うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今シーズンの終わり・・・。

9月30日で渓流釣りのシーズンは終わります。
明日から3月まで禁猟期に入り、僕自身の釣りもヤマメ釣りじたいは終わりますが、他の釣りに移行します。
去年は10月から海に行ったりもしましたが、装備が揃っていないので、たいした事も出来ず第一海釣りの人口の方が多いためか、何処に行っても黒山の人だかりで釣る気にもなりませんでした。

行ってもそこら辺を車で流して、人が竿を出している様子を眺めるだけで終わったり・・・。渓流や本流をメインにやってきている自分にとって、海って・・・怖いのですよ。

だって干潮の差で水位は変わるし、波はあるし、道具が錆びるし、人が多いのも嫌だし・・・結局、あんまりやりたくないから理由をみつけては行かない口実を作っている子供みたいだ。

住んでいる地域も山の中だから海が遠いのも海釣りに親しんでいない理由です。
とりあえず、明日からはしばらく秋の荒食いシーズンを迎えたダム湖のバス釣りでもしようかと考えています。

で、釣れなくてイライラするようならば、管釣りでも行ってトップウォーターでニジマスでも釣ろうかな・・・。(秋でも釣れます!誰もトップはやらないから。で、僕が釣ってしまうとトップを投げる人がいたりします。そういうもんです)
そうそう、禁猟前の最後の日なのでいつもの河川の本流釣りを楽しんできました。最後くらいは良型ヤマメを釣りたいなという期待を胸に、勇んで出発したら・・・デジカメ忘れて行ってしまいました。
トホホ・・・ですな。

続きを読む
画像はありませんが釣果はヤマメ一尾、ウグイ四尾・・・以上。
出るのが遅かったので昼前から15時くらいまでの釣果です。あまりにも寂しい釣果なので他の河川に移動。

今年何回か釣りに行っている松川なのですが、ポイントに入るのに酷いブッシュに悩まされます。
見た目は腰より下の深さと思ったら大間違い。踏み進むにつれて浅くなったり深くなったり、蔓系統の植物が難敵で胴体を押さえ込み足を掴むがごとく絡まったり、まさに植物によって身体自体を取り押さえられているようなもので、徐々に身体の自由を奪われるがごとくでありました。
どうにも前進し難い状況なので、入る場所を変更して再挑戦してみましたが、さらに条件の悪い場所に踏み込んでしまい、進むと肩より上にヒラヒラと幅広の葉っぱが見えて、「だめだこりゃ!」でした。
結局、時間ばかりが過ぎて陽も傾きかけてきたので、釣りを断念しました。

気温も少し高めだったのか、大汗をかいた割には報われなかった。
ちょっと疲れましたね・・・。
帰宅してK-1GPを観ていたら・・・ホーストが戦っていたけれど、何時の間にかうたた寝したようで、何かムサシが喋っていた場面に変わっていた。

ホーストはどうなった?・・・別に重要事項ではないけれど、ちょっと気になった。
さて・・・釣ったヤマメを捌きますか。いちおう22cm弱といった良型ヤマメだったので持ち帰りました。
さっきビクを開けたら・・・生臭さが強くなっていた。はやく下処理しなきゃ。

RIMG0166_512.jpg

記事とは関係無いけれど、うちの猫の腹開きです。
おすまし・・・眠いの?

可愛いですか?
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寝過ごした! | HOME | PLAYBOY11月号はギタリスト特集>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。