?
まさか・・・でも、ヤッパリ生きているのかな・・・と、思っていたら・・・















尸良は生きてました。














でもなあ・・・。








蟲が、血仙蟲が尸良を再生しようとします。
頭をカチ割られ、その衝撃で見えなかった、失明していた左目の神経
が繋がったようで、冬の空を見ながら、錬造を倒れたまま見上げて語り
ます。最期までゲス野郎でした。痛み、痛覚を失った身です。それでも
血は流れるわけで、その臭いを嗅ぎつけた・・・・まあ、後は読んでください。














えげつない死に方とはこういう事。

生きたまま死ぬ。

超外道、尸良の最期には

相応しい結末か・・・。












いや、目を背けたくなる残酷で凄惨なシーンでした。
白土三平先生っぽいタッチになっていましたね。
それも印象的でした。




「ブラッド・ハーレーの馬車」・・・何それ?




これはさすがに・・・・・・ドン引きでしたよ。この結末には・・・。


これで今号のムゲニンは終わりかと、思いきや久々に吐の旦那が登場。
万次さんは昏睡状態のままたんぽぽ姉さんに抱かれてました。






月刊 アフタヌーン 2009年 07月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/05/25)
不明

商品詳細を見る




ムゲニンが強烈だったので、取り急ぎ書きました。
他の作品はまだ見ていません。
これから読みます。
それでは・・・。



そういえば、白土三平先生のマンガも結構痛いシーンとかありましたね。




無限の住人 24 (アフタヌーンKC)無限の住人 24 (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
沙村 広明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「Tokyo graffiti」(東京グラフィティ)、マンガ大特集個人的ベスト350!・・・だって(笑) | HOME | パンサーマーチンを検索すると、今は流通しているみたいだね>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |