うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ひまわりっ!」~ばっかり読んでいるわたくしですが・・・

今週号は29号あたりかな?アキコ、副部長、ウイング関先生、エビちゃん
の4名が無事宮崎に帰還。天候不良で足止めをくらい、1便欠航の翌日の
便で行く事となり、副主任は休みがうまく調整できなかったので東京に居残る。

ドラゴンフルーツの花が咲き、それを千切って頭に飾って写メで撮影した節子
の所業。節子に連れ込まれる健一2号(蟋蟀=コオロギ)の行方は、行く末は?

今週号はギャルマンガ家(名称忘れ)のネームと、古川うなぎのネームがマガジン
の編集会議で通過するかしないかの瀬戸際。デビュー直前の展開。

今回の話は宮崎に帰って、スタート地点に戻ったような感じだね。






うん、読んでて思った。これ以外にも、テンパリスト・ベイビーズやテンパリスト2巻
をチラッと試し読みできたので、読むと笑える。面白い。






思ったのだ。







岡田あーみんの再来?











「お父さんは心配性」は巻数は少ないものの、80年代の「りぼん」
を席巻したギャグ・マンガで、あれには正直参った記憶がある。
その感覚に近かったから、「ひまわりっ!」を最初に読んだ時から
作品世界に引き込まれたのだと思う。






キャラクターが自由に動く。キャラが勝手に動き出す領域に入ると、
もはや無敵だ。話の落としどころを間違えなければ、キャラの人格
にも厚みが増す。「ひまわりっ!」はその領域に辿り着くのも早かった。
面白いマンガを描く人なので、どのようなお方かと色々と噂を訊くと
なかなかの美人さんと訊いた。

それならば・・・と調べれば、本人さまのブログがありました。

東村アキコオフィシャルブログ・アメブロ

http://ameblo.jp/higashimura/



化粧バッチリ、決めておられる。
美人さんである。可愛いタイプでは無い。

う~む。どこからウイング関先生や副部長を引っ張り出してくるのやら。

そういうのを考え付く感じには見えなかった。






ホステスっぽいかな?キャバクラの姉ちゃんみたいなイメージ。


スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「アイアムアヒーロー」や「チンパー」などの花沢健吾氏について・・・ | HOME | 楽器屋さんへ偵察・・・「けいおん!」ブームみたいです(笑)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。