うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PLAYBOY11月号はギタリスト特集

昨日の仕事帰りの途中、ふらりと立ち寄ったファミリーマートでマンガの立ち読みをしていたところ、「PLAYBOY」の金文字タイトルが数多の雑誌の中から頭だけをみせていた。
黒一色のバックに鈍く光る金文字のタイトルの下にチラリとみえるモノクロの顔写真・・・。
「あれっ!みた事ある顔だな・・・」と思いPLAYBOY誌を手に取ると、左上に若い頃のクラプトン先生と、真下にピックを持った左手を高々と挙げてポーズを決めるジミヘン様が掲載されているではないか!
今月号は何の特集なのかな?と見出しをみると・・・

史上最高のギタリストは誰だ?との事。
読者アンケートをもとに50人をランキングと書いてあった。

まあどういうふうに考えても、表紙に載っている二人が1位2位のはずだろうなと勘ぐってみたが、その通りでした。(笑)
この日本版PLAYBOY誌は昔から購買者層の設定が高かったような気がする。だいたい20歳代後半前後から50歳代くらい辺りかもう少し上の世代で、今思ったのだが団塊世代(ビートルズ世代?)を主力購買層に見立てた雑誌なのではないか?

だって・・・ヌードグラビアの量が80年代辺りの頃より明らかにページ数が減っている!!
僕が高校生の頃はもっと載っていたモノだったが・・・
その頃の団塊世代の人達は30歳代後半か40歳代前半で、エロさも枯れてはいない元気があったからそのニーズに応えていたのか?

ちょっと枯れかけているからヌードグラビアはこれくらいで・・・といった按配かな。
したがって・・・オトナ(成人男性)度数が高いので中高生が好きなそこらのヒットメーカーギタリストはほとんど載っていないのではないか?とページをめくれば、ヤッパリ!(笑)
オトナが選びそうなギタリストばかりで安心しました。

続きを読む

やっぱり生きている人間の方が強みを持っている。
また来日するそうですから楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
1位のクラプトン大先生はそれはもう偉大なギタリストですよ。70年代の三大ギタリストのなかで、特に日本国内においての人気は物凄いものがあります。
ジェフ・ベックは3位、ジミー・ペイジは5位となっています。多分この三人の中で一番来日回数が多いのはクラプトンなのではないですか?詳しい回数はわかりませんが・・・。

そういえば、ジミー・ペイジ様も数年前に来日して仙台でプレイする予定だったのですが・・・ギタリストの職業病ともいえる腰痛にて来日中止になった事を思い出します。
たしかブラック・クロウズを従えての公演予定でした。(観に行くつもりでチケットの手配をしようとしたら・・・中止になりました)

まあアンケートの結果でギタリストの能力の優劣を決めているわけではないので、勘違いしてはならないのですが・・・それにしてもギリギリ10位に日本人ギタリストとしてチャーさんがランクインしているのにはちょっと驚きました。
いや、ベスト50位の中のどこかに入っていても可笑しくはないと思っていたら、けっこう上位入賞だったので驚いてしまったのです。

そして面白いことに上位入賞のギタリスト達のほとんどが、ブルーズやジャズをベースに活躍してきたギタリストだから興味は尽きません。
チャーさんの上位にはあのロバート・ジョンソンやウェス・モンゴメリー、B.B.KING、サンタナ、リッチー・ブラックモアと続き、下位にはデュアン・オールマン、キース・リチャーズ、スティーヴィー・レイ・ヴォーン等々・・・そうそうたるメンバーが目白押しで、所有するCD等を改めて再チェックしようかとか考えています。

次点のジミヘンに関しては何もいうまい。世界のどこかで、ギタリストについてのアンケートがあれば必ず上位入賞確実でベストテン以内には絶対はいっているはずのギタリストだから、ここで語っても語りつくせません。
このヒトを崇拝している信者の一人ですから、当然特集記事も気になります。
とりあえず、他の人達よりもジミヘンを引っ張り出して聴かんといかんな・・・。
ギターサウンドを好むヒトにとって、少しは参考になるかなといった特集記事ですかね。


スポンサーサイト
他の雑誌・書籍等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今シーズンの終わり・・・。 | HOME | 秋晴れなので・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。