うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

某有名アニメ原作者の4コマ漫画が新聞に掲載されているのですが・・・

率直な意見をうかがいたい。

面白いですか?

もともとエッセイ漫画なる分野を開拓した作家なのですが、’90年代半ばか、
前半には原作マンガの執筆を止めて、アニメの方が忙しくなったために、
人気マンガの連載を止めてしまいました。コミックス派であったため、続巻が
なかなか出ない、出版されない事から邪推しても、作者の思考、志向がアニメ
の方にばかり目が向いていったと考えました。

「ああ・・・もうあのマンガは描かないんだ」

とボクは思いましたね。’90年代くらいからは隔週ペースで青年誌に4ページ
程度の連載をしていたり、別の連載をどこかで立ち上げていたりしていましたが、
もともとのあのマンガ作品で連載を生き抜いてきたのに、もったいないなぁ・・・と、
考えていました。第一掲載を止めたタイミングも、新キャラ(テレビでは大活躍)が
登場したあたりだったので、マンガの方を頑張ってもらいたかった。

そして、新聞連載の4コマを描きだして2~3年経過しましたか、テレビで御馴染み
のあのマンガの新刊コミックスが最近(正確なリリース月は把握していません)ようやく
15~17年ぶりにリリースされて驚きました。

「あ!本編のストーリーマンガの方も描き出したという事は、今迄の期間を『中断』という
かたちにしたのか・・・なんだか『ヒキョー』な感じもするけれど、売れるだろうね・・・」


ストーリーマンガの方が勿論この人の持ち味であって、4コマには不向き過ぎる
くらいネタがつまらない。キャラクター自体が有名なので、それに喋らせればそれで
いいといわんばかり。ほんと4コマ内でキャラが動かず、同じ構図とカットの使いまわし
に、台詞をいれるだけ。その台詞も読んでいて脱力するくらいつまらない。

台詞がつまらないならば、キャラを動かせばいいのに、動かす気も無い・・・。

この4コマも、すでにコミックス化されて売っていますが、中身は薄っぺらい。
作者は4コマをなめすぎだと思う。4コマがあれほどつまらないマンガ家、考えて
描いているという労力を微塵も感じさせない作品。カラーでやるのも勿体無いと
ボクは思いますね。
厳しい事をいわせてもらうと、著名な作家であっても、自分の立ち位置だけで、
なめた仕事でお茶を濁していたらファンもみんな呆れて離れますよ。



ああ・・・そうか、カラスヤサトシ先生が目指す理想のカタチをとって仕事している
作家はこの先生かもしれませんね。カラスヤサトシ先生がこのマンガ家を指して
言っている言葉ではありませんが、















オレの夢はでっかい御殿に住んで

ぜんぜんおもんないマンガを

描いて暮らすことじゃwwwwww!!



なんだそうです(笑)・・・そうか、そうですね。

でもなぁ~この先生、カラーの新聞4コマを適当に描いてしまったために、
みずからのブランド力を落としているよね。そう思ったのです。


ちなみに、うちの親父曰く、

「うちでとっている新聞の4コママンガは全く面白く無い。それに比べて
『フクちゃん』は面白かったなぁ~」


・・・困った。オレは「フクちゃん」というマンガの存在を知っているが、実際には
読んだことがないのでなんとも言及しにくい。せめて「フジ三太郎」くらいにして
欲しかった・・・。

朝日の「地球防衛家の人々」だったかな?しりあがり寿先生の新聞4コママンガ。
あれは・・・時々見つけて読んで楽しませて頂いてます(笑)。


補足

アマゾンのレビューを見てから書けばよかった。気を使い過ぎましたね(笑)。
うちの新聞は河北新報なのですが、全国紙以外の地方紙などで同じ4コママンガ
が掲載されているそうなので安心しました。

なんだ。みんな同じ感想を抱いているんだ。4コマネタでも不快なモノが多いのも
気になるし、オチが無いネタが多すぎるのでやりきれない気分になっていて、
もう止めて欲しいくらいだったので、このコメを書きました。

何十年ぶりに出した新刊16巻も不評ですね。

そうか・・・新刊で買う気がおこらなかったけれど、ブックオフとかに速攻で売り飛ばす
方々もいるそうなので、中古で下落したあたりで買って読んでみます。アニメの人気
で本業をおろそかにした顛末の結果が不評をかっていますね。「筆を折れ!」とか、
書かれてましたよ。
「15巻で中断ではなく、完結という事にしておけばよかったんだ」というコメにも納得?
しますかね。ヤッパリね、


マンガ家がマンガ以外の事に

チカラをいれるようになると

その作品は駄目になる!!!!


という名言を「吼えよ!ペン」で読んだような記憶があります。
さすが、島本和彦先生ですね(笑)。









だんだんブランド力が落ちてきていますよ、さくら先生・・・・・・・。


スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やっぱり密放流しているんだ。福島から持ってくるんだ馬鹿バサーが・・・。 | HOME | 「カラスヤサトシ」第4巻を買ってしまう・・・予定外の出費。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。